チャーリーとチョコレート工場を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!

洋画
チャーリーとチョコレート工場メドレー高音質

チャーリーとチョコレート工場のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

チャーリーとチョコレート工場の動画を無料でフル視聴する方法

チャーリーとチョコレート工場の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

本映画は2005年に公開された

監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップによる作品です。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

チャーリーとチョコレート工場の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

予告編はこちら

チャーリーとチョコレート工場 予告編

あらすじ

・5枚のゴールデンチケット

世界中の子どもたちに人気のウィリー・ウォンカのチョコレート。

しかし、その工場の門はある出来事をきっかけに固く閉ざされ、以後、誰もチョコレート工場の中を見た者はいませんでした。

ある日、チョコレート工場の工場主ウィリー・ウォンカより、自社のチョコレートの中に封入されたゴールデンチケットを引き当てた子どもとその同行者を、チョコレート工場の見学に招待すると発表します。

世界中の子どもたちはゴールデンチケット欲しさにチョコレートに殺到しました。

町はずれにある今にも崩れそうな家に暮らすチャーリー・バケットも、誕生日にチョコレートを買いましたが結果ははずれ。

チャーリーの家は貧しく、たくさんのお菓子を買うことはできません。

けれど彼は貧しくとも家族で楽しく過ごす日々に満足していました。

1枚また1枚とゴールデンチケットが当たった子どもがニュースに流れ、ついに見つかっていないのは最後の1枚となりました。

しかし、そんなチャーリーにも奇跡が起こります。

偶然道で拾ったお金でチョコレートを買うと、なんとそこには最後の1枚のゴールデンチケットが入っていたのです。

工場への招待

いよいよチョコレート工場見学の日がやってきます。

チャーリーは、かつてこのチョコレート工場で働いていたジョーおじいちゃんを同伴者として工場見学に参加することにしました。

チャーリーの他の招待者は、お菓子好きで太ったオーガスタス、高飛車でとにかく一番にこだわるバイオレット、わがままなお嬢様ベルーカ、お菓子嫌いなハイテクオタクのマイク、といずれも問題児ぞろいな面々でした。

ついに工場の門が開かれ、工場長のウィリー・ウォンカは彼らを出迎えます。

ウォンカはシルクハットにおかっぱ髪、片手には杖という風変わりないで立ち。

そして何より目を引くのは、笑った口元から覗く異常なまでに綺麗に矯正された白い歯でした。

工場の中は・・・?

ウォンカの案内で、工場の見学が始まります。

初めの扉を開けると、そこはお菓子工場というより広い森のようでした。

ボートに乗り進むチョコレートの川、たくさんのお菓子でできた植物、工場で働く陽気に歌い踊るウンパルンパ。

夢のような光景に心を躍らせるチャーリーたち。

しかし、他の子どもたちは、次第にウォンカの許可なく自分勝手な行動をとり始めます。

やりたい放題な子どもたちに対して待ち受ける、

チョコレート工場流のシュールな『お仕置き』の数々。

そして、ウォンカが彼らを工場に招待した理由は何か?

ティム・バートン監督とジョニー・デップが贈る、甘く少しブラックな世界に酔いしれてください!

登場人物紹介

 ウィリー・ウォンカ  (ジョニー・デップ)

 チャーリー・バケット  (フレディ・ハイモア)

 ジョーおじいちゃん  (デイビット:ケリー)

 バケット夫人  (ヘレナ・ボナム=カーター)

 オーガスタス・グループ  (フィリップ:ウィーグラッツ)

 バイオレット・ボーレガード  (アナソフィア・ロブ)

 ベルーカ・ソルト  (ジュリア・ウィンター)

 マイク・ティービー  (ジョーダン・フライ)

Twitterでの反応

原作との相違

本映画は、1964年にイギリスの児童文学作家ロアルド・ダールによって書かれた「チョコレート工場の秘密」が原作です。

原作と映画の違いは、

同伴者の人数

⇒映画では子ども+1人ですが原作では子ども+2人です。人数が多いと画面がうるさくなりますしエピソードを絞るために割愛されたのではないでしょうか。1971年の実写版も今作と同様となっています。

パイプに吸い込まれたオーガスタス

⇒映画ではパイプに吸い込まれたとき途中で詰まりますが、出てきたときは太った

ままでした。原作ではパイプを通ったことにより細くなっています。

ウォンカの父親のエピソード

⇒映画の後半では、ウォンカの人格形成に大きな影響を与えた父親の存在がキーになっていきます。

しかし原作では父親は登場していないんです!

物語の結末は映画も原作もほぼ同じなのですが、

映画だとこのオリジナル設定によって説得力が増しているように思います。

主人公は黒人の予定だった?

2017年にBBCのインタビューにて、原作者の妻リシーが「チャーリーは当初黒人の予定だった」と裏話を明かしたそうです。

実際には当時のエージェントから待ったがかかってしまい、白人に変更されたとか。

現在世界で巻き起こっている『black lives matter』を目の当たりにすると、こういったエピソードに触れると問題の根深さを感じざるを得ません。

根底にあるのは家族愛

児童文学が原作なだけあって、「ゴールデンチケット」や「秘密の工場内部はお菓子でいっぱい!」といった、子ども心をくすぐるワクワクする展開です。

その中で自分勝手にふるまう子どもには痛いお仕置きが待っているという勧善懲悪さも分かりやすいです。

そして映画の後半では、チャーリーはウォンカから工場を継いでほしい、ただし工場に行けるのはチャーリー1人だけだと告げられます。

チャーリーは大事な家族と一緒にいれないのなら行かないと拒否します。

この拒否されたときのウォンカの表情。

それまでずっと、子どもたちがひどい目にあってもずっと変わらず作ったようにニコニコしていた顔が、スッと表情を失くすこのシーンがとても印象的でした。

それほど、彼には工場より家族が大事という考えが衝撃的だったことを表していると思います。

ジョニー・デップの役作りと演技力は素晴らしいですね。

ウォンカの中でトラウマとなっているのが父親の存在です。

父は町で有名な歯科医で、幼いウォンカに歯列矯正器具を施しお菓子の類を食べることを一切禁じていました。

ウォンカは家を飛び出し、以後ずっと音信不通となっていたのです。

ウォンカはチャーリーに背中を押され、長年目を背けていた父親の存在と向き合う決心をします。

私は、この映画の根底にあるテーマは『家族愛』なのではないかと思います。

多くの問題行動を起こす子どもたちですが、彼らの親たちにも子どもとの関わり方に問題があるように描かれています。子どもに対し常に一番を取ることを求めたり、子どもの言いなりで何も注意できなかったり。

決して子どもだけが悪いわけではない。

彼らを正しく導けていない親たちもまた問題だと言っているように思えました。

ただ、この親たちも自分の子どものことはとても愛しているんですよね。

だから、お仕置きを受けた子どもたちのことをすごく心配するし、子どもを助けようとして一緒に穴に落ちたりもします。

そしてそれは、ウォンカの父親もまた同じなのです。

どんな親も子どもたちを愛している。ただ愛し方を間違ってはいけないよ、というメッセージのように感じました。

こんな人におすすめ

 ・ファンタジーが好きな方

 ・映画を観てワクワクドキドキしたい方

 ・ティム・バートン監督、ジョニー・デップファンの方

 ・ハッピーエンド好きな方

まとめ

ティム・バートン×ジョニー・デップということでハードルが上がりがちになりますが、構築された世界観と独特の色彩は素晴らしく、期待を裏切らない映画だったと思います。

初めに想像していたよりもブラックユーモア度は高めに感じましたが、後半に展開されるヒューマンドラマ的な展開と、良い対比になっていると思いました。

ぜひ、ご家族みんなで観てほしい映画です!

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました