おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ダイナソー 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替)フル視聴 9tsu Dailymotion anitube

アニメ映画

(C)2000 Disney

ダイナソー – 予告編

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

ディズニー映画『ダイナソー』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

ディズニー映画『ダイナソー』の動画をフル視聴する方法

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

ディズニー映画『ダイナソー』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、ディズニー映画『ダイナソー』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

ディズニー映画『ダイナソー』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

ディズニー映画『ダイナソー』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

ディズニー映画『ダイナソー』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

ディズニー映画『ダイナソー』のあらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

『ダイナソー』は2000年に公開されたディズニーが制作したアメリカのアニメです。

白亜紀を生きる恐竜たちの物語です。

あらすじ

・卵の大冒険

6500万年前の白亜紀末期では恐竜たちが大自然の中で生きていました。

ある時生まれたばかりの卵の様子を見ていた恐竜たちの目の前に、肉食恐竜が現れます。

そんな騒動の中で、ある恐竜の卵が他の恐竜たちに奪われ、川を下り、漂流し、そしてプテラノドンに運ばれ、最終的にはサルたちが暮らす森の中に落とされたのでした。

サルたちは見たこともないその卵を気味悪く思い、その場から去ろうとしますが、そのサルの集団の中にいたプリオは他のサルたちとは違い、恐れることなくその卵の元へ向かいます。

やがてその卵から恐竜の赤ちゃんが生まれました。

・アラダー

最初は成長すると厄介な生き物になると疎まれていた恐竜の赤ちゃんでしたが、そのあまりにも愛くるしい姿に結局始末されることはなく、他のサルたちと同様に育てられることになります。

生まれたその恐竜はアラダーと名付けられました。

・一生忘れられない日

その日はサルたちには一年に一度の”求愛の日”で、とても大切な日とされていました。

その日の夜、恐竜たちだけではなくすべての生物に大きな不幸が降りかかることになるのです。

隕石が落下してきたのでした。

アラダーやプリオ、ヤー、ジーニーといったサルたちはなんとか生き延びることができましたが、大半の仲間たちは隕石が起こした津波などの二次被害で死に絶えてしまいました。

生き残ったアラダーはプリオたちを乗せてすっかり焼野原と化した森を進んでいくのでした。

・恐竜の群れ

荒れ地を進む最中、アラダーたちは恐竜の群れに遭遇します。

その迫力に恐れおののいていると、その集団の最後尾にいたベイリーンとイーマの会話が耳に入ってきたのでした。

どうやらその集団は寝床を確保するために”命の大地”と呼ばれる場所に向かっているというのです。

特に行く宛てもないアラダーたちは、その集団についていくことにしました。

・クローンとニーナ

その集団の先頭を歩き、恐竜全体を取り仕切っているのはクローンという恐竜でした。

クローンは、弱者は見捨てるという精神の持ち主で、たとえそれが子どもだろうが、老いた恐竜だろうが、遅れるものは襲われようが食べられようが知ったことではないのです。

そんな弱者の肩を持つアラダーの存在がクローンは気に食いません。

しかしクローンの妹・ニーナはアラダーの行動に好感を持っているようでした。

・迫りくる肉食恐竜

しかし、いくら進んでも”命の大地”にたどり着く気配がありません。

疲れ切ったアラダーたちはベイリーンたちを気遣って歩くうち、集団からはぐれてしまいました。

やっと見つけた洞窟にアラダーたちが入りこむとそこにはケガをしたクローンの部下であるブルートンがいました。

冷酷なクローンによってブルートンはこの洞窟に置いて行かれたのでした。

ブルートンと共にその洞窟で休んでいたアラダーたちでしたが、そこへ突如肉食恐竜が現れます。

アラダーは立ち向かいますが、絶体絶命の危機に追い込まれました。

そんな時アラダーを助けたのはブルートンでした。

ブルートンは単身肉食恐竜に挑み、多くの落石によってなんとか肉食恐竜たちの追撃を阻止しますがそこで命を落としまいます。

ネタバレ

・命の大地

洞窟の奥までやってきたアラダーたちは外から挿す一筋の光に気がつきました。

そしてその奥には外界の気配があるのです。

なんとかそびえたつ岩壁を破壊しようとアラダーは体当たりしますが、落石によってその穴が塞がれてしまいました。

成す術がなくなったアラダーはいよいよ諦めてしまいます。

しかしそんなアラダーを叱咤したのはベイリーンでした。

ベイリーンがアラダーに代わり体当たりし続けたため、ついに岩壁が壊れます。

そしてその壊れた壁の先に広がっていたのは紛れもない”命の大地”でした。

・結末

しかし先に到着しているはずの群れが見当たりません。

不思議に思ったアラダーでしたが、本来の通り道である場所にそびえたつ崖のような岩山を見て納得しました。

心配になったアラダーは群れの元まで引き返していきます。

案の定、クローン率いる群れはそびえたつ崖の前で立ち往生していました。

クローンは崖を登ろうとしますが、他の恐竜たちは渋っていました。

アラダーは背後から肉食恐竜が迫っていることを伝え、別の道に群れを誘導しようとしますが、アラダーの存在が気に食わないクローンはついにアラダーに飛びかかります。

絶体絶命のところをニーナに救われ、争いは止まりましたが、肉食恐竜はすぐそこまで迫っていました。

そして肉食恐竜は、意地でもそびえたつ崖を登ろうとするクローンに襲い掛かるのでした。

アラダーとニーナによって肉食恐竜は崖下まで落とされ、なんとかその場は収まりましたが、致命傷を受けていたクローンはその場で死亡してしまいます。

その後無事に命の大地にたどり着いたアラダーとニーナはやがて結ばれ子どもが生まれました。

そして恐竜たちは命の大地を自分たちの永住の地と定めたのです。

\ 本編をチェック! 

▼ディズニー映画『ダイナソー』の動画をフル視聴

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

アラダー  (袴田吉彦)

ニーナ   (江角マキコ)

プリオ   (高島雅羅)

ヤー    (渡部猛)

ジーニー  (中尾隆聖)

クローン  (中田譲治)

ブルートン (玄田哲章)

Twitterでの反応

https://twitter.com/SLqPIjr3swZb1gh/status/1066331328449142785

こんな人にオススメ

・ディズニー映画が好きな方

・恐竜好きの方

・白亜紀の世界を体感したい方

感想

男性30代
男性30代

本作で登場する恐竜はあまり世間に認知されていない恐竜が多く、そのような恐竜をセレクトするところがディズニーらしいなと思いました。本作の主人公は、イグアノドンで、さらに登場する肉食恐竜は誰しもが聞いたことがあるティラノサウルスではなく、カルノタウルスでした。そのような認知されていない恐竜が多く登場しますが、ストーリーとしては十分に楽しめる作品となっていました。この作品では恐竜の時代にキツネザルを登場させています。

ちょっとアンマッチな気がしましたが、キツネザルがいる事で、冗談や笑いが生まれ、映画に柔らかい印象を得ました。さらには、年寄り恐竜などを登場させ、助け合いの大切さを描写していました。これらにより、ディズニーらしい、幅広い年齢層に受け入れられる作品になっていると思いました。本作は始まってすぐに肉食恐竜の襲撃シーンが描写されています。

このシーンでは迫力満点な肉食恐竜の狩り場を体験でき、グッと心を掴まれ、恐竜の世界へと引き込まれてしまいました。さらに本作はイグアノドン同士の喧嘩シーンが描写されており、肉食恐竜の襲撃シーンに負けないくらいの躍動感に溢れた描写がされています。ストーリーだけではなく、映像技術も卓越した作品となっていました。

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

ディズニー作品がとても好きで私は色々な作品を見てきました。昔の作品というとアニメになっているのでとても絵のタッチなどに細かさを感じたりしましたが最近の作品はCGやコンピューターグラフィックスを使ったりしているのでととてもリアリティあふれる作品になっていると私は感じました。

今回のダイナソーもそのコンピューター技術が盛りだくさんに含まれているので実際に恐竜が生存していたころにタイムスリップしたかのような感覚になりました。恐竜たちの細かな動きが実際にこの世に生存しているかのような動きや森や木々の自然あふれるシーンは見ているととても癒される部分がありました。

ストーリーとしては少し残念感を感じてしまいました。子供向けに作られている作品なので何とも言えませんが今までのディズニー映画だと子供視線だけでなく大人視線でも楽しむことができたり、奥深い考えが組み込まれていましたが今回のこの作品はそこまで内容に私的には感じてしまいました。

人それぞれ色々な感想を持つと思いますが私としては恐竜などがとても好きなのでその視線で見るととても楽しく見ることもできると思いますし映像、音声などはかなりこだわっているのでとても楽しむことができると思います。

男性30代
男性30代

子供の頃から恐竜が大好きでした。

タイトルの意味が『恐竜』そのものと知ったとたんこれは絶対見るべきだと思いました。

ザックリ言うとこの映画はおもしろいと思い、気に入りました。

見どころの一つはやはり多種多様な恐竜の種類が登場することです。

草食恐竜から肉食恐竜、翼竜まで登場しました。

本作はその中の一匹を主人公とした壮大な冒険ものだと自分は思っています。

物語での登場人物達は主に恐竜ですが、視聴者に理解しやすくするために人の言葉を喋りますのでストーリーはちゃんと理解できます。

大まかに、突然隕石が落ちてきて住処を失った主人公達が他の恐竜達と協力しながら安住の地を目指すという感じです。

別の視点から見るとこの映画は『人を恐竜に例えた災害映画』だと思います。

たとえ恐竜に興味が無い人でも、この映画を災害映画として見れば十分楽しめます。

先ほど登場するキャラクター達が人の言葉を喋ることを挙げましたが、一部のキャラクター達は言葉を喋りません。

その中には物語を面白くするためのいわゆる『悪役』がいて、解りやすいほど恐いように描かれています。

他にも違った理由で言葉を喋らないキャラクターもいますが、その理由を注意深く理解しようとするのも見どころの一つだと自分は思います。

多種多様な恐竜に広大な大自然、ストーリーはシンプルですがそこが良いと思います。

家族や友人達と一緒に楽しんで見るような映画です。

まとめ

白亜紀を生きる恐竜たちの世界観を描いた映画ということもあってCGが使われています。

その迫力はすさまじく、まるで白亜紀の世界に飛ばされたような感覚を味わえます。

恐竜好きの方にはたまらない一作になっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました