おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【クレヨンしんちゃん温泉わくわく大決戦】動画を無料(アニメ映画)フル配信で視聴

アニメ映画

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 1999

「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」 予告編

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

1993

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

1994年

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

1995年

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

1996年

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

1997年

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

1998年

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦

1999年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

2000年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

2001年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

2002年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

2003年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

2004年

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃

2005年

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

2006年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!

2007年

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者

2008年

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

2009年

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

2010年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

2011年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

2012年

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!

2013年

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

2014年

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~

2015年

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

2016年

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

2017年

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

2018年

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

2019年

\クレヨンしんちゃんシリーズの動画をぜひ! /

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

1999年4月17日公開のアニメーション映画。

クレヨンしんちゃんシリーズ7作目の作品。

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』のあらすじ・ネタバレ

・丹波登場

ある日しんのすけはシロの散歩の途中に、道端で「温泉の精・丹波」と名乗る男性が倒れているのを発見する。

丹波はなぜか風呂に入りたがっていたので、しんのすけは一緒に家へ帰り一緒に風呂へつかる。

そして、気づくと消えていた。

それから数日後、野原一家は警察官の恰好をした集団にさらわれてしまう。

・YUZAMEとの戦い

訳が分からない、野原一家の前に「温泉Gメン」と名乗る集団が現れる。

隊長の「草津」と女性隊員の「指宿」と「御所掛」だった。

そして、3人はある計画を話始める。

悪の組織である「風呂嫌いテロ組織YUZAME」が「地球温泉化計画」という恐ろしい計画を立てており、その計画を阻止するには、「金の塊の湯」が必要なのだというのだ。

そして、その「金の塊の湯」は野原家の地中に埋まっていたのだ。

野原家は協力して戦ってほしいと頼まれるが、そこへ、突然YUZAMEの集団が襲撃してくる。

YUZAMEと戦いながら、指宿と御所掛は野原一家とYUZAMEの基地へと向かおうとするが、YUZAMEに捕まってしまう。

そして、YUZAMEのボス「ドクター・アカマミレ」に拷問を受け、思わず「金の湯の塊」の居場所を教えてしまう。

居場所を知った、アカマミレは「金の湯の塊」の発掘を阻止するため、春日部の野原家に向かう。

・アカマミレの真実

自分たちの家を守るため野原一家は一致団結して戦う決意をする。

その時、「金の塊の湯」が突然湧き上がり、その湯の中から、以前しんのすけが助けた「温泉の精・丹波」が現れた。

「温泉の精・丹波」は「金の魂の湯につかれば、願いが叶う」という言い放つ。

その言葉を信じ、野原一家は湯につかり、力を手にいれ、見事YUZAMEに勝利する。

そして、敗北したYUZAMEのボス・アカマミレはなぜこんな計画を立てようと思ったのかを話始める。

若かりし頃のアカマミレは、温泉が大好きな学生だった。

毎日のように、近所の銭湯に通ってはいつも3番のロッカーを使用するのが日課となっていた。

しかし、いつものように銭湯へ訪れると3番のロッカーの鍵を誰かが持ち去っており、使えなくなっていたのだ。

当時の彼には許すことのできない出来事となり、それ以来アカマミレは風呂が嫌いになった。

そして風呂好きな人への憎しみがこみあげてきたのだった。

その話を聞いた、温泉Gメンの隊長草津は、その3番の鍵を持っているのは自分だとつげ、アカマミレにそのカギを返した。

こうして事件は一件落着。

春日部は日常を取り戻したのであった。

\クレヨンしんちゃんシリーズをチェック !! /

『爆発!温泉わくわく大決戦』の動画をフル視聴する

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の登場人物

野原しんのすけ  (矢島晶子)

野原みさえ    (ならはしみき)

野原ひろし    (藤原啓治)

野原ひまわり   (こおろぎさとみ)

風間くん シロ  (真柴摩利)

ネネちゃん    (林玉緒)

マサオ君     (一龍斎貞友)

ボーちゃん    (佐藤智恵)

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の主題歌

オープニングテーマ

野原しんのすけ(矢島晶子)      『とべとべおねいさん』

とべとべおねいさん

エンディングテーマ

野原一家&おんせんわくわく’99     『いい湯だな』

映画クレヨンしんちゃん1999 温泉わくわく大決戦 エンディングテーマ「いい湯だな」

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』のTwitterの反応

https://twitter.com/serina_kure/status/1122100736068702208

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』はこんな人におススメ

・小さい子がいる人

・家族で見たい人

・クレヨンしんちゃんが好きな人

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の感想

女性30代
女性30代

普段から日本人に馴染みのある温泉をテーマに、特にコードネームが全て温泉地の名前になっているのが面白かった。いつもながらに、ネーミングセンスは抜群で、アカマミレなど名前にありそうだがいかにも敵を連想させるのがさらに良い。

また、この映画の最大の見所は丹波さん本人が出てくるところだろう。いつものクレヨンしんちゃんにありがちな、そっくりなイメージキャラではなく、まさに本人、そして本人の声。こんな大物なのに、しんちゃんが普通のおじさんのように接し、一緒にお風呂に入り一緒に楽しむ姿が微笑ましい。また、温泉ながら地下をテーマにしたりテレビシリーズでも当時幼少の頃できるかできないか話題になったお尻歩きなど、子供でも大人でも十分に楽しめるテーマがたくさんだった。

温泉をテーマにした作品は他にもあるが、しんちゃんのように全世代が笑ってお風呂にまた入りたいと思わせる魅力を伝える作品は貴重である。

女性20代
女性20代

金の魂の湯、というワードが印象的すぎました。略して金玉の湯。クレヨンしんちゃんらしい、程よい下ネタがでてきて良いなと思いました。しんちゃんが叫びながら高いところから温泉に飛び込むシーンがとても爽快でした。

この映画を観た当時は、温泉の良さも知らなければそもそも温泉に行ったことがなく馴染みがなかったのですが、この映画を観て温泉に行きたくなりました。行けたのは大人になってからでした。巨大ロボットが出てきて、子どもながらにわくわくしたのを思い出しました。

不健康ランドという名前の、クレヨンしんちゃん名物(?)の健康ランドが出てきて、映画ではなく普段のアニメにも出てくる施設ですが、それが映画でも登場し、なんだか嬉しかったです。みさえの可愛い衣装も印象に残っています。

温泉の良さを知った今、もう一度見返したいなと思う映画です

女性20代
女性20代

この映画の見どころは、温泉でのアクションシーンだと思います。
温泉は家族で日々の疲れを癒す場所であるイメージがありますが、クレヨンしんちゃんは温泉ですらアクションシーンが出てきて、より非日常性を高めていることに驚きました。
最初はただの子どもアニメだと思いましたが、年齢がいった大人でも楽しめる映画だと思います。
事実、映画館では子どもよりも大人の方が楽しそうに笑っていました。
私は大人があんなにも笑っている映画に未だかつて出会ったことがないので、シンプルにびっくりした覚えがあります。
またこの映画の主題歌は、ドリフターズの「いい湯だな」です。
誰もが知っている名曲を、クレヨンしんちゃんの登場人物たちが歌っている姿に、見ていて楽しくなりました。
思わず私も映画館で口ずさんでしまうほどでした。
クレヨンしんちゃんの映画で一番面白いです。

女性40代
女性40代

幼稚園の先生達が温泉旅行をしていて良いイメージですが、そこに突如現れる巨大ロボットの一件でマスコミに振り回されて可愛そうでしたが、銭湯の好き嫌いで始まる壮大な話になるとは思いませんでした。
突如現れる丹波さん。温泉の精霊とは思いませんでしたが、お風呂に入りたいという希望を叶えてあげるしんちゃんも懐大きいですね。
まず、知らない人を家に招いて背中を流すとはなかなか出来ない行為です。
今回は野原家から温泉が出るとは思わずにいましたが、願いが叶う金の湯が出るという事で、敵のユザメと激しい戦いが始まります。
逃げ回っている中にも、温泉があると入ってしまうのが突っ込みどころですが、窮地に追い込まれた中にもひろしが活躍する姿がとても格好良いです。
ラストはいつも使っていたロッカーを使われていた事が発端という落ちがいかにもオジサンらしいですが、どちらもお風呂が大好きなことには変わりなく心温まる内容でした。

男性30代
男性30代

しんちゃん映画は本来は泣かせようというよりは笑わせてやるみたいな内容なのだからこれはこれで良いのです。今は亡き名脇役の1人である丹波哲郎がしんちゃんに対して放つ台詞「おじさんは007と一緒にお風呂に入ったことがある」が可笑しい。丹波哲郎にこんな笑える台詞を言わせるとは、しんちゃん映画の制作スタッフの皆さんに感謝です。
登場人物のキャラクターが面白く、それぞれの魅力をたくさん見ることができて楽しかったです。ネーミングセンスも笑えて、大規模な事件の行方を追えるのも良かったです。

野原一家が協力して怪物を倒すシーンが感動的で、また温泉Gメンや草津と相談しながら事件を解決していくシーンも見所でありました。もともと好きなアニメでありましたが、さらにクレヨンしんちゃんが好きになる映画でした。

しかしタイトルかま温泉なのにあまり温泉が舞台じゃなくて少し残念でした。

女性40代
女性40代

涙が出るような感動のシーンはありませんが、昔のクレヨンしんちゃんらしさを楽しめる映画です。正直に言いますと、内容よりも笑いの印象が強く残ります。
またクレヨンしんちゃんの作者である亡き臼井儀人さんが出てきますので、そういえば昔よく出てたなぁと少し寂しい気持ちがします。
この映画は色々な意味で、懐かしさを味わえる作品です。
この映画は日本人の温泉を愛する心をテーマにしていています。野原一家が気持ち良さそうに金の魂の湯に入るシーンは、バカらしくも気持ちが分かるようなそんなシーンです。
悪者のボスが騒動を起こした理由が分かったときも、なんてくだらない理由だろうと拍子抜けでしたが、こだわる理由も分からなくはないです。
また温泉の精・丹波が出てきますが、役を演じている声優さんは 本当に丹波哲郎さんです。本物の丹波さんでしたので、そこが豪華だなとびっくりしました。
他のクレヨンしんちゃんの映画よりもやや劣るところもありますが、面白さは充分ですので、一度観てみるのもおすすめです。

女性30代
女性30代

しんちゃんと野原一家が個性豊かな”温泉”Gメン達と大活躍!作品冒頭、丹波哲郎さんが声優を務めた”タンバ”としんちゃんの奇妙な出会いから”裸の付き合い”に至るまでの経緯が早いところから、しんちゃんの誰にでも物怖じせず人懐っこい様子がよく伝わってきます。

また、敵の名前がしんちゃんの映画でお決まりの、単純でお下劣な名前ですが、よくこんな名前を思いつくなと毎回感心してしまいます。

また、作品終盤、伝説の金の玉の湯に浸かった野原一家の華麗なる”舞”からの、変身姿がとてもダサくて笑える上、その姿を普通に受け入れてしまってる野原一家の肝っ玉にもアッパレをあげたいくらいでした。

さらに、なぜ敵がそこまで温泉を嫌うのか不思議でしたが、ラストでその意味がわかったとき、理由があまりにもしょーもなさすぎて、笑いを通り越してビックリしました。温泉の良さをよく引き出しつつ、温泉に今から入りたくなるような作品です。

女性30代
女性30代

見所は、敵がお風呂嫌いで汚い敵キャラばかりのところです。あかまみれというネーミングもほんとにお風呂嫌いなんだと感じるし、それでいて敵キャラの女性は見た目はきれいだが、化粧の厚塗りでごまかしていたり、皆で焼肉を食べるシーンはおいしそうに食べるので、見ていると焼肉が食べたくなってしまいます。

しんちゃん家の庭に金の魂の湯がねむっていることがわかり庭に大掛かりなドリルが入ってきたり立ち入り禁止に家の周り囲われたりして、しんちゃん家は本当にもっているなと感じる作品です。

あかまみれの大将がお風呂嫌いになった理由もくだらないですが、不健康ランドという永遠にゴールのない拷問は本当に野原一家可哀そうでした。シロまでも反射神経exerciseをさせられて、みんなできないものは自分ではない誰かにペナルティがかせられるというのも過酷なものでした。

一番の見所は金の魂の湯の力をあびるために野原一家がその湯につかってシンクロをしてパワーアップするところです。

男性20代
男性20代

クレヨンしんちゃん、というよりは怪獣映画に近いパニック映画です。しんちゃんでこういった作品は珍しいと思います。
野原一家の敷地内に、金の魂の湯という伝説の温泉が発見され、しんちゃん達は半ば攫われるような形で、住み慣れた家を離れなければならなくなります。
そのまま、戦いの中へ巻き込まれていくしんちゃん達。
銃に戦車に巨大ロボ、といつものしんちゃん映画らしくない物が登場し、どんどんエスカレートして最終的にはゴジラをオマージュした怪獣映画感に。もしかしたら小さい子は泣いてしまうかもしれません。
敵のボスが悪の道へ落ちた理由はしんちゃん映画らしいくだらなさで、そういうところは大人も笑ってしまいます。
中盤、1度悪の組織に敗北してしまうしんちゃん達。
最近のしんちゃん映画にはない、絶対的な絶望もこの映画は表現しています。
しんちゃん達が敗北したことにより、本気を出す悪の組織は、金の魂の湯を潰すべく巨大ロボで動き始めます。
かすかべが危険だ、とかすかべの住人がみんな荷物をまとめて逃げ出すんですが、その時の絶望感たるや…他の映画ではここまでの辛い展開は見られません。
しんちゃん達は悪の組織を倒し、家を取り戻せるのか。ゴジラ好きの方も楽しめる映画だと思います。
作中、指宿というかわいい系のお姉さんが、どこかで聞いたことのある声だなーと思っていたら、かの有名な田村ゆかりさんでした!この頃から可愛いお声なんですね…!

女性20代
女性20代

慰安旅行でゆっくりしているときにあんな大きなロボットが出てきたら怖すぎるし、あんな大変な園児たちをみているからゆっくりさせてあげてほしいなと思いました。

温泉が好きな気持ちはとてもわかりますが、戦うときに温泉を見つけたら入ってしまうところは温泉Gメンたちのダメなところだなと思いました。でも浴衣を着ながらふともものところに銃を隠し持っている姿はとてもかっこよくて惚れそうでした。

今まで戦ってきた中で一番大きなロボットでそいつが街をぐちゃぐちゃにしていく姿が大規模だなと思いました。自衛隊とかでも倒せないところをしんちゃんたちが解決できるのはさすがだなと思いました。

最後は野原家が温泉になってしまったところには笑いましたが、楽しそうであんな結末になると思っていなかったのでとても意外だなと思った作品でした。

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』のまとめ

この映画は、ご家族で見ていただくとほっこりした気持ちになる作品になっている。

見終わった後に家族みんなで温泉へ行きたくなること間違いなしの映画だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました