おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【クレヨンしんちゃん 栄光のヤキニクロード】動画を無料で(映画2003)フル配信・視聴する方法

アニメ映画

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2003

2003年4月19日に公開されたアニメーション映画。

クレヨンしんちゃんシリーズ11作目の作品。

映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」 予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

1993 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

1994年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

1995年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

1996年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

1997年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

1998年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦

1999年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

2000年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

2001年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

2002年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

2003年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

2004年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃

2005年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

2006年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!

2007年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者

2008年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

2009年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

2010年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

2011年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

2012年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!

2013年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

2014年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~

2015年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

2016年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

2017年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

2018年 詳細 ▶

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

2019年 詳細 ▶

『U-NEXT』では、マンガ『クレヨンしんちゃん』をお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

マンガもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・白衣の男の登場

ある日の野原一家の朝食。

具なしの味噌汁に、何かの千切りとご飯だけという貧相な朝食で、ひろしとしんのすけ、ひまわりは文句を言っていた。

しかしみさえが冷蔵庫をあけると、そこにはみさえが家計をきりつめて買った高級な肉がたくさんあったのだ。

それをみたしんのすけたちは、今晩の肉を楽しみに喜びの声をあげる。

しかし突然、そんな野原家に一台の車が突っ込んできた。

車の中から白衣の男が出てきて、それを追うように悪そうな男たちが入ってくる。

その悪そうな男は白衣の男に「アレを出せ」というが、白衣の男は「アレは野原家に託した」と答えるのだ。

まったく身に覚えのない野原家を連行しようとするが、しんのすけたちは隙をみて逃げる。

・野原一家、指名手配される

そして逃げ込んだしんのすけの幼稚園で、あるニースを目にする。

なんと野原一家が指名手配され、しかも懸賞金一億円がかけられたニュースが流れていたのだ。

懸賞金を狙う市民から追いかけられ、変装して逃げ回る野原一家はあるアパートの地下にもぐりこむ。

そして、地下道を通って出口を抜けるとそこには、スウィートボーイズ所属の営業部部長・下田が待ち受けていた。

下田は「アレ」の存在について語り、本部が熱海にあると話始める。

しかし、そこへスウィートボーイズ所属の女性・天城が登場した隙をみて、野原一家は逃げる。

なぜ、自分たちが追われているのかまったくわからず、「アレ」の存在も何なのかわからない野原一家は誤解を解くため、熱海の本部へと向かう事決意する。

【 ネタバレ 】

・ボスの野望

行く途中で離れ離れになってしまう野原一家だったが、それぞれが熱海へと向かう。

間違えて春日部へと戻ってしまったしんのすけは、風間君、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんの助けによってなんとか熱海へと向うことができる。

今晩の高級ヤキニクを楽しみにそれぞれが熱海へとむかう野原一家。

そして熱海に到着し、家族の再会を喜ぶ野原一家はついに本部へと乗り込む。

そこにいたのは白衣の男の弟で、スウィートボーイズのボスだった。

昔、熱海で温泉旅館を経営していたボスは、店がつぶれたことで、熱海を憎み催眠増幅装置をつかって熱海の人間を操作しようとしていたのだ。

・「アレ」の正体

そして、「アレ」とは催眠増幅装置のロックを解除するパスワードのことだった。

白衣の男はそのパスワードを「野原家の朝の会話」に設定していたのだ。

野原一家は、朝の会話を思い出しながら何度も挑戦しやっとコンピューターが起動する。

しかし、起動するたびにパスワードが必要になるため、ボスは起動した催眠増幅装置で野原一家に催眠をかける。

隙をみたしんのすけは、催眠増幅装置でボスに催眠をかけ、家族を助けることに成功。

無事に解放された野原一家は、春日部へもどり、やっと高級焼き肉にありつけたのだった。

【 登場人物紹介 】

野原しんのすけ  (矢島晶子)

野原みさえ    (ならはしみき)

野原ひろし    (藤原啓治)

野原ひまわり   (こおろぎさとみ)

風間くん/シロ    (真柴摩利)

ネネちゃん       (林玉緒)

マサオ君           (一龍斎貞友)

ボーちゃん       (佐藤智恵)

白衣の男     (石丸博也)

ボス       (石塚運昇)

【 Twitterでの反応 】

 

【 こんな人におすすめ 】

・小さい子がいる人

・家族がいる人

・クレヨンしんちゃんが好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

クレヨンしんちゃんシリーズでは珍しく、”2回目”を誘う映画となっています。
1回目では気づくことが難しい伏線を映画の序盤に入れています。それを確認するために私はDVDを購入しました。
また、ストーリーは焼肉を食べるまでの障害を乗り越えていく、という分かりやすいものになっており、家族で楽しめる内容になっています。
舞台となっているのは熱海であり、海の壮大な風景も描かれており、クライマックスに近づくにつれ、風景がすばらしいシーンが増えていきます。
また、クライマックスはずっと目標としていた、家族で焼肉を食べるシーンとなりますが、その情景を映画にすることはなく、映画を見終わった後でも自分たちの頭の中で映画が続くような演出をされており、映画を見た後に話が盛り上がることは間違いありません。毎回のことながら、家族愛が深く感動する作品です。

男性20代
男性20代

野原家の朝食は海苔1枚と白ごはんも少ししかなく、みんながみさえに文句を言い張ったところ、今夜はなんと豪華な焼肉と聞いてみんなは大喜びだった。
そこへ見知らぬ人がやってきて、みさえの家に助けを求めてきて怖くなって逃げたところ野原一家は、何もやっていないのにいきなり指名手配にされてしまってとってもかわいそうでした。特に犬のシロは運転もできないのに集団暴走行為及び飲酒運転と聞いてはあ?と思いました。

野原家の4人と犬のシロは無実を証明するために熱海まで逃げ続け、途中でキャンペンガールがビールの試飲をやっていて、父とひまわりと犬のシロが焼肉を食べなきゃいけないと思いだし、イケメンの姿に変わった所が見どころでした。また、遊園地の所ではともちゃんと言うガールコンサートをやっていてセリフは「よろちくびー」と言うセリフが面白かったです。

女性30代
女性30代

この映画から、監督や映像がデジタル化になるなど前作と違う点があったので観る前から興味がありました。
実際に映画を観たところ、映像も綺麗で前作のシリアス系のストーリーとは違い、ギャグ要素満載となっていたので本来のクレヨンしんちゃんが戻ってきた感じがしました。
作中では、当時話題となっていた「多摩川のタマちゃん」に似せた「さいたまのタマちゃん」や電動立ち乗り二輪車のセグウェイも登場し、映画の世界でありながらも身近に感じることができました。
また、序盤に野原一家が指名手配されることになるのですが、それからの周囲の対応が非常に冷たくなるため、子供向け映画にしては少し怖いのではないかと思いましたが、春日部防衛隊の友情や団結力には改めて感動しました。
クレヨンしんちゃんならではの笑いと感動が一度に味わえる映画だと思います。

女性20代
女性20代

これぞクレヨンしんちゃん!という映画です。
最高級焼肉を晩御飯に控えた野原一家でしたが、熱海に本部を置く「スウィートボーイズ」という
組織によりなぜか指名手配犯に!この組織の陰謀を突き止め、そして最高級焼肉を食べる、家族の食卓を取り戻すためそれぞれが追っ手をかわしながら熱海を目指します。
なんともクレヨンしんちゃんらしいのが、追っ手から必死に逃げる道中、心が折れそうになった時に、ひとりひとりが最高級焼肉を食べるところを想像し、気持ちを持ち直すシーンがあります。
その時、なぜかそれぞれのビジュアルがイケメン&美女、シロはリアルな犬に。
自分が思う最上級の姿で最上級の焼肉を食べるということなのでしょうか…。
他にも熱海へ向かう為ヒッチハイクをするシーンでは、みさえが色仕掛けで車を止めようとすると運転手は化け物をみたかのように慌てて逃げてしまい、代わりにひろしが女装して止めた車の運転手は、なんとムキムキのゲイ。
クレヨンしんちゃんのファンである私にとっては大好物のシーンでした。とにかくクスッとなるポイントがたくさんある映画です。
そんなコメディ感が溢れる映画ですが、野原一家が指名手配犯になり、周りが敵だらけになった時、変わらずしんのすけを助けようとする春日部防衛隊の絆や野原一家の絆も描かれています。
この映画は、クレヨンしんちゃんの面白さを一度に味わえる作品になっていると思います。
また、焼肉が無性に食べたくなる映画ですので、映画を観た後に食べる焼肉がいつも以上においしく感じます。

女性20代
女性20代

笑いあり笑いありで観れるとても楽しい映画でした。野原ひろしのあからさまな女装シーンが印象に残っています。いつものおバカ丸だかな野原一家の中、映画ならではのやるときはやる場面も見れて軽く感動しました。

でも基本はギャグで、面白く安心して観れました。焼肉に対する思いが強くて、映画を観終わったあと、焼肉を食べたくなってしまったことを思い出しました。作画が劇画チックになるところもまた笑えるポイントです。野原みさえ29歳の無理してる誘惑シーンも面白かったです。野原みさえに近い歳になってしまったんだなと、当時はみさえの歳に近づくことなんて思ってもいなかったですが、大人になったいまみたらひろしとみさえに着目しそうで、大人サイドの気持ちになって観ることができそうです。

クレヨンしんちゃんの映画はどれも、大人になってからも楽しめるので素晴らしいです

女性20代
女性20代

ヤキニクを食べるために我慢をしていた野原家に、突然研究者が飛び込んできます。そのことをきっかけに野原一家が凶悪犯のようにあつかわれ、町中の人から捕らえられようとする中、逃げまくりながら黒幕へ迫る物語です。
いつも出てくるしんちゃんのキャラクター以外の絵が、普段は出てこない感じで描かれていて個人的にとても好きでした。
逃亡の途中、ヤキニクのために目の前のものを我慢するシーンではとてもリアル?なタッチの絵で、しんちゃんたちが想像する自分の理想の姿にも見えて面白かったです。笑
映画全体の長さが短く、ストーリー展開も飽きない速さなので、さくっと面白く見るにはとてもむいていると思います。
ヤキニクのためにそんなに頑張れるのかと思うこともありましたが(笑)、大人になってから見るとビールと焼肉が欲しくなる作品です。

女性20代
女性20代

タイトルに「ヤキニク」とあるようにすごく焼き肉がプッシュされています。焼き肉にそこまで必死になれるだろうか、と思うくらい野原一家が頑張ります。そのユニークさがクレヨンしんちゃんらしい映画になっていると思います。ちなみに焼き肉と焼き肉を食べるシーンの作画がとても良いです。この映画を見るたびに焼き肉が食べたくなります。
焼き肉を食べるシーンは野原一家それぞれの想像のシーンになるのですがこの時の想像する姿がそれぞれ違っていておもしろいです。
ヒロシとひまわりとシロは実写っぽく、みさえは少女漫画っぽく、しんちゃんはもはや別人ですが、それぞれこれが望む姿なのかなと思うとこのシーンが更に面白く感じます。
終盤に敵が歌うシーンがあるのですがこの歌が耳に残ります。クレヨンしんちゃんで出てくる歌はいつも耳に残る歌が多くて気づけば口ずさんでしまうこともありますが今回もそうでした。
EDの曲も野原一家が歌う曲なのですが家族団らんが伝わってくる素敵な曲です。
野原一家の追われる時の罪状や焼き肉への執着心など突っ込み所の多い作品ですが、そこが「さすが、クレヨンしんちゃん」と思える楽しい作品でした。

女性20代
女性20代

しんちゃん映画のなかでも、ここまで常時テンションがぶち上がっている映画は無いと思います。終盤はもう、大丈夫かと思ってしまうほどの、ギャグを通り越して心配になってしまう程の映画です。
もう頭を空っぽにして全力で笑いたいならこのしんちゃん映画に限ります。ここまで全力で振り切れた作品は他にありません。とにかく「勢い」が良いんです。
4歳の息子も、意味がちゃんと分からないギャグをほぼこの映画全体の「勢い」で笑っているような気がします。しんちゃん映画にこのパワーは…最早、武器です。
「夕ご飯の高級焼肉を家族一緒に食べたい。」ただそれだけのために、悪の組織と野原一家の全力の追いかけっこが始まります。
ギャグばっかりとはいえ、ちゃんとストーリーは確立していて、そういった部分でも面白いところがたくさんあります。
有り得ない罪状で追われる野原一家を捕まえようとするミッチーとヨシリン。「自首してください」と涙ながらに言うよしなが先生。お菓子欲しさにしんちゃんを売ってしまったマサオくんこと裏切りオニギリ。身近な人に裏切られる展開も、いままでにはなかったなと見入ってしまいます。
見たあとは絶対に、家族みんなで焼肉が食べたくなる!ギャグとパワーに満ち溢れた元気の出る作品です。

女性30代
女性30代

野原一家がなぜか、指名手配になって、ただ、ただ熱海を目指す映画です。はちゃめちゃでおもしろかったです。

指名手配中ですので、野原一家は変装するのですが、ひろしの女装がおもしろかったです。いや、どう見ても男なのに、なぜかそれにゾッコンになる男がおもしろかったです。また、その男、かっこよくもあり、男と知ってもわかっていたといい、妻子がいて自分とは無理とわかっても車で送ろうとしてくれます。

あと、かすかべ防衛隊が一度はしんちゃんを裏切って、そのあとしんちゃんを熱海に送るため奮闘するところが王道な展開だけどよかったです。小さくても仲間は仲間、やっぱりこういう描写ってエモいです。本作で野原一家は一刻も早く騒動を解決しようと奔走しますが、それはその日の夕食が焼き肉だからです。

ところかしこで、野原一家の焼き肉心をくすぐる描写がでてきて、見ているこっちも焼き肉が食べたくなります。

男性20代
男性20代

この映画の見どころ一番はやはり焼肉です。正確に言うと、しんちゃん一家がそれぞれこの映画でしんどい時に思い浮かべる焼肉シーンですね。しんちゃんなんかこれ、誰?って顔になります。焼肉もおいしそうに書かれています。シロはいつものまるまるなわたあめ犬ではなくどこの番犬?的な犬になっています。みさえは、とても美人になっています。ヒロシとひまわりは、…はい、おいしそうに食べてます。
見どころ二番目、それは逃走中です。しんちゃんは途中、裏切りおにぎり(まさおくん)のせいで捕まりますが、春日部防衛隊の手で逃げ延びます。途中で風間君の自転車で逃げるのですが、そこからが見せ場です。補助車輪をしていたのですが、追手の自転車野郎に取られてしまいます(無理やり)。しかしそこで運動神経抜群しんちゃんパワーが覚醒します。明らかに相手はスポーツ選手顔負けの追手なのですが、互角以上に戦っていきます(自転車ですが)。
見どころ三番目は、ラストの変身祭りです。遂に登場するなぞの装置ですが、その正体は完全催眠装置でした。いろいろなもの(便所の便器、ぶりぶりざえもん、等々)…ですが、はっきり言って使い方がしょうもないと思ったのは私だけでしょうか?(ボスの)

【 まとめ 】

この映画は、今晩のおがずのために家族が一致団結する、クスッと笑える絆のお話。

ぜひ家族で見ていただきたい作品だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました