【無料フル視聴動画】映画『引っ越し大名!』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

邦画
映画『引っ越し大名!』予告90秒 8月30日(金)荷造り開始!

映画『引っ越し大名!』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『引っ越し大名!』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『引っ越し大名!』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

大傑作時代小説ストーリー「引っ越し大名三千里」が、

みどころ主演・星野源、を軸に、共演に高橋一生、高畑充希の

豪華俳優陣を迎え、映像になりました!

映画『引っ越し大名!』となって2019830日(金)より全国公開されたものです。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『引っ越し大名!』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

 

 

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

引っ越し大名!の映画紹介

2019年日本映画。大名の引っ越しは当時大仕事であった!

部屋で引き籠もっていた、その土地の藩士が知恵を巡らし、

大仕事をやることに!

引っ越しという名の大仕事大傑作!

一度分かれた仲間と再会する感動ストーリー!

侍をやめて、農業をやる人も!

何回も転勤をさせられたという

実際にいたらしい大名・松平直矩の話を

忠実に遠くへの多額なお金がかる

転勤を、アイデアや創意工夫でうまく、乗り切る

大名と姫路藩士達の試行錯誤のストーリー。

映画『引っ越し大名!』のあらすじ

姫路藩藩主である松平直矩(及川光博)のところに

豊後国日田藩への転勤の命令がきた。別名(お国替えと呼ばれていた)

藩主だけではなく、藩士一緒に転勤する、お国替えは、

参勤交代より費用がかさむ物で、嫌がれていた。

参勤交代ですら大変な苦労があるのに。

何度も命令される転勤で姫路藩の気力は目減りし、

疲れていた。更に財政は圧迫されていた。

転勤の際に、江戸、現在の東京で

直矩が柳沢吉保(向井理)に言い寄られた際に

振り払ったら流血したことが

原因ではないかと、

直矩はこの命令には逆らえずじまい。

問答無用の切腹もあるこの時代。、

書庫番の片桐春之助(星野源)に

お願いする事に。

書庫に引きこもり気味の春之助は、他の家臣達に

、ひきこもり気味な事を馬鹿にされ、

あだ名はにカタツムリ。

その中でも馬鹿にしないのは鷹村源右衛門(高橋一生)だった。

何故か転勤となった春之助は、

何もわかないまま、

引っ越しに詳しい、板倉殿の娘の於蘭(高畑充希)

に相談しに行くことにする。

彼女は、下士の父親の仕事の成果は

他の武士にに持っていかれてしまったと、

彼にぶつけた。

それを理解した春之助は、

ひっそりと板倉殿の墓に行くと、

於蘭はそれを息子と覗いていた。

まったく転勤の手段や構想が考えられず、

春之助が、

このままではすごく痛い、切腹させられようという瞬間、

於蘭は父が書きおきしていた、大事な書物

引っ越し覚書、転勤に関する物を持って城に到着した。

シンプルにやはり、歩くので藩士たちの体力づくりを

始動。

荷造りや、整理整頓や、修理は大変だが、

運ぶのはもっと大変だ。

運ぶための人件費もきついために、自分で持てる者は

自分で持つことに。

今まで使った物を捨てるのには、悲しみがあった。

転勤による、現在でいうところの断捨離である。

茶屋に寄ったり、陶芸が好きなだったので、

茶器等を捨てるのはすごく心苦しく悩んだが、

移動やむなくなので、考えた末に、

重さも考慮し、数を削減した。

そして春之助は覚悟を決めて、

書庫に向井、

必要最低限以外の書物の内容を頭に叩き込み、

中身を完全に把握した

本類は、口惜しいが燃やした。

しかし、頭や体には染みついている。

財政が厳しく、大変な姫路藩、

武士は貧乏でお金を貸してもを返ってこないので、

貸したくても商人もなかなか貸してくれない。

春之助が頭を捻ったり、

知恵を出してはいるが、

なかなかうまくいかないので、

頭の良い、中西(濱田岳)が発案した、、

引っ越しのために、お金を貸してくれそうな

商人たちの一覧を作ってきてくれた。

どうやって返すかも考えながら。

一人の力ではないが、頑張って春之助は

最初に言われていた

多くの引っ越し予算を人に借りる事ができました。

引っ越や色んな事や人に使うお金は、

借りたお金でなんとかする事にしました。

これは激しい考えてなのですが、

引っ越し先は、元の姫路と比較して、なかなか稼ぐのが

大変なので、今一緒にいる、藩士達、大事なのだが、

全員を養う事はできないと苦悩の末判断。

何かいいやり方はないかと、藩士達になにかしてやれないかと考えたが、

仕方無くリストラをする事にしたのだが、

考えたが末に農民になって、田をたがやかして

おいてくれないかと発案!

春之助は、ただ単に農民にするのではなく、またどうせ転勤させられるから

なんとかして稼いで戻ってくるから、

武士の姿は一度捨てて、

心苦しいだろうが、

農民として姫路の地で

田や畑を

農業の先輩達にテクノロジーを

授かりながら、

自分たちの帰りを待っていてくれるように

お願いした。

中の良い、春之助の書庫によく本を

借りたり、

貸したりする中の

里殿(小澤征悦)も来ていた。

藩士の中、勉強好きだった、山里殿を、

農民にして姫路の地を託すのは、

残った藩士達を勉強を教えたり、結束して仲良くやってほしいという

思いからだった。

彼なら農学や他の勉強を他の武士や農家に

教えてくれると分かっていたし、なにより、信じていたからだ。

そして、必ず迎えに行くと、約束した。

於蘭に恋していた春之助は、

父を亡くしてからというもの、

連絡したいけど、姫路藩と関わりがなくなってしまい、

なかなか話す機会がなくなってしまった。

好きだから、一緒にいたいので、

彼女を日田に連れて行く口実に、強引に

結婚を申し込んだ。

もちろん好きなわけだが。

なんと!結婚出来て、

二人は結ばれました。

みんなのおかげで、

城の明け渡しもなんとか終わらせて

引っ越しのために

一行はは港へ行くことに。

いざ転勤!

一行は、港へ到着する前に近くの漁村で、

釣り人や漁師に返送した、

隠密にとりかこまれてしまった。

隠密の格好をしてるのは、実は柳沢殿と

悪だくみ藤原殿(西村まさ彦)の仲間だった。

引っ越しの準備で疲れてる、一行は、

頑張って、戦うのだが、海へ海へ、追い詰められてしまう。

追い詰められ考えた直矩は、

鷹村に松平家の家宝の槍を

今ここで

使うように許可をすることに。

黙ってはいれないといわんばかりか、

藩士の中でも若く最も力持ちの鷹村は、

人一倍大きな槍で敵を一瞬の内に薙ぎ払い

ピンチを切り抜けた。

藤原は、隠密によって、口封じに。

ピンチを超えなんとか、新しい領地に到着した一行が

目にするのは、驚きの事実。

日田の屋敷とは比べ物にならない、

小さな屋敷だった。

雨風は確かにしのげるが。

それからかなり時間経ちました。

時間にすると15年。結構な時間です。

松平家はまた国の命令により、

二回の転勤命令をまた受け、

大変な思いをしながらも、

陸奥の国で、やっとの事で元の石高に戻ることができました。

めでたし、めでたし。

そこで一番大事な話に戻ります。

春之助は、姫路で農民をしながら、帰りを待つように言った藩士達を探しに行くことに。

しかし驚く事に、

ただの山だった畑、何にもない野原は

ただ感動するばかりの段々畑になっており、

大変な苦労があったのが分かった。

ただやはり、畑をたがやかした、

幾人かはこのまま農民として

この場所に残りたいといって刀を返した。

陸奥の国にて。

春之助は家老となる。

殿に、姫路で迎えを待つうちに

田畑を開墾しながら、

亡くなった者の石碑と、

自分の耕した畑が恋しくて

農民として残った侍の刀と、

再び農業を学び、それから刀を再び腰にさげ、

藩士に戻った者を見て、

姫路からの現世で言うところの

転勤を終わりとするのだった。。。

登場人物紹介

映画『引っ越し大名!』の登場人物紹介

片桐春之介    (星野源)

鷹村源右衛門   (高橋一生)

於蘭       (高畑充希)

高橋四郎     (飯尾和樹)

田中衆三郎    (和田聰宏)

和泉屋新吉    (岡山天音)

柳沢吉保     (向井理)

山里一郎太    (小澤征悦)

中西監物     (濱田岳)

藤原修蔵     (西村まさ彦)

本村三右衛門   (松重豊)

松平直矩     (及川光博)

監督 犬童一心

映画『引っ越し大名!』の主題歌

ユニコーン   『でんでん』

ユニコーン 『でんでん』Music Clip

作詞・作曲を手がけた奥田民生は

『でんでん』という曲を(主題歌に)使ってもらってるんですが、

映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。

曲も、『でんでん』っていう感じになってます()

とコメントしています。濱田岳出てます。

映画『引っ越し大名!』はこんな人におすすめ

・侍ストーリーが好きな人

・転勤は江戸時代にもあったの?な人

・ミッチーが好きな人。

星野源、高橋一生、高畑充希も出ているので、好きな人は

チェックしてみて下さい。

映画『引っ越し大名!』のTwitterでの反応

ここに来ました!

想像以上に面白かった!

楽しすぎる!

映画『引っ越し大名!』の感想

女性
女性
生涯に何回め国替した実際いた藩主の松平直矩度重なる国替での財政難でピンチの中今回は、遠望で姫路から、大分豊後への国替になり、引っ越し奉行に任命された春之助、前任者がいない中すべてが春之助の手腕にかかりました。
物知りだからと、いう理由ですが、春之助は、とにかく仕分けを厳しくして、藩士も人員削減したり、売れるものは、売ったり憎まれ役もかいました。
命をねらわれたりもありました。
うだつの上がらない新之助でしたが、この仕切りは、みごと成功、藩が、立ち直ったあかつきには、切ってしまった藩士もまたかかえること約束しました。
このあとまだ国替は、つづかましたが、藩は、新之助のアイデアで、なんとかもちこして、新之助は、重役に出世し、首にした、藩士も再雇用できました。
すごい新之助でした、超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演が、しました、ドタバタあり、涙あり、最後は、心が、暖かい映画です。
コメディぽく楽しく見られ、新之助にビッタリの役の星野げんです。
女性
女性
星野源さんはわたしのなかで、「引きこもり」のイメージがあったので、「引越し大名」の役どころは、イメージ通りで違和感がなかったですね。
時々出てくる、高橋一生さんのおちゃらけた演技も面白かったですし、ボーイズラブ的要素も含まれていて、観ていて飽きなかったです。
お笑い要素があるというか、時代ものなのに、現代風になっていて、クスッと笑える演出が素敵でした。
引越しというのは、いつの時代も大変なんだなぁ…って思いながら観ていましたが、そこだけにとどまらず、恋愛要素もあったので、ちょっとドキドキしてしまいました。
星野源さんが演じた引きこもり君が、刀を持って家族を守るシーンなんかは、心のなかで拍手してしまいましたね。
男性
男性
呑気に明るく作品が描かれているので、見ていて笑いありでおもしろいです。
星野源演じる引きこもり侍の無能ぷりがなかなかイライラしてしまうポイントですが助っ人の支援などもあり、一世一代の引越しに挑戦していく過程がみていて面白いです。
仕分けやリストラなど今でいう社長、経営者という目線で見ると、なるほど!と思うところも在りますし、経費削減の必要性だったり、固定費ってこんなにかかっているんだということも考えさせられます。
引越し(移動中)にさまざまなトラブルに見舞われて戦のシーンも見所の一つです。
はじめは頼りなかった星野源演じる侍も周りの協力もあり、確実に影響を受けて徐々に男らしく、たくましくなっていくのがかっこよくまた、おもしろく描かれています。
少し歴史の勉強にもなります。
女性
女性
財政難に陥っている藩にさらに国替えという多大な費用がかかる難題が降りかかります。
国替えの際はそれを取り仕切る大名がいますが、いままで取り仕切っていた大名はすでになくなっており、急遽書庫番をしていた春之介が抜擢されます。
しかし春之介は引っ込み思案で少しネガティブ、演じている星野源さんの影響もあってか「逃げ恥」の津崎さんを彷彿させます。
みくりの様な存在とはまた違いますが、気になる女性に渇を入れられ藩の国替えを遂行すべく奮闘します。その中で多数の武士を連れていく事が費用的にも困難と判断した春之介は何人もの武士たちにここに残って農業をし、自分たちが財政を整えたら戻ってきて欲しいと告げます。
しかし武士ということにプライドがあるためなかなか受け入れてはもらえません。
それでもみんなが生きるために説得を続け、理解してもらえます。
私が感動したのは春之介がこの武士たちを迎えに行ったときです。残った武士たちは山を切り開き、田畑を増やして藩が帰って来たときに増収できるようにと奮闘していました。
藩がまた自分達を武士として迎えに来てくれることを信じ待っていた彼らは春之介の来訪に喜びました。
このお互いが双方を信じて長い年月の間固い約束を守ったということに涙しました。
歴史を題材にした映画は少し暗さがあるものが多いですが、この映画は明るくユーモアもあり感動もある映画でした。
女性
女性
上からの理不尽な命令で大役をこなさなければならなくなる、現代でもあることですから気持ちはよく分かります。
本を読んでいることが多いから知識も多かろう、だから出来るはずなんて言われても困りもの、相談しようにも前任者は激務に耐えきれず亡くなっているというのですから恐怖です。
でもそんな窮地を脱することが出来るのは仲間がいてくれたから、苦しいならそれでも何とかしようと頑張るのではなく周りに頼っていけばいいのです。
そうすれば手伝ってくれる人はきっといるはず、それに一つ一つこなしていけば大きな山も崩れます。
アップテンポでコミカルに描かれた現代劇風の時代劇、ちょんまげ付けたお侍さんの物語はちょっとという方にも親しめます。

女性
女性
度も国替えを命じられる実在した藩を題材に、現代社会のさまざまな苦労や問題に通じるエピソードが描かれており楽しむことが出来ます。
引越し奉行に本の虫の引き籠り侍が抜擢されますが、その役柄を星野さんが演じておりまさにこの役に星野さんがピッタリの役柄だったと思います。
「引っ越し唄」を高畑さんと星野さんが一緒に歌う場面があり歌の上手い二人が歌っているシーンは最高に楽しめました。
コミカルさと真面目なシーンが織り交ぜられていることがあり見ていて飽きることなく最後まで見ることが出来ます。
時代劇ではありますが、現代に通じることが多くあり勉強にもなりました。
この時代の侍社会の窮屈さもしっかりと描かれており、武士も大変だったんだなと感じました。

男性
男性
江戸時代の姫路藩の大名の国替えにまつわる映画でした。
江戸時代の大名にとり国替えは考えられないほどの出費です。
この経費の調達を任されるのが片桐春之助です。
片桐は藩の現実を知り処分できるものはすべて処分し資金の調達に懸命に奔走します。
おそらくこの時代を生きた武士も片桐と同じ心境で
できる事はすべてやりつくすという気持ちだったはずです。
一番感動するのは引っ越し先の石高が激減するため藩士の一部を今まで通り召し抱えできない現実に直面したところです。
片桐は藩士にまた石高が増え召し抱える事ができる様になれば召し抱えるのでそれまで姫路で農民をしていてくれと伝える場面は見どころです。
正直つらかったろうと思います。そしてラストで片桐の願いは実現します。
藩士を迎えに行ける日がきたシーンは感動します。
開墾された農地。皆の苦労が想像されるシーンでした。共感できる映画だと考えます。
女性
女性
正直星野源さん目当てで観に行きました。
時代劇はあまり見ませんので不安でしたが、星野源さんの純潔であるという恥ずかしくいくシーンや少しずつ成長していく姿を追って見ることができたし、高畑充希さんは紅一点でキャピキャピもせず心の強いシングルマザー。
馬を乗りこなすシーンはカッコ良かったです。高橋一生さんはドラマではなよなよしたダメ人間役を見たばかりでしたが、とても男らしくカッコよく、槍を振り回すシーンは本当にカッコ良い。
見所の一つです。
及川光博さんは王子様キャラで有名ですが立派な殿の姿の反面、少しお茶目で抜けてるところがあり可愛いなぁ、気がおけないと思いました。
友情出演の向井理さんはシーンが少ないのにもかかわらずとても印象深く残る演技をされていました。
もっと見たかった!
星野源さん演じる主人公を応援したくなる、そしてハラハラしつつも家族で安心して見られる映画だと思いました。

映画『引っ越し大名!』のまとめ

大傑作時代小説ストーリー「引っ越し大名三千里」が、

みどころ主演・星野源、を軸に、共演に高橋一生、高畑充希の

豪華俳優陣を迎え、映像になりました!

映画『引っ越し大名!』となって2019830日(金)より全国公開されたものです。

現代においての転勤と似てるような気もします。

転勤において、やはり、周りの人との関係、

または愛読した書物などは気になりますね。

また再会するストーリーです。()

監督はジョゼと虎と魚たち(03)で有名なの犬童一心監督です。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました