【無料フル視聴動画】映画ROOKIES-卒業-を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

邦画
映画「ROOKIES-卒業-」【TBSオンデマンド】

映画『ROOKIES-卒業-』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『ROOKIES-卒業-』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『ROOKIES-卒業-』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

ディズニーのアトラクションが原作の映画パイレーツオブカリビアン!

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『ROOKIES-卒業-』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

甘酸っぱいあの頃が蘇る!!

大人気の高校野球漫画の実写版『ROOKIES』の映画版の『ROOKIES-卒業-』のご紹介です。

あらすじ

甲子園を目指す、二子玉川学園高校の面々。2年生と新入生と甲子園を目指し、彼らが3年生の夏

甲子園の夢をかなえるという物語。

とても簡潔で、とても分かりやすい物語だからこそ、キャストが引き立つ。

テレビドラマの集大成としての作品といっていい物に仕上がっている。

テレビで描かれた残像をしっかりと踏襲し、ドラマ化された作品を懐かしめる作品として

高校野球のピュアさと大人と迎合したくない世代の反抗と尊敬を描き出す。

 

県大会決勝をメインとするが、本来は教師と生徒のこころ変化とつながり。

とてもアメリカ映画のような簡潔さを感じる作品。

登場人物紹介

主演

川藤幸一  (佐藤隆太)

佐藤さんをメインに置くことで、基本テレビの頃からのキャスティングをベースに

粗なた仲間も加え、コミカルにもシリアスなところもという作品にしあがっている。

基本漫画原作の実写版に起こりやすい、キャラクターへの思い入れとのギャップが

許せる範囲であったり、これはこれでありだったり。

この作品は、しっかりと定着した感があり、テレビでこの物語に触れたひとたちは、

楽しめるキャスティングだと思います。

安仁屋恵壹  (市原隼人)

ヤンキーものに欠かせないという役作り。

鉄板キャラなんですね。

御子柴徹  (小出恵介)

新庄慶   (城田優)

若菜智哉  (高岡蒼甫)

関川秀太  (中尾明慶)

平塚 平    (桐谷健太)

岡田優也  (佐藤 健)

桧山清起  (川村陽介)

湯舟哲郎  (五十嵐隼士)

今岡 忍    (尾上寛之)

『ROOKIES-卒業-』の作者 森田まさのりの紹介

 

作家 : 森田まさのり 代表作は 『ろくでなしブルース』があります。

どうように不良というテーマは同様ですね。 森田先生の特徴は、不良を描いてもしっかりとした、笑いを準備している。

のちに、こちらも、映画化された 『べしゃり暮らし』などを描いた作家です。

年代的に、1966年生まれの時代背景は、ヤンキー全盛。横浜銀蝿や金八先生年代。

昭和の封建的な時代から高度成長期を経た家庭の環境が厳しいルールから

脱却する時代のはじまりを過ごした作家の作品です。

そして、作家がどれだけ阪神ファンかがうかがえるネーミング

作家の青春がしっかりと反映された原作に、テレビドラマでは欠かせない、ラブストーリーの裏番組で連続ドラマとして実写化

その集大成として、映画化という当時からドラマのお決まりの流れを踏むことになり、

賛否は別としてわかりやすい作品としてファンの支持は揺るがない。

主題歌

GReeeeN   『遥か』

テレビ版ではあのGReeeeN の名曲『キセキ』をつかっておりこれも人気の出る一つであった

劇場版は、同じくGReeeeNの『遥か』をつかう。

興行成績と評判

全国公開は2009年5月30日封切られる。

428か所で公開された週末で100万人弱集客

なんと、実写版の歴代興行収入で8位(2019年当時)という結果をもち、

半面、世の中のレビューの結果は惨憺たる結果を表すところが大きい。

森田先生の作品の集大成として同窓会のイメージを持つファンと

その波に乗らない、単なる作品の評価として劇場版を見る人たちの感じ方の違い。

レビューを見て作品を観る。現代のシステムでは語れないものがこの作品には感じられ

作家の世代感が原作にしっかりと反映されることを好まない人には抵抗があるのかもしれない。

『ROOKIES-卒業-』の感想

男性
男性
この映画は、ドラマ版からの続編のため、ドラマ版を見てから映画を見ることをお勧めします。
これは、元野球部がある事件を起こし、その後不良になるのですが新任の教師によって少しずつあの頃の夢を思い出し、夢を掴もうと努力するお話です。不良だったため、見ていて少し不快に思われる場面も出てきます。
でも、それをとっても、この映画は見る価値があると思います。特にドラマ版を見ていた人にとっては必見です。
見所は、やはり夢を掴むために逆境の中、努力を続けた学生達の熱い思いと友を思う気持ち、そして教師への恩だと思います。
特にみんなの夢のためにみんなが一丸となって戦う姿は見ていて、涙が流れました。
女性はもちろんですが、男性の場合、自分の学生時代や部活をやっていたあの頃、、というように昔を思い出すことが多いと思います。
自分も実際に部活をやっていた頃を思い出しました。
女性
女性
新米教師が不祥事で荒れていた野球部を立て直してから1年、3年生に進級した安仁屋達の後に新入生2人が入部してくる所から始まります。
部員の怪我などのトラブル続きの中、夏の甲子園予選が幕があけます。
独特の清々しい演出と俳優陣のパワー全開の演技は、この作品ならではの特徴だと感じます。
特に試合終盤の安仁屋の号泣シーンとメンバーが先生に最後の挨拶をするシーンは、何度見ても感動します。
内容は、ドラマの延長線上なので見る人によっては物足りなく感じる場合もあるかと思います。
相手チームの選手との精神的な駆け引きや技術面での攻防にもあまり重点は置かれていないので映画としての見応えを感じないと思う方もいるかもしれないです。
その中でみんなが頑張っている姿や野球を通じて成長していく部員の姿も必見です。
製作者の愛情と真っ直ぐな心がつまった爽やかな作品です。
女性
女性
私はROOKIESの映画だけでなくドラマも見ていました。
私的には野球観戦がすごく好きなので野球を好きな方には是非見ていただきたいと思いました!
ヤンキーたちが最初あんなに荒れていたのに先生がきてからガラッとみんな人柄もかわって夢に向かって頑張ってる、という所が見どころだと思います。
夢を諦めていた生徒たちが一人一人ほんとは野球をしたいのに夢を見るのが怖いという理由でやらずに、でも御子柴くんが最初に野球部に戻り先生と他の生徒を集めたけどそれぞれ揉めたり問題をおこしたりと先生も大変なのによくあんなに真っ直ぐに生徒を信じて、変えられることがすごいと思いました。
自分たちの目標だった甲子園にも行けてほんとに先生には感謝しかないと思います、感動しました。
私も夢があるので何があっても諦めずにという気持ちになりました。
男性
男性
本作は私が高校生の頃に放映された映画であり、当時公開日当日に映画館に急いで見に行った記憶があります。
ドラマ版の最終回の位置づけで劇場版が公開されたわけですが、非常にドラマが面白くて泣けるストーリーだったのでドラマ版のROOKIESを見られた方は必ずご覧になられたほうが良いと思います。
また当時は若手俳優だった市原隼人さん、佐藤健さん、城田優さん、小出恵介さん、桐谷健太さんなどの最近では有名俳優として活躍されている俳優陣の演技にも注目です。
弱小寄せ集めの高校生達が野球を通じて段々強くなるとともに、友情も深まっていく、その過程を見るのが凄く良かったポイントでした。
また主題歌のGreeenのキセキや卒業といった曲も映画ととてもマッチしているので注目して聞いてみてください。
感想は以上になります。有難うございました。
男性
男性
名作の映画なので期待して行っても大丈夫です。佐藤隆太演じる監督の人情深さや絶対に諦めない姿勢、仲間を信じる姿勢、大切にする姿勢に思わず涙腺がゆるみます。
日を重ねるごとにバラバラだったチームが団結していく過程が素晴らしい映画だと思います。
本当に打ち込めるものを見つけて、継続していくと徐々に力をつけてきてその姿勢に感動してしまいます。
佐藤隆太、市原隼人はじめ熱量の高い人が多く出ているので、自分も思わず熱くなってみてしまいます。
まさに選手と監督、マネージャーが一体となって強いチームをみんなでつくりあげていくという過程が見どころです。
過去の辛い練習を乗り越えたシーンや、喧嘩のシーンや、口論のシーンが回想シーンとして流れます。
そこが涙腺崩壊するシーンです。最後の佐藤隆太演じる川藤への黒板の寄せ書きもまさに感動シーンです。これを超える青春映画は無いです。

男性
男性
正直、何度見ても感動します。川藤先生を初め元不良達の生徒たちの夢を諦めない思い、素晴らしい友情魂のニコガク野球部の成長の過程に心揺らされました。
自分も青春時代にこういう暑いストーリーを作ってみたかったです。
決勝戦の時、川藤先生が生徒たちにかけた言葉「お前たちの手で夢を掴んでこい」と喝を入れたシーンが、先生は生徒達を信頼して言ったんだなと理解し、そこがとても感動しました。
あと、御子柴が赤星を守るシーンもとても感動しました。
御子柴が不良たちに襲われそうになってる赤星を守り、身代わりになって大怪我をし、それを仲間たちには決して口を滑らせないで一人でグランドで涙を流すシーンが本当に御子柴は男気があって、友人に対する思いが強いって言うのが伝わり、本当に僕はこう言う人間になりたいな思いました。
もしルーキーズの続編、社会人野球としてまた仲間たちが集まり試合をしていく物語があったら面白そうだなと思いました。

女性
女性
ルーキーズは、ドラマをやってる時から見ていて、大好きなドラマだったので、映画も映画館で見ました。ドラマと違う所は野球部のメンバーが進級して、新入部員が2人入ってきます。
一人はすごく上手いけど、野球が好きだから入ったわりに、こんな練習できるか!と言っていつもサボります。
どこに行ってるのかキャブテンがつけていくとどこかの大学の練習に混じって練習してるのを見つけます。新入部員はメジャーリーグを目指してるから、ただ野球部に入っただけで練習には出ないと言うのをキャプテンは、ちゃんと聞いてあげますが、自分達の野球部に入ったからにはちゃんと練習してもらわないといけないと説得しますが聞こうとしない部員がタバコを吸ってるとき、不良に絡まれそうになったのをキャブテンが助けて怪我をします。
他のメンバーが急いで病院に駆けつけるシーンは、仲間をどれだけ大切に思ってるかがとても伝わってきます。
いいシーンだとおあます。もう一人の新入部員は、勘違いから入部してきますが、あこがれてる先輩の前に見た事が凄くてあこがれていますが、その先輩は違うが言えなくて、出来るフリをしますがバレます。
でもその新入部員は憧れは憧れで頑張って練習します。
憧れの先輩がバレないように必死になってるところも笑えます。
卒業なので、ドラマからのメンバーは卒業生として卒業しますが、先生に一言づつお礼の言葉をそれぞれ自分なりに言うのが印象的です。
このメンバー達はずっと仲間と感じられる作品で心が温まります。
青春してていいなとしみじみ思いました。
女性
女性
不良少年達が真剣野球に取り組む青春映画です。野球を通して、仲間との信頼関係、先生との信頼関係に心が熱くなりました。
最後の甲子園の挑戦、怪我があったりと、学生時代を思い出すこともあり、涙なしではみることができませんでした。
野球っていいな、仲間っていいなと思える映画です。
もちろんギャグ要素やお笑い要素もしっかり含まれていて、笑いあり、涙ありの青春映画でした。
出演者のキャスティングもとても良かったです。
高校生の設定なので、ほとんどが成人して俳優さんということもあり、さすがにむりあるだろう…と思う所もありますが、人間性やキャラ設定はとても良かったと思います。
この映画をきっかけにブレイクした俳優さんも多いと思います。
漫画が原作の映画で幅広い世代に楽しむことができます。
原作を知らなくても、十分楽しむことができるとても面白い映画でした。
女性
女性
やっぱり何といっても役者が最高すぎる。ヤンキーのドラマだけど、みんな最初は野球に関しては向かっている感じなのに佐藤隆太演じる川藤の熱心な気持ちが徐々に届いてみんな野球に熱心になっていく姿がかっこいい。
普段は荒れた青年たちが野球に対しては本気になっていく感じがすごい。
少しごくせんに似た感じはするけど、やっぱりみんな役者がそれぞれの個性を持って今のイメージと違った印象を受ける。衝撃的。
ずっとドラマからみていたのでかなりのファンだったから映画になった時はすごくうれしかった。
少年たちの熱い思いが自分にも伝わってくるし、川藤の熱い言葉が自分の心にも刺さってきてもっとみたいと思うようになるし、あっという間の時間。
自分も結構荒れていたので少年たちの気持ちがわかるし、共感できる部分が多い映画。
打ち込めるものがあるのっていいなと改めて思う。
女性
女性
試合をしてる際に頭や顔にボールが当たるとすぐに乱闘になり、喧嘩が始まってしまう所が見どころだと思います。
試合をすると毎回喧嘩になるシーンなので、飽きてきてしまいました。
何かしら毎回同じシーンではなくシーンを少しずつ変えていったら面白くなり、みんなも楽しく観れると思います。
最初の場面で、市原隼人と城田優は仲間思いで、顔や頭にボールが当たると相手の所にいき、喧嘩をする所が好きな場面です。
乱闘が始まり、試合どころではなくなり、廃部寸前になりかけた所を山本裕典が来て部員になり、力を合わせて廃部にならないようにする所が印象に残っています。
野球の試合をするたびに喧嘩のシーンばかりなので、卒業のシーンは感動をしましたが、卒業までの中で、一回か二回くらいは、優勝した所を見れたら楽しくなると思います。
バットを持つと、生徒の凶器になり喧嘩になってしまいますが、キャストの市原隼人の迫力が、演技とは思えないほどすごくかっこよかったです。

まとめ

この作品を見終えてあなたは何を感じますか?

一つのリトマス試験紙になります。

劇場版を、実写版を観るということは、

期待と失望を感じる可能性があるとてもハードルの高いものです。

興行成績を定量的な観点で精査するよりももっと大きなリトマス試験紙です。

だれもがもつ、青春時代。

また、俳優への思い入れ。

漫画絵への思い入れ

これを、誰も文句は言えない。

人の心にほだされ、夢中になることを、夢と表現して恥ずかしがらない事を

感じる作品です。

しかし、単純に涙をそそっても何が悪いのか。

素直に泣けるのがいいと思える作品です。

あなたの思い出を踏みにじられたくない作品感は大切ですよね。

教師と生徒がこうあっていた欲しい。

どんな人たちもボーダーはなく人間としての感動をしっかりと感じられる作品とおもえる一作です。

あなたの心に残してきた、とてつもなく小さくてそれでも重要なこころが蘇る作品です。

タイトルにある通り、甘酸っぱいあの頃が蘇るとき、

あなたの、こころはどうですか?

懐古主義をバカにして一瞬の感動を投げ捨てるか、

その瞬間をしっかりと確認したうえで、自分の思い出と照らし合わせるか。気恥ずかしいテレをバカにせずに、タイムスリップし鳥肌が立ち、少し涙腺が緩む

素敵な時間をできれば一人でじっくりご覧あれ。

それではまた、お会いしましょう。

Movie Master Kevinでした。

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました