【無料フル視聴動画】映画『ひとよ』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

邦画
佐藤健の無精ヒゲ姿…『ひとよ』本予告

映画『ひとよ』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

映画『ひとよ』の動画をフル視聴する方法

映画『ひとよ』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

劇作家・桑原裕子主宰の「劇団KAKUTA」による同名、

舞台の作品を白石和彌監督が実写映画化した作品『人よ』

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

2019年日本の映像映画。

劇作家・桑原裕子主宰の「劇団KAKUTA」による同名、

舞台の作品を、白石和彌監督がメガホンを頑張って実写映画化されたものである。

ストーリー大まかに説明すると、とある事件を、きっかけに絆が崩壊した家族が

元に戻るように、必死にあがくさまを収めた人間ストーリー。

家族に対して、ありえないが、暴力に手を染める、父親。

実の父だから、人間とはしては実に心苦しい。

そして、悩みながらも、好きな夫を、子供達を暴力から守るために、自らの手で殺めてしまった。

そして時は過ぎ、事件から約15年後、

事件の事や、生活で苦悩を抱きかかえながら

日常というなの時間の中で過ごしている、3人の兄妹の所に、、

待っていた、母が急に帰ってくる。

映画『ひとよ』のあらすじ

今から役、15年前の夜。

天気は土砂降り。

家の中で、仲良く静かに遊ぶ兄妹の姿があったのですが。

そこには何が普通かはわからないが、兄弟の体は傷だらけでした。

実の父による、毎日の暴力で、子どもたちの体と心は傷だらけでした。

心配する母、こはる(田中裕子)が家に帰ってきます。

仕事でタクシー運転手をやってる、こはるは、

わが子を心配するあまり

耐え切れず、

父をタクシーでひき殺してしまったのです。

子供たちに、「みんなが事件を忘れた、15年位経ったら帰ってくる」

と言い放ち、

こはるは家を後にするのでした。

子供たちは、タクシーに追いつきたく全速力で走るのですが、

やはり人間の足では追いつくことは出来ませんでした。

長いような短いような15年が過ぎていきました。

真面目に電気屋さんで働く長男。

大樹(鈴木亮平)は、自分では気にしている、吃音がまだ子供のころから治ってない様子。

結婚したのだが、奥さんの二三子(MEGUMI)とは関係がうまくいっておらず

別居しているのです。

次男の雄二(佐藤健)は、夢を追いかけ、東京に。

他の仕事も取りたいが、現在は風俗雑誌のライターとして奮闘中。

長女は夜の世界にいるようです。

美容師を練習していたのですが、園子(松岡茉優)は、

街のスナックでお客さんを癒すために働き、

しかし夜の仕事ですから、大量の酒を飲む事もしばしば。

泥酔したり、お客さんで忙しいです。

母がやっていた

タクシーの会社は「稲丸タクシー」と言います。

やっているのは甥の進(音尾琢真)が引き継いで仕事しています。

そこに突然こはるがやっと、帰ってきます。

タクシー会社のスタッフさん達は、帰ってきた、こはるを迎え入れますが、

久しぶりにの再開に、3兄妹たちは、戸惑いの色を示してしまいます。

こはるは朝起きて、15年前のいつものように

朝食を作りますが、

15年ぶりの会話は緊張のあまりはずまず、緊張した空気が出来てしまいました。

母を15年間ずっと待っていた園子は、少しずつ、最初は緊張してあまり、感情を

表に出しませんでしたが、仲良くできてきました。

大樹も、やはり15年の時間が長かったのか、

母の心を読み取ろうと、必死でした。

雄二の態度は何故か、冷たいものでした。

きっと何か思ってる事があるのでしょう。

15年時間が経った、こはるが家に帰ってきてから、

稲丸タクシー会社への嫌がらせが判明しました。

雄二の態度が冷たいのは、嫌がらせのせいかもしれません。

どうしてかというと、15年前の事件以

こはるが家にいない間、嫌がらせされてました。

こはるがいない間、3人の兄妹は殺人者の子どもとして

心ない人からいじめを受けてしまっていたのです。

心ない人の発言で心に病を持った子供たち。

子供達を、子供達の心を、

自由にするために、元の心に戻すために、夫からの暴力から

解放する為に、こはるがとった行動は、

むつかしい事ですが、3兄妹を苦しめていたのです。

ところが、すごい事が判明します。

周りから、嫌がらせを受ける原因でもある

週刊誌に、15年前の記事を書いていたのは、

息子の雄二だったことが発覚します。

雄二は小説家になり、何か家族の為に叶えたかったのかもしれません。

雄二も複雑だったと思います。

もちろん週刊誌に、雄二が記事を書いていた事を

知った園子は酷く怒ります。

しばらく、2人は喧嘩して、相容れませんでした。

雄二は嫌がらせの事もあるのでしょう、

いない15年間寂しかったのかもしれません。

実の母を許せないという、感情をもっています。

しかしいかなる方法を

使ってでも小説家になる野望があり、

嫌がらせした人を見返したいので、

小説家になるという、夢を抱いていました。

しかし、こはるの事を聞かされていなかった、二三子、

それと大樹の、間柄は更に、喧嘩して、言い争いに。

あろうことか、感情的になった、

大樹は、二三子に暴力をふるってしまいます。

大樹は、言います。

自分は、父親と同様、暴力を人に怒りでぶつけてしまう、

人間で、、帰ってきた、母のように、振舞えないと、

とこはる、怒りを露わにぶつけてしまいます。

するとどうした事か、こはるは、

昔、大樹が成人雑誌、いわゆるエロ本を万引きした店内で、

ビックリですが、同様に万引きをし、「これでも立派な人間だと言えるのか?」

と言うのでした。

そんな中、稲丸タクシーに入ってきて、間もない、

堂下(佐々木蔵之介)は、会社に10万円を前借りをお願いしました。

生活費かと思いきや、使い道は、離婚して離れて暮らす高校生の息子の為との事でした。

久々に息子に会う時間を楽しんだ、ハッピーアワーを過ごした堂下は、前借したお金を札束を息子に手渡しします。

今はやめているのですが、元ヤクザをやっていた、堂下は、

昔の手下から無理やりお願いされ、覚せい剤というドラッグを持っていた、ドラッグの運び屋さんを

タクシーに乗せる事に。

しかし、驚きます。

覚せい剤のドラッグの運び屋さんが自分の息子である事実にビックリしてしまいます。

自分の行いで、大事にしていた家族が壊れてしまったと聞き、

投げやり状態になった堂下は、

泥酔状態でこはるをタクシーに乗せて、周りから見ても、危うい運転で車を走らせていきます。

3兄妹は15年前の事件の時と、同じ様に、

車でこはるを追う事に。

こはる共に、やけくそになったのか、タクシーもろとも、

海に突っ込もうとする、暴走した堂下の車を、

ぎりぎりのところで停止させます。

車は停止し、雄二にパンチされ、ビックリする堂下に、こはるは言います。

「ある人にとってその夜は何でも無い夜でも、誰かにとってはとっても大事な特別な夜」

と告げます。

雄二は行動します。

こはるに関する、記事データをすべて削除する事に決めました。

園子は庭にて、こはるの髪を切るしようと張り切ります、

家族は笑顔になり、元気になりました。

止まっていた15年が、家族の時間が流れ始め、

物語は終わります。

ひとよ – 映画予告編 佐藤健 主演 × 白石和彌 監督

映画『ひとよ』登場人物・出演キャスト

 佐藤健  (稲村雄二)

 鈴木亮平  (稲村大樹)

 松岡茉優  (稲村園子)

 田中裕子  (稲村こはる)

 音尾琢真  (丸井進)

 筒井真理子  (柴田弓)

 浅利陽介 (歌川要一)

 韓英恵  (牛久真貴)

 佐々木蔵之介  (堂下道生)

 MEGUMI  (稲村二三子)

 大悟 (友國淳也)

 他

 監督:白石和彌

家族の絆、究極の愛の形、現代に問いかける映画。

涙にはいろんな意味があります。ヒューマンドラマ。

【ひとよ】の本作の監督、白石和彌は、映画『凶悪』を

世に送り出して以降、『日本で一番悪い奴ら』

『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』等、

多くの映画賞に輝く作品を送り出し続けている監督さんなのです。

知らない人は本作で知って、他の作品もチェックしてみて下さい。

映画『ひとよ』主題歌

映画【ひとよ】オリジナル・サウンドトラック

家族系の切ないストーリーです。

母なる事件から15年が経過しましたが。

希望を夢見た者たちのゆく末はどうのなる?

一度壊れてしまった家族は、つながれるのだろうか?

収録内容

1.黒雨

2.稲丸タクシー

3.ただいま

4.記憶

5.再会

6.宇治金時

7.擦れ違い

8.真実

9.確執

10.思い出

11.間違ってない

12.心の傷

13.三兄妹

14.家族写真

15.鼓動

16.

17.チェイス

18.

19.ひとよ

CDMP3にて発売中。映画で気にいったらネットで検索してみて下さい。

または近くのレンタル屋さんで。

【ひとよ】の音楽を担当する

大間々 昂は、他の作品だが、映画『彼女が名前を知らない鳥たち』、

白石監督作品に参加している。

今までに、映画『予告犯』『愚行録』

『スマホを落としただけなのに』等の数々の話題作品において、

その研ぎ澄まされた感性で、

深みのあるテンポや、リズム、音楽を生み、制作中。

映画『ひとよ』Twitterでの反応

兄弟、家族、夫婦、絆!!

細かな心情・情景描写と絶妙なバランス、

メインのキャスト陣皆の凄さも感じた

ひとよ、ロングインタビュー!

映画『ひとよ』こんな方におすすめ

・家族ストーリーの好きな方。

・日本の現代映画が好きな方。

・佐藤健の映像を楽しみたい方。

映画『ひとよ』の感想

男性
男性
映画「ひとよ」は、ある事件をきっかけに家族の時間が止まったかのような状況を描いた作品で、家族とのかかわり方について考えさせられる作品となっています。
キャスティングは、今までどちらかというと二枚目というか綺麗な役柄が多かった佐藤健が荒れた演技をするところに新鮮さも感じましたし、演技力には定評のある(と僕は思っている)松岡茉優、鈴木亮平など若手の中でも数々の作品に出演している面々がそろい、キャスティング面も個人的には気に入っています。
ストーリーの展開としては、テーマがテーマだけに少し重たい雰囲気が苦手な人にどう映るかはわかりませんが、人物の心理描写が表現されている映画が好きな方には良い作品と感じる人が多いのではないでしょうか。
女性
女性
家族愛、兄弟愛について深く感動できるとても良い作品でした。
母が子どもたちを守るためにDV夫を殺してしまうという何とも複雑な内容ですが、その後再び約束通り家族の元へ帰ってきた母と子どもたちの関係には切なくなりました。
どんなに会っていなくても母は子ども以上に想う相手はいません。
子どもたちの幸せだけを第一に考える姿には大変共感できました。
殺人など決して許される事ではありませんが、子どもの事を1番に考えた時に最善ならばという母の思いが痛いほど伝わりました。
また子どもたちのキャストが豪華でそこも大変大きな見どころとなっています。
最後は感動で号泣してしまいました。
改めて親子の絆、兄弟の絆な大切さに気づかされる内容の映画でした。
女性
女性
佐藤健さんが、次男雄二役、鈴木亮平さんが、長男大樹役、松岡茉優さんが、長女園子役で出演しており、三人とも演技には、定評があり、安心して兄弟役を楽しめます。
母親役には、田中裕子さんという素晴らしいキャストの出演している映画です。
暴力夫を自分や、子供たちから守る為殺してしまうという所から始まり、かなり衝撃的な出だしではありますが、子供達を救う為という正義の為にやってしまった事に、15年後も、自信を持って悪いことはしていないと言える強さは、やっぱり母親は、強いなと思う所です。
しかし、殺人者の子という事実は、世間が、許さず、子供達は、嫌がらせを受けたり辛い人生を生きてきたのも事実です。
しかしこの子供達は、母親を許すという判断をします。
現実的には、どうなのかわかりませんが、深い愛情と、深い家族愛を感じられる作品だと思います。
女性
女性
佐藤健さんの役は凄くあっていて、映画の雰囲気を感じるものがありました。                       お父さんを殺した母親って普通はありえませんよね。
残された子供達の生活は、人殺しの子扱いになるわけなんですけどそんな中15年経って母が戻ってくるんです。
凄い胸が痛くなる様なシーンが多かったです。
多分、健さんが出ていなかったらみてなかったんじゃないのかと思う映画でした。
もしこんな家族がいるのかなと思うとぞっとします。                     
男性
男性
『ひとよ』を見て感じたのは、ここ数年の佐藤健さんの演技力が著しく上がっているなぁと言うことです。十年前くらいのROOKIESから佐藤健さんが出ているドラマを見てきましたが、当時は若くて初々しい感じが視聴者にウケていたのですが、最近の作品は大人の男性、哀愁漂う役もしっかりと演じきっているなぁと本作を通じて、改めて感じました。
またテセウスの船などで一躍有名となった鈴木亮平さんもご出演されていますので彼らの演技に注目です。ストーリーは一家がある事件をきっかけに離散し、それぞれの人生の苦悩を描写したものになっており、テセウスの船っぽいストーリーだと思いました。
ですのでドラマで刑事モノ、テセウスの船が好きだ!という方はぜひご覧になられると良いと思います。
感想は以上になります。有難うございました。
女性
女性
無精ひげを生やそうが髪の毛がぼさぼさでもかっこいい、佐藤健くんが魅力的です。
全国で起こる様々な震災を観ているとたった一夜で運命が変わってしまうというのは実感できます。
愛し合って結婚した夫婦だって終ってしまうことはあり、子供たちを守るためにと殺しを行った場合にそれは悪なのでしょうか。
そこまでして守り抜いた命、しかしながら願いとは違った人生を送る子供たちというのは現実にもありそうです。
お腹の中でいて一心同体だった時期もあるとはいえ他人です。
思い通りにならないからと言ってもそれは仕方のないことなのでしょう。
健くんのベッドシーンもあり刺激的ながら、いろいろ考えさせらっれた作品でした。兄弟がとにかく豪華です。
女性
女性
家族とは何なのだろうと考えさせられる映画です。家族だからこそ生まれる鬱陶しさや逃れきれない重さは、たとえ離れて暮らしていても音信を断っていても、むしろそうするほどにのしかかってくる。
けれどまた、家族であればこそ理屈抜きで理解でき、許してしまえることもある。
言葉にしなくても伝わることがある。
そんなことを感じました。
佐藤健さんは、見た目からしていつもと違う雰囲気で、その姿をスクリーンで眺めるだけで、喉がひりつくような乾きを感じて胸が苦しくなるようでした。
田中裕子さんは、とても悲しい立場の役だと思いますが、強い意志を感じて、これが母親の強さというものなのかなあと感じました。
「ひとよ」というタイトルの意味を、見終わって改めて考え、なんと素晴らしいタイトルなのかと感じ入りました。

女性
女性
佐藤健さんの大ファンです。
健さんが出演しているドラマや映画は欠かさず見ています。
友人も家族も私が健さんのファンであることを知っているので、テレビや映画は目が離せません。
彼は演技が上手いし、どんな役でも完璧にこなすのでこの映画を見た時には感動のあまり、涙が止まりませんでした。
友人と一緒に見たのですが、私が泣いているのに対して唖然としていましたが。
それでも私はまだまだファンでいたい、と思い2回も見に行きました。
いつかきっと私も女優になって健さんと共演したいですし、彼のような恋人を作りたいな、と我ながら勝手に思っています。
今後も彼の演技や役者人生に期待しています。素晴らしい作品をありがとうございました。

映画『ひとよ』まとめ

15年前に起きた事件によって

人生という歯車が大きくゆがんだ家族4人が再会して、

ほつれてしまった糸、絆を再び、結びなおすべく、

家族なりに前向きになる様を描いたストーリー。

元に戻る為に考える映画作品。

嫌がらせなどで心がこじれてしまったり、

他の家族で問題がある人と話してみたりします。

原作は、

劇作家である桑原裕子さんが手掛ている、

【劇団KAKUTA】上演の同名タイトルの舞台の作品である。

監督は、白石和彌さん、主演は佐藤健さん。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました