おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ロード オブ ザ リング二つの塔 】動画を無料(映画 吹き替え)フル配信で視聴

洋画

(c) 2002 New Line Productions

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 予告編

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間

2001

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

2002年

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

2003年

スピンオフ作品の映画『ホビット』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

ホビット 思いがけない冒険

2012

ホビット 竜に奪われた王国

2013年

ホビット 決戦のゆくえ

2014年

\ロード・オブ・ザ・リングシリーズの動画をぜひ! /

映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のあらすじ

・ホビットとゴラム

指輪の破壊の為にフロドとサムが仲間と別れて旅をしているとゴラムという元ホビットが二人を付け回していた。

罠でゴラムを捕まえた彼らは処遇で意見が別れるもフロドはゴラムを信頼する事にしてモルドールまでの案内を任せる。

死者の沼地に入り込んだ時、フロドは沼に落ちたところをゴラムに救われ、そこで指輪を探しているナズグルが上空を飛んでいた。

アラゴルン側ではオーク達に連れ去られたメリー達を追っている。

ホビットを連れてくるように命令したサルマンという魔法使いは戦力を整えローハン王国に侵攻する。

アラゴルンはメリーを追う最中にファンゴルンの森でガンダルフと再会した。

彼は一度は奈落に落ち、悪鬼に打ち勝ったことで強力なちからをもつ白の魔法使いとして復活したのだった。

次にメリーとピピンが無事であることを告げ、危機的状況にあるローハンの救出に向かう。

ゴラムはフロドをモルドールの門まで案内したのだが、入れそうにない為秘密の入り口を教えると言いそうするのだが彼は心の中でどうすべきか悩み続けていた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のネタバレ

・フロドと指輪

ローハンの都のエドラスまでガンダルフと共に来たアラゴルン達は、セオデン王が正気を失っており、ガンダルフが心に取付いた魔力を対処する事でセオデンは王としての心を取り戻す。

ガンダルフはエオメルの部隊を探しに行き、セオデンは角笛城に国民を連れていったが、状況は芳しくなかった。

ローハンの姫エオウィンはアラゴルンに好意を抱いていたのだが、彼はエルフの姫であるアルウェンがずっと心の中にいた。

アルウェンは同郷のエルフと共に不死の国へ旅立たず、永遠の命よりも愛を取ったのだった。

その時フロドは偵察隊に捕まってしまっていて、指揮官ファラミアの父が指輪を望んでおりオスギリアスの砦に移送される。

ファラミアはフロドを父の元へ連れて行こうとしていた時、ナズグルが指輪を目的としてフロドを狙っていた。

ファラミアはナズグルを追い払い、フロドが何故指輪を破壊しようとしているのかを理解し開放する。

一方でゴラムはフロドの指輪に対する執着を抑えられずに指輪を奪う事を考え始めたのだった。

\ロード・オブ・ザ・リングシリーズをチェック !! /

『二つの塔』の動画をフル視聴する

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の登場人物紹介

フロドバギンズ (イライジャウッド)

サムワイズギャムジー (ショーンアスティン)

メリアドクブランディバック (ドミニクモナハン)

ガンダルフ (イアンマッケラン)

アラゴルン (ヴィゴモーテンセン)

ボロミア (ショーンビーン)

ゴラム (アンディサーキス)

ガラドリエル (ケイトブランシェット)

エルロンド (ヒューゴウィーヴィング)

アルウェン (リヴタイラー)

セオデン (バーナードヒル)

ファラミア (デビッドウェナム)

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』Twitterでの反応

https://twitter.com/kumachan_twt_go/status/1300187547880976385

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』はこんな人におすすめ

・指輪物語が好きな人。

・映画前作の続きが気になる人

指輪物語第二部ではそれぞれの場所で別々の戦いが描かれていきます。

今作にも通して一貫した点は指輪の魅力に魅入られて惑う存在ですね。

なんといっても最後にゴラムはフロドを殺そうと決めてしまうのです。

続きが気になるところで、この後には一気にそのまま第三部まで見てしまう事をおススメします。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の感想

女性30代
女性30代

バラバラになった旅の仲間ですが、それぞれ違う舞台で仲間を救うため、フロドをサポートするために尽力します。この二つの塔では新たに指輪に執着するゴラムが登場しフロドとサムと同行しますが、虎視眈々と指輪を奪うチャンスを狙っており、それに気づいていて阻止するサムの活躍が素晴らしいです。

また、敵に連れ去られたホビット族のメリーとピピンが、知恵で森の木々を味方につけて戦ったり自ら武器を持ち戦いに挑むなど、身体が小さいながらも勇気と使命感に溢れていてかっこいいなと思いました。戦いのシーンも敵の数もどんどん増えていき、ますます迫力があります。エルフ族のレゴラスとドアーフ族のギムリが、数を争いながらともに戦っていくところが面白く、巨大な敵も撃ち落としてしまうところがかっこいいです。
エルフ族の姫アルウェンが、仲間とともに旅立ち永遠の命を取るか、永遠の命は捨てアラゴルンを待つか揺れるところが、女性目線から見ても家族目線から見ても切ないです。

男性40代
男性40代

この映画は
フロド&サム +ゴラム
メリー&ピピン +エント
アラゴルン&レゴラス&ギムリ +色々
という3パートで話が進みます。サンパートではアラゴルン達のパートがアクションメインでとても面白い感じでした。フロドがダークサイドに落ちかけてるパートは見てて少しあきます。メリー達のパートはほぼ木に運ばれてるだけで退屈でした。
兎に角メリー&ピピンパートが微妙過ぎて、ラストああいう展開にするなら中盤の歩いてるだけのシーンはごっそり無くして観客も忘れた頃に奇襲を仕掛ける感じで良かったと思います。
見た目が似てるキャラクターが多くて暗がりだとだ見間違えることが多くて見極めるのが疲れます。
でも、やっぱり世界観に圧倒されます。ラストの戦闘パートは特に圧巻です。
ギムリが小物じゃなくレゴラス達と対等の活躍をしてるのがとても良いです。
後半のサムの名パートナーっぷりや名言ラッシュも見どころです。なんだかんだ言っても名作だという事です。

女性30代
女性30代

1作目で集まった9人の仲間だったが、旅の仲間が3つに分かれてしまうところから始まるのでいきなり不意をつかれました。もちろんそれぞれ過酷な旅になるので1作目を超える作品だということは間違いありません。また、3つに分かれて旅をすることによって一人ひとりに焦点が当たりやすくなるので、それぞれの仲間の重要性が増しているように感じました。
魔力を持った指輪を捨てるために旅を続けるフロドは少しずつ指輪の魔力に蝕まれ、いつ闇に落ちてしまうかハラハラドキドキしてしまいます。
2作目の見どころは何といっても闇の勢力対白の勢力の一大決戦だと思います。圧倒的に闇の兵士の数が多くそれでも戦うことを選んだローハンの人々の前に各方面から救援が現れるところはわかっていても、とてもかっこよくて、見ているこちらもテンションが上がります。
また、当時はまだ珍しかったと思いますが、モーションキャプチャーで動きを付けたゴラムが今作から出てくるがその妙にリアルな動きも注目ポイントだと思っています。

女性30代
女性30代

前作、「旅の仲間」で、ウルク・ハイやオークの襲撃を受け、散り散りになってしまった仲間達が、それぞれどのように魔王サウロン率いる闇の軍勢に立ち向かっていくのかに視点が置かれています。
まず、ウルク・ハイに連れ去られてしまったメリーとピピン、彼らを救出しようとするアラゴルン、レゴラス、ギムリ、前作で闇の魔物、バルログとの闘いで相打ちになったと思われたガンダルフ、そして指輪を破壊するべくモルドールを目指すフロドとサム。
それぞれ4つの視点で描かれるストーリーには、新たなキャラクターが登場し、より物語の内容が謎めき、かつ深いものになっていくので知らず知らず引き込まれてしまいます。
メリーとピピンの、フロドとサムを助けるために起こした勇気ある行動や、アラゴルンの、王家の血筋としての自覚と覚悟の芽生え、エルフの王女、アルウェンの恋、レゴラスとギムリの種族を超えた友情、ガンダルフの復活、そして何より指輪の魔力に蝕まれていくフロドの内心の葛藤と、それを支える親友のサム、そして指輪を取り返そうとするゴラムの善と悪のせめぎあい、2時間近くのフィルムの中に、とても濃い内容が詰め込まれています。
是非ご覧になってほしいと思います。
その為、前作「旅の仲間」を観ていない方は、是非そちらをご覧になってから、今作を鑑賞することをおススメします。

女性60代
女性60代

 前作ロードオブザリング「旅の仲間」の終わりにばらばらになってしまった仲間たち。フロドとサムは二人きりで滅びの山を目指し、ピピンとメリーはオークにさらわれ、アラゴルンとレゴラス、ギムリはピピンとメリーの救助のためにオークを追います。
フロドとサムは指輪を狙って後をつけてきたゴラムを捕らえ、モルドールの黒門までの案内を約束させます。ゴラムを信じないサムに対し、助けてやりたいフロドはゴラムがこうなったのは指輪のせい、呪縛から逃れれば、スメアゴルと呼ばれていた本来の姿に戻るはずだと言います。それはフロドが、だんだんと指輪の呪縛に捕らえられていく自分自身に重なるものを感じていたからかもしれません。フロドのやさしさに触れたゴラムは、自分の中の嘘つきで、人殺しのもう一人の自分に「お前なんかもういらない、消えてくれ」と言います。
一方、メリーとピピンはオークの手を逃れ、ファンゴレンの森で木の牧者エントと出会い助けを求めますが、エントたちの集会で我々の戦ではない、行動を起こさないと言われます。「この世界の一員なのに。世界の善きものが消えようとしている」と訴えますが、エントの心は変わりません。自分たちに何ができるかを懸命に考えた二人はサルマンによって木を抜かれ荒れ地とされてしまった森を見せ、エントたちを動かし、アイゼンガルドを攻撃します。
メリーとピピンがファンゴレンの森に入り無事であることを知ったアラゴルンたちは、悪鬼バルログとの戦いから復活を遂げ、白い魔法使いになったガンダルフと再会します。指輪を葬ることをフロドたちに任せることにした4人はローハンを守るためにエドラスのセオデン王とともに勝ち目のない無謀ともいえる戦いに挑んでいきます。
それぞれが自分の命と引き換えに負った危険な役目に身を投じていく内容となっています。
オスギリアスでナズグルに襲われ、指輪を使いそうになったフロドは、もうだめだとサムに打ち明けますが、「物語の主人公たちは決して道を引き返さなかった。何かを信じて歩み続けたんです。この世には命を懸けて戦うに足ると尊いものがあるんです」というサムのことばが印象的でした。

女性30代
女性30代

今作品も、前作『旅の仲間』に引き続き、とても見ごたえのある素晴らしい作品でした。
迫力ある戦闘シーンもさることながら、音楽も素晴らしく、特にローハンのテーマは主旋律が最高に美しかったです。ローハンという国の哀愁や気高さ、そして勇敢さをあの旋律だけで全て表していて素晴らしいです。
この映画一番の見どころはヘルム峡谷の戦い~そこからガンダルフがエオメルを連れて昇る朝日と共に現れるシーンなのですが、個人的にはそれと同時にスメアゴルが己の中のゴラムと戦い、ゴラムを一旦自分の中から追い出すシーンがとても印象的でした。このシーン、スメアゴルを左向き・右向きに交互に映してるだけなんですが、それがスメアゴルとゴラムが本当に向かい合って言い争いをしているようで、単純だけど上手い演出だなと思います。
もうひとつ、細かいけど是非見てほしいシーンは、スメアゴルが川で魚を追いかけるシーンでしょうか。このシーンは一見何てことのない場面に思えますが、実はスメアゴルを演じるアンディ・キーサス氏がまだ雪も解けきっていない冷たい川に「本当に」飛び込んで撮影されています。PJ監督も役者にずいぶんと無茶をさせますね…。

女性30代
女性30代

ロード・オブ・ザ・リングシリーズでは二つの塔が一番好きです。
ヘルム峡谷の戦いが一番の見所ですが、戦いを楽しんでいる様子などが描かれているので今では放映できないんじゃないかなーと思います。
エオメルが朝日を浴びて登場するシーンは本当にかっこいいです。
とにかくヘルム峡谷の見た目が美しいです。全体の形、玉座がある?屋上などがとても美しいです。
今見てもCGとは思えません。CGといえばオークの多くもCGだと思いますが当時では最先端の技術を使っているはずです。
ちょっとした好きな場面はエオウィン姫が避難途中にアラゴルンにスープをあげるところです。
あのスープは脂身っぽくてうすく、本当にまずそうだと思いました。
エクステンデットエディションにだけ入っている年齢を訪ねるシーンも好きです。あそこを観ないとアラゴルンの年齢はわかりません。
そして二つの塔から登場するファラミアがこのシリーズの中で一番好きな登場人物です。
ファラミアはとてもやさしいので父、兄に対する愛にあふれています。
死刑になると覚悟をしてフロドを逃がすシーンは大好きです。

 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のまとめ

ロードオブザリングシリーズの第二部で次で区切りとなります。

圧倒的な力を持つ指輪とそれに悩まされる人々、非常に面白いシナリオとなっており是非見て頂きたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました