【無料フル視聴動画】映画『AI崩壊 』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT 2030年は「AI」と「人間」の共存世界に!?

邦画

映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

映画『AI崩壊 』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『AI崩壊 』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『AI崩壊 』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

「22年目の告白 私が殺人犯です」でおなじみの入江悠監督が、

自身のオリジナル脚本で映画化したのが映画『AI崩壊』です。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

映画『AI崩壊 』はトライアル入会特典600ptで

無料でご視聴いただけます。

“31日間無料視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『AI崩壊 』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。

女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

2030年の日本が舞台のこの映画。近年私たちの身近となり、欠かすことのできない「AI」が暴走してしまう日も、そんなに遠い話ではないかも?!

もしこの記事を読んで興味を持っていただけたら、動画配信サービスを使って視聴してみてくださいね。

映画『AI崩壊 』の作品概要

「22年目の告白 私が殺人犯です」でおなじみ、入江悠監督が、自身のオリジナル脚本で映画化したのが今作『AI崩壊』です!

この映画の舞台は2030年の日本。現実的にもそう遠くはない未来ですよね。

単刀直入に言うと、AIの暴走を描いた近未来サスペンスに分類されるこの映画。

インフラ化してしまった巨大AIの暴走と、それに立ち向かう人間の姿をリアルに描写しています!

主人公が追い詰められるのが先か、、、真実の解明が先か、、、タイムリミットがオーディエンスに緊迫感や緊張感を高める作品になっています!

手に汗握る展開に、違う意味でハンカチを用意した方が良いかも!?

『AI崩壊』の登場人物紹介

 主人公の天才科学者・桐生浩介役には、大沢たかおを抜擢!今作のキーとなるAI「のぞみ」を開発した天才です。

 そして桐生浩介の亡くなった妻であり、AIの研究もしていた桐生望を演じるのは松嶋菜々子

 浩介の義弟であり、AIの管理を行うHOPE社の代表取締役、西村悟を演じるのは賀来賢人

 その他にも広瀬アリス岩田剛典三浦友和など、日本を代表する豪華キャストの共演となりました!個人的には、『藁の盾』で共演した大沢たかおと松嶋菜々子のコンビが大好きです!

映画『AI崩壊』のあらすじ

2030年、天才科学者の桐生浩介が亡くなってしまった妻のために開発した医療AI「のぞみ」は、全国民の個人情報と健康を管理していました。

 社会インフラとして欠かせない存在となった「のぞみ」。警視庁の天才捜査官を演じる岩田剛典扮する桜庭は、AIを暴走させたのは開発者である桐生と断定してしまいます。

 身に覚えのない桐生は逃亡を開始します。「のぞみ」を管理するHOPE社の代表で義弟でもある西村悟と蔭で連絡を取り合いながら、桐生は事態の収束をしようとしますが、、、あらゆる展開が、視聴者を飽きさせることなく繰り広げられていきます!

映画『AI崩壊』の感想

女性
女性
近未来を舞台にした映画です。
人工知能AIのぞみが人々の生活や健康の管理に大きく関わるようになった社会で、AIのぞみの開発者桐生がテロリストとして警察から追われるようになります。
自分の潔白を証明し、娘を助けるために桐生役の大沢たかおがとにかく走ります。
多くの監視から逃れながら、それは無理でしょ!と思うくらい、走り続けます。
逃げながらコンピュータシステムのプログラムまで書き換えてしまう最強の科学者です。
何度も危機に陥るシーンに見ていてくるしくなるほどでした。
近未来、本当にAIが頼られるようになっていくのだと思います。
ですが、映画のなかで描かれるものは、やはり最後は人の気持ちや人の繋がりでした。
見終わった時にあたたかい気持ちになれた映画です。

男性
男性
数年前から人の手に代わる選択の一つとしてAIという言語が出てきましたが、このAI崩壊という映画はまさに少し先のこれからの日本を表していいるなと思いました。
天才エンジニアとして会社の成長・日本の未来に貢献した大沢たかお演じるエンジニアが日本国民のほとんどが利用するAI機器を開発し、病院での使用で特にペースメーカーを体内に埋め込み管理することでAIから離れられなくなり、のちのAI誤作動によって日本国内が混乱に陥ってしまい英雄だったエンジニアが犯罪者になってしまうという内容に驚きました。
AIが誤作動したというのは、このAIに入っているデータベースを使用したい警視庁のキャリアである岩田剛典が演じる桜庭が、以前に誤作動を起こすウイルスをAIににんしきさせたために起きたという事実は実際の現実にも起きそうな問題でとても興味深く感銘を受けました。

男性
男性
日本の実写映画でこういうSF大作映画が成立したことにまず驚いた。
よく企画を通せたなとおもう。
AIの暴走という題材はそれほど目新しくはないのだが、医療AIにスポットを当てたのがユニークだと思った。
高齢化社会と人口減少時代を迎える日本にとって、医療AIの導入促進は実際に喫緊の課題として議論されている。
この映画のような形で導入されるかは分からないが、なんらかの形で多くの日本人が医療用AIのお世話になることもあるだろう。
この物語は基本的に追跡劇なので、医療AIならではの展開があまりないのが、少し残念だった。
例えば、医療AIの予測データで将来疾患が発症する人間が雇用機会を奪われるなどの差別が起きるのではないかという議論が現実でも起きている。
そういう要素を入れるのも面白かったと思う。しかし、全体的に見て面白かったのは間違い無いと思う。

男性
男性
現代のコンピューター社会を生きていき中で、今後発展していくと思われるAIという分野に焦点を当てた点見所ではないかと考えています。
将来的にAIが発展をし、AIを人間がコントロールできていれば問題はないと思いますが、逆に人間がコントロールされてしまった時を想定した物語になっているので、その点も見所になっているかと思います。
ストーリーの展開としては、AIの開発者が第一線から退き、その開発者の相方がAIを発展させ、ビジネスとして成功させていくのですが、そのAIを利用して悪事を企む者にAIをのっとられてしまい、開発者がそのAIの暴走を食い止めるために、様々なアクションを繰り広げることになっています。
個人的には刑事役、AIの開発者、研究者、助手、はかなりハマっていたと思い、とてもワクワクする展開であったと思います。特にベテラン刑事役の三浦友和と新米刑事役の広瀬アリスのコンビネーションは良かったと思います。
最後の結末も人AIによって人間を選別し、生産性のない人間を次々と殺していくという内容は少し過激ではありますが、実際に起こってもおかしくない設定なので納得したと点が多かったと思います。
私個人的には見ていただきたい作品になっているかと思います。

男性
男性
最初から最後まで大沢君の逃走が見れる、ハラハラしっぱなしの映画です。
東宝や映画コムの評価を見ると、あまり高くなかったので、半信半疑で観に行きましたが、面白さ抜群です。
評価が低かったのは、やはりハリウッド系の予算を物凄くかけて作ったセットと比べると、若干見劣りするからでしょうか。
大沢君は半端ない体をしているので、画面ではつい見とれてしまいますが、演技も上手く科学者になりきっていました。
なにせ、日本人全ての命を守るためのAIを作ったという設定ですから、知的でなければなりませんが、彼はその役になりきっていました。
警察権力の悪事が最後に裁かれますが、このケースは私たちの日常にもありうるということで、権力をきちっと監視しなくてはと思いました。

女性
女性
情報社会となった現在、AIが急速に進化している現代に即した内容となっています。
今後AIが活発化した社会でのAIの暴走や、AIに学習能力が備わった際の危険がよく表現されています。
情報化社会となり、さまざまなことが便利になることで人類は楽な方へ便利な方へと依存していくが、その一方で危険が潜んでいることは念頭に入れておきたいと思いました。
AIのぞみを作った桐生浩介、妻は人々を助けるためにのぞみを開発させた。
便利に安全に生活に使われていたのぞみがある日人間の命を選別し始める。
主演の大沢たかおさんの白熱した演技や賀来賢人さんによる義弟の意味深な行動など見所は満載。
だれが大沢たかお演じる桐生浩介を陥れたのか。
AIのぞみは人々を選別するために作られたものなのか?映画を見ながら、自分自身が内容を推理し見ることができ面白いです。

女性
女性
私は、日本の映画がとても好きでよく見ています。
この作品を見ての感想は、観ている時の気持ちや感情が激しく動くような作品でした。
少し感情が疲れるような印象も持ちました。
それは、AI社会に巻き込まれたような感覚になり、監視されているような感覚が観ているほうにも伝わってきて、ドキドキとハラハラと恐怖に近い気持ちになりました。
最後は、とてもすっきりとして安心しました。
そして人のつながりに感動できるような作品でした。とても楽しかったです。
これからの時代にマッチした作品だと思います。
出演している俳優さんたちもとても豪華で内容も面白かったですが、豪華な俳優さんたちにも心を躍らせました。
とても面白くて興奮できるような日本の映画最新作だと思います。

女性
女性
舞台は数十年後のAIがより一層生活の中に溶け込んだ日本です。
今も日々AIが進化し続けていて、実際いつかこんな時代が来るのかもなと未来を想像しながら見ていました。
サーバ室や人工知能「のぞみ」のデザインが格好良くて好きでした。
ただ、主人公の開発者の娘がサーバ室に取り残されるシーンは、実際あれだけ大人が周りにいたのに、誰も気づかなかったのか、とか、開発者が追手から逃げながら、AIの暴走を止めるためのプログラムを書くというシーンでは、あんな風に逃げながらそんな大掛かりなプログラム普通は書けないだろ、といろいろ見ながらツッコミを入れたくなるようなシーンもありました。
ただ、全体としてはハラハラするシーンあり、感動するシーンありで、個人的には面白かったです。

女性
女性
主役を演じる大沢たかおさんにどれだけ媚を打った作品なのやら、とにかくスーパーマン過ぎてちょっと笑ってしまいました。
医療AIの開発者としてだけでなく犯罪者としてもやっていけそう、ヘリコプターの操縦など素人が急にできるはずもありません。
彼の暴走はともかく、現実にも医療はどんどん機械化されていっています。
あるひ暴走したらと現実ともリンクする内容に迫力がありました。
英雄扱いだったのが一変犯罪者に、そこからの逃走劇も目を離すことが出来ず最後まで一気に見続けてしまったといった感じです。
賀来賢人さんや広瀬アリスさん・岩田剛典さん・松嶋菜々子さんなどなど、有名俳優さんが多数出てきているのもいいです。
いろいろと問いかけてくる作品です。

女性
女性
見どころは、終盤まで犯人が分からないところと、本当に近い未来に起こりそうな内容だったので、他人事ではない錯覚に陥ることができたところが見どころの一つだと思いました。
便利な世の中になることは嬉しくもあり、生活もより一層楽になるのと同時に、人間社会が崩壊するという難点もあるのだと考えさせられました。
どんなに便利な世の中になったとしても、やはり一番大事なのは、人間同士が助け合って共存していくだと思いました。
もしAIが主流になったとしても、最終的な判断や力を持つ側はやはり人間でないとダメだと思いました。
命の時間を無理やり伸ばすのではなく、与えられた時間で楽しく自分らしく生きた方が幸せなのかもしれないと思えた作品です。

映画『AI崩壊 』のまとめ

今回は、皆様に「AI」の暴走を壮大かつスタイリッシュに描いた近未来的サスペンス映画『AI崩壊』をご紹介させていただきました!いかがでしたか?

 AIが国民の個人情報や健康を完全に管理する未来。なかなかリアルに感じる人も多いはず。人を救うためのAIが、人類の命の選別を始めてしまう、、、。

 果たして、桐生浩介はAIの暴走を止められるのか!?

 私たちが生きる現代社会も、今や「AI」と「人間」の共存世界。運命共同体と言っても過言ではないかもしれません。

 『AI崩壊』は、すでに始まっているのかもしれませんよ。

 あなたも是非、動画配信サービスを使って見てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました