【無料フル視聴動画】映画『ジュラシック・ワールド』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

洋画
映画『ジュラシック・ワールド』第1弾日本版予告編

映画「ジュラシック・ワールド」のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

映画「ジュラシック・ワールド」の動画をフル視聴する方法

映画「ジュラシック・ワールド」の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』

『ジュラシック・パークIII』といった恐竜映画を作った、

スティーヴン・スピルバーグシリーズの第4作品。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

 

 

 

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

DNA操作により誕生したインドミナス・レックスが

飼育エリアから脱走して暴れまわるというストーリー。

ジュラシック・ワールド(2015年)の紹介

2015年公開のアメリカ映画。『ジュラシック・パーク』

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』や、

『ジュラシック・パークIII』といった恐竜映画を作った、

スティーヴン・スピルバーグ シリーズの第4作品。

第四作品ともなると、恐竜造語や、ビジュアル、

濃厚な恐竜世界感。アメリカの化学技術の好きさ、

今いるなら、的な恐竜達の生態が楽しめるテーマパーク

〝ジュラシック・ワールド〟の世界。

一部の科学技術者による、秘密裏にコソコソと行われていた研究によって

DNAや科学操作によって、人の手によって生み出された新種の恐竜が

ここぞと言わんばかりに暴れ狂う。

何故そこはコントロール出来なかったのか。。。。

化学や恐竜が人々を食べられる恐怖に。

映画「ジュラシック・ワールド」のあらすじ

『ジュラシック・ワールド(2015年)』

大富豪ジョン・ハモンド社長がある日発案。

やはり、社長は何か思いつくのだろう。

コスタリカの西にあるヌブラル島という名前の島に。

一見普通の遊園地のように聞こえはしますが、

アドベンチャー施設『ジュラシック・パーク』を建設しようとしました。

科学が予想以上に発達し、誕生させてしまった、恐竜が思った以上に

狂い進化して暴れまわり、手に負えないので、

ジャラシックパークを急いで封鎖しました。

それから約20年たったある日。

月日は流れ。。。。

モンド社長のいたインジェン社から、

サイモン・マスラニ率いるマスラニ・グローバル社に

コスタリカのヌブラル島は買収されていました。

新しいヌブラル島の主になった、

サイモン・マスラニCEOは仕事もやり手です。

ただ、今は亡きジョン・ハモンド社長の遺志を継いで全身全霊で受け継ぎ

噂のテーマパーク作りに余年はない。

ジョン・ハモンドと、共に憧れた

恐竜のテーマパーク『ジュラシック・ワールド』が

念願のコンプリート、完成です。

来場者はありがたい事に、毎日2万人突破をし、感謝感激雨あられ。

施設の中には何があるのでしょう。

恐竜の生態をリアルに、分かりやすく説明するパノラマ

だけではなくて、、より精巧に、自由自在に恐竜を観察できる、

3Dホログラムシステムや、草食恐竜を接近して、

露わに観察出来る川下り、超小型恐竜と

わいわい触れあえるゾーンなども

恐竜にそこまで知識が無くても、楽しめるゾーンを備えています。

しかし、恐竜のパークといってもやはり、仕事ですから管理人がいます。

ジュラシック・ワールドの管理、統括を社長から頼まれている

職員クレア・ディアリングを訪ねて、何やらお客さんです。

甥のザック、それとグレイがやってきました。

ザックは高校1年の男子で、グレイは11歳の少年です。

複雑ですが、彼らの母・カレンはクレアの姉で、子どもたちが

いる所では、全然その様子を見せないというか

喧嘩をしないのですが、実のところ、離婚専門の弁護士と話あって、

夫・スコットと離婚の協議中。

見えない所ではよくケンカしてます。

カレンとスコットは、ザックとグレイを空港まで送る事に。

空港まで、お見送りです。

ここで言います。

兄・ザックには電話をかけたら出てよと言い、

意味深な感じで、弟・グレイには冗談めかして

「なにかを感じて、追われたら、猛ダッシュ、逃げてね」と語りかけます。

空港で息子達を無事、見送った後にクレアは留守メッセージを電話で残す事に。

そして、ザックとグレイの兄弟二人は、

コスタリカのフアン・サンタマリア空港に行くことに。

そこからは船で移動します。。

イスラ・ヌブラル号船に乗っ、島に上陸。

飛行機と違って船は多少時間がかかりますが、

移動した感じは満載です。

いよいよ、桟橋から、列車に乗り変えて、

ジュラシック・ワールドへ行きます。

飛行機や船、列車の移動は大変でした。

しかし、運転手さんには感謝です!

そんな二人を迎えに来てくれたのは

黒髪の女性の秘書・ザラさんが到着してました。

黒髪の女性、クレアはバリバリ仕事をこなします。

俗に言うキャリアウーマンです。

色んな人に支えられながら。

しかしながら、若干疲れてました。

仕事で多忙で、がむしゃらです。

営業もバリバリで投資家を招いて、お客さんに来てもらえるように、

研究開発部門に予算が付くように、案内してスポンサーを募り、

もっとお客様の顧客満足がアップするように説明します。

そうすれば口コミでもっとジェラシックパークにお客さんが来てもらえて、

恐竜や科学、そして歴史が知ってもらえて、

満足してもらえ、地球に負荷のかからない方法とは何か個人で考えたりしてました。

スポンサーは単純に恐竜が好きだったり、投資好きだったり、さまざまです。

クレアは色んな観点でパークの良さを説明します。

他に、マスラニCEOのお出迎えの仕事をしたり、人類にとっても注目されている、

掛け合わせで生まれた、人が手掛けた恐竜の新種(ハイブリッド)第1号と呼ばれている

〝インドミナス・レックス〟の開発をして注目を浴びています。

インドミナスのネーミングは最強という意味合いで、期待されてました。

人の手により、DNA配列操作した、大きくて有名なTレックスより

俄然大きな恐竜を作っているのです。

全長15m級の恐竜を夜な夜な研究して作っているのです。

その日、マックスの入場者数は22216人でした。

投資家に営業しつつ、会場のチェックもやり、メールもチェックしたり、多忙です。

忙しい中、元気かな?とやってきたザックとグレイ兄弟に

時間がさけなくて、モヤモヤしてました。

7年振りの再会ですが、あまり話す時間がなくて、秘書・ザラにお任せしてしまいます。

もっと話したいのに。

コントロール・センターには〝ジュラシック・パーク〟のロゴT

着ていた、オペレーター・ロウリーがいました。

よほど、恐竜が好きなのでしょう。

クレアは、言いました。縁起でもないと。

ヘリコプターに乗って駆け付けた、マスラニCEOは、

インドミナス・レックスをお客様や投資家さん、スポンサーさんに

5月にはなんとかお披露目したいと考案中。

しかし恐竜の事はもちろんですが、外に逃げて、人食い恐竜になっては困りますから、

強い外壁のセッティングや、ガラスの強化等、恐竜をお披露目するのに、問題は山積みの様です。

あまり焦らないほうが、良い気がしますが。

噂の恐竜、インドミナス・レックスはT-レックスよりも色見が白く、

背中にトゲトゲ突起がありました。

試しに、2頭を同時に孵化させてみたのですが、ビックリ、やはり、恐竜、闘争本能です。

共食いして現在は1頭になってしまいました。

人間模様もあります。

マスラニCEOが、パークの為、仕事や営業のため、お客様の為に、人を雇うようです。

元海軍のオーウェン・グレイディを抜擢、ヘッドハンティングしてきたと

報告すると、クレアはあからさまに嫌な顔をしました。

それは、クレアはオーウェンと会ったことがあり、、昔1度だけデートした事があるのです。

オーウェンは、恐竜をしつけていました。

恐竜もしつけられるという事は知能が高いはずです。

人間が気づける、知能があるといいのですが。

小さく、凶暴と言われている4頭のヴェロキラプトルのしつけをマスターしてました。

ブルー、チャーリー、デルタ、エコーと命名。

しかし、やはり、ぬかりはありません。

名前はつけましたが、てなずけてはいるものの、恐竜への警戒心を、持ちつつ

下にみず、対等に接するようにしてます。

オーウェンは必死に仕事しているのですが、一人では恐竜の相手は大変です。

ここで登場するのは、助手としての相棒、黒人男性・バリーです。

その横で、観察する太っちょのホスキンスはいけない事ですが、

恐竜を小馬鹿にしています。

動物であれ、飼っていると思うのは、筋違いで対等に話さなくてはと思う日々です。

話は戻りますが、パークに訪れた、

ザックとグレイの兄弟は会いたい人には待たされ、

秘書・ザラが横にずっといるのが、飽きてしまって、、

ザラが仕事らしき話を携帯で通話している間に

こっそり脱出。逃げ出した2人で、ジュラシック・ワールドを思い切り巡りました。

どうしてもグレイが行きたいと言う〝T-レックス・キングダム〟のコーナーに行くと、

何やら

ザックに母・カレンから電話が鳴ります。

クレアと一ザックが緒にいないと知ったカレンは、すぐさまにクレアにテレフォン!

電話します。

カレンの本当の気持ちは、仕事はすぐに終わらせて、

甥っ子とクレアがゆっくり会ってくれるのではと思っていたのです。

思い通りではなくショックでした。

がしかし、クレアは仕事で忙しく、なかなか

人は思い通りになりません。

それから電話で、クレアは二人に付き添うと口約束。

しかしカレンは「約束よりまず行動だ」と言い放ちました。ちょっと二人を

見ていなかったので、怒り気味です。

電話を切りました。しかし、仕事は迫ってきます。

クレアはオーウェンとミーティング。

インドミナス・レックスを飼育というか、人を襲わない為にも、

頼みの綱の防壁の強さを、確かめてもらいたいとお願いします。

基礎のゲノムは、現時点で最強のT-レックスだと判明はしていますが、

それ以外の情報は開発研究者ヘンリー・ウー博士しか開示されておらず、

博士しか知らない事に難色を示す人は多いです。

生態も謎の残る恐竜を展示することにオーウェンは難色を示しました。

そこでザックとグレイ兄弟は、水生恐竜を確認しにいきます。

モササウルスと呼ばれている、巨大なワニにも似た恐竜は、

イルカをひと呑み出来るのです。

これには兄のザックも驚きます。

モササウルスの特徴は、確認している恐竜の中で最も多い88本の歯を所持、なんでもかみ砕きます。

人間なんてすぐ食べられちゃいます。

しかし、おそれていた事態が。

最強の恐竜、インドミナス・レックスの姿が全く発見できないので、

脱走した時の為に、背中に手術で入れたGPS装置で確認すると、

パドックの中にまだいる模様です。

しかしよく見ると、壁には爪痕があります。

それを見に行った、オーウェンらは、最強であり、最恐の恐竜、

インドミナス・レックスに狙われる事に。

オーウェンは考えました。

インドミナス・レックスの嗅覚を惑わせたい。

車用のオイルを浴びて、体臭をオイルにして、逃げのびますが、

他の作業員2人は恐竜に食べらてしまいます。

人間が作りはしたが、新種の恐竜達は、知識が発達し、

なめると危険だと判断。人間並みかそれ以上かと。

オーウェンは常に警戒体制です。

インドミナス・レックスは、森へ身を隠し。

やはり知性は、人並かそれ以上。言語が違うだけで頭脳明晰かもしれません。

文明でなく生きていけるのならば、人間以上でしょう。

人間の手によって、背中に、埋蔵された、GPSチップを肉片ごと

自分でえぐり取ります。必要ないものだと。

インドミナス・レックスを危険と感じ、

捕獲に走った、ハマダ率いる捕獲部隊は壊滅。

インドミナス・レックスの持つ特性、擬態は、

「(アマガエルのDNAからきている)」

分かっても手遅れでした。

決断します。

マスラニCEOはパークの封鎖をそそくさと決め、来場者、全員を避難させるよう指示します。

恐竜パニックに陥りながらも、パークは閉鎖作業を開始しました。

映画「ジュラシック・ワールド」の登場人物紹介

 オーウェン・グレイディ   (クリス・プラット)

 クレア・ディアリング    (ブライス・ダラス・ハワード)

 ザック・ミッチェル     (ニック・ロビンソン)

 グレイ・ミッチェル     (イ・シンプキンス)

 カレン・ミッチェル     (ジュディ・グリア)

 スコット・ミッチェル    (アンディ・バックリー)

 ロウリー・クルーザース   (ジェイク・ジョンソン)

 ヴィヴィアン・オキアミ   (ローレン・ラプクス)

 ザラ・ヤング        (ケイティ・マクグラス)

 バリー            (オマール・シー)

 ヘンリー・ウー       (BD・ウォン)

 サイモン・マスラニ     (イルファーン・カーン)

 ヴィック・ホスキンス    (ヴィンセント・ドノフリオ)

 カタシ・ハマダ       (ブライアン・ティー)

 ジミー・ファロン      (ジミー・ファロン)

恐竜の造詣のクオリティ、映像、知識、も高いので、恐竜ファンも納得できるのでは

ないかと思います。

期待の最強恐竜、人が生み出した、インドミナス・レックスは、

T-レックスの戦いは必見です。

この時代、恐竜やフェイクミート、科学で何でも

作れる時代ですね。

映画「ジュラシック・ワールド」の主題歌

映画【 Jurassic World / O.S.T. 】

 オリジナル・サウンドトラック

Jurassic World Original Soundtrack 02 – The Family That Strays Together

 

 1. Bury the Hatchling

 2. The Family That Strays Together

 3. Welcome to Jurassic World

 4. Does This Dino Make Jurassic Look Big

 5. As the Jurassic World Turns

 6. Clearly His First Rodeo

 7. A Glorified Petting Zoo

 8. Owen You Nothing

 9. Indominus Wrecks

 10. Gyrosphere of Influence

 11. Pavane for a Dead Apatosaurus

 12. Fits and Jumpstarts

 13. The Dimorphodon Shuffle

 14. Love in the Time of Pterosauria

 15. Chasing the Dragons

 16. Raptor Your Heart Out

 17. Costa Rican Standoff

 18. The Teeth Degree

 19. Our Rex Is Bigger Than Yours

 20. Growl and Make Up

  21. Nine-To-Survival Job

  22. The Park Is Closed

  23. Jurassic World Suite

ジェラシックパークのサウンドトラックもあるので、この際チェックしてみて下さい。

映画「ジュラシック・ワールド」Twitterでの反応

最高!

英語の学習になります!

恐竜推し!

映画「ジュラシック・ワールド」はこんな方におすすめ

・恐竜のビジュアルを映画がで楽しみたい方。

・疲れすぎて恐竜に食べられてみたい方。

DNAや化学、そして動物や恐竜にまつわるストーリー、地球が好きな方。

・ひやひやしたい方。

・英語学習したい方。

映画「ジュラシック・ワールド」の感想

女性
女性
USJで、ジェラシックパークという乗り物があり絶叫が無理な私が始めて乗ってみましたがなかなか再現力がリアルで楽しかったです。
まさかその関連のジュラシックワールドが映画になってて内容もなかなか怖そうだったので早速みてみました!!
まず、恐竜をどういう風に再現するのか見どころです。
私が想像してた以上に広く恐竜が多すぎです笑
いつでも襲ってこられる場所にいるので映画をみながらヒヤヒヤです、、。
後々になって1匹の恐竜が戸を破って人間の方に向かっていきました、頭のいい恐竜でした。
何人もが亡くなったり倒されたり見てて痛々しかったです、、。
最後は恐竜同士の戦いになって、個人的には水から上がってくるワニのような恐竜がかっこよくて好きです!!
是非ジェラシックパークに乗った方、この映画を見てほしいです!
恐竜が好きなお子さんと見るのも良いかも知れませんね!
女性
女性
ジュラシック・ワールドはこのシリーズ4作目です。ジュラシック・パーク、ロスト・ワールド/ジュラシック・パークはスティーヴン・スピルバーグが監督しましたが、
ジュラシック・パークIIIはジョー・ジョンストンが、ジュラシック・ワールドはコリン・トレヴォロウが監督になっています。
スピルバーグ監督のファンとしては、ジュラシック・パークIII、ジュラシック・ワールド両方共彼に監督して欲しかったですね。
その理由はスピルバーグ以外の映画には腑に落ちない点がいくるかあるからです。
恐竜にはショックを与えておとなしくさせる装置が付いていたはずなのにそれが作動せず、コントロールセンターに戻って来ているのにそれを作動させることをしなかったことです。
スピルバーグの映画にはこのような矛盾点はないのに、残念な気分になってしまいました。
見どころとしてはCGを含めたスケールの大きさ、ハラハラドキドキさせる展開です。
絶対に助かるはずのない状況でどのようにサバイバルしていくかが見逃せません。
女性
女性
とっても好きな映画の一つです。テーマパーク化して恐竜1頭逃げ出したところから、大勢の一般人を巻き込む大事件発生!と言う話ですが、見どころがありすぎる映画です。
Tレックス登場シーンと、モササウルスは出て来るだけでシビれます!オーウェンさんが手懐けたベロキラプトルの4頭も凄いですが、やっぱり1番はブルーです。他の3頭は気づけばやられてた…って言う感じですが、ブルーの賢さがオーウェンさんとの目の会話で顕著に出ている感じで感心しました。
ライオンやトラを手懐けてる人よりすごい!と、思ってしまいました。
事件発生前までの、ジュラシックワールドは、実際あったら絶対行きたい!!と思えるテーマパークです。管理システムは完璧ですが、組織としては、どうなの?と思ってしまいますが、恐竜を暴れさせないといけない映画なのでひとまずそこはスルーして良いと思います…。
ジュラシックパークシリーズが公開されて、だいぶ経ちますが、映画の中でも現実と同じぐらい時が流れていて、ジュラシックパークの歴史が組み込まれているので、映画を見ている間はリアル体験しているような錯覚に陥ってしまいます。
この作品から、炎の王国に続いて、さらにまだ続きありそうな雰囲気だったので、続編がとっても楽しみです。
女性
女性
もう二度と見ることができないと思っていたジュラシックパークが、時を経てジュラシックワールドとして再オープンしました。
人々は恐竜を恐れつつも、憧れの気持ちが止むことはないのでしょう。
パークからワールドと名称変更され、世界観もパワーアップして、より身近な恐竜園となっています。
恐竜をジープで見て回っていたものが、透明の強化ガラスに覆われたライドへと変更され、多くの観客が座って水中に住む恐竜を見ることもできるようになっています。
映画を見ている人々を一緒にジュラシックワールドへと連れて行ってくれます。
そして恐竜映画ですから、お約束のパニックムービーとなりますが、映像技術も発達し、前作以上に臨場感が感じられる映画となっています。
女性
女性
ジュラシックパークシリーズの続編で、シリーズを通算すると、本作で第四作目になります。
この映画では、恐竜を展示物にしたパーク「ジュラシックワールド」がいよいよ完成。
まるで動物園の動物ような感覚で恐竜が扱われています。
第一作目から比べると映像も格段に進化して、恐竜一匹一匹の個性も出ていて愛着すら沸いてくる映画でした。
しかし、そこはやはりジュラシックパークシリーズ。恐竜がパークから脱走して人間達は大パニックになります。
ハラハラする恐竜との戦いも見物ですが、人間の愚かさや、本来の生態系の在り方など、色々な事を考えさせられる映画でもあります。
恐竜から逃げるだけのパニック映画ではなく、深く考えさせられるのがジュラシックパークシリーズの醍醐味でもあると思います。
女性
女性
今では存在しない恐竜のことを知ることができる映画で、少しグロテスクなシーンもありますが、ハラハラ・ドキドキして手に汗握って楽しめる映画だと思います。
恐竜の恐ろしい表情や主人公たちの危機感あふれる演技に、目が離せません。
もし、恐竜が絶滅していなかったらと考えさせられる映画です。
恐竜も生きていくために犠牲はつきもので、人間がしてしまった環境破壊の問題にも目を背けがちになっているのを改めて感じさせられます。
いろんな恐竜が出てくるので、さまざまな恐竜の名前や特徴を知ることが出来ます。
人間と恐竜がもし同じ時代に生存していたらどうなっているのかと、恐怖や不安をあおりながらも、とても夢が広がる映画になっています。
女性
女性
恐竜の圧倒的美しさと凶暴さに目が離せませんでした。
ラプトルを息子のように大事に育てているオーウェンがかっこよかったです。
ラプトルもオーウェンのことを信用してくれたりと涙が出そうになるシーンも多かったです。
また、改良を重ねた恐竜が脱走した時にはどうなるのかとひやひやしましたがオーウェン達が協力し合い応戦したことが素敵でした。
恐竜が人間を守っていたのかはわかりませんが、ラプトルやティラノサウルスが改良された恐竜を倒してくれたり人間を襲わないでくれたときには育て主として素晴らしい人だったからなのかなと思いました。
観客が食べられたり大怪我をしてしまったりと残念なところもありましたが感動する素敵な映画でした。
女性
女性
ジュラシック・パークの余韻も残しつつ、新たな魅力がプラスされてパワーアップした作品。
恐竜好きにはたまらない、壮大なエンターテインメントという感じで何回見ても飽きません。
とにかくCGを使った映像技術が素晴らしく、画面越しでもその世界に入りこんで体験しているような感覚になります。
大きな恐竜を目の当たりにした人間は、こんなにも無力で、思い通り動けなくなるのかなと想像が膨らみます。恐竜に襲われるシーンはなかなか怖いですが、時々ユーモアもあり、予想不能な展開も面白いので家族で見ていられます。
個性豊かな恐竜のカッコよさや可愛さなど見られるのも見どころです。
見た後は、ジェットスターに乗った後みたいに頭が空っぽになり爽快な気分になります。
女性
女性
ジュラシックパークシリーズはハズレがないと思います。というか、外しようがないという方が正しい気がします。
男性も女性もこのようなスリル満点の映画は楽しめると思います。
シリーズ作品ですが、前作を見ていなくても問題なく理解できます。
現代でも、もし恐竜を人工的に作り出せたら、映画の世界で起きている事も現実にあり得てしまうのではというリアルも味わえる内容です。
終始ドキドキハラハラする映画なので力が入る事もしばしばあります。
ただ、映画を観た!という満足感は大きいです。これは、1人で観るというよりも、誰かと一緒に、可能な限り大きな画面と大きな音量で観る事をお勧めしたい映画です。
もちろん子供も楽しめる内容です。
男性
男性
ジュラシックパーク3から数年がたち、あたらしくジュラシックシリーズが放映されるとあり、ワクワクしながら楽しみにしていました。
現在の最新CGを駆使した恐竜のえがきかたは非常に素晴らしく、映画全体としてのバランスがよくて面白かったです。
オリジナルの恐竜が出てくるところは何となく予想ができていましたがそれを倒すところまで描くのが非常に良かったです。
恐竜をつかったテーマパークをつくったのは非常に面白く、前半のそういったシーンを見れたのが良かったと思っています。
ジュラシックシリーズは個人的には1が一番の傑作でこれを超える映画はないと思っています。
ただ、この次に面白いのがこのジュラシックワールドかと思います。

映画「ジュラシック・ワールド」まとめ

ご存じだと思いますが、恐竜映画、ジュラシック・パークの衝撃から約20年後。

困難を乗り越え、恐竜たちの一大娯楽施設『ジュラシック・ワールド』が

化学や現代の映像でアップデートさせ、開場にこぎつけた。

喜んで、パークを訪問した。

人々は恐竜を満喫する。何も知らず。。。。

秘密裏で、新種の恐竜インドミナス・レックス(最強のレックス)が人々の欲望により、開発されていた。

スポンサー欲しさや、新しい科学の為に。

しかし、会場は大惨劇、当日のビッグイベント。

知能と筋肉と野生の塊、インドミナス・レックスがパークから脱走を図り、

施設は大パニック、カオス状態に襲われる。

パークに来た人は、翼竜に襲われて、大声で叫んだ。

しかし人は立ち上がります。

ザックとグレイ、彼らの叔母クレアとオーウェンは、負けるものかと。

高度な知能と筋肉、そして野生の勘を持つ

ヴェロキラプトルと共にインドミナス・レックスと戦った。

インドミナス・レックスは巨大なモササウルスに、水中へ。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました