おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【おおかみこどもの雨と雪】動画を無料(アニメ映画)フル配信で視聴

アニメ映画

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

映画「おおかみこどもの雨と雪」予告1

映画『おおかみこどもの雨と雪』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『おおかみこどもの雨と雪』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

スタジオ地図の作品シリーズは、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

スタジオ地図のシリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS

時をかける少女

サマーウォーズ

おおかみこどもの雨と雪

バケモノの子

未来のミライ

\スタジオ地図シリーズの動画をぜひ! /

スタジオ地図のシリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『おおかみこどもの雨と雪』は2012年にスタジオ地図によって製作された日本のアニメです。

おおかみと人間のハーフである二人の子供を育てる主人公・花ですが…?

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』あらすじ

おおかみおとことの出会い

とある国立大学に通う女子大生の花はある日、同じ講義を受けていた男性の存在がどうしてだか気になってしまいます。

ある時、講義終了後に花はその男性に声を掛けました。

それ以来二人はすっかり親交を深め、やがて恋人同士になります。

ある日、男は花に自分に秘密があると言いました。

なんと彼はニホンオオカミの末裔であるおおかみおとこだったのです。

そのことを知っても花はおおかみおとこから離れることはありませんでした。

やがて花はおおかみおとことの子どもを授かりました。

雨と雪

花とおおかみおとこの間に授かった赤ちゃんは女の子が雪、男の子が雨と名付けられました。

ところがそれからしばらく経ったとき、なかなか帰ってこないおおかみおとこを心配して探しに出た花でしたが、不幸なことにおおかみおとこは狼の姿のまま遺体となって用水路で発見されたのです。

この日から悲しみをこらえ、花は一人で二人の子どもを立派に育てていくと誓ったのです。

子育て

しかしおおかみとのハーフの子どもを育てるのは普通の子育て以上に難しいものでした。

例えば雪や雨が体調不良に陥っても、人間として病院に連れていくべきなのか、オオカミとして病院へ連れていくべきなのか花には分かりませんでした。

次第に花はすべて一人で解決するようになってしまいます。

そのせいで行政からの定期検診や予防接種を受けさせていなかったために虐待を疑われたこともありました。

また興奮するとオオカミ化してしまう子供たちが騒ぐとそれが雄叫びに聞こえることからペットを飼っていると大家に勘違いされたりもしました。

そんなことを繰り返すうち、花は都会で子育てするのを諦め、人付き合いを避け自然に囲まれた土地で子育てする決意を固めました。

移住

山奥の古民家に引っ越してきた花たちでしたが、外向的な雪はすぐに山奥の生活を気に入り馴染みましたが、内向的な雨はそうはいきませんでした。

更には食料を供給するための畑づくりもうまくいかず、何度も失敗を繰り返していました。

そんな生活に花は大変な思いをしながらも充実した毎日を送っていました。

ある時にそんな花を心配した韮崎のおじいちゃんに助けられ、徐々に交流の輪を広げていきます。

気がつけば人付き合いを避けて田舎に越してきたはずが、たくさんの人たちに助けられるようになっていました。

そんな生活を続けるうちに外向的な雪は次第に人間として生きていきたいという気持ちが、一方内向的な雨は自然の中で暮らしたいという気持ちが芽生えます。

草平

やがてすっかり成長した雨と雪は小学校に通い始めました。

そしてしばらく経った頃、雪のクラスに転校生がやってきました。

彼の名前は草平と言いました。

雪はある日草平に突然「獣臭い」と言われ、オオカミであることを見抜かれてしまったかとひどくショックを受けます。

草平に悪気はなかったのですが、その発言からつい雪は草平に話しかけられても避けるようになりました。

しかし一方の草平はなぜ雪に避けられているのかが分からず、執拗に雪に話しかけます。

雪はパニックになり、必死に花に教えてもらったオオカミにならないおまじないを唱えますが、それは効かずついに草平の耳を傷つけてしまいます。

その一件から雪は学校を休むようになりました。

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』ネタバレ

大喧嘩

草平の尽力もあって、雪は再び学校に通うようになっていました。

しかしこの一件もあり、雪はますます人間として生きてきたいと思うようになったのです。

一方、雨は山奥で暮らす動物たちの主である”先生”と呼ぶキツネと共にオオカミとして生きる術を身につけていました。

そんな二人がとある夜、これからのお互いの生き方をめぐって大喧嘩してしまいます。

二人はいよいよ自分たちの道を歩み始めたのです。

記録的豪雨

雪が小学六年になった夏のある日、雪たちの住む地域を記録的な豪雨を襲っていました。

その豪雨の中、雨はついに決断しました。

“先生”の遺志を継ぎ、自分が山を守っていくと。

そして花にも言わず、一人山の中へ入っていきました。

花はそれを止めようとしますが、雨を見つけることができませんでした。

それどころか雨の捜索中に崖から滑落してしまいます。

一方、その頃学校に取り残されていた雪と草平はたった二人だけで教室の中にいました。

そこで雪は意を決したように草太に打ち明けました。

自分がオオカミであると。

しかし草太は雪がオオカミであることを知っていました。

知っていた上で誰にも話していなかったのです。

そのことを知った雪は涙が溢れました。

自分の道

滑落した花を助けたのは雨でした。

雨は花の前でオオカミの姿で現れます。

そのことに花は、雨はこのまま行ってしまうのだと直感しました。

まだ自分は親として何もしてあげられてはいない、そう涙ながらに雨に告げますが、雨はそのまま山の中に消えていきました。

そして頂上まで一気に駆け上がっていき、力強く雄叫びをあげました。

その雄叫びに花は不安を押し殺し、「しっかり生きて」と叫び、雨を送り出したのでした。

一方の花は小学校を卒業し、全寮制の中学校に入学するために家を出て行くのでした。

こうして雪と雨はそれぞれ自分の道を歩み始めたのでした。

\ 本編をチェック! 

スタジオ地図『おおかみこどもの雨と雪』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』の主題歌

アン・サリー       『おかあさんの唄』

24.おかあさんの唄

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』の登場人物

花     (宮崎あおい)

彼     (大沢たかお)

雪/少女期 (黒木華)

雪/幼年期 (大野百花)

雨/少年期 (西井幸人)

雨/幼年期 (加部亜門)

藤井草平  (平岡拓真)

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』Twitterでの反応

https://twitter.com/8p8GBJqRUQRlFSy/status/1301504023233572864
https://twitter.com/pettanko02/status/630300644423786496
https://twitter.com/aaa25majaga999/status/1149682467973914625
https://twitter.com/sea_sky_web/status/1299242609680855040

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』はこんな人におすすめ

・細田守監督の作品が好きな方

・子育て中のお母さん

・アニメが好きな人

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』の感想

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

この作品は私から見ると狼という要素より親と子の関係をテーマとした映画に見えました。
最初こそ狼人間?のことが多く書かれていましたが、父親の死後は単純にシングルマザーに関することが多く書かれていました。例えば、雨と雪が夜泣きや遠吠えをしたりしてご近所さんに何か言われていましたが、結局のところは狼は関係ありません。赤ちゃんは叫びますし、泣きます。狼人間だけの悩みではありません。私はそう思いました。
次に雨と雪の子離れについてです。雨は最初の方はおとなしく、虫も怖がる少年でした。ある寒い時期、雪が降った後の森に入って遊んでいて狼の本能で自然とカワセミ(鳥)を仕留めようとして川に落ちます。それからというもの、その事がきっかけとなったのか、森や自分のルーツである狼に興味を示していきます。遂には姉弟である雪に人間より狼になるように強制する様子すら見られるようになりました。最後には狼として家族のもとを去ります。
逆に雪は学校に通うようになり今までの野生児的本能がなりを潜めます。その後現れた少年に「獣くさい?」と感づかれそうになり思わずひっかいてしまいます。それがきっかけでさらにおとなしくなり、狼になりたくなくなります。今までになく女の子になります。
この二人を見ているとまるで、何もわからない子供から自由に選べる大人へと成長していくドラマを見ているような気がしました。

男性40代
男性40代

映画『おおかみこどもの雨と雪』を見て思ったのは、狼男と人間の恋がテーマになっているのかなというものです。雨と雪のお父さんが狼男で、お母さんが人間の女性という設定は、単純に考えるとそのように思えました。

この映画のテーマとしては、自然との共存なのかなと思います。お父さんの狼男は、野生の血を抑えられずに狩りをしていたところ事故にあって亡くなっているので、それが自然豊かな森だったら何ら問題もなく生活していけたのになと見ていて思いました。だから、お父さんが亡くなってから母子は、自然豊かな山へ引っ越して引きこもって生活していこうとしたのだと思いました。

山へ行っても人間との関係を断つことが出来なくて、人間との共存を意識したのがお母さんと雪だと思います。人間との関係を断って自然の中で生きていこうと決めたのが、オオカミになった雨だと思いました。どこか、人間に対する警告のような意図も感じられた映画で、少し考えさせられました。

女性30代
女性30代

人間である女性とおおかみにもなる男性との間に子どもが生まれます。名前は雨と雪。子どもたちはおおかみにも人間にもなれます。父親である男性は徐々におおかみの本性が出てしまうようになり、最終的にはおおかみとなり人間に殺されてしまいます。

愛する人との間に生まれた子どもたちを守るため、自然豊かな場所へ引っ越し楽しく過ごします。雨も雪も素直にすくすく成長します。やがて子どもたちが思春期になり自分の生い立ちやなぜおおかみにもなるのか、などいろいろな疑問や葛藤を経て、自分らしく生きるために模索し決断し強く生き抜いていくことを母親として見守ります。

最後の「強く生きて!」は息子に対してと同時に自分にも言い聞かせたのではないかと推測します。たくさんの葛藤がある中で自分らしく生きることは決して簡単ではなくて悩みも不安も恐怖もあります。

しかしそれを受け止めながら強く生きていくというメッセージ性のある映画と思います。小さいときは自分の思うままに行動できるけど大きくなるにつれてそうはいかなくなってくる。だけどそれでも自分らしく生きるということは忘れてはいけないという強いメッセージ性のある映画です。

男性30代
男性30代

人間の女性がオオカミの男性とむすばれ、ハーフの子供を2人産むという相変わらずの無茶苦茶設定です。
ただ、内容は至って人間模様を描いた作品になっておりまして、小さい頃から活発で、オオカミ気の強かった雪と大人しくシャイな雨の2人の対比でストーリー0は進んでいきます。
子供のことを思って、田舎に引っ越して自家農園を作っていく家庭の人間模様も面白かったです。
最終的には、オオカミの血が濃いのかな、とおもっていた雪が人間社会で生きていくことを渇望し、逆に大人しく野性的ではなかった雨が、人間界からは離れて自然界に入る、という点は意外性もあり、引き込まれました。
雪は普通の中学生としての生活を送り、雨はもう会うことができないけど、たまに遠吠えが聞こえて来る、という終わり方でお母さんの気持ちになると、悲しくも嬉しいというのはよく分かります。
私的には心に残る作品です。

女性40代
女性40代

オオカミと人間が夫婦に、不思議な物語です。オオカミってひたすらかっこよくて、惹かれるのも当然かもしれません。とにかく衝撃的だったのはゴミ収集車に回収されてしまうシーン、父親がそういった状態で姿を消すような物語って見たことありません。

普通の人にはごく当たり前の日常のこと、でもある人にとっては大きな意味を持つことってあるのだなと思えました。次第に成長していく雨と雪がいとおしい、特殊な存在だからこそ自然に帰っていくというのも当然なんだろうけれど寂しかったです。とは言え自身の本能を押さえつけられて人間として生きていくなんて死んでいるも同然です。息子の巣立ちを見守る母の強さに感動です。

こんな出来事は無いとはしても、いつかは家という小さな殻を破って子供は出ていくんだなと改めて思わされました。絵が丁寧で美しい、素敵な作品です。

女性60代
女性60代

本作品は「サマーウォーズ」と同じ監督さんのものということと、動物好きなことから鑑賞しました。
話の大筋はおおかみと結婚して二人のこどもを産んだお母さんとそのこどもたちの成長を描いているものです。
おおかみと人間の間にこどもができるなんてことはありませんが、そこがアニメの力で見せてくれるのがスゴイのです。
最初のつらさは、こどもたちのお父さんが死んでしまっても駆け寄ることもできないお母さんの切なさでした。
でもそのあとのお母さんの強さにまた、ぐいぐい惹かれていきました。
中でも、雪が小さい頃お腹をこわしてしまった時、おかあさんが普通の病院に連れていくか、動物病院に連れていくか迷ったシーンは笑いながらも、同じ母親として深く共感しました。
また、お母さんとこどもたちは田舎でくらすようになるのですが、ここでのご近所さんのぶっきらぼうなサポートも本当に胸に染みるものがあります。
田舎の風景は「サマーウォーズ」とも被るような気がしました。
そして、これは成長物語なのでふたりのこどもたちはそれぞれ違う道に進むことになりますが、親はいつでもこどもがどんなふうになったとしても見守ることしかできないのだなと、改めて感じたラストでした。
意見はいろいろあるかと思いますが、私はこれはこれでアリだと思っています。

女性30代
女性30代

「おおかみこどもの雨と雪」は現実にはあり得ないような内容ですがすごく夢があるお話だと思います。好きになった男性がおおかみ男で、その正体を知っても気持ちが揺らぐことはなかった。

そのまま一緒に過ごしているうちに2人は女の子と男の子の子供に恵まれて、人間としてひっそりと暮らしている時に父親が亡くなり母親の花は女手一つで2人の子供を逞しく苦労をしながらも育てている姿がすごく素敵でした。

山奥にある古民家で慣れない農作業をしながら、村の人達に支えてもらいながら過ごしていく毎日が見ていて微笑ましかったです。おおかみこどもの2人は活発な女の子の雪と内気な男の子の雨で、母親の花は2人が大きくなった時におおかみと人間どちらの選択肢も選べるように育てているところが本当に素晴らしいです。映像も美しく癒される映画だと思います。

女性30代
女性30代

ちょっとお耳を出してしまった時の雨と雪など、キャラクターの絵がとても可愛く、素敵な作品でした。

一方、父親が亡くなった日のことを回想するシーンで、川で狼が死んでいる様子は見ていて怖かったです。ストーリーは、現実的ではありませんが、もし、こんなふうに子供が狼の血を引いていたら、と、考えながら見ていました。

母の花は、子供のために、二人を連れて、見ず知らずの田舎の土地に引越しした上に、厳しい農作業をやり抜くなど、とても強い人だと思います。自分の実の子である二人が、人間として生きても、狼として生きても、受け入れるということは生半可なことではないと思います。雪が学校で色々ありながらもうまくやっていく様子は嬉しく、雨が狼として旅立ってしまう様子は悲しく寂しかったです。色々な思いが交差する、ラストが一番の見どころです。

女性30代
女性30代

おおかみの父と人間の母が惹かれあい、子供を授かって家族になるところから物語がスタートします。普通ではあり得ない出来事なのに、何故だか神秘的ですっと受け入れられました。

人間の家族と大差ない暮らしをしている様子は、どこから見ても幸せな家族そのもので、見ているこちらも幸せな気持ちになりました。しかし事故で父であるおおかみを亡くしてしまってから生活が一変します。

同じ子を持つ母として、女手一つで幼い二人の子を育てる大変さはとてもよくわかります。自分のことを後回しにしながら子育てに奮闘していく姿がいじらしくてそれだけで涙が出そうになりました。

おおかみの血も持ち合わせている子供達も様々な困難にぶち当たっていきます。種類は違えど、その様子は人間の子供と変わりありません。本当の家族とはなんなのか、改めて考えるきっかけになりました。

女性30代
女性30代

オオカミ人間との間に授かった子ども達を一生懸命に必死で育ててゆく母親の姿に本当に感動しました!父親が死んでしまい子ども達と母親で暮らす一軒家のモデルになった場所が富山県の田舎の原風景が舞台となっていて、とっても美しくて行ってみたくなるようなアニメの美術でした。

声を担当する俳優さんや声優さんもすごく合っていて、特に母親役の宮崎あおいさんと父親役の大沢たかおさんはとっても印象的でした。親離れ、子離れ、と言いますが、この映画ではそれぞれの子ども達の自立と、親としての心情がすごく繊細に切なくあたたかく描かれていると感じました。

最後の方で母親が「しっかり生きて!」と悠然とした山に向かって声を発するシーンでは何だか胸がいっぱいになって涙がでました。もし自分も母親になってから見ると、また違う気持ちを感じるのかなと思うような映画でした。

スタジオ地図映画『おおかみこどもの雨と雪』まとめ

オオカミとのハーフの子どもを育てるという現実離れしたテーマではありますが、子育てをするという点では人間でもオオカミとのハーフでも変わらないと思います。

子育てに全力で向き合う花の姿は何度見ても胸を打たれます。

そして一区切りついて、それぞれの道へ進んでいく子どもたちを見送る様子は何度見ても感動するし、涙が出ます。

是非一度は見てもらいたいおすすめの映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました