おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ブラザーベア 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

アニメ映画

(C)2004 Disney

『ブラザー・ベア』日本版劇場予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

ディズニー映画『ブラザー・ベア』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

ディズニー映画『ブラザー・ベア』の動画をフル視聴する方法

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

ディズニー映画『ブラザー・ベア』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、ディズニー映画『ブラザー・ベア』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ディズニー映画『ブラザー・ベア』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

ディズニー映画『ブラザー・ベア』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ディズニー映画『ブラザー・ベア』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『ブラザー・ベア』のあらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

『ブラザー・ベア』は2003年に公開されたディズニー制作のアメリカの映画です。

ある日熊に姿を変えられてしまった青年・キナイは母を探している小熊・コーダと出会い共に旅をすることになりますが…?

あらすじ

・「愛」の象徴

時ははるか昔──その時代はまだマンモスが生きており、グレイトスピリッツの存在までもが信じられていました。

狩猟民族・イヌイットにはある三兄弟がおり、名をシトゥカ・デナヒ、キナイといいました。

その三兄弟の末弟、キナイはその日成人の日を迎え、村のシャーマン・タナナからその後の人生の指針となるトーテムを授かることになっています。

兄、シトゥカ、デナヒもそれぞれ「導き」のワシと「知恵」のオオカミのトーテムをすでに受け取っていました。

自分が受け取るトーテムが何になるかを楽しみにしていたキナイでしたが、彼がタナナから託されたのは「愛」の象徴、熊のトーテムでした。

・シトゥカの死

「愛」の象徴を受け取ったという事実が受け入れられないキナイは、次第に無謀な行動に出るようになります。

ある日、ひょんなことから言い合いになったキナイは兄に止められたにも関わらず一人で熊の狩りに行きました。

しかし案の定キナイは崖の下の小岩に落ち、危険な目に遭ってしまいます。

キナイはやがて助かりましたが、それはシトゥカの死という大きな犠牲を払ってのことでした。

・熊に変えられたキナイ

後日、その熊を見つけたキナイは怒りのあまりその熊を殺してしまうのでした。

しかしその熊を殺した瞬間、死してグレイトスピリッツの一部となったシトゥカによって、キナイは熊の姿に変えられてしまいます。

その事実に驚愕したキナイがいる一方で、タナナだけはその熊の存在がキナイであることに気がついていました。

タナナはシトゥカに「人間に戻りたいのなら光が大地に触れる場所に行け」と言い残し、その場から消えたのです。

・コーダとの出会い

仕方なくタナナの言う通り、光が大地に触れる場所を目指そうとしますが、そんな場所には全く見当がつきません。

そんな時、はぐれた母親と再会するためにサーモンランという場所を目指すコーダという熊に出会います。

手がかりのないキナイはサーモンランの近くで光が大地に触れる場所を見たというコーダと共に旅をすることに決めました。

・サーモンランへ

饒舌で好奇心旺盛で歌うのが好きなコーダを最初は疎ましく思っていたキナイでしたが、旅をしていろんな経験をするうちに、次第に実の弟のように思うようになりました。

そして間もなくサーモンランに着くかという頃、キナイとコーダは人間に襲われてしまいます。

なんとその人間はデナヒでした。

デナヒは弟であるキナイもまた熊に殺されたと思っており、その恨みを晴らすために執拗に追いかけてきたのです。

なんとかデナヒの追跡をかわし、キナイとコーダはようやくサーモンランに到着しました。

ネタバレ

・コーダの母

サーモンランに到着したキナイとコーダは熊たちの風習に倣い、サーモンを手にした熊がこの一年で起こったことを話す、という集まりに参加しました。

そこで順番が巡ってきたコーダが話し始めた内容はキナイにとって衝撃の事実でした。

なんとシトゥカを殺し、その復讐のために自身の手で殺めた熊こそがコーダの母だったのです。

その事実にいたたまれなくなったキナイは思わずその場から逃げ出してしまいました。

そんなことを何も知らないコーダはキナイの後を追いかけてきます。

・デナヒ、再び

キナイはコーダにありのままの事実を話し、そして何か償えることがあるならばなんでもする、とコーダに言います。

しかしコーダはあまりのショックにそれには答えず、その場から姿を消してしまいました。

そんな時でした。

ようやく追いついてきたデナヒが再びキナイに襲い掛かります。

なんとか最初の一撃はかわしたものの、キナイはその後絶体絶命のピンチに陥ります。

殺されそうになるキナイを助けたのはコーダでした。

しかし、コーダがキナイをかばったせいで今度はコーダが狙われる羽目になります。

キナイは一心不乱にコーダを守ろうとしますが、デナヒの攻撃はやみませんでした。

・結末

するとキナイは突如神々しい光に身を包まれ、人間の姿に戻りました。

人間の姿に戻ったキナイを見たデナヒは自分が弟を殺そうとしていたことに激しく動揺しますが、すぐに二人は再会を喜び合います。

しかし動揺したのはコーダの方でした。

人間に戻ったことでコーダの言葉は分からなくなっていましたが、明らかに怯えた様子を見せるコーダを放っておけないと思ったキナイは、熊として生きる決断をします。

キナイのその決断にデナヒは背中を押しました。

どんな姿になろうともキナイは自分の愛する弟である、と。

こうして再び熊に戻ったキナイはコーダたちと仲良く暮らすことになるのでした。

\ 本編をチェック! 

▼ディズニー映画『ブラザー・ベア』の動画をフル視聴

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

キナイ  (東山紀之)

コーダ  (池田恭祐)

デナヒ  (平田広明)

シトゥカ (山路和弘)

タナナ  (森光子)

主題歌

フィル・コリンズ 『Look Through My Eyes』

Look Through My Eyes (From "Brother Bear"/Soundtrack Version)

Twitterでの反応

https://twitter.com/kaichan_38/status/966666042897448960

 

 

https://twitter.com/2m__n_3o___/status/1139432476546228224
https://twitter.com/Barbie_tn0225/status/741936854270758913

 

こんな人にオススメ

・ディズニー映画が好きな方

・動物が好きな方

・感動する話が好きな方

感想

女性30代
女性30代

長男シトゥカは熊に立ち向かい弟二人を守るために、地面の雪をけずり命をおとしてしまう。その熊はなんとか生き延びてしまい。そのことに残された弟の一人キナイは熊をずっと恨んでしまう。もう一人の兄は熊には罪がないと穏やかな考えで、兄弟で考え方が違ったのです。

キナイが憎む力が強すぎて、シトゥカと一緒に落ちたが生き延びた熊をみつけてキナイは、刺し殺してしまいます。その為、亡くなったシトゥカは、キナイの心を変えるために、キナイを熊の姿に変えてしまいます。人間が熊になることにもすごくおどろきましたが、キナイが熊になったことで、後に出会う子熊のコーダとの会話や生活を通して熊たちの気持ちも理解できるようになります。

熊を理解することで、キナイが向けていた恐ろしい感情も理解することができます。さらにデナイというキナイの兄もまた、自分の弟キナイが熊に殺されたと勘違いをしてキナイのように熊に対s手の憎しみを生んでしまうのです。悲しき人間の憎しみ連鎖です。

コーダとキナイの熊としての絆もほのぼのしていて見ていてほほえましいです。オーロラの光って神秘的だが、この作品ではそのオーロラの光に神秘の力があり、人間を熊の姿に変えるのも納得です。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

泣いて笑える映画です。最新のCG技術を駆使したアニメーション良いのですが、このような手書きアニメーションもやっぱり良いですね。子供に見せたくなる映画です。

特にきょうだいがいる男の子にぴったりだと思います。血のつながりはないとしても兄弟愛が育まれていく様子にきゅんとしました。子供らしい発想でコロコロと表情を変えるコーダかわいかったです。終始コミカルなタッチで描かれていて、これぞディズニー映画の王道といったところでした。かわいらしい動きとデザインのアニメーションなのに、愛や生死観もます。ちゃんと表現されています。

熊だろうと人間だろうと関係なく、命はすべて平等で、「家族愛」というものに対する考え方もみんな同じ、ということを教えてもらったような気がします。どんなに人生が悪い方向に変わっていったように思えても、視点を変えれば実は良い方向に転がっていた、なんて達観した人生観も示唆しているように思えました。

ディズニーアニメだからといってあなどってはいけません。大人も考えさせられるストーリーがかわいく描かれています。吹き替え声優の東山紀之の声質もぴったりキャラクターにはまっていました。何といてもさすがの大女優・森光子の演技は声だけとはいえ存在感がありました。

女性20代
女性20代

私の大好きなフィルコリンズが主題歌をはじめ、作中で使用される楽曲を歌っています。
「on my way」や「Look Through My Eyes」などすごく良い曲がたくさんでてきます。
自分の大嫌いだった動物に自分がなって、その動物の生活を体験するなんて、現実世界では絶対体験できないことですがこんなにも過酷で怖い思いそして純粋に生きていることがわかります。もっと共存できるのではないか、人間は未知なるものを怖がり、殺そうとします。
ちゃんと知ってからじゃないとダメなのに。
そりゃ動物だって生きたいですよね、生きるために殺そうとしてくる人間を威嚇するのです、仲間や我が子に生きてもらいたくて必死で抵抗するんです。
それだけで殺されるなんてたまったもんじゃないですよね。
難しい問題なのはわかってます。人間だって必死に生きようとしてるから。
作中でも熊になったキナイは人間の兄デナヒが勘違いで弟の仇としてキナイ熊を襲う時、必死にキナイは自分だと訴えますが言葉が通じないからわからないから襲われ、逃げなければいけなかったですよね。
もっと愛をもって他者と接することができたら、命という尊さに気付き、共存を信じて進むことができると思いました。

女性30代
女性30代

人間との共存も動物にとっては話が通じなくても小さいときに触れ合っていると心が通じるんだと感動しました。

動物は恐いイメージもあるのですが、小さいときに関わっていたということもあったので信用しているのもホッとしました。

日本ではやってはいけないのかわからないですが、海外ではクマをペットとして飼っている方もいるくらいです。

大きくなってからでは難しいかもしれないですが、クマも親とみなして心を開いてくれることもあるのが同じ動物なんだと思いました。

そして、クマ同士だからと言って仲間を受け入れてくれるのも良いです。違う縄張り同士のクマだったら喧嘩したり共食いしたりしてしまう場合もあるのですが、一員として受け入れてくれるのもディズニーならではの仲間意識があってほっこりしました。

クマの頭をなでているシーンもあってクマがここまで言うことを聞いてくれる猫のようになってくれたらいいのになとも思ってしまいました。

人間に危害を加えるクマは何度もニュースになってしまうくらいの恐ろしい動物ではあるのですが、この映画を見て可愛いなとも思わせてくれました。

野生の動物と一緒に住んでいるのだから言葉が通じていれば便利なのになと思いました。

まとめ

「愛」とは何かが分からなかった青年が熊に姿を変えられてしまい、子熊・コーダとの旅を通じて「愛」とは何かを理解していく様は何度見ても心温まります。

人間として三兄弟と描く絆や愛、熊として子熊と描く絆の形には考えさせられることが多々あります。

きっと何かを感じられるはずです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました