ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

星を追う子ども 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu Dailymotion

星を追う子ども 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu Dailymotion アニメ映画

(c)2011「言の葉の庭」製作委員会

新海誠『星を追う子ども』予告編映像

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『星を追う子ども』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『星を追う子ども』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『星を追う子ども』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『星を追う子ども』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『星を追う子ども』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『星を追う子ども』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

新海誠監督の作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼新海誠監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『星を追う子ども』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『星を追う子ども』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『星を追う子ども』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 U-NEXT FOD TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ

雲のむこう、約束の場所

秒速5センチメートル

星を追う子ども

言の葉の庭

君の名は。

天気の子

\新海誠監督のアニメシリーズの動画をぜひ! /

新海誠監督のアニメシリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『星を追う子ども』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

2011年5月7日公開のアニメーション映画。

新海誠監督の4作目の作品。

あらすじ

・シュンとの出会い

幼い頃に父を亡くし母と2人で暮らしている明日菜は、母に代わって家事をこなす忙しい日々を送っていた。

そんな明日菜は近くの山に秘密基地を作っていた。

そして父の形見の石で作った鉱石ラジオを聞くことが日課になっていた。

明日菜は放課後いつものように秘密基地に向かっている途中に、見たこともない怪獣に襲われそうになる。

そこへ、シュンという少年が助けにはいってくれる。

シュンは傷を負いながらも怪獣を追い払ってくれる。

翌日、その出来事はクマが出たということで、謎の調査団が橋の下へと調査に向かっていた。

いつものように、秘密基地へ向かった明日菜はそこでシュンと再会する。

「アガルタ」から来たというシュンは、その日の秘密基地からの帰り道、崖から落ちて亡くなってしまう。

・シン登場

シュンの死が受け入れられない明日菜は、国語の授業中に地下世界についての話に興味をもつ。

国語教諭の森崎は、死者を蘇らす事ができるアガルタという地下世界を探していた。

そして亡くなった妻を蘇らせるために、調査団として、アガルタについて調べていたのだった。

いつものように、学校の帰りに秘密基地へと行った明日菜はシュンの弟のシンに出会う。

シンは、兄が持ち出した石を探すため明日菜の秘密基地へと来ていたのだ。

そんな明日菜とシンの前に突然森崎と武装した調査団が現れ、シンを捕獲しようとする。

そして、シンを助けた明日菜と森崎はシンと一緒にアガルタへと向かう旅にでかける。

ネタバレ

・アガルタへ

地下世界のアガルタは大地が広がり空には船が浮かんでいた。

そして明日菜と森崎はアガルタにある生死の門へと向かい進んでいく。

一方シンは、2人を地下世界に招いた事で叱られ、代わりに明日菜が持っている父の形見の石を奪ってくるように指示される。

明日菜と森崎は地下世界で、イゾクというバケモノに遭遇するが、逃げながらある集落に辿り着く。

そして村長は森崎の願いを聞くと、酷く反対するが地上人と長く関わりたくないため、行く先を教え舟を用意してくれた。

2人は川を進みながらも行く手を阻む兵に襲われそうになる。

しかしシンが助けてくれ、なんとか崖まで辿り着く。

崖の下の生死の門へは森崎が行くこととなり明日菜は父の形見の石を森崎に預け、川に沿って帰ることにした。

しかし、イゾクに襲われそうになる明日菜。

シンが来てくれた事で何とか助かった明日菜は、シュンが亡くなった事を改めて実感じ、シンと共に泣いた。

その頃森崎は、生死の門へたどり着き妻を生き返らせたいと願っていた。

しかし、その為には代償となる生贄が必要だった。

森崎は明日菜を生贄として差し出し、自分の片目も代償として渡してしまう。

森崎の妻の魂に取り込まれそうになる明日菜だったが、ギリギリの所でシンが形見の石を壊し、何とか明日菜を助け出す。

そしてシンは森崎に、喪失を抱えて生きろと呟くのだった。

明日菜は砕けた石の破片を返してもらうと地上へと戻り、シンと森崎はアガルタへと残るのであった。

\ 本編をチェック! 

映画『星を追う子ども』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

明日菜    (金元寿子)

シュン/シン   (入野自由)

森崎     (井上和彦)

主題歌

熊木杏里 『Hello Goodbye & Hello』

Anri Kumaki (熊木杏里) – Hello Goodbye & Hello

Twitterでの反応

https://twitter.com/Fullmetal_edoal/status/873303285544894464

こんな人にオススメ

・家族で見たい人

・カップルで見たい人

・新海誠監督の作品が好きな人

感想

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

まず、オープニングのオーケストラ曲から綺麗で涙が出てきました。
主人公のアスナが住んでいる田舎もとても綺麗ですが、その後に行くアガルタもまた美しかったです。景色の描写が美しく、印象的なのは新海誠監督の作品の特徴ですが、今回はアガルタが異世界なだけあってそれが生きています。
アスナが友達となんとなく距離を置いているところが自分と何だか近い気がして、物語にものめり込みました。
アガルタでアスナがモリサキと別れて1人になった場面の「私、ただ寂しかったんだ……」と言った場面、アスナとシンがシュンの死を受け入れて2人で思い切り泣く場面では私も感情移入してしまい、涙が出てしまいました。
そして最後、アスナを助けるために必死にクラヴィスを割っているシン、リサを取り戻したのでシンの行動を止めたいモリサキのどちらの気持ちにも共感してしまい、切なかったです。
生きること、そして死ぬことについて、とても心に訴えかけてきて感動させられるストーリーでした。
エンディングの『Hello Goodbye&Hello』の曲調、歌詞、熊木杏里さんの歌声、アスナが地上に戻るまでのムービーも映画のストーリーをぶち壊さず、観終わったあとまで余韻に浸ることができました。
新海誠監督の作品の中では特に不評らしいですが、私はとても好きな作品です。

女性40代
女性40代

「君の名は」を見て感動し、新海監督の作品を遡って色々見ました。こちらの作品はがっつりファンタジー!相変わらず自然を描くのは素晴らしく、キレイでうっとりします。主人公・アスナが山の中でラジオを聞き、謎の歌声を聞く・・という導入部はワクワクしました。その後、不思議な怪物、助けてくれる少年、地下の異世界・・これから冒険が始まる!となりましたが、映画が進むにつれて高揚感はどんどん下がってしまいました。どこかで見たような展開、皆が知ってる有名作品(ジ○リ)のつぎはぎみたいな展開が続くのです。ストーリーもそうだし、キャラクターデザインも。私が知らないだけで、これはオマージュ作品なのかな・・?ただ映像はキレイだし、有名な声優さんも沢山でているので、「ここが似てる!」などと言いながら見るのも楽しいかも知れません。

女性30代
女性30代

本作はこれまでの新開誠監督の作品にないファンタジー作品でとても新鮮でした。ストーリーの途中から明日奈とシンが地下世界を冒険していくところがSFになっており、見逃せないシーンです。SFですが親しみやすかったのは最初のシーンが関係しているからだと思いました。作品は信州の田舎風景からスタートしていて、どこにでもよくいそうな普通の女の子が登場します。現実世界にある描写から始めることで視聴者を作品に入り込みやすくしていることから、うまく作品の世界に導いているなと感じました。さらにストーリーでは明日奈とシンが心を通わせるシーンは見どころです。出会ったときはすれ違う2人でしたが、シンが夷族から明日奈を助けた後、2人が亡きシュンを弔う気持ちで心が通じ合ったときは感動しました。涙あり、感動ありで、最後まで飽きずに楽しめる作品でした。

女性30代
女性30代

さすがとしか言いようがない作画の美しさは圧巻でした。でもそれだけじゃなくて、ストーリーも凄い重厚です。そんな重たい物語りの中で懸命に、明るく走って動く健気な主人公には心熱くなりました。頑張れーってつい応援したくなるような。でもそんな主人公も現実には寂しさを抱えていて、どこか遠くに行きたい願望があって、そんなところも感情移入しやすい要因なんだと思います。
そして主人公の対になるようなキャラも出てくるわけですが、こちらサイドはさらに重い!ここまでくると愛というより呪いに近いんじゃないでしょうか。死なせてしまった女性のために人生捧げるとか、自分自身を追い詰めて縛りつけすぎなんじゃないかとちょっと怖かったです。そんな彼も主人公ちゃんと触れ合うことで少しずつ変わっていく過程はほっこりしたものですが…。人間早々変わりはしないと突きつけられました。人間を美化し過ぎない描き方はさすがです。
見終わった後、結局何も変わらないかもしれないけど、もう少しだけ頑張ってみようという気持ちにさせてくれました。

女性20代
女性20代

現実離れしたアガルタの大自然が神秘的で目を奪われました。こんな風景が世界のどこかに存在していたらいいなとつかの間空想に耽りました。この作品を映画館の迫力あるスクリーンではなく、自宅のテレビで観たことを軽く後悔しました。この作品を観て、自分にとってかけがえのない存在である人について深く考えさせられました。もし、その人がある日突然いなくなってしまったら私は危険を顧みずに果敢に行動することが出来るのだろうか?と想像をめぐらせてみました。確実に蘇るという保証があれば、異世界でもなんでも飛び込めるかもしれないけれど、そうじゃないしその上自分の命を落とす可能性だってあると考えたら一歩も動けないと私は思いました。だから、森崎先生の亡くなった奥さんに対する気持ちの強さに純粋に凄いなと尊敬する反面、その行動力や執念深さに慄いてしまいました。

男性30代
男性30代

正直言って、ここまで『ジブリ』な作品とは思っておらず、かなり面食らいました。
ハッキリ言わせてもらうと、本作は数多くあるスタジオジブリ製作のアニメの影響を色濃く受けております。
特定のパクリ、ではありませんが、あまりにも露骨です。後半は『鋼の錬金術師』の影響も濃く見られます。
あまり新海誠監督作であるということを意識しない方が楽しめるのではないでしょうか。
アニメーションのクオリティ自体は相変わらず高いわけですし。敢えて言うなら本作の低い部分は『志』ではないかと。。。
自分独自の世界観をしっかり持っていたはずの新海監督が、こんな他人の手垢のついたモノを積極的に取り入れた事実が、どうにもやりきれない気持ちになります。
キャラクターデザインまでジブリ風味なのは、おそらく気のせいではないでしょう。
本作以降、いわゆる冒険ファンタジーのジャンルでは作品を発表していませんが、新海監督には是非ともオリジナリティ溢れる作品でリベンジして頂きたいです。

男性20代
男性20代

『星を追うこども』は他の新海作品とは少し違った作風ですが、私は新海作品の中で一番好きな映画です。

新海作品が好きだけれどまだ見ていないという人は是非観てほしいです。

先入観なしで観てほしいので、ネタバレはなしで感想だけ述べます。

地上の人間が、別れを言えなかった大事な人・死んでしまった最愛の人に会いにアガルタという地下世界、さらにその先の死の世界を目指す話です。

別れを経験した、或いはこれから避けようがなく経験するであろう誰彼にも見てほしい映画です。「本当のさよならを知る旅だ」「アガルタは命の儚さを知りすぎているからこそ滅びゆくのではないか」という言葉や、終盤のシーンで森崎先生の心の底から出たであろう「君に来てほしくはなかった」という言葉が作り物の映画とは思えない現実味と質量をもって私の心に届きました。

また、エンディングテーマの「Hello goodbye & Hello」もきれいなメロディーと歌詞が世界観にマッチしていて好きになりました。

この曲がふと夜にラジオから流れたら素敵だろうなと思います。

まとめ

内容を理解するのは難しい映画になっているかもしれないが、大切な人と見ていただけるとよりその人との絆が深まる映画になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました