おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ホビット竜に奪われた王国】動画を無料(映画 吹き替え)フル配信で視聴

洋画

© 2013 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.The Hobbit: The Desolation of Smaug and The Hobbit, names of the characters, events, items and places therein, are trademarks of The Saul Zaentz Company d/b/a Middle-earth Enterprises under license to New Lin

映画『ホビット 竜に奪われた王国』予告編

映画『ホビット 竜に奪われた王国』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ホビット 竜に奪われた王国』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間

2001

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

2002年

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

2003年

スピンオフ作品の映画『ホビット』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ホビット 思いがけない冒険

2012

ホビット 竜に奪われた王国

2013年

ホビット 決戦のゆくえ

2014年

\ホビット シリーズの動画をぜひ! /

『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ホビット 竜に奪われた王国』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

映画『ホビット 竜に奪われた王国』のあらすじ

・エルフとオーク

ネクロマンサーの存在を把握したガンダルフは冒険と並行してそちらの調査も始めていた。

ビルボは先に森に入り様子を確かめ巨大なクマを発見し追われることになる。

逃げ込んだ先の建物はそのクマが姿を変える前のビヨルンのもので、彼がクマの状態では話が出来ず人間に戻るまで待つことにして夜を過ごした。

人の姿のビヨルンと再会し、彼はアゾグにより家族が殺されてしまっていてオークを憎んでいた。

そのためトーリン達が森に行きやすいように馬を貸してくれ、彼らは森へ移動する。

ガンダルフはラダガストを連れネクロマンサーに関する噂の真偽を確認に向かい、再び別行動となりトーリンは森に入ると監視に勘付く。

ビルボがエレボールの方向を確立させようと木に登った時、大蜘蛛と出会い捕まってしまう。

咄嗟の反撃で倒し指輪を使うと自分の姿がまた消えて、蜘蛛の心が聞こえてきたのだった。

同様に捕まっていた仲間を救うために注意を引き、彼らは逃げ出した。

しかし、まだ蜘蛛の集団に襲われ続けた結果危機に陥った彼らを救ったのはエルフ達だった。

エルフの王子レゴラスに加え、守備隊長タウリエルは武器を取り上げドワーフを連れていくのをビルボは姿を隠しつつ追いかけていく。

再度エルフの王であるスランドゥイルがトーリンにスマウグからエルフの宝を持ち帰ってくれという交渉をするのだがトーリンは過去に見捨てられた経験から断って、ドワーフ達は投獄されてしまう。

一方で守備隊長のタウリエルとキーリはこんな状況でも異性としての関係になりつつあった。

ビルボは透明化した状態で鍵を奪い、牢屋から解放して地下水路からの脱出を試みるが発覚し退路が断たれる。

しかし、そこでオークの襲撃が起こり、エルフ達はオークとの戦闘を始めたのだった。

映画『ホビット 竜に奪われた王国』のネタバレ

・ビルボとドワーフ

キーリは毒矢を受けてしまうが水路を開け、ドワーフ達は逃げることが出来た。

タウリエルは後から毒矢の話を知り心配するのだが、ドワーフ達は既にバルドという港町の人間に船にドワーフを隠してくれと頼む。

バルドは家に彼らを迎え、トーリンは武器欲しがったが提供してもらえるまともな武器はなく武器庫に忍び込み調達しようとしてバレてしまう。

目的の国を取り返した際には財宝の一部を渡すことを約束するがバルドは危険性を指摘した。

しかし町の人々はそれを好意的に捉えており、統領も歓迎していた事から人間から装備が提供されることになった。

エレボールに向かう前に傷を負っているキーリを含む三名を残し出発する。

エレボールに入るまでに一難あったものの、入った彼らはビルボが先に動くことになった。

スマウグに存在を知られていない彼でなければ、この役割は果たせないのだが山ほどある宝の中から実際に見た事のないアーケン石を探すのは少しばかり骨が折れるものだった。

一方でガンダルフはアゾグ達と戦っていて、闇の力を仲間に付けた敵に勝ち目はないに等しい状況だった。

ビルボはスマウグを見つけ、指輪の力で隠れるのだが匂いでバレてしまいビルボは一旦彼の事を褒めてみる。

しかし、目的を問われた時アーケン石を見つけスマウグはビルボに迫る。

バルドは息子を連れスマウグを倒すために移動していてビルボはドワーフ達と合流し精錬所を利用した作戦を考えた。

その作戦を上手く実行し、溶けた黄金をスマウグにかけるが倒しきることはできず、スマウグは怒りながら港の町の方へと飛んで行ってしまう。

止める術を持たない彼らはただ町の事を心配しながら見ている事しか出来なかった。

\ホビットシリーズをチェック !! /

『竜に奪われた王国』の動画をフル視聴する

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

映画『ホビット 竜に奪われた王国』の登場人物紹介

ビルボバギンズ (マーティンフリーマン)

ガンダルフ (イアンマッケラン)

トーリンオーケンシールド (リチャードアーミティッジ)

タウリエル (エヴァンジェリンリリー)

バルド (ルークエヴァンズ)

スランドゥイル (リーペイス)

スマウグ (ベネディクトカンバーバッチ)

死人遣い (ベネディクトカンバーバッチ)

ドワーリン (グレアムマクタヴィッシュ)

キーリ (エイダンターナー)

映画『ホビット 竜に奪われた王国』はこんな人におすすめ

・前作を見て続きが気になった人。

・指輪物語が好きな人。

今回は続編となっており前作を見た人向けとなっています。

ここから見始めるとすこし意味の分からない展開も出てくるのでいきなりこちらの作品を視聴する事はおすすめしません。

映画『ホビット 竜に奪われた王国』の感想

女性30代
女性30代

今作品で特筆すべきは、原作では描かれなかったガンダルフの動向と原作から深く掘り下げられたバルド、映画のオリジナルキャラクターであるタウリエルの存在だと思います。ガンダルフの動向を描写することによってサウロンの暗躍を見せ、またタウリエルの存在によってレゴラスが何故「LotR」で旅の仲間一向に加わったかの動機付けがされていて、「ホビット」シリーズと「LotR」シリーズの繋がりをより深く見せています。また、バルドをより掘り下げて描くことで、原作よりもスマウグの強さ・恐ろしさと谷間の町の人々の現状をよく表現できていて、とても秀逸なキャラクター造形だと感じました。
そして今作一番の見どころは、ビルボとスマウグの会話のシーンでしょうか。スマウグの人の心の弱みに入り込んで抉り出すような恐ろしさをカンバーバッヂが熱演しています。
今作は劇中歌らしいものが無かったのが残念ですが、その代わりエンディングテーマの「I See Fire」は大変素晴らしい楽曲となっています。前作の「はなれ山の歌」も素晴らしかったですが、この「I See Fire」ははなれ山の王国の没落とトーリンたちドワーフの心情を美しくも儚く表現しています。忙しくて映画を見る時間が無いという方も、是非このエンディングテーマだけでも一度お聴きください。

女性60代
女性60代

雨の降る夜、ホビット庄の境にあるブリー村の躍る小馬亭で食事をしているドワーフのトーリンの前に魔法使いガンダルフが現れます。ガンダルフは偶然を装いますが、行方不明になったトーリンの父親スライン王の言葉を伝えに来たのです。その言葉とは「“山の下の王”を継ぐ者よ、軍勢を集めよ、ドワーフ7氏族の軍で竜を倒し、自らの力でエレボールを取り戻せ」というものでした。
かつて、はなれ山にあったドワーフの王国エレボールは竜に奪われ、王の証であるアーケン石は王国の財宝とともに竜が持っているのです。7氏族に忠誠を誓わせるためには王の証であるアーケン石がどうしても必要なのでした。ガンダルフはエレボールを取り戻すため、トーリンの手伝いをすることを約束します。そのためには“忍びの者”が必要だと言います。
本人には忍びの者という自覚はありませんが、仲間になったビルボは、旅を続け、闇の森に入りエルフの道を通ることになります。一行は道に迷いエルフに捕まります。エルフの王スランドウィルはトーリンに、旅立ちたければ、代わりにまぶしき星の光を放つ白い宝石を持ち帰れと迫りますが、トーリンは、飢えて助けを求めた時に、エルフは自分たちを見捨てたと交渉には応じません。
ガンダルフは、ドワーフたちと別れ、葬られたはずのアングマールの魔王の墓を確かめにルーダウアの丘に行きますが、封印は解かれ、9人の王が復活し、闇の勢力が力を取り戻しつつあることを知ります。
ビルボの機転でエルフの牢を抜け出し、オークに襲われながらも樽に乗って川を下ったドワーフたちは、船頭バルドの力を借り湖の町に辿り着きます。湖の町には竜を倒す言い伝えの黒い矢をつがえるためのギリオンの大弓がありました。バルドはギリオンの子孫だったのです。
ドゥリンの日の日没までにはなれ山に行きたいトーリンは、武器や装備を整えてもらう代わりに、エレボールの宝を湖の町のみんなにも分けることを約束し町を出ます。
はなれ山に着き、鍵穴の謎を解いてエレボールに入ったトーリンは、黄金の山からアーケン石を探し出すことをビルボに命じます。目を覚ました竜はドワーフが戻ってきたことに気づき、アーケン石を渡してもいいが、石に心を蝕まれ堕落するトーリンを見てみたいと言い、ビルボに襲い掛かります。竜に追われたドワーフたちは、すべてが炎で終わるなら竜もろとも燃え尽きようと心を決めるのでした。

男性30代
男性30代

本作ではいよいよ邪竜スマウグが登場しました。ドワーフ達と戦うシーンは本作の見せ場といっても過言ではありません。口から放たれる火炎放射はまさに邪竜に相応しい圧倒的な力の強さを描写していました。スマウグはベネディクトカンバーバッチが演じており、彼の低音の声質がスマウグの邪悪なスタイルに合っていました。

さらにカンバーバッチは声だけではなく、モーションキャプチャーでスマウグを演じており、スマウグの表情がとてもリアルに表現されていました。また本作では前作のロードオブザリングに登場したレゴラスが登場していました。作中でドワーフのグローインがエルフによって身体検査を受けた際に息子ギムリの写真を見て、レゴラスが鼻で笑うシーンは面白かったです。

戦闘シーンでは前作同様、素晴らしい身のこなしと弓捌きが本作でも描写されていました。特にトーリン達がエルフの城から樽で川を降りながら逃げ出すときのシーンは躍動感ある描写がされていて見応えがありました。

 

映画『ホビット 竜に奪われた王国』のまとめ

今作の結末では、スマウグを倒しきれずに終わってしまいます。

それだけでなく怒った状態のスマウグが町へと向かう最悪の結末で、続きが気になりますよね。

最後のホビットシリーズ作品もぜひお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました