君の膵臓をたべたいを動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!

邦画
「君の膵臓をたべたい」予告

君の膵臓をたべたいのフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

君の膵臓をたべたいの動画を無料でフル視聴する方法

君の膵臓をたべたいの動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

「君の膵臓をたべたい」は「秘密を知るクラスメイト」と桜良の甘く切ない物語です。

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

君の膵臓をたべたいの視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

「君の膵臓をたべたい」は「秘密を知るクラスメイト」と桜良の甘く切ない物語です。

この映画では桜良の親友の結婚式の招待状をもらった僕の回想を交えながら桜良との約束のこと、「生きるとは?」を考えさせられます。

あらすじ

・現在の僕

さえない教師として卒業した学校で働く僕。

ある日、学生時代に図書委員をしていたことを理由に図書室改装前の図書室の整理をすることになりました。

・山内 桜良との出会い。

桜良と「地味なクラスメイト」の僕は病院で出会います。

僕は、偶然待合室で座っていたら「共病日記」を目にしました。

その「共病日記」には膵臓の病気で死ぬことなどが書かれていたのです。

桜良はそんなことを書いた同一人物とは思えないほど明るい印象でした。

おじいさんから「病気になった臓器を食べることによって元気になれる」と聞いたことがある桜良は「君の膵臓を食べたい」といい僕を驚かせます。

・図書委員

図書委員になった僕は図書文庫の分類をすることになった。桜良は不真面目でなかなか分類番号が整いませんでした。「少しくらい分類番号が間違えていても問題ないでしょ。宝さがしみたいで楽しいし」の言葉と彼女の笑顔に僕は叱ることができませんでした。

・君のとって生きるとは?

僕は君にとって生きるとは?と質問を投げかけた。桜良は病室で「人と心を通わせること。」といい「君がくれる日常が私にとっての宝物」の言葉に僕は切ない気持ちになり「生きていてほしいの?」の返事に「とても」と答えました。

・桜良の退院

一時退院を認められた桜良は僕と会うことになっていました。

彼女は待ち合わせ場所に向かう途中で通り魔に襲われて亡くなってしまったのです。

・桜良が亡くなってから

僕は桜良が膵臓ではなく突然亡くなってしまったことを受け入れることはできずに日々を過ごしていました。

ある日、「共病文庫」のことを思い出した僕は桜良の家を訪ねます。

その「共病文庫」には桜良の思いが書かれていました。

・落書きの図書カード

本の整理をしていた僕と生徒は落書きされた図書カードをみつけます。

その落書きされた図書カードから本を探し当てると親友の恭子と僕に手紙が入っていました。

それをもって急いで恭子の結婚式場に向かいます。

そこでやっと僕は恭子に言えなかったこと伝えることができました。

・僕への手紙の内容

今までは「クラスメイトの君」とか「秘密を知っている君」などと呼んでいた桜良だけど

手紙には僕のフルネーム(志賀 春樹)が書かれていました。

そこには「私は春樹になりたい。でも、やっぱり君の膵臓を食べたい」の言葉に彼女が僕のことをどう想っていたのか理解することとなります。

登場人物紹介

浜辺 美波  (山内 桜良)

北村 匠海  (学生時代の僕)

大友 花恋  (学生時代の恭子)

小栗 旬   (現在の僕:志賀 春樹)

北川 景子  (現在の恭子)

主題歌

Mr.Children   『himawari』

「君の膵臓をたべたい」と同じように生きることが描かれているので音楽を聴くだけでも涙が出てしまいます。

SNSの評判・口コミ

☆☆☆☆☆「人間愛」を描いた青春映画

毎日を精一杯生きることは大切で人とのつながりが生きることへの本質だという「人生観

や「人間愛」を描いた作品で感動しました。

特に主人公の桜良の気持ちがうまく表現されているので観ている私までも一緒に落ち込んで一緒に楽しむことができました。

☆☆☆☆☆「共病文庫」の存在

「君の膵臓をたべたい」では桜良が書いた「共病文庫」が重要なポイントとなります。

自分が健康であればあんまり考えることのない「生きる」ことについて考える機会となったことにただの恋愛映画では得られない感度があったように思います。

☆☆☆☆ 原作を裏切らない

原作では大人になった僕たちの話はなかったが実写版では最初からそういう話で合ったかのように物語が継ぎ足されていて、原作の余韻を消すことなくうまく表現されているところに感動しました。

ツイッターでの反応

「君の膵臓をたべたい」この作品なくして感動は語れません。初めて観た実写映画で最高に泣きました。アニメ・実写映画・原作小説と若干の内容の差にも魅力を感じます。

まとめ

「君の膵臓をたべたい」は住野よる(小説家)のデビュー作が実写化された映画です。

さえない高校教師の僕が図書館の整理をしていくなかで同級生だった山内桜良を思い出すことから物語が始まります。

僕と桜良をつなぐこととなった「共病文庫」そこには彼女の思いが膵臓の病気を知った時から色々な想いがつづられていました。

桜良が亡くなるまでの僕との時間は彼女に思いっきり振り回されていたけど楽しい時間でした。

恋愛映画でありながらも「生きる」ということについて考えさせられる映画でもあり、映画館で涙を流した人にももう一度動画視聴しませんか。

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました