おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ロード オブ ザ リング 無料動画配信フル視聴 (映画王の帰還 指輪物語) openload/9tsu/b9

洋画

(c) 2003 New Line Productions

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 予告編

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
   933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  △ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年8月現在、映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASと『dTV』のみです。

映画『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』の動画は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで視聴することができます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用して映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。 最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。 レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。 私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。 作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。 新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。 返却期限が得も定められていないのも魅力です。 難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。 自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。
女性
女性
『TSUTAYA DISCAS』の魅力的な部分は作品数の多さです。 雑誌で映画レビューを読むのが好きなのですが、映画評論家、映画コメンテーターの方が紹介している作品を見たくても、旧作だと近くのDVDレンタルショップでは案外扱っていないことが多いのです。 そういう時も『TSUTAYA DISCAS』で探すと大抵見つかるので、頼りにしています。映画好きなら押さえておきたいような古典映画や往年の名作であれば、ほとんど見ることができます。リアルショップではなかなか見つからないマニアックな作品でも、『DISCAS』で検索すると扱っていることが多くて嬉しいです。 時にはユーザーレビューを参考に、高評価されている作品を視聴してみることもあります。 おかげで、会員になってから映画に一気にくわしくなった気がしています。
男性
男性
TSUTAYA TVの魅力的なところは作品が興味をそそられるように特集されていると言う点です。 例えば大人が楽しめる名作アニメ、ウイルスと戦う映画などテーマごとに作品が集められていてついつい見てみたくなってしまいます。 そしてレンタルランキングが組まれているのもこのTSUTAYA の配信サービスならではだと思います。 やはり今人気のある作品はどんなものであるのか知りたいですし、それを見ることができるというのはとてもお得感があります。 そして近日公開の映画の監督作品を一気に楽しむことができる点もいいなと思います。 その監督の世界観を事前に楽しんでおけば、映画もより一層楽しんで見られますし、もし自分と合わなければ止めるという選択肢もとることができます。 また先行配信のドラマがあるのも魅力的です。 いち早くチェックしたい人にはぴったりのサービスだと思います。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみ視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『ロード・オブ・ザ・リング 』シリーズとスピンオフ作品の『ホビット』シリーズは、第1作品目から最新作品までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間

2001

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

2002年

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

2003年

スピンオフ作品の映画『ホビット』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ホビット 思いがけない冒険

2012

ホビット 竜に奪われた王国

2013年

ホビット 決戦のゆくえ

2014年

\ロード・オブ・ザ・リングシリーズの動画をぜひ! /

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、アニポ、アニステ、アニヲタ、miomioの配信状況は!?

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の動画を視聴はご紹介した公式の動画配信サイトで配信していますので、安全に視聴できますが、DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、アニポ、アニステ、アニヲタ、miomioなどで違法に配信がされている動画共有サイトがあります。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、、日本の法律上で処罰対象となるものです。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になりますので、オススメ致しません。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のあらすじ

・ゴラムの過去

モルドールの山で暗い昼を過ごすフロドは眠り、その横でゴラムは昔にある指輪を手に入れた事を考えていた。

彼はかつてスメアゴルと呼ばれ、友人デアゴルが川に落ちた時、運よく金色の指輪を拾い彼はその指輪に魅了されてしまい奪おうとしてデアゴルを殺した。

その結果、村にいられなくなり指輪と孤独な日々を過ごし更に指輪の魅力に心を奪われ続けて心身変わってしまったスメアゴルこそが、ゴラムだったのだ。

そして彼は起きたばかりのサムにより疑われているところをフロドにより助けられる。

・アルウェンとアラゴルン

エルフの王の娘であるアルウェンは相変わらずアラゴルンへ愛を捧げ、しかし父の言葉に従いエルフ達と共に船出の旅をするために港へ進んでいた。

しかし彼女はアラゴルンがまだ幼い少年を抱きかかえる幻を見て戻ってしまう。

一方でアラゴルンはメリーやピピンに合流し、遠方を見る事の出来るパランティーアを入手し、それから得た情報を元にサウロン達の進行先を把握しゴンドールへ向かう。

そしてフロド達の方ではゴラムは既に行動を開始しており、サムに疑惑がかかるように仕向けフロドはついにサムを信じる事が出来なくなり始めていた。

アラゴルンはアルウェンの提案で鍛え直されたアンドゥリルという剣をエルフの王エルロンドより受け取り、味方を増やすために死者の道へ向かい死者の王に勇気を示すことを決める。

ローハン軍は彼らを見送り、別にゴンドールを襲撃するサウロン軍との戦闘の為に移動するのだった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のネタバレ

・最後の戦い

ゴンドールは既にオークの軍勢に囲まれ、執政デネソールは自分の発言が原因で死を覚悟した出陣を行った息子が瀕死の重傷を負った状態で帰ってきたのを見て、血筋が絶えたと錯乱状態になってしまう。

ガンダルフは彼の代わりに指揮を執り、戦闘をするもデネソールはファラミアと共に自殺しようとしていた。

ファラミアは救えたがデネソールは止められずに死んでしまう。

同時刻にローハン軍はゴンドール付近まで到達し背後から突撃を始める。

エオウィン姫は激しい戦いの中セオディン王を襲うアングマールの魔王と対面し勝利する。

セオデン王はその後に死に、人間達は苦しい戦いを前に敗北寸前だったのだが、そこで死者の軍勢を味方につけたアラゴルンが現れる。

そうして状況は大きく変わり、戦争に勝利するが一方でフロドの状況は芳しくない。

彼はゴラムの罠で大蜘蛛の住処に連れていかれてしまい、倒れてしまう。

しかしサムがそこを救うのだがフロドは衰弱しており歩く事さえ出来なかった。

アラゴルン達はフロドが指輪を破壊する時間稼ぎのために敵の本拠地であるモルドールに挑む。

無限とも言える戦力に対し、ただフロドが使命を果たすと信じながら大軍に現時点では勝ち目のない突撃を始めた。

滅びの山の火口前まで辿り着いたフロドはとうとう指輪に屈し、破壊を止め指輪をはめてしまう。

サウロンはフロドの存在に気付き、行動を起こすが行動を起こしたのは一人ではなかった。

ゴラムはフロドに襲い掛かり、指を噛みちぎって指輪を手に入れる。

二人はその後争い、火口に落ちるのだがフロドはその指輪を追わなかったがゴラムは指輪を追いかけ、共に消滅する。

指輪が滅ぶとサウロンも消滅し、彼の軍もまた滅んだ。

使命を終えたフロドはエルフ達と共に行動していて神の国へ向かい、現世を去ったのだった。

\ロード・オブ・ザ・リングシリーズをチェック !! /

『王の帰還』の動画をフル視聴する

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の登場人物紹介

フロドバギンズ (イライジャウッド)

サムワイズギャムジー (ショーンアスティン)

ペレグリントゥック (ビリーボイド)

メリアドクブランディバック (ドミニクモナハン)

ガンダルフ (イアンマッケラン)

アラゴルン (ヴィゴモンセン)

レゴラス (オーランドブルーム)

ゴラム (アンディサーキス)

ボロミア (ショーンビーン)

ガラドリエル (ケイトブランシェット)

エルロンド (ヒューゴウィーヴィング)

アルウェン (リヴタイラー)

セオデン (バーナードヒル)

エオウィン (ミランダオットー)

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のTwitterでの反応

https://twitter.com/dan173_100/status/1273366335276240896

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』はこんな人におすすめ

・指輪物語が好きな人。

・過去作を見て結末を知りたいと思った人。

ある種の今作でロードオブザリングは終了となります。

今までの映画はどれも単体で見るとここからなのに……となってしまっているためここまでをまとめて視聴する事をおすすめします。

ファンタジーの基礎でもあるこの作品を是非お楽しみください。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の感想

女性30代
女性30代

ロード・オブ・ザ・リング3部作の完結編の物語というだけあって、1作目と2作目で散りばめられた伏線が見事に回収されていくストーリー展開は、観ていて圧巻としかいいようがありませんでした。
この作品で、一番の見どころは指輪の魔力に蝕まれていくフロドと、前作「二つの塔」で登場した指輪の前の持ち主、ゴラムの対比だと思います。
ゴラムは、元々スメアゴルという良心的な心を持つホビットでしたが、指輪の魔力に蝕まれていくうちに、身も心も醜く変り果て、かつての住処を追われ、暗い洞窟で長い間孤独な時間を過ごしていました。
それに対し、偶然指輪を手にすることになったフロドは、同じホビットのメリーやピピン、魔法使いのガンダルフや剣士のアラゴルン、エルフのレゴラス、ドワーフのギムリといった心強い旅の仲間達、そして何よりも常に傍で支えてくれる親友サムの存在がいて、窮地に陥っても助けてくれる仲間、道を踏み外しそうになっても引き戻してくれる仲間がいるため、指輪の魔力に屈することがありませんでした。
そんな二人が映画のラストで迎える結末が、とても象徴的で綺麗にまとめられていた作品だと思いました。

女性60代
女性60代

 物語はゴラムの回想から始まります。どのようにして力の指輪を手に入れたのかがわかります。そして、再び指輪を手に入れようとしてフロドとサムを殺すことを計画します。ゴラムの中では、スメアゴルと呼ばれていた時がいい人格であったのかもしれませんが、「スメアゴルは前にも人を殺した」ということを思い出します。サムはゴラムの様子に気づきますが、滅びの山に行くには、道案内のゴラムとサムの助けがいるとフロドに言われ、しぶしぶ承諾し旅を続けます。
エルフの姫アルウェンは父エルロンドから中つ国を離れ不死の国ヴァリノールへ行く船に乗るように言われますが、港へ行く途中にアラゴルンと子どもの幻を見て中つ国にとどまることを決心します。そして、冥界の王サウロンとの過去の戦いで折れた剣ナルシルの破片を鍛えなおすことを父王に進言します。
新しく生まれ変わった剣は野営地のアラゴルンのもとへ届けられます。エレンディルの剣は、アンドゥリル…西方の火焔と名付けられ、この剣を使いこなすものは、地上最強の軍を招集できるといわれます。アラゴルンはその剣を手に、かつてイシルドゥア王の誓言に背き永遠に眠れない死者の呪いにかかった山々の民を訪ね、誓言を果たせば呪いから解放することを約束します。山々の民はオークに攻め込まれたミナス=ティリスを救い呪いから解放されるのです。
一方ゴラムの策略にはまり、フロドから別れを告げられたサムは、大蜘蛛のシエロブに刺され仮死状態になっているフロドを死んだものと思い、フロドから指輪を外し、預かります。
フロドが生きていることを信じているアラゴルンは敵の目をそらすためにモルドールの黒門に集結し陽動作戦を行います。サウロンの目が黒門に向いている間にフロドとサムは滅びの山を登り始めますが、歩けなくなったフロドにサムは「指輪の重荷は負えなくても、あなたは背負えます」とフロドを背負って火口に辿り着きます。火口に指輪を投げ込めばすべてが終わるというその時に、フロドは指輪に支配され指輪をはめてしまいます。フロドは後を追ってきたゴラムに指を食いちぎられ、もみ合っているうちに二人は崖から落ち、ゴラムは指輪とともに火口へ落ちていきます。崖から落ちる寸前で助かったフロドにサムは手を伸ばし、フロドを助け上げるのです。フロドはサムに、「お前が一緒で嬉しいよ。この最後の時にね」と伝えるのでした。

女性30代
女性30代

3部作の完結編となるこの王の帰還では何といってもサムの活躍ぶりが見所です。前作二つの塔から、指輪に取りつかれたゴラムとともに3人で滅びの山を目指すのですが、ゴラムの策略でどんどんサムが悪者に仕立てられて行ってしまいます。

本当はサムが全て正しくて、いつもフロドを守ってくれているのに、なぜフロドはわかってくれないのかそればかりかゴラムを信用してしまうのか・・悔しいようなもどかしいような気持になります。しかしそれもフロドの持つ指輪の魔力のせいなのかもしれません。フロドはサムを突き放し帰るように言いますが、ゴラムにはめれら自分の過ちに気づいたときには仮死状態・・。そこに戻ってきて、助け出したサムは本当にすごいです。
旅の仲間たちの戦いもCGによるより迫力あるものとなっています。あたかも自分がその戦いの中にいるかのように思えてきます。その中でもゴーストたちを味方につけアラゴルンたちが現るが、その姿はまさに王の威厳を感じました。
滅びの山の亀裂に着いた時にはフロドは指輪を自分の物にしようとしますが、ゴラムに襲われ最終的にはゴラムとともに指輪は堕ち滅びます。悪は滅び、平和な世界、王の帰還、めでたしめでたし。ただサムが称えられず、フロド一人でやり遂げたかのようなところが少し納得いかず。それもサムの人柄の表れなのかもしれないなと思いました。物語はサム無しでは終われなかったと思うので、彼は影のMVPです。

女性50代
女性50代

先ずはフロドとサムの道案内をする事になったゴラムの、従順な話しぶりと大きな目が印象的でした。彼の時と場合によって変化する表情と内面のいやらしさがにじみ出てくる所や、最後まで二人に影響して行く所は、この物語にはなくてはならない重要なキャラクターだと思えました。

また、ゴンドールに攻め入ろうとするオーク軍の大軍とその攻撃力と破壊力は目を見張るものがありました。どうみても勝てそうには思えなかったのですが、さすがガンダルフです。みんなを鼓舞し自らも敵をやっつけていくのは、頼もしい限りでした。その後、アラゴルンは死者の軍団を引き連れ、各国の援軍もオーク軍以上の数で駆け付け敵を取り囲んでいるシーンや、その後の戦闘シーンは迫力満点で壮観でした。

最後、滅びの山にやっとたどり着いたフロドの、一時“一つの指輪”の魔力に精神が負けるシーンは、ここまで来てなんで?ととてもヤキモキしてしまいました。そこではゴラムの欲がフロドにとっては良い方向に向かうので本当にホッとしました。

そして、みんながそれぞれの道を決め、落ち着いて生活ができるようになり最後にすっきりできました。

女性30代
女性30代

シリーズの完結編ということもあり、感動する場面が多々ありました。とても地味ではありますが、個人的に一番大好きだったサムが献身的にフロドを支え続けて最後にそれが報われたこと、とても嬉しかったです。(最後は離ればなれになってしまうのが少し切ないですが…)

原作を読んでいないので、全シリーズを通してエルフやドワーフ、ホビットなどよく分からない単語や関係性などきちんと把握するのが難しかったのですが大体の流れは初見でもきちんとつかめたし、何より素晴らしいCGで表現された世界観のおかげで臨場感に没頭できたのもよかったです。

あとはやっぱり最初はバラバラだったみんながゴンドールに集結して力を合わせて闘う場面は迫力ありました。そして長い戦い、時には仲違いや策略に翻弄されてずっとハラハラしなければいけなかったけれど、最後のみんなの再会やアラゴルンの王位継承など「全て終わった」と感じられる幸せなシーンで締め括られていて、それもまた心地よく安堵したのを覚えています。

女性30代
女性30代

表題の「王の帰還」の王とは、アラゴルンのことというのはなんとなくわかっていました。
ゴンドールの王の末裔でありながら、さすらいの人として生きてきたアラゴルンが、中つ国のために王としてゴンドールに帰還する。
ほんとうに感動的なシーンばかりで、異なる種族からでき、集まった9人の仲間の旅は、前作で世界の運命をになう戦いへと導かれ、いよいよフロドが指輪を葬る時がやってくるというシーン物語です。
しかし旅に出てから、フロドはかなり指輪の力に蝕まれていて、何度も指輪の誘惑と戦ううちに、精神的におかしくなり挫けそうになるシーンは見ていて胸を締め付けるものがありました。
旅の間それをずっと近くで見守り、支え、励まし続けてきたのがサムでした。最後に「あなたの重荷は担えませんが あなたを背負うことならできます」いうシーンは涙なしでは見ることができませんでした。
サムは、自分を見失いかけたフロドをいつも誰よりも信じ助けてきました。
サムがいなければ、絶対にフロドは旅の目的を達成できなかったと思います。
この物語はフロド、王のアラゴルン、指輪をずっと姿が変わってまだ守り続けるゴラムだけでなくサムも大切な主人公だと思います。

女性30代
女性30代

今作は、JRRトールキン作を実写映画化したシリーズ最終章です。
また、アカデミー賞で過去最多の13部門を獲得した作品ですが、俳優関係は獲得していません。
その代わりメイクアップや音楽で総なめにしており、そこからこの作品が俳優のみならず細部までこだわって製作されたことがわかるのではないでしょうか。
また、ほかのファンタジー映画と少し違うと感じるところとしては、『物語は勧善懲悪、めでたしめでたしでは終わらない』というところです。
指輪を巡る冒険の旅はサウロンの消滅により終わります。普通ならそこでハッピーエンドを迎えるものが多いです。
しかしこの作品では少し違います。指輪を捨てに行ったフロドは、最後は指輪の魔力に取り込まれてしまい、従者サムに助けられます。しかし指輪の魔力に心を蝕まれてしまった彼はこの世界にとどまることができなくなり、ついにはエルフとともにこの世界を去ってしまうのです。
最初に映画館で見たときは、この終わり方に不満があったのですが、何回か見返したり、原作を読んでみたりすると『この物語は終わりの物語なのだ』ということに気が付きます。
おそらく原作を知らずに見てしまうと最後に疑問を覚える人が多いと思いますが、ぜひ『終わりの物語』を感じていただきたいです。
また、今作ではシリーズ最大の戦いである『ペレンノール野の戦い』が繰り広げられます。CGを駆使したローハンの援軍が突撃するシーンは何度見ても鳥肌が立ちます。
ぜひ可能ならヘッドフォンで大音量で聞いていただきたいところです。
そしてこの作品は映画館で上映された通常版のほかに、未公開シーンや追加シーンが入った特別版があります。ストーリーのつながりがわかりやすいので、できたら特別版をみていただきたいです。

女性30代
女性30代

『旅の仲間』『二つの塔』に続く三部作の完結編です。一緒に出発した一行はバラバラになり大切な仲間を失い、希望の見えない状況から本作は始まります。
「世界を救いたい!」と戦うヒーローは出てきません。小さな力だけど「大切な人のそばにいたい、この人のために何かしたい」という想いが集まって、絶望的な戦況を乗り越えていく様に胸が熱くなります。王の末裔であるアラゴルンさえ自分の選択が正しいのか悩み、最後の戦場に赴く時に口にする言葉は「フロドのために」です。世界を救うのは一人の英雄ではなく、一見無力にも見える人々の善意や愛であることが、BGMのようにいつも作品中に流れています。
クライマックスについて、「最初から鳥に指輪を運ばせればいいんじゃないか?」という疑問の声を聞いたことがありました。しかし思い出していただきたいのは、偉大な魔法使いでもエルフの奥方様でも、指輪の魔力による誘惑には抗い難いことです。力のない者こそ、自分に世界を変えられるなんて思ってもみない生き物こそが、仲間の力を借りて成し遂げられた任務なのです。
これだけ見ると重い映画と思われるかもしれませんが、クスッと笑えて暖かいシーンも数多くあります。特にお気に入りなのはレゴラスとギムリがケンカしながらも絆を育んでいく過程です。エルフの隣で死ぬなんて、とがっくりきているギムリに、「友の隣でならどうだ?」とレゴラスが微笑みかけるくだりは三部作屈指の名場面ではないかと思います。
結局フロドは幸せになったのか、と考えると意見が分かれるところかもしれません。

ただ、船に乗り込む際の万感の笑みが、その問いの答えであるのではないでしょうか。遠ざかる船を見送る時、港に残されたサム達と同じくあなたも涙が止められないことでしょう。

女性30代
女性30代

3部作のラストということで、1部、2部のスケールをぐっと超えてきます。2部でも戦いのシーンは壮大だったのに、それをさらに超えたスケールの戦いを見ることができます。
すべてが最後なので、指輪を無事に捨てることができるのか、闇と白の戦いの行方、アラゴルンとアルウィンの種族を超えた恋の行方など見どころが満載で、見どころしかない!
まず、闇と白の戦いですが、今度はゴンドールを戦いの場に移しますが、敵もオークだけでなく象に似た獣やプテラノドンのような獣など攻撃力も増していて目まぐるしく、息をするのも忘れるくらいです。
一方、指輪を捨てる旅をするフロドとサムはゴラムの策略にハマりピンチを迎えるが、厚い友情が胸にグッときます。
最後に恋の行方ですが、これは正直最初はいらないのではないのかと思っていました。しかし、これがなければアラゴルンは王の剣を手に入れることもなかったし、彷徨っている死者を味方につけることもできなかったので、見終えたときにとても重要だったと気づきました。
サブタイトルに王の帰還とついている通り、王が帰ってくるところはとても感動しますが、同時に3部作が終わってしまったという寂しさも感じるくらいとても楽しませてくれた作品でした。

女性30代
女性30代

とにかくキャラクターみんながそれぞれ個性があり、かっこいいです。
三部作の最後の作品ということで、期待も大きくドキドキしながら視聴しましたが、内容も結末もアクションシーンもキャラクターの個性も、どれをとっても最傑作です!
最初のシリーズ「旅の仲間」ではもっぱらレゴラスのファンでしたが、王の帰還をみた後は、だんだんと王としての資質を見せ、また仲間や恋人アルウェンを大事に思い、中つ国の未来のために躊躇なく戦いに身を投じていくアラゴルンが一番好きになりました。
映画館で見た当時も涙なしではみれませんでしたが、何回も視聴した今でさえ、サムが最後の滅びの山の火口を目指しているときに「指輪は持てませんが、あなたのことはかつげます!」と疲れ切った体でフロドをかつぐシーンや、アラゴルン達仲間がサウロンの目を指輪(フロド)から背けるために「フロドのためにー!」と敵陣に乗り込んでいくシーンなど、思わず涙がでてしまう感動的なシーンが大好きです。
子どもが大きくなったらぜひみせたいファンタジームービーです。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のまとめ

ネタバレになりますがロードオブザリングは終わりましたが関連作品としてホビットの冒険シリーズも存在します。

これは映画化されていて、指輪物語再序盤で旅に出たビルボバギンズが大きく関係する話です。

そちらも合わせて視聴するとより指輪物語を楽しめるかと思います。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FOD

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FOD』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FOD』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました