ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

秒速5センチメートル 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu kissanime

秒速5センチメートル 無料動画配信フル視聴(長編アニメーション 映画 新海誠) anitube 9tsu kissanime アニメ映画

(c)2007「言の葉の庭」製作委員会

「秒速5センチメートル」予告編 HD版 (5 Centimeters per Second)

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『秒速5センチメートル』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『秒速5センチメートル』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『秒速5センチメートル』のフル動画を無料で視聴するには『U-NEXT』無料トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『秒速5センチメートル』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『秒速5センチメートル』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptで無料でご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!無料トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『秒速5センチメートル』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

新海誠監督の作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼新海誠監督の作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『秒速5センチメートル』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『秒速5センチメートル』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『秒速5センチメートル』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

新海誠監督の長編アニメシリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 U-NEXT FOD TSUTAYA TV/DISCAS

ほしのこえ

雲のむこう、約束の場所

秒速5センチメートル

星を追う子ども

言の葉の庭

君の名は。

天気の子

\新海誠監督のアニメシリーズの動画をぜひ! /

新海誠監督のアニメシリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『秒速5センチメートル』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

2007年に公開されたアニメーション映画

新海誠監督による3作目の劇場公開作品。

短編3話で構成され、男女の時間と距離による変化を描いている。

あらすじ・ネタバレ

・第一話(桜花抄)

東京の同級生である小学生、貴樹と明里。

クラスメイトにからかわれながらもお互いの居心地のよさから一緒に過ごすことが多かった。

しかし、明里は父親の仕事の都合で栃木へと引っ越すことになり、それきり二人は会うことがなくなってしまっていた。

中学生になり栃木にいる明里から手紙が届き、そこから二人の文通でのやり取りがはじまる。

中学1年が終わりを迎えるころ、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まる。

鹿児島と栃木という遠い距離に絶望的になった貴樹は、明里に会うため栃木へと向かった。

しかし、約束の3月4日。

大雪の影響で列車が止まり、貴樹が明里と会えたのは約束の時間をだいぶ過ぎた深夜だった。

やっと会えた、貴樹と明里はお互いの気持ちを確かめ合い、近くの納屋のなかで夜を明かす。

翌朝、貴樹は明里に見送られながら列車へと乗り込んだ。

そして、列車に揺られながら彼女を守れる力が欲しいと強く願うのだった。

・第二話(コスモナウト)

鹿児島に住む高校3年生の花苗は、中学2年の時に転校してきた貴樹に恋心を抱いていた。

卒業を控えながらも、自分の進路に悩み趣味のサーフィンでもスランプに陥っていた。

貴樹が卒業後に東京の大学に行くと知った花苗。

自分がサーフィンで波の上に立つことができたら告白しようと決意し、サーフィンに打ち込む。

そして、ついに貴樹に想いを伝えようとした瞬間。

打ちあがったロケットを見つめている貴樹は、どこか遠くにいる誰かを思う表情を見せていた。

そんな貴樹の顔を見て、花苗は何も言えず告白を諦めてしまう。

その夜花苗は、貴樹が好きだという気持ちを胸に抱き、泣きながら眠った。

・第三話(秒速5センチメートル)

社会人となった貴樹は東京で働きながら忙しい日々をおくっていた。

3年間付き合った彼女にも、心が彼女に向いていなかったことを見透かされ振られてしまう。

貴樹の心はまだ、中学時の雪の降る夜の彼女を追い続けていたのだ。

そのころ、明里は婚約し結婚式に向けて部屋の整理に励んでいた。

そして、部屋の中で渡すはずだった貴樹への手紙を見つけ明里もまた貴樹への想いを胸に抱えていた。

何か思い立ったように散歩に出かけた貴樹。

踏み切りに差し掛かりすれ違った明里の姿に気づくが、渡り切った踏み切りを振り返るとそこに明里の姿はもうなかった。

\ 本編をチェック! 

映画『秒速5センチメートル』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

遠野貴樹(水橋研二)

篠原明里(近藤好美/尾上綾華)

澄田華苗(花村怜美)

主題歌

山崎まさよし 『One more time,One more chance』

山崎まさよし / One more time,One more chance

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・カップルで見たい方

・家族で見たい方

・新海誠監督の作品が好きな人

感想

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

飛行機の機内で観た映画です。新海誠監督の作品は君の名は。しか知らなかったので、秒速5センチメートルというタイトルにまず惹かれました。
雪の降るときの速度が秒速5センチというのを初めて知ったのですが、映画の内容もタイトルに見合ったエモさがあったように感じました。
というのも、昔の恋愛をひきづったり忘れられなかったりとい甘酸っぱさのような展開が懐かしいように思えたことや、新宿の雑踏から地方へ電車で移動する感じはこのあとどうなるの?という焦燥感にもにたいじらしさを感じたほどです。
都会とは違い、電車が頻繁にこないなか待つシーンや電車が雪によって遅れて会えるのか、会えないのかというドキドキは昔のスマホなどでやりとりが簡単にできなかった当時のことを思い出させられて見終わったあとになんだか胸がじわっと熱くなったほどです。
君の名は。や天気の子などの新海誠作品が好きで観たことがなければおすすめです。

男性30代
男性30代

数年前にテレビで放送されていた時に何気なく視聴し始め、その非常に高いクオリティに釘付けになってしまったことを覚えています。この作品の素晴らしいところは、まず第一に新海誠監督の精細で情感あふれる背景描写にあるでしょう。独特の光の表現や細部にまで徹底的に拘った写実的な描写で、絵の一枚一枚が登場人物たちの感情の動きを代弁しているかのような、芸術的とも言って良い完成度に仕上がっています。
また、往時の村上春樹氏の小説を彷彿とさせるような、感傷的、内省的で、青年時代の甘酸っぱい後悔を思い起こさせる脚本も魅力的です。個人的に自分も子供の頃は転勤族だったので、作中の主人公の心をどこかに置いてきてしまったような心境というのはとても共感できる部分があり、素直に感情移入できました。新海監督の一つの到達点と言って良い作品であり、日本のアニメの歴史に残る傑作ですので、未視聴の方はぜひ一度見てみることをおすすめします。

女性20代
女性20代

もう何十回も観た作品です。そのくらいこのアニメは自分にとって心に残るものですし、新海誠作品の中で1番好きです。
過去の経験をどこか引きずっている遠野の気持ちも、一途に好きな人……しかし、手の届かない遠野を想っている澄田の気持ちもわかるからこそ辛いです。全く同じ経験ではないですが、自分も昔の叶わなかった恋もすれ違った経験もあるので、そのことを思い出してしまいます。
篠原も遠野もお互い、ただ一時的な『興味』『好き』という気持ちではなくて、心から分かり合えるような特別な相手と思っていたからこそ、遠距離になってすれ違って連絡を自然と取らなくなってしまったのはとてもリアルだなと思います。『好き』とはまた違った感情で、自分の中ではもう心の奥に閉まったことだった遠野が、大学時代に東京に出てきてからも篠原と連絡を取らなかったのだと思います。ここまで繊細な、複雑な人の心の動きによる行動を描いた新海誠監督は凄いです。
最後、踏切で遠野が篠原らしき人とすれ違った場面で、振り向いても篠原はいなかったという、一見悲しく切ない結末だなと思いました。しかし、遠野が篠原がいなかったと確認した後にふっと口元を緩めているので、遠野の中でも何か過去への想いへ終止符を打って、その後は前に進めたのではないか、と素敵なハッピーエンドだなと感じられるようになりました。

女性30代
女性30代

監督と同世代なのですが、描写は2000年に入った頃を思わせます。転校して遠くに行ってしまった好きな人との連絡手段は手紙。誰もが当時は文通やあと年賀状なんか送りあっていて懐かしいと思わせる感じ。そこからのメールへの移行。便利だけど便利じゃない。

映画の映像、色や音、新海さんの映画を私は秒速5センチメートルで初めて観たのですが、始まってすぐに他の映画とは違う新しいジャンル、世界だ、と思いました。
切ないし寂しいけどとても美しくキレイ。キラキラとした世界に、心奪われる音楽。
誰かの記憶を覗き見しているような不思議な気持ちになりました。
遠距離の初恋相手との話で、たまたま私はにたような経験をしており、胸がギュッといたくなりました。
すべての恋をしたことがある人にお勧めです。
山崎まさよしさんの歌が脳裏にこびりつきます。

女性20代
女性20代

最初から最後まで、何から何まで繊細で美しくて儚さに満ちた作画に心を奪われました。そして内容に関しては、切ないの一言に尽きる作品だと私は思いました。男と女でこんなにも捉え方や感じ方が違うものなのかと愕然としてしまいました。結果はどうであれ、誰しも初恋というのは凄く特別でいつまでも心の片隅にそっと置いておきたいものだと思います。この作品では二人の男女の中で、初恋に対する区切りの付け方がはっきり分かれていたのが印象的でした。私は比較的何でも引きずるタイプなので、男の方に同情することが多かったです。しかし、高校から大学にかけて付き合っていた彼女に対しては可哀想だし失礼だなと思いました。社会人になっても初恋の人を想い続ける主人公の男は観ていて共感しつつもどこかいじましさを感じずにはいられなかったです。胸が苦しくなりました。

女性30代
女性30代

これ、大学生の頃のバイト先の男の子が「トラウマになった」と言っていたのをよく覚えています。
確かに、男性目線だと病むかもしれません(笑)
ものすごく美しい背景と切ない音楽が印象的な作品です。10代の恋愛のリアルが描かれています。
わたし自身、幼稚園から高校まで転勤族だったので、よりリアルに感じました。
薄い繋がりだからこそ、稀で尊い関係。あんな大変な思いをして会いに行ったのに、気持ちは移り変わります。
ただのつまらない大人になって、それなりに恋愛をしても、あのガラスのような10代の恋だけは美しい思い出のままで特別です。
気持ちが離れていくのが女の子の方というのもリアルです。男の子は、女の子を忘れられないけれど、それなりに恋愛をして、その恋愛で傷つきもするけれど、心の奥には特別な記憶がある、という。
感傷に浸れる作品です。

女性40代
女性40代

事前情報なく見たので、主人公・貴樹の成長に従って第1話~第3話に別れて構成されてることに驚きました。1話では雪、2話では星空、3話では桜の美しさが印象に残りました。1話に関しては北海道民としては、あんな大雪で寝たら危ないと思いましたが(笑)、ロマンチックで切ないシーンでした。中学生だし、無力で何もできない二人が仕方ないんだけど悲しい。高校生の2話目は花苗ちゃんが健気で可愛い!思いを伝えようとするいじらしさ・・貴樹も明里をあきらめて花苗にしたらいいのに、と思いながら見てました。3話は大人になった貴樹と明里。これが男女の違いなのか、二人の生活が対象的に描かれます。仕事も恋愛も上手くいかずくすぶる貴樹、結婚間近の明里。踏切での一瞬、満開の桜、流れる山崎まさよし。あのシーンのためにこの映画があったのだと感じました。貴樹は最後に前向きになれたらいいなと思いました・・高校生編の貴樹が1番輝いていたので!

女性20代
女性20代

3部に分かれているところが面白いなと思いました。好きな人と付き合って遠距離になって結局別れてしまうけれど、社会人になっても主人公の男の人の方はその人のことをずっと引きずっているのが見ていて辛かったです。女の人の方は結婚してしまっていて、恋愛は女の方が吹っ切れるのが早いというのが表れているなと思いました。最後に2人がすれ違うシーンも、とても切なかったです。違う作品の君の名は。では最後に2人がすれ違うシーンで幸せになれたので、秒速5センチメートルの違う世界を見れたようで嬉しかったのを覚えています。見終わったあとも、感情移入していると結構辛くて重たい気持ちになってしまうかもしれないですが、映像がとても綺麗で爽やかなのでいいバランスが取れていると思います。幸せな恋ばかりではなくこういう形のものもあるのだなと感じました。

女性30代
女性30代

まずはやはり作画が凄いです。もうアニメというか、ほぼ実写です。背景写真ですか?レベルです。
その絵に彩られたストーリーは、とても切なかったです。幼い恋心を抱いたのはきっと二人共だったはずです。
でもそれが思い出になるかならないかでこんなにも道はズレていってしまうのだと切なくて堪りませんでした。ただ大事に温めていただけなのに、ずっと大事にしまっていただけなのに、いつの日かと希望を抱いていただけなのに、美しい風景が残酷に感じられるほど最後はただただ胸が痛くて仕方ありませんでした。山崎まさよしさんの主題歌も相まって、あー……ってなります。
新海さんの作品自体あまり分かりやすいハッピーエンドのものは少ないのですが、その中でもこの作品は更に…って感じです。
それでも私はこの作品が好きです。もうひたすら切ない気持ちになりたい時、しんみりしたい時に必ず見返したくなるから。そういう気分の方にはおススメです。

男性30代
男性30代

自分が新海誠監督の作品の中で、
一番最初に出会ったのがこの【秒速5センチメートル】という映画です。
タイトルが、桜のはなびらが落ちるスピードを表していること。
桜の花びらが舞うシーンがとても綺麗で好きなシーンの一つです。
この作品は大きく三つにパート分けされていますが、
自分が一番好きなパートは、
序盤の小学校から中学一年までの、出会い、そして離れてしまう所です。
自分も小学生の時に、親の都合で引っ越しを余儀なくされましたが、
その頃は、子供ながらに大人はなんて身勝手なのだろうと思っていましたし、
それは、子供の自分では、決して覆ることのないことだということも感じていました。
遠野貴樹と篠原明里も、その決して覆ることのない運命によって、
最初は現実的な距離がはなれ、そして最後にはお互いタイミングは違いますが心も離れていったように思います。
新海誠監督作品で、はその描写をとてもきれいに描いているのがこの映画だと思います。

まとめ

短編3話で成り立っている本作は、1話ごとに時が進み見やすい物語になっています。

大切な人と見ていただいければ、お互いの大切さをより一層深く感じられる作品になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました