映画『パイレーツオブカリビアン』歴代作品を動画配信サービスでフル視聴する方法は!?大人気名作映画のフル視聴はU-NEXT

洋画

出典:©Disney

映画『パイレーツオブカリビアン』歴代作品のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『パイレーツオブカリビアン』歴代作品の動画を無料でフル視聴する方法

映画『パイレーツオブカリビアン』歴代作品の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

ディズニーのアトラクションが原作の映画パイレーツオブカリビアン!

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

31日間で視聴する

トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画パイレーツオブカリビアン全シリーズの視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

1つの契約で4回線を利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

ディズニーのアトラクションが原作の映画パイレーツオブカリビアン!

パイレーツオブカリビアンとは

アトラクションのカリブの海賊をモチーフに、海賊について知識がある脚本家が脚本を書いた作品です。

アトラクションに影響を受けた結果、予算が次々に跳ね上がっていき、映画プロデューサーは一時は制作を中止を考えたほどです。

しかし、製作者の熱意が伝わり説得に成功し作品として世に出てきました。

作者の熱意とお金を惜しまずに使用した結果大成功した映画です。

因みに当時は、海賊映画は成功例がなく、失敗することが予想されていたと言われています。

映画『パイレーツオブカリビアン』歴代各作品のあらすじ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

出典:©Disney

鍛冶屋の青年と総督の娘の許されない恋

舞台はカリブ海港町ポートロイヤル、ある青年ウィルは総督の娘と昔に関りがあり、彼女に恋心を抱いていた。

彼女、エリザベス・スワンも彼に恋心を抱いているが、婚約者は海軍の提督だともう決まってしまっていた。

その時点では彼等にはその恋心をどうしようもなかった。

しかし、ある男が船のマストに乗り港で騒ぎを起こした。

男はキャプテン・ジャック・スパロウと名乗った。

その時、エリザベスは婚約者と話していたのだがタイミング悪く気を失い海へ落下してしまう。

キャプテンジャックスパロウと名乗る男により彼女は救出されるが彼は先ほど起こした騒ぎのせいで投獄されることになる。

エリザベスは必死に彼の許しを得ようとしたが許されなかった。

そんな夜に海賊船が街を襲い、彼女は捕まった。

海賊の狙いが自分の持ち物であることを知った彼女は取引を提案するが狙われていた金貨を取り上げられてしまう。

鍛冶屋の青年ウィルはジャックと協力し、海軍の船を奪い、船員を集めエリザベスを救出するために死の島と呼ばれる島へ向かう。

船旅中にジャックは海賊たちが呪いにより不死身の身体をもっていることを伝える。

呪いを解く手段は盗まれた金貨を取り返し盗んだ人間の血を注ぐこと。

一方エリザベスはバルボッサの企みに対し嘘で時間を稼ぐことはできたが気付かれてしまい、殺されかける。

そこに二人が救出のために現れた。

船員共々勇敢に戦ったが乗ってきた船は沈み、敗北した。

全員が捕まり、ジャックとエリザベスは無人島に放置される。

ノリントンがそれを救い、彼等は今度はウィルの救出を行うことになる。

海軍が待ち伏せしているという情報に対し、海賊のリーダーバルボッサは迎撃に大半の戦力をつぎ込んだ。

その隙をついてジャックとウィルがバルボッサ達に戦いを挑んだ。

ジャックはバルボッサに敗北し、剣で致命傷を負った。

しかし、彼は死ななかった。

彼は騒動に紛れてバルボッサたちと同じ呪いにかかることで不死身の身体になっていたのだ。

ここから、不死の終わらない戦いが始まるかに思われた。

しかし、ウィルが確保した金貨にバルボッサの血を注ぐ事で、バルボッサだけ呪いが解けることになり、無事倒すことが出来た。
その後、ジャックは海軍に捕らわれたがウィルとエリザベスは彼を見捨てなかった。
そしてウィルはエリザベスとの関係を認めてほしいと本来の婚約者ノリントンに加え、スワン総督に告げる。
無事に関係を認められた二人は結ばれることとなる。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

出典:©Disney

結婚式の決まった二人

結婚式がもう目前にまで迫っているウィルとエリザベスだが、海賊ジャックに協力したことで逮捕される。

貿易会社のベケット卿はジャックの持っているある特殊なコンパスを渡せば二人を開放することを約束する。

一方自分が二人に探されているとは知らないジャックはバルボッサから船を取り戻し、船長に戻っていた。

しかし、ジャックは悪名高い幽霊船の船長デイヴィと血の契約の関係があった。

その内容は船の船長になる代わりに13年後に幽霊船の船員としての労働を強制されるものだ。

そしてもうすぐ契約から13年の時が過ぎようとしていた。

ウィルとエリザベスは彼、ジャックを見つけるが彼が自己保身のために選んだ選択はウィルやエリザベスを裏切る選択で……

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

出典:©Disney

港町ポートロイヤルの海賊厳禁令

治安維持のためにポートロイヤルでは海賊と海賊に関わった者には絞首刑が待っている。

一方、海賊だったジャックは海底で自分自身の幻影に精神をかく乱させられ苦しい日々を過ごしている。

そして、かつて血の契約で不死者として登場したバルボッサが女神の開放を条件に復活し、ウィルエリザベスと共に行動を共にする。

伝説の海賊から世界の果ての地図を入手、ジャックの救出。この二つを目標に彼らは旅立った。

彼等は無事に世界の果てに辿り着き、ジャックに再開することが出来た。

元の世界に帰還する事も成功したのだが、伝説の海賊に裏切られ、離れ離れとなる。

元の世界では、かつてエリザベスの婚約者だったノリントンがカトラーベケットという男の部下になっていた。

海賊が途絶え、海軍が支配されていくことで制海権はベケットが完全に支配しようとしていた。

次にベケットは海賊撲滅を掲げ、英国海軍を評議会に呼び寄せた。

評議会を目指す者達はそれぞれ違う目標を持っている。

ある者は女神を開放する、ある者は永遠の命を手にする事。

航海途中、エリザベスが乗っている船の船長サオフェンはベケットの命令で船が砲撃を行い、命を落とした。

窮地に陥った彼女は元婚約者ノリントンが命を犠牲にしてベケットを裏切り、逃亡することが出来た。

そして彼女はベケットへの復讐を胸に誓う。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

出典:©Disney

生命の泉を目指して

ジャックは相棒であるギブスを連れてロンドンに潜伏中だった。

そこにかつて何度も争い、戦ったバルボッサが現れる。

だが今の彼は英国海軍に所属していて、ジョージ二世に忠誠を誓っているだけでなく、称号まで持っていた。

国王が生命の泉を求めている為、彼もそれを手にしようと奮闘していた。

ジャックはその後昔の恋人アンジェリカと出会い、史上最恐と言われる海賊とも争い、スペイン海軍やバルボッサ達もそこにそれぞれの考えで参入し、生命の泉のために多くの命をかけた航海が始まった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

出典:©Disney

ウィルターナーの息子ヘンリー

ウィルは10年にたった一回しか陸上に立つことが出来ない。

それは不死の代償の呪いだった。

彼に会うため、一人の少年がボートに乗り夜の海を風だけを友にその時を過ごしていた。

その少年こそがヘンリーターナー、ウィルの息子だ。

ヘンリーは呪いを解くためにポセイドンの槍を求めてジャックを探し始めた。

9年後大人になったヘンリーは船が危険地帯に突入してしまい、亡霊船に住む亡霊たちにより船員はヘンリーを除き皆殺しとなった。

彼が生きているのは証人として、という理由と恨んでいるジャックへの伝言を託すためだ。

この時、ジャックは運がなく一文無し同然のありさまだった。

お酒を飲むためにコンパスを手放した彼は逮捕され、翌日に処刑されてしまうことが決定した。

彼の持っていたコンパスは求めている物の場所を教えてくれる非常に貴重な道具なのだが捨てたりなどで、裏切るような行為を取ると持ち主に可能な限りの不幸をもたらす物だったのだ。

しかし、間一髪でヘンリーとかつての相棒達に救出されウィルを救うためのポセイドンの槍を手に入れるための冒険を手伝うことになる。

映画『パイレーツオブカリビアン』の主題歌

彼こそが海賊
主題歌、という位置づけはされていないかもしれませんがこの曲はもはや主題歌と言っていいでしょう。
冒険心をくすぐる波乱を感じるbgmは海賊映画に相応しい物です。
様々なところで使われている為、映画を知らずとも聞いたことがあるという人は珍しくないはずです。

映画『パイレーツオブカリビアン』はこんな人におすすめ

・冒険好きな人

・海が好きな人

海賊というテーマがある以上、基本的にはやはり冒険がメインになります。

海は言うまでもなく主軸です。

少しファンタジーな要素もあるため、ファンタジー好きな方にもおすすめ出来るかと思います。

海賊映画の一番手として有名なこの作品は見ておいて損はないはずです。

映画『パイレーツオブカリビアン』歴代作品の感想

男性
男性
パイレーツオブカリビアン/狙われた海賊達
初めて見た時は、ストーリーの面白さに感動しました。
映像も、迫力満点で、ワクワクしながら、楽しめました。
特に、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップが、最高でした。
なんとも言えないひょうひょうとした感じを、うまく演じていたと思います。
いい加減な様に見えて、実は温かいところがあるジャック・スパロウのファンになりましたー。
他の出演者のオーランド・プルームもカッコ良くて、誠実な青年の役がピッタリとハマっていました。
海賊達の迫力のある戦いや、敵から逃げるシーンなどは、手に汗握る思いで、ドキドキして、面白かったです。ストーリー展開も、分かりやすくて、子供から大人まで、幅広い年齢層が一緒に楽しめる作品だと感じました。
何度でも見たくなる様な、素晴らしい映画だと感じます。
女性
女性
一作目である「呪われた海賊たち」がとても面白かったです!一作目だからこそ主人公のジャック・スパロウがどんな人物かわからないため、最後までどっちに転ぶかわからないワクワク感が楽しめます。
しかも裏切ってくるのは一回だけではありません。
そして裏切るのはジャックだけとは限りません。
子供も楽しめるわかりやすいストーリーなのに、大人にも先が読み切れない展開が幅広いファンを獲得している理由なのだと思います。
また、ディズニー作品らしい音楽の演出も楽しさを際立たせます。
ジャック・スパロウとウィル・ターナーが初めて剣を交えるシーンは、狭い空間なのにダイナミックに見える立ち回りに音楽でスパイスを加えていて、何度見ても飽きない小気味よさがありました。
音楽に合わせて息を止めている自分に気づいたときはちょっと照れ臭かったです。
そのくらい魅了されました。
男性
男性
「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」の感想を書きます。
この映画が公開されたのはもう17年も前で、あの時は他にも「ロード・オブ・ザ・リング」とかシリーズものの大作がいろいろあって映画のニューウェイヴが来ているなと思ったものです。
今の映画も面白いけど(むしろクオリティは上がっているかも)、あの新鮮な感覚は当時ならではで、もう味わえないかも、いやあ、懐かしい。
この映画も、海賊物の歴史劇というだけでなくSFXとユーモアがたくさんあって、まさにエンターテインメントという仕上がりでした。
思い返すと、テンポが妙にゆったりもしていた気もしますが、そこもご愛敬。役者ではオーランドとキーラのヤングカップルもいいけど何といってもジョニー・デップ、彼が演じるジャック・スパロウは正義感のないアウトローだけど、悪党というわけでもなく、行動や言動が妙だったり、ドジを踏んだり、何かしら笑わせてくれて、決めるとこは決める、という新しいヒーロー像を打ち出したと思います。
あとはあのメイクもいろんな所で真似されましたね。
あとはテーマ曲ですね、あの曲は今でもバラエティーなどでよく流れますし映画史に残りますね。
女性
女性
パイレーツオブカリビアン/呪われたを見ました。
とにかく迫力満点でシリーズの中では、この作品が1番好きです。
単調な戦いが続くのですが、それよりもジャック、演じるジョニー・デップが役にはまりすぎて目が離せません。
ジャックスパローという名前も耳に残る名前になっています。裏切ってみたり、寝返ってみたり、どちらが本心なのか、敵なのか、味方なのかが、めくるめく変わるので見ていて飽きない作品です。
こんがらがる人もいるかもしれませんが、DISNEYファン、パイレーツファンであれば最初のこの作品は絶対見るべきです。
ウィル、エリザベスが今後どうなっていくかの展開も、こちらを観るとワクワク感が残ります。
2人が少し誠実すぎてつまらない人もいるかもしれないけれども、その誠実さとジャックの絡みがまた見所であります。
とにかく!ジャックの良い人な感じ、頭が良い感じはこちらの作品がシリーズの中では1番伝わった作品でした。
女性
女性
パイレーツオブカリビアン「生命の泉」
ジャックスパロウの元恋人アンジェリカが出てくるのが何より良かった。
ジャック自体、謎なことが多く、恋愛事を盛り込むあたりもストーリーとは別に気になる行方だった。
ジャックのカッコイイところは、普段ふざけているのにいざとなると強いところだと思う。
そして、来るもの拒まず去るもの追わず。
アンジェリカの前でも、その態度は終始変わらずなところが良かった。
そんなジャックを演じるジョニーデップは、今回も完全なるはまり役だった。
アンジェリカのペネロペクルスも、海賊使用の濃いメイクも、雰囲気もバッチリ決まっていた。個人的に、ストーリー含む2人の関係性が見ていて楽しめた。
アンジェリカ、黒ひげのどちらかが死ぬ時にとった行動が、ジャックでないとできない芸当だなぁと感じた。
心理戦も観ていて「そういうことか!」って毎回驚く。
生命の泉は、話が完結するので、前作をみていなくても楽しめる作品だと思う。
女性
女性
パイレー・オブ・カリビアン/最後の海賊についてです。
1人の少年がボートに乗って沖へと進んでいきました。
彼は12歳になったヘンリー・ターナーでした。
船長として「フライング・ダッチマン号」に乗る父、ウィル・ターナーに会いに行きました。
ウィルは10年に1度しか陸に上がれない呪いにかかっており、ヘンリーはウィルの呪いを解こうと、ポセイドンの槍を見つけるため、ジャック・スパロウを探そうとしました、それから9年後になり、ジャックは1文無しになったり、牢屋に入れられたり、ジャックはつくづく報われないなと思いました。
また、ポセイドンの槍を見つけに行く時も危ないったらないです。
でもジャックみたいにピンチでも笑って過ごせるのは正直凄いと思いました。
また、途中に出てくる“海の処刑人”アルマンド・サラザールも怖いですが、そのシーン好きです。
女性
女性
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
やはり何といっても一作目が至高です。
各国のディズニーパークでも人気のあるカリブの海賊を元にしているのですが、映画の中でもカリブの海賊の世界観が見て取れるシーンが多くあります。
シリーズが続くごとに「パイレーツ・オブ・カリビアン」のオリジナル要素が強くなってくるので。コンセプトを強く感じるのもこの一作目です。
呪われた海賊たちは多少ホラーテイストなシーンも見受けられますが、カリブの海賊らしい間抜けでコミカルな海賊たちが多く登場します。
その点でも、アトラクションのイメージが損なわれていることはありません。
ジャック・スパロウという風変わりな海賊も魅力的ながら、本作ではエリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイに注目して頂きたいです。
気高く美しく、けれどどっしりと構えて演じている姿は圧巻です。
当時17歳だったとは思えないほどです。
女性
女性
私が一番おすすめしたい作品は、「パイレーツオブカリビアン-生命の泉-」です。
この作品は賛否両論あるそうですが、私は構成や内容が分かりやすく、また前作品との繋がりが強いわけではないのでパイレーツオブカリビアンをはじめて見る人でもすぐに理解できる作品であると思います。
宣教師フィリップと人魚であるシレーナの恋の行方、黒ひげ軍とバルボッサ軍とスペイン軍の三つ巴の戦い、彼らの心理戦、そして最後は誰が救われ誰が滅びるのか…。
見どころが沢山あり、きっと誰でもすぐにこの映画の世界観に入り込むことが出来ると思います。
エンドロール後の最後のカットも、余韻に浸っているところに「おおっ」と刺激をあたえてくれる、非常におすすめしたいシーンです。
そしてやはりこの作品でもジャック・スパロウは府抜けたように見えてますが、その生き方や所々で光るセリフがウィットに富んでかっこよく、魅力が詰まっています。
是非一度観ていただきたい作品です。

男性
男性
パイレーツオブカリビアン 呪われた海賊たちは非常に面白い作品でした。ストーリーは単純で誰でも観やすい内容となっており世界観にも入りやすいものでした。考察などをしなくても設定がよく分かるのでシンプルに面白かったです。
見どころは主役のジョニーデップの演技力です。海賊のトップに立つ人間とは思われない主人公のキャラ設定ではありますが、楽天的でそれでも魅力あるキャラを見事に演じていました。動きやセリフも独特で俳優とマッチしていたので良かったです。映像が綺麗で海賊が活躍していた世界観を素敵に再現していますのでそこも魅力の一つでした。
シンプルなストーリーで世界観に入り込めて、演技力の高い俳優が演じていますので本当に面白かったです。作品を観終わった後に続編も観たくなる出来栄えだったので、当時は続編が発表された時には非常にワクワクしました。
男性
男性
第一作目の呪われた海賊についての見どころを紹介していきます。
なんといっても一番の魅力はジョニー・デップ演じる主人公であるキャプテン・ジャック・スパロウです。一作目は特に彼のコミカルにかつずる賢く様々に立ちはだかる壁を突破していくシーンは、とても面白く迫力のあるアクションシーンも多いです。
特に映画の前半でキャプテン・ジャック・スパロウが海軍に囚われそうになる中、上手くそれを避け逃亡に成功するシーンはとても印象に残っています。
また映画の中ではアクションシーンも多くキャプテン・ジャック・スパロウの華麗で俊敏な動きもアクションシーンを迫力のあるものに仕立て上げています。そのような迫力のあるアクションシーンが多い中でコミカルさがあるからこそ、そのコミカルさがいっそう際立って作品がとても馴染みのあるよい味に仕上がっています。

まとめ

少しばかりファンタジーな要素が多い今作品ですが、だからこそ引き出される魅力という物が多くあります。

不死というのはファンタジーでは定番で亡霊もそうです。

海にはロマンがあるべきだ、と思っている方ならばそういう存在がある方が楽しめるのではないでしょうか。

この作品は明るい部分ばかりではなく、すこし黒い部分も見え隠れしています。

例えば、裏切りです。

最初のパイレーツオブカリビアンの時点でも、地位によって禁じられた恋愛感情が描かれています。

実際は婚約者が決められていることも大きな問題ですが、地位に差がなければ悩むこともなかったでしょう。

他には陸上に立つことが10年に一度のみという呪いも中々に厳しいですよね。

全作品に登場するキャラクターが受ける呪いにしてはあまりに強大に感じました。

しかしそれらも全て魅力と言えるだけのシナリオがこの作品には存在しています。

是非興味を持った方はご閲覧ください。

U-NEXTで視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました