おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ミッション:インポッシブル】動画を無料で(続編映画 吹替)フル配信・視聴する方法

洋画

TM&Copyright (C)2015 Paramount Pictures. All rights reserved.

Mission: Impossible (1996) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ミッション:インポッシブル』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissaninme、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ミッション:インポッシブル』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 1026円 14日間 なし
  〇 1026円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ミッション:インポッシブル』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ミッション:インポッシブル』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ミッション:インポッシブル』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ミッション:インポッシブル』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

映画『ミッション:インポッシブル』に出演しているトム・クルーズさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・オール・ユー・ニード・イズ・キル

・マイノリティ・リポート

・バニラ・スカイ

\ 作品映像をチェック /

▼トム・クルーズの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ミッション:インポッシブル』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ミッション:インポッシブル』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ミッション:インポッシブル』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

『ミッション:インポッシブル』の歴代作品紹介

ミッション:インポッシブル 作品 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS
ミッション:インポッシブル 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ミッション:インポッシブル2 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ミッション:インポッシブル3 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶
ミッション:インポッシブル フォールアウト 視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『ミッション:インポッシブル』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

1996年に公開された「ミッションインポッシブル」はアメリカの人気ドラマ「スパイ大作戦」を映画化した作品です。

イーサン・ハント(トム・クルーズ)は秘密組織「Impossible Mission Force」略してIMFでスパイとして所属しています。

イーサンは変装が得意で、不可能に思えるミッションも可能にする超有能スパイです。

裏切られたり、罠にかけられたり、濡れ衣を着せられたりしながらも、真犯人を捜します。

ネタバレ

・イーサンと仲間の行方

秘密組織「Impossible Mission Force」略してIMFに所属するジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)のチームは、飛行機内でキャビンアテンダントに映画のビデオを見るよう勧められます。

それはIMFからの指令でした。

任務の内容は、プラハにある米大使館から東欧で活動しているCIA諜報員のリスト「ノック (NOC)」を盗んだ大使館職員ゴリツィンを捕らえることでした。

しかし、作戦の実行中に、謎の襲撃者によってメンバーは次々と殺されていき、ゴリツィンの盗んだリストも横取りされてしまい、イーサンだけが生き残ります。

イーサンはCIAの監督役のキトリッジへ連絡を取り、カフェで会います。

キトリッジは実はこれがIMF内の内通者を見つけ出すための嘘の任務であること、リスト自体も偽物であったことを話します。

キトリッジは、1人だけ生き残ったイーサンが裏切り者ではないかと疑い始めます。

疑いをかけられたイーサンは逃亡します。

イーサンはプラハのアジトに戻ります。

身の潔白を明らかにすべく、真犯人と、「マックス」と呼ばれる人物を探り始めます。

そして、「JOB3.14」の意味を調べ始めます。

「ヨブ」と「マックス」が聖書に関係があるのではと気づいたイーサンは、マックスに「リストは偽物だ。」と言うことを伝えます。

そんな中、死んだと思われていたはずのクレアが現れます。

爆発寸前に逃げ出して生き延びたようでした。

・新しいミッション

その後、イーサンはマックスから連絡をもらって会いに行きます。

マックスは男性じゃなく、年配で上品な女性でした。

①イーサンはリストが本物じゃないこと

②イーサンならノックを入手することができること

をマックスに伝えます。

本物を渡す代わりに、1000万ドルの報酬とヨブの正体を明白にするようにと言います。

イーサンはアジトに戻るとリストを盗み出す作戦を立てます。

イーサンは元CIAの職員であるクリーガーと、ハッカーのルーサーを仲間に引き入れます。

そして、世界最高峰で厳重なセキュリティを破ることに成功しリストを盗みます。

キトリッジはイーサンの母と叔父を薬物容疑でFBIに逮捕させ、イーサンを圧迫しようとします。

報道を見たイーサンはキトリッジに連絡を取り、わざと自分がロンドンにいるとわかるようにします。

すると、なんとジムが姿をあらわします。

ジムは撃たれましたが、命をとりとめたと言い、キトリッジこそヨブだと伝えます。

でも、イーサンは聖書のスタンプからジムがヨブだと見破っていました。

イーサンは、マックスに翌日のパリ行きの列車の中で取引をすると連絡します。

そして、座席の下にディスクがあると伝えます。

ディスクは本物ですが、ルーサーが電波を妨害してデータを転送できないようにします。

さらに、イーサンはクレアを貨物車両に向かわせます。

クレアの元にジムが現れると、イーサンを殺さないでとお願いします。

しかし、このジムはイーサンが変装した偽物で、クレアの正体がバレてしまいました。

そこに本物のジムが現れて、銃を向けます。

イーサンはメガネをかけて、メガネのカメラ映像をキトリッジに送信し、ジムの生存と裏切りがCIAに知らされます。

ジムはクレアを撃ち殺すと、イーサンを殴って列車の屋根へと逃げます。

クリーガーが操縦するヘリで逃げようとするジムを追いかけると、ヘリから出ているワイヤーを列車にくくって離脱できないようにしてしまい、ヘリごと列車はトンネルへ入って行きます。

トンネルに入ったので電波がなくなり、マックスはデータ転送に失敗します。

イーサンがヘリに爆弾を仕掛け、列車は急停止します。

キトリッジはマックスを逮捕し、マックスは彼に交渉を持ちかけます。

身の潔白を証明したしたイーサンは、スパイを辞めるとルーサーに告げ、うちに帰るため飛行機に乗ります。

ところが、キャビンアテンダントに映画を見るように勧められ、冒頭でジムが指令を受けたようにIMFから一方的に依頼を送られます。

\ 本編をチェック! 

映画『ミッション:インポッシブル』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

トム・クルーズ(イーサン・ハント)

ジム・フェルペス(ジョン・ヴォイト)

クレア・フェルペス(エマニュエル・べアール)

ジャック・ハーモン(エミリオ・エステベス)

サラ・デイヴィス(クリスティン・スコット・トーマス)

ハンナ・ウイリアムズ(インゲボルガ・ダクネイト)

フランツ・クリーガー(ジャン・レノ)

ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)

マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)

ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)

指令の声(ヘンリー・ツェニー)

マックスの手下(アンドリアス・ウイスニウスキー)

ウィリアム・ダンロー(ロルフ・サクソン)

アレクサンドル・ゴリツィン(マーセル・ユーレス)

フランク・バーンズ(デイル・ダイ)

ゾジモフ(イオン・カラミトル)

ニュースキャスター(ボブ・フレンド)

フライトアテンダント(アナベル・マリオン)

主題歌

『ミッション:インポッシブルン』のサウンドトラック

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・アクション映画が好きな人

・ハラハラ・ドキドキしたい人

・ストレスを吹き飛ばしたい人

・若かりしトム・クルーズを見たい人!

感想

女性30代
女性30代

思えば、トム・クルーズの軽薄でイケメンという印象を受けたのはこの作品からな気がします。

1966年放送スタートのスパイ大作戦の劇場版として制作された本作ですが、まさか、このあと6作品も続くとは鑑賞当初は思いもしませんでした。

だ1996年制作なのでCGや合成に難がある所もありますが、007に通じるスパイモノといった雰囲気が色濃く感じることができます。

調べていくとスパイ大作戦ファンや出演者からは総スカンを喰らったみたいです。

原作に比べると確かに主演のトム・クルーズを全面に出したトム・クルーズ映画となってしまっているのでファンの方々の落胆ぶりが想像できます。

見た目強面のウィング・レイムスが腕利きのハッカー役をしているのですが、まさか大脱出はこの辺オマージュしてたりとかないですよね。

あのマスクを剥ぐシーンてどうやって撮影しているのかとても気になります。

感想はここから見れます
女性40代
女性40代

全体に伏線も多く、複雑で軽妙なシリーズです。

そのため何回か見ようという気になります。命がけでありながら、ジョークやユーモアが多いところも人気の要因ではないでしょうか。

イーサンは裏切り者をあぶりだす作戦で、生き残ったと見られているため、本当のスパイを探すことになります。

仲の良かったジャックの形見のようになってしまったガム型爆弾を手に、仲間たちの弔い合戦を決行します。

あわやという場面も何度もありますが、他に生き残っていた上司であり、父のようだったジムが、自分や仲間を裏切っていたことを突き止め、憤りを覚えます。

未亡人になったと思っていたジムの妻、クレアに心を寄せ始めていただけになおさらです。

クレアも自分を欺き、ジムに裏で協力していたのでした。変装の達人イーサンをジムだと思いこんで、クレアは「イーサンは殺さず、罪を着せよう。」と本音を漏らします。

シカゴのドレーク・ホテルの聖書など、仕掛けが面白いので、ぜひご覧ください。

男性30代
男性30代

今から20年以上も前ということもあって映像技術的には最近出された新しいミッションインポッシブルシリーズよりはどうしても劣ってしまうもののスリリングなミッションのシーンがとても印象的で当時はあまり似たような映画がそんなになかったので観ていて衝撃がありました。

そのミッションをしていくシーンが何よりも一番インパクトがあり、声はほとんど出さないで音も全然立てないで目的を達成していく様相がかっこよくかつスピーディーな動きもあって観ていて気持ち良かったです。

ミッションの渦中にいるのはトムクルーズさんだけでしたが遠くからサポートしていく仲間達もあらゆるテクニックを活用していくところがスマートでチームプレイが鮮やかで素敵でした。

また、作中の音楽も耳に残りやすいメロディで安定感が漂っている作品に感じられました。

女性50代
女性50代

CIAの工作員のリストを盗んだ犯人とその買い手を捕まえる事からミッションは始まったのですが、次々とチームを組んだ仲間が殺されていき、残ったイーサンが犯人と思われる所から、すでに謎がいっぱいでワクワクします。

今回の任務の監督役であったキトリッジから囮作戦だったと真相を聞くものの、周りに張り巡らされた人間たちの見張りをすぐに気づく様は、さすがと思わせてくれます。

見どころは2か所あり、腕利きの仲間を集め、CIA本部に侵入するシーンは、音も汗1つでも警報が鳴ってしまう中静かに事が進行していき、見ている方も息をのみます。

もう1つは、後半の仲間と思っていた工作員のジムとイーサンの高速電車の屋根での攻防と、さらにジムの仲間がヘリコプターで追いかけてきて、その三つ巴の争いはまさかのトンネルに入っても続きビックリです。

ストーリーも亡くなっていたはずの人物が後から出てきたり、CIAの仲間でも『この人は本当に仲間なのか?』と怪しく思え、誰がどう関わっているのか悩ましい人満載で、どの部分も見逃せなく、最後まで飽きない展開でした。

男性30代
男性30代

おなじみのスパイ映画の音楽に乗って、トム・クルーズが最新テクノロジーと鍛え抜かれた肉体で不可能を可能にする最高のシリーズの幕開けです。

ストーリーもいきなりハントのチームが壊滅し、自分以外は1名しか生き残らず、しかも自分が裏切り者扱いと最高難易度のハードルが用意されます。

この序盤の衝撃的な展開が何と最後まで殆ど収まりません。

追ってくるアメリカ政府、裏社会の悪党、そして自分をはめた何者との激しい駆け引きで物語も二転三転し、最後はまさかの黒幕の正体が暴かれます。

そのやり方も実に鮮やかで、最高の爽快感を味合わせてくれます。

スパイ映画はジェイソン・ボーンシリーズのような抑制した作品もありますが、この作品のようにやはりド派手でスリル200%のような観客の血を沸騰させてくれる映画であって欲しいと改めて思いました。

男性40代
男性40代

1960年代のTVシリーズのリメイクですが、古さも感じさせない、スリリングなアクション映画です。
主人公イーサンをリーダーとするIMFのチームが、盗まれた「東欧に潜入しているCIA秘密工作員のリスト」を奪い返すため大使館に潜入しますが、敵に情報が筒抜けでリストは奪われ、メンバーは次々と殺されていきます。
ただ一人難を逃れたイーサンですが、何故かイーサンの銀行口座に本人が身に覚えのない大金が振り込まれていたことで、IMFの司令官はイーサンが内通者だと疑い捕まえようしたため、逃亡し、アジトに逃げたところ、大使館での作戦で死んだはずの仲間が戻ってきたため、仲間と「本当の裏切り者を暴く」と決意するところから物語は動き出します。
イーサンは、敵が奪ったリストはCIAが用意した偽物とメールを送って取引を持ちかけ、新たな仲間とCIA本部に潜入してリストを盗み出す作戦を立て、CIA本部のコンピュータールームに侵入し、リストを盗みます。

宙吊りになって厳重警備のコンピュータールームに侵入するシーンは「これぞスパイ映画!」と言えるシーンです。
終盤に、実は、最初に死んだはずの仲間が他にも生きており、裏切り者はIMFの司令官であると言うなど、本当の敵は誰か、最後まで目まぐるしい展開で飽きさせません。
最終的に、事件は解決し、イーサンの疑いは晴れ、イーサンはIMFには戻らないと行き先を告げずに出ますが、旅先にIMFからの新たな指令がくるシーンは、思わずニヤッとしました。

不朽の名作だと思います。

男性50代
男性50代

スパイ大作戦のリメイク?というよりは新しいアクション映画でハイテクな感じですね。

そしてアクションもトムが実際にやっているところも見どころ。
また見ている人も騙されてしまうようなストーリー展開でハラハラします。

自分は冒頭で殺されてしまうジャック(エミリオ・エステべス)(チャーリーシーンの兄)が出ているだけでうれしかったですがもっと活躍してほしかった。フランツ・クリーガー(ジャンレノ)も死んでしまう設定なので、そちらも残念で仕方ありません。

物語的にはいろいろはハイテクな道具など出てくるのが楽しみの一つとなっていますね。CIA本部からデータを盗む計画で、一流ハッカーのルーサー(ヴィング・レイムス)を、クレア(エマニュエル・べアール)はパイロットのクリーガーを仲間に引き入れる。そしてCIA本部で消防員に扮して紛れ込む。

そこのストーリーが一番面白くハラハラする場面だと思っています。

シリーズの中で一番面白いと思います。

男性50代
男性50代

CIAでのエリートとは言えないであろうが、トムクルーズ演じるイーサンと共に、CIAに忍び込む3人組の任務が見どころです。

ミッション:インポッシブル第1作目の為、トムクルーズは若くてアクションの凄さはピカイチです。

黒人のルーサースティックルもメカの扱いは得意で、イーサンの良い相棒を演じています。

CIA本部に潜り込み、機密部屋に天井から、宙づり状態で侵入するとは考えも及ばないです。

センサー感知を逃れるためのアイデアとは言え、イーサンがこれをやってのけるのが面白く見どころです。

この宙づり状態をコントロールしているのが、相棒の一人(ジョンレノ)で、人間の力で、かつ、滑車とロープのみで、ジョンレノがイーサンも支えているので、ハラハラしながら見られるシーンです。

ロープの引っ張り具合が狂い、イーサンは床面ギリギリの所で、宙づり状態になって、イーサンの額から、汗が出ているシーンは見逃せません。

男性50代
男性50代

懐かし音楽と共にスパイ大作戦が返ってきた。我々世代はテレビシリーズが懐かしく思いますが全然別物として観てよいです。
だってトム・クルーズが主演なんです。
まあ何でも出来る人です。身長の高くないアメリカの俳優がカッコいいと知らしめた功績は大きい。
スパイ映画なのでアクションシーン満載です。金庫で吊られるシーンは有名です。
最初にジョン・ボイト演じる作戦を指揮するフェルプスが殺されるシーンで何となく先が読めます。
ただそんなことは二の次。スパイものとはそういうものです。。
トム演じるイーサンは作戦失敗の責任と汚名を着せられる。拘束される間際逃亡用のアイテムを駆使して何とか身を隠す。
誰が味方で誰が騙しているのか分からないまま仲間(と思われる面々)と何故そういういきさつになったのかをひも解いていきます。
共演にジャン・レノ。ヴィング・レイムスなどワクワクするメンバーです。
次回作とシリーズ化への序章としては十分期待が出来る内容で結末もそういう展開。もちろんこの1話でも見入ってしまう作品です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

初作はスパイ大作戦の雰囲気を引き継いでいるいて、スパイものに求められる要素がたくさん詰め込んであって面白いです。

ハラハラドキドキさせる展開や迫力のあるアクション、有名なトム・クルーズの宙吊りシーン、そしてテーマ曲はとても印象的です。

公開から20年経ったとは思えない新鮮な作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました