おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【わたしは光をにぎっている】動画を無料(映画)フル配信で視聴

邦画

(c)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

松本穂香が主演!映画『わたしは光をにぎっている』予告編

フィルムライクな昭和のかほり!!!!

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

今日は、とても昭和感たっぷりの松本穂香が演じる時代感・・・

とても、ゆっくり流れる時間が素晴らしい。

映画『わたしは光をにぎっている』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『わたしは光をにぎっている』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『わたしは光をにぎっている』に出演している松本穂香さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・his

・悪と仮面のルール

・この世界の片隅に

\ 作品映像をチェック /

松本穂香の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『わたしは光をにぎっている』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『わたしは光をにぎっている』は、第1話から最終話までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『わたしは光をにぎっている 』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『わたしは光をにぎっている』のあらすじ・ネタバレ

長野のから東京へでるにあたり、一番気にかけてくれた祖母との別れ。

都会の中をさまよう若者と触れ合いながら、内気な中にしっかりとした芯をもつ

澪はしだいに、祖母のできることから・・・をしっかりと体現しだす。

そのかたわら、区画整理で廃業が決まっている銭湯を三沢は次第に切なくなる。そして、日々できることからやり続けることによって居場所を見つけた澪は

三沢にしゃんと終わらせると日本の立つ鳥跡を濁さずを体現する。

そして、やり続ける先にみつけるさきのひかりとは・・・・

\ 本編をチェック! 

映画『わたしは光をにぎっている』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『わたしは光をにぎっている』の登場人物紹介

松本穂香    (宮川 澪)

渡辺大知    (緒方銀二)

徳永えり    (島村美琴)

吉村界人    (新井稔仁)

光石研      (三沢京介)

樫山文枝    (宮川久仁子)

映画『わたしは光をにぎっている』の主題歌

カネコアヤノ    『光の方へ』 

カネコアヤノ – 光の方へ

映画『わたしは光をにぎっている』Twitterでの反応

映画『わたしは光をにぎっている』はこんな方におすすめ

・人生に疲れてしまった方

・心が汚れたなと感じている方

・癒されたい方

映画『わたしは光をにぎっている』の感想

女性20代
女性20代

決して優しくはないのに、冷たいようで実は温かい。

自分が“東京”に対して持っていたイメージが、この映画ではそのままのように感じました。

描写がとにかく鮮明で美しく、役者の表情もまた繊細で、台詞がなくても引き込まれるものがありました。

映るもの全てがお洒落な訳でもないし、綺麗なものばかりでもなく、むしろ古ぼけて小汚いものなのに、信じられないほどに美しいんです。

ほとんど声を発しない主人公も、なんとなくその時々の気持ちがわかるからこそ愛おしいし、主人公を取り巻く人間の、確かな暖かさ、優しさを感じることができたときは胸がじんわりしました。

渡辺大知は本当にピッタリの役柄だなぁと感じました。

映画の始まりと終わりが素敵で、映像的なアングルも個人的に大好きです。

久しぶりに、銭湯にでも足を運んでみようかなぁと思いました。

男性20代
男性20代

この映画、温かすぎて、気付いたら涙が溢れていました。

映画というより、むしろ映像化した詩を見ているような気分になりました。

差し込む光の具合や朝の湖、登場人物の表情すべてが綺麗だったし、数少ない台詞がとても丁寧に、清らかに心に溶けていく感覚がありました。

人々の細かな息遣いまでもが繊細に感じられ、特に最後の映画が上映されているシーンは胸に込み上げてくるものがありました。

「しゃんと終わりましょう。

たぶん、どう終わるかが大事だから。」という台詞に対して主人公がとった行動が、とても美しかったです。

何気ない日々でも、生きていることは美しいんだと気付くことができました。

寂しさや悲しさの中にあるそれぞれの光を見つけ出すこと、やるべきことはその瞬間にやることの大切さを、この映画から教わることができました。

邦画の良さがたくさん詰まった、素晴らしい映画でした。

女性40代
女性40代

昔ながらの銭湯・ラーメン屋・映画館とノスタルジックな雰囲気がいいです。
古き良き景色の中には昔から人々の生活が根付いている、その温かさに触れながら少しずつ変わっていく主人公の様子が微笑ましいです。
でも世の中は諸行無常、永遠のものなんて無いのです。
たとえそのものが消えても心の中にいつまでも根付かせることで前を向いて歩いていかなければなりません。
変わりゆくものを変えまいと地域の人たちで立ち上がって戦うという作品だってあるものの限度はある、こういった形で最後に関われたことはよかったのではないでしょうか。
セリフは少ないものの目が表情がすべてを表していました。タイトルの通りヒカリの取り入れ方も上手く、美しい作品です。

女性20代
女性20代

澪が入れた銭湯のお湯に光が差し込むのがとてもきれいで、銭湯のイメージが変わりました。

温かい心になれそうな気がして、足を運んでみたくなりました。

一昔前は、コミュニケーションの場として使われていた時代があったのだと思うと、再開発とはいえなくなるのはやはり寂しく感じました。

特に薪を使った銭湯は見かけなくなってきているのではないかと思い、取り壊してしまうのがもったいなく思います。

そして銭湯の手伝いをする澪に共感を覚えました。

スーパーで馴染めず銭湯を手伝うようになり、できることが少しずつ増えていく澪が素敵でした。

澪を見ていて、自分も澪のようにゆっくりでもできることを増やして前に進めていければ、焦らなくてもいいのだと言われた気がしました。

女性20代
女性20代

商店街のコミュニケーションが温かくて好きです。

大型スーパーでは買い物をしてもせいぜいお礼を言うくらいの会話なので、寂しさを感じてしまいます。

商店街はお節介に感じることもありますが、家族のような親しみ感があり、いつも温かく見守られている気がして心地いいです。

それが再開発で店がなくなってしまうと、住んでいた人たちとの会話がなくなり街も寂しくなります。

新しく生まれ変わるとしても、元の街並みとは変わってしまうし、人も変わっていきます。

変わることがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが、昔を知っている人にとっては寂しく昔を懐かしく感じるものだと思います。

時代とともに変わっていく世の中ではありますが、人とのつながりを大事にしていきたいと思いました。

映画『わたしは光をにぎっている』のまとめ

なつかしい、映画を味わえる。

これが、非常に映画研究会から映画を愛する日本人にはキュンと来る部分が描かれる。

現在、つんくや、秋元さんがアイドル作りから遠ざかる中、韓国のスターによる

日本でのアイドルプロジェクトのサブスクの中でのブレークなどを見るとファッション・車のデザインなど人が作り出すものは必ず輪廻の中でまた舞い戻ってくる。

出し方は多少変わるが、根幹は同じ。

角型の車が流行ると次は丸型。

これが、世の常である。

まだ、1990年うまれという非常に若い監督の狙いどころは、一周回って古さの中に主張を求める手法となる。

YouTuberのネタをみたり、バイカーなども最新技術で作るホンダカブのスマートキーとLEDライトという進化をたどる。

カメラの世界も最新技術を追いながら、マニアのたどり着くところはLeicaという皮肉な結果と同じである。

古き良き時代を疎んじる若者の行きつく先が古き良き時代の考え方にも及びだす。

これが、日本のナショナリズムなのか、人間という生き物の習性なのでしょうか。

ただ、ただ、松本穂香という女優の素晴らしさと、カネコアヤノというカタカナ表記のミュージシャンを選んだ、中川監督の昭和のかほりの掬いあげ方の妙と、フィルムカメラによって映画の世界の現在の葛藤を作品にのせる監督のメッセージを感じます。

懐古主義と笑うなかれ。

昭和はすでに、平成と令和しょっている偉大な時代である。

戦争も、貧困も、高度成長も、バブルもすべて彩をしっかりと受け止めたキャンバス昭和の素晴らしさは、こういう監督の感性。

グローバル化する社会の中で、日本をさげすまず愛することをしっかりと感じとれる、そんなメッセージを感じるナショナリズムを意識できる作品です。

先人の言葉をいまでのしっかりと見直せるよさが、【しゃんと終わらせる】というキーワードがコロナに苦しんだ世界に悩み打ち切った方々にはしゃんと終わらせる美学を見つける作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました