YouTuber俳優 佐藤健 映画『るろうに剣心』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

アニメ映画

 

『るろうに剣心』予告編

映画『るろうに剣心』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『るろうに剣心』動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

今や大ヒットアクション映画として日本が世界に誇る映画となった、るろうに剣心シリーズ。

主演 佐藤健の名が広まった代表作品がこの『るろうに』第1作品です。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『るろうに剣心』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。
女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

今や大ヒットアクション映画として日本が世界に誇る映画となった、るろうに剣心シリーズ。

主演の佐藤健をはじめとする豪華俳優陣のアクションが話題を集め、2012年に上映された「るろうに剣心」は、興行収入が30億を超えました。

そして、「るろうに剣心 伝説の最期編」に続いて4作目となる続編が2020年に公開される予定です。

そこで今回は、最初に公開された映画「るろうに剣心」のあらすじやキャスト、見どころなどを紹介して行きたいと思います。

るろうに剣心の紹介

「るろうに剣心-明治剣客浪 浪漫譚」は、週刊少年ジャンプで連載された大人気漫画です。

1996年にテレビアニメとして放送され、

遂に2012年に大友啓史監督の手によって映画化されました。

日本公開と同時期に世界各国に上映が開始され、興行収入30。1億円を突破しました。

日本以外でのアジア全土最終興行収入が日本映画初の1億円を超えるなど日本のみならず世界中で「るろうに剣心」旋風を巻き起こしました。

主演の佐藤健は、第36回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しました。

あらすじ

舞台は、江戸時代幕末。

幕府と、幕府を倒し新しい時代を作ろうとする倒幕派の対立による動乱の時代でした。

そこで、倒幕派の命令により京都と暗殺する者がいました。その暗殺者の名は、緋村抜刀斎。もの凄い剣術と冷酷な表情から「人斬り抜刀斎」と呼ばれ恐れられていました。

緋村抜刀斎の活躍もあり、戊辰戦争で倒幕派が勝利しました。

それから10年後1878年。

新政府によって明治時代を迎え世の中も平和な日々を送っていました。

緋村抜刀斎は、緋村剣心と名を変え、目的もなく旅を続けていました。

剣心には、以前のような暗殺者の面影はありません。

人も命を奪うことはしない「不殺(ころさず)の誓い」をたて切れない逆刃刀をもって平穏な日々を続けながら東京に流れ着きました。

東京では、中毒性の高い新型アヘンの密売と剣心の昔の異名「人斬り抜刀斎」と名乗る偽物による辻斬りが起きていました。

その偽物が使う剣術が神谷活心流だと疑われる神谷薫と剣心が出会います。

偽物正体を辿っていくと、実業家である武田観柳に雇われている者であることが判明します。

この武田観柳こそがアヘンを密売し、勢力を拡大し日本を乗っ取ろうと企てる主犯だったのです。

陸軍の山県有朋が新型アヘン「蜘蛛の巣」の捜査協力を願い出るが、人を切らないと誓った剣心は断るが、次々と人を切りお金を稼ぎ勢力を拡大していく武田観柳たち。

剣心は、仲間を、そして日本を守るため「蜘蛛の巣」に乗り込むことを決意します。

「不殺(ころさず)の誓い」を守り、武田観柳、偽の抜刀斎を倒すことが出来るのでしょうか。

登場人物紹介

緋村剣心   (佐藤健)

神谷薫    (武井咲)

鵜堂刃衛   (吉川晃司)

高荷恵    (蒼井優)

相楽左之助   (青木崇高)

 外印    (綾野剛)

戌亥番神   (須藤元気)

明神弥彦   (田中偉登)

浦村署長   (斉藤洋介)

関原妙    (平田薫)

三条燕    (永野芽郁)

斎藤一    (江口洋介)

武田観柳   (香川照之)

主題歌

ONE OK ROCK   『The Beginning』

映画でより一層雰囲気を出す主題歌。

観ている人の気持ちを盛り上げてくれます。

ONE OK ROCKのボーカルTakaは、主演の佐藤健と非常に仲が良くプライベートでも親交があります。

今回の映画で主題歌を歌うことが決まったとき、普段から俳優としての苦労や悩みを聞いていたTakaは、そんな佐藤健たちに何が出来るかを考えて製作したそうです。

今や海外でもツアーを行うなど世界が注目するアーティストとなったONE OK ROCK。

日本人が歌っていると思えない英語の発音や、鳥肌が立つような素晴らしい歌声が映画をさらに盛り上げてくれています。

ONE OK ROCK – The Beginning [Official Music Video]

みどころ

イケメン俳優のアクションシーン

香港で活躍した谷口健治をアクション監督として迎えた本作。

主演の佐藤健だけでなく、周囲を固める豪華俳優陣たちにも注目です。

飯屋で武田観柳との騒動から出会い良き相棒となった相楽左之助演じる青木崇高や、元新撰組斎藤一を演じる江口洋介などのアクションには見応えがあります。

今まででは、コミックの実写化はヒットしないことが多かったのですが、

今回の「るろうに剣心」は、佐藤健の体の張ったアクションやなどが話題を集め、大ヒットに繋がりました。

リアリティさがより映画に引き込まれる

実写映画の難しいところは、漫画の世界観を崩すことなく3次元に再現することです。

漫画が好きで実写化を観た場合、

イメージとなんか違うといった違和感を覚えたことはないでしょうか。

この「るろうに剣心」は、安っぽさがでることなく、漫画キャラクターの再現度や世界観などの完成度が非常に高いと評価されました。

まとめ

主演佐藤健のアクションシーンだけでなく、人斬り抜刀斎の過去の後悔や、「不殺(ころさず)の誓い」を守るか破るかの葛藤など心情の変化にも非常に見応えがあります。

2020年の最終章公開をより楽しく観るために、まずは1作目を観ることをおすすめします。

U-NEXT公式

るろうに剣心の感想

女性
女性
私が感じた映画「るろうに剣心」の見どころ、大きく3つ紹介します!
その1、主演の佐藤健が、まさにリアル剣心そのもので、完全にはまっています。
特に、剣心の物腰が柔らかくて、どこか悲しげなところ。原作ファンの私ですが、剣心役が佐藤健で本当によかった!と思いました。
その2、ド迫力のアクションです。数あるアクションシーンの中でも、殺陣シーンは本当にド迫力でかっこいいです。
刀で戦うシーンは色々な映画のシーンで出てきますが、一度るろうに剣心を見てみてください。役者の気迫からグラフィックまで全てが大迫力で、鳥肌が立ちます。
その3、原作のストーリーが楽しめます!
2時間ちょっと程度にまとめられた内容なので、正直ストーリーにはあまり期待していなかったです。ですが、実際は結構原作のストーリーを楽しむことが出来ました。序盤の内容ですが、原作を読んだ頃が懐かしく、色々と思い出すことが出来ました。
男性
男性
るろうに剣心はやはりなんと行っても主演の佐藤健の演技とアクションシーンが最大の魅力であると思います。人斬り抜刀斎と呼ばれる浪人武士が幕末明治維新の混沌の中、悪人から人々を守るストーリーが描かれています。佐藤健の他にも、武井咲、蒼井優など豪華キャスト陣で本作は展開されるので、アニメの実写化はウケが悪くなる時が多いですが、本作に関してはアニメ以上のクォリティー、リアリティーをしっかり感じることが出来ました。これは映像技術の進化とキャスト陣の演技力の高さによって伝わってきたものと考えています。まるで自分がその時代のその場面にいるかのように引き込まれました。この映画を見終わったあとに原作漫画を読むと、さらにストーリーが脳に刻み込まれると思います。また本作は自分に自信を持てない方々にもおすすめの作品で、この映画を見ると、「何かを守りたい、守り抜きたい。」という感じが不思議とします。そういった色々な感情を観客側に与えてくれる作品でした。
男性
男性
世代他にもど真ん中、原作はコミックもアニメも何回も見返している大好きな作品です。そんな作品の実写化でしたが、大満足でした。
まずは、キャストを揃えてくれたことに感謝です、剣心、刃衛薫、左之助、斎藤一、全員ハマり役でした。ただ香川さんだけは別のキャラかなと思いました。
ただこの作品兎にも角にも、佐藤健さんのアクションが圧巻でした。魅せる殺陣の技術、身のこなし。ワイヤーアクションを感じさせない体の動かし方。言うことなしでした。さらにこの作品は佐藤さんだけではなく、綾野剛さん、吉川晃司さんの殺陣もすごいです。特に吉川さんは年齢を感じさせない素晴らしいアクションでした。
ストーリーは3つの編をミックスしたものだったので、所々窮屈でおや?という展開もあったけれども、うまくまとまっていたと思います。この作品は原作を知ってる人も知らない人も楽しめる素晴らしい映画だと思いました。
女性
女性
見どころはアクションです。速すぎて何が起きているのかよくわからずに見逃すシーンが多いですよ。神谷道場での戦いですが、まずは道場に入る前に一礼する剣心の背中が好きですね。こんな時でも礼をするんだなと記憶に残ります。ここからスピード感のある戦いの本番がやってきて股下くぐったりしてますよ。壁をけってクルリと宙返りしながら蹴っていた木刀を掴んで戦うシーンは、初めて見たときは何かすごく動いてるとしかわかりませんでした。武田観柳の屋敷では、大人数を相手に仲間と戦うのですが、円形に走り抜けるシーンが印象的ですよ。走るときの角度がフィギュアスケートのデススパイラルのような斜めなので、こんな動きできるのかとつい呆然と眺めてしまします。迫力のある立ち回りや、降ってくるお札にも驚きますね。ストーリーはわかりやすいので原作をほとんど知らなくても楽しめますよ。
男性
男性
2012年公開の映画です。緋村剣心を佐藤健さんが主演で演じたことで話題になりました。ライバル的な立ち位置で斎藤一を江口洋介さんが演じ、武田観柳を香川照之さんが怪演してこの映画の宿敵の鵜堂刃衛を吉川晃司さんが演じました。
かなりキャスティングが豪華な映画でした。アクションシーンや殺陣を佐藤健さんがスタントを立てることなく自ら行っていたのでかなり迫力のあるシーンがたくさんありました。
キャラクターは原作に沿った形で作られていましたが、物語は原作とは違うオリジナル色が強い構成で作られていました。
この部分は原作を読んでいると好き嫌いが出るところかもしれませんが、綺麗にまとまっているので個人的には楽しめました。
このシリーズはこのあと続編がありますが、プロローグとして見ることができるのでみたことがない人はこの物語から見るとより楽しめます。
男性
男性
凄腕の暗殺者、緋村剣心。「不殺(ころさず)の誓い」を掲げて10年の月日が流れ、日本各地を旅しながらか弱人々を剣の力で守り、助ける流浪人(るろうに)として穏やかな日々を送っていた。
アクションシーンと殺陣シーンが抜群にかっこ良かったです。佐藤健さん、江口洋介さん、香川照之さんと豪華キャスト。
剣術も迫力があり、良かった。わかりやすいストーリーとテンポの良い展開で、本当に佐藤健さんがただただかっこいい。
剣心の特徴である、静と動、柔と剛、優しさと強さの二面性を演じきった佐藤健さんは本当に天晴れです。本当に繊細な役者さんだと思う。
「原作に忠実ではなく、誠実」まさにその言葉通りの作られ方で、作り手の思いが伝わってくる作品です。
クオリティの高さ。
武井咲さん可愛いです。
しっかりと楽しめる作品です。
ロケ地が自宅近くの仁風閣でロケがあったので、撮影の時期は俳優さんが何人かこられていました。
実際に江口洋介さんと香川照之さんは見ることができました。
男性
男性
るろうに剣心が実写化されると聞いて、ワクワクもドキドキもしていました。大好きなマンガだった反面、キャストによってはイメージが崩れるなと考えていました。主人公の剣心は、昼行燈、どこか抜けてる、でも、壮絶な過去を持っており、やるときはやる(元人斬り)。という、難しい役となるので、誰がやるかと思っていました。
結果、佐藤健が剣心。仮面ライダーを見ていたので、知ってはいましたが、正直微妙なチョイスと思いました。
ですが、いざ、映画を見ると、イメージが一変します。どこか重い雰囲気のストーリー展開。暗すぎる剣心(クールといういい意味で)。すさまじいスピード感溢れるアクション。
漫画の流浪に剣心は、どこかに明るさ(作画の書き方かもしれませんが)がありましたが、映画は常に暗い。でも、その暗さが、独特の雰囲気を出し、元人斬りが主人公というイメージにぴったりな世界観を作り上げてくれています。
アクションは、必見です。仮面ライダー系で派手なアクション、現実外のアクションは多く見てきましたが、るろうに剣心のアクションは現実味があります(やれといってもできませんが)。だからこそ、生死という緊迫した状況を生み出し、どんどん引き込まれていってしまいます。
るろうに剣心の原作を知らなくとも、アクションが好きだという人は必ず見てほしい作品です。
女性
女性
いきなりの鳥羽伏見の戦いが、見どころです。
人斬り抜刀斎の無敵っぷりが描かれるのですが、2012年にこの映画が公開されてから、日本の映画やドラマの殺陣が変化してます!
明らかにこの映画の影響でしょう。
刀同士を打ち合わせるのではなく、薙ぎ払い、突きも用い、体術も駆使し、旋回しながら、一対多数をリアルに実写化する。
日本のアクション映画の革命であり、漫画の実写化の最高傑作です。何よりもこの映画の最大の魅力は主演の佐藤健!幕末最強の男、緋村抜刀斎は鳥羽伏見の戦いの後、ただの緋村剣心(本名です)としてるろうにになってさすらっています。
このるろうにの剣心はとにかくかわいい!料理が上手で家事全般達人、「おろろ」口癖の温厚な優男。ところが弱い人々が苦しんでいるのは見過ごせず逆刃刀(刃が峰についている、通常は切れない刀)を手に立ち向かいます。このときの剣心は言葉遣い、声の低さなど、何よりオーラが一変してかつての抜刀斎のようになります。
見事な振れ幅の大きさと表現力が堪能できる佐藤健の代表作です。
男性
男性
原作の漫画が大好きで映画も見ました。
物語の主役である緋村剣心を佐藤健が演じると知り、役柄と合うのかと思いましたが、杞憂に終わりました。
原作の「優男」ぶりがピッタリで、殺陣のシーンではするどい目つきで華麗な刀さばきを見せてくれます。
漫画でいえば序盤のストーリーですが、物語に登場するキャラクターたちも、再現度の高さに驚きました。
兇賊「黒傘」の鵜堂刃衛の不気味さも見事に演じられています。
キャラクターたちの交流の場面も、原作の世界観を忠実に表現していました。
戦闘シーンでの剣心があやつる飛天御剣流も、映像技術によるところもあるのでしょうが、見事に映像化されていました。
剣心が目にとまらない早さで敵の集団の中で切りまくるシーンは、スカッとします。
最新作の上映も予定されるなど、映画がシリーズ化されるほど人気なのは、再現度の高さが背景にあるのでしょう。
男性
男性
そのルックスの美しさについ目がいってしまう佐藤健さんですが、実は数々のスポーツをこなし、ダンスも得意なのだそうです。
「るろうに剣心」は、そんな佐藤さんの身体能力の高さが遺憾なく発揮されている作品です。
佐藤さん演じる緋村剣心は、その神速の剣技と驚異の暗殺成功率から「人斬り抜刀斎」と呼ばれています。漫画原作ということもあり、剣心の刀さばきがこの作品の要だと思いますが、佐藤さんのアクションは抜群です。正直、実写で漫画を超えるクオリティーの殺陣を見られる作品は決して多くはないと思います。
もちろん、アクションだけでなく登場人物たちの細やかな心の動き、人を斬るということの重みや悲しさが丁寧に描かれていて、心を動かされます。
吉川晃司さん、青木崇高さん、綾野剛さんほか、個性的な出演者の皆さんそれぞれの役の表現は、漫画と対比しながら見るのも楽しいと思います。
女性
女性
アニメを観ていて興味持って観ました!
実写化すると残念になってしまう作品も多かったですが、この映画は期待を上回る作品になっていました!
特に佐藤健さんの演技が最高でした!
剣心の再現度がすごく高かったです。他のキャストさんたちの演技も素晴らしくて、キャラクターをよく知ってから演じてくださったのだと感じました。
原作ファンも違和感なく楽しめるのではないかと思いました。
ストーリーも大幅に変わっていないのが良かったです。
初見の方でもわかりやすいと思いました。アクションがかっこいい映画なので、アクションが見どころ思います!
香川照之さんとのバトルシーンは、凄すぎてハラハラしてしまいました。ハイスピードの殺陣めちゃめちゃかっこいいです!
どうやって動いてるの?と次はどう動くんだろう?と楽しく観ることが出来ました!

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました