おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラゴンボールZ復活のF】動画を無料(アニメ映画)フル配信で視聴

アニメ映画

(c)バードスタジオ/集英社 (C)「2015ドラゴンボールZ」製作委員会

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』予告

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

劇場版『ドラゴンボール』の歴代作品紹介

劇場版 ドラゴンボール 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS FOD

1「神龍の伝説」(1986年)

2魔神城のねむり姫(1987年)

3「摩訶不思議大冒険」(1988年)

4「ドラゴンボールZ」(1989年)

5「この世で一番強いヤツ」(1990年)

6「地球まるごと超決戦」(1990年)

7「超サイヤ人だ孫悟空」(1991年)

8「とびっきりの最強対最強(1991年)

9「激突!!100億パワーの戦士たち(1992年)

10「極限バトル!!三大超サイヤ人」(1992年)

11「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年)

12「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」(1993年)

13危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年)

14「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(1994年)

15「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」(1995年)

16「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」(1995年)

17「最強への道」(1996年)

18「神と神」(2013年)

19「復活の「F」」(2015年)

20「ブロリー」(2018年)

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・フリーザの襲撃

ナメック星人の生き残りを探していたソルベはフリーザの復活の為にドラゴンボールを集め神龍の力を借りる事を考える。

悟空に倒されたフリーザだったが、海底の妖精の国で釣りあげられ定期的に妖精の踊りを見せつけられ内心穏やかではなかった。

ソルベは部下のタゴマと共にピラフ一味のドラゴンボールを奪い、海にあるドラゴンボールも集め神龍に昔バラバラにされたままのフリーザと魂が蘇ることになる。

現在の地球では叶えてもらえる願いは二つとなっており、もう一つは100万ぜニーとなりフリーザの復活は軍の最新機器により成功する。

そうしてかつて自分を倒した悟空、そしてベジータに対する復讐を考え始める。

タゴマはその意見に対し難色を示し宇宙船から飛ばされてしまう。

悟空、ベジータの二人はウイスの協力で訓練を行い、スピードが足りていないと指摘する。

長い時間修行をしていたフリーザは多くの兵士を引き連れて地球を襲撃し、それを聞いたブルマは悟空とベジータや仲間達に連絡した。

悟空とベジータがまだ帰ってきていない間を守ろうとクリリンを筆頭とする地球の戦力でフリーザ軍の対処に回り、彼らはフリーザとソルベ以外を全員倒すことに成功する。

フリーザは戦いに邪魔な倒れた者達を一掃し、スーパーサイヤ人になることが出来るようになっていた悟飯を一度の攻撃で心停止させてしまう。

ピッコロは仙豆を与え、彼は死なずに済んだものの仙豆は残り1つしかなくフリーザは最後には神龍の力でも復活できないように地球を完全には破壊し、復活させないと目論んでいたのだった。

ネタバレ

・悟空 VS フリーザ

ウイスが連絡を受け、フリーザの復活を知ったが地球まではフリーザが地球を滅ぼすのに十分な時間がかかってしまう。

しかし悟空は瞬間移動で地球にベジータを連れて戻ることにしてフリーザは妖精の国で屈辱を受けたと言い、最初から最終形態になり戦う事に。

悟空はフリーザと戦い、その際のベジータの言葉をフリーザは勘違いし過去にかけた暗示が解けていないと思い込む。

悟空はスーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人となりフリーザはゴールデンフリーザとして戦っていると観戦にビルスやウイスがやってくる。

フリーザはビルスを恐れていたが、彼は手を出さないと約束する。

悟空もベジータもゴールデンフリーザの弱点を見抜き、体力の温存が難しいフリーザは徐々に押されていく。

悟空は勝利し、帰れと告げるがフリーザはソルベに狙撃させまだ自分に忠誠を誓っていると考えていたベジータに最高司令官に任命しようとするが断られる。

ベジータはフリーザと戦うが既にゴールデンフリーザの状態を維持できなくなった彼は地球を破壊してしまった。

フリーザは宇宙でも生きられるため、地球に住んでいた人類は全滅し彼だけが生き残ったことになるのだがビルスは知り合いを全員守り、ウイスは悟空に過去の世界を見せ悟空自身に対処をもう一度任せる。

悟空は容赦なくとどめを刺し、地球が消滅させられることはなくなりフリーザはまた妖精の国で迎えられることになったのだった。

\ 劇場版ドラゴンボールシリーズをチェック !!/

『復活のF』の動画を無料フル視聴する▼

登場人物紹介

 

孫悟空   (野沢雅子)

孫悟飯   (野沢雅子)

ベジータ  (堀川りょう)

ブルマ   (鶴ひろみ)

亀仙人   (佐藤正治)

クリリン  (田中真弓)

ピッコロ  (古川登志夫)

トランクス (草尾毅)

天津飯   (緑川光)

ジャコ   (花江夏樹)

神龍    (大友龍三郎)

ソルベ   (斎藤志郎)

タゴマ   (中井和哉)

シサミ   (稲田徹) 

ウイス   (森田成一)

ビルス   (山寺宏一)

フリーザ  (中尾隆聖)

Twitterでの反応

こんな人におすすめ

・ドラゴンボール映画が好きな人。

・強くなったフリーザが見たい人。

フリーザはそのカリスマ性から人気の高いキャラクターで、もう一度悟空達のまえにたちはだかることを期待していた人は多いのではないでしょうか。

ゴールデンフリーザという新たな形態で悟空の敵として戦い、一度は地球を破壊させます。

彼の活躍を是非一度見てあげてください。

感想

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

初めの方は悟空とベジータの修行編って感じでした。ビルスの日常ってあんな感じなんですね。某アニメのの〇太君みたいと思ってしまいました。でも寝ていない時はちゃんと仕事をしているみたいなところがすごく違います。

ウイスさんとの掛け合いが似合っていますね。というか、宇宙の食べ物ってそんなにいいものがないの?とも感じました。だってカップラーメンに驚いていたんですよ!すごくおいしいって、だったらそれ以上のものを食べたらどうなってしまうのでしょう…。そう感じずにはいられないものでした。フリーザですが、ドラゴンボールで復活するのはいいのですが、肉片がきもいです。あのままで生きているというのが不思議でなりません。

部下の願いのいい方もはっきり言って配慮が足らなすぎません?私だったら最初に肉体を完全に修復してと願ってから、魂を入れてもらうなりした方がいいと思いました。…その後の戦闘シーンですが、え?悟飯、お前、弱くなり過ぎじゃない?と見ていて思ってしまいました。

確かに数年間は学者として生きていたというのもわかっていますが、それにしても弱りすぎだと思います。たとえフリーザに負けてたとしてもその部下に負けるって…。しかもまたピッコロさんにかばわれていますし…。

女性20代
女性20代

悪役キャラの中でも人気が高いフリーザが出演することもあり、見る前から気になっていた作品でした。死亡して地獄にいたはずのフリーザがドラゴンボールで甦ったシーンは、「ピンチだ!」と心から感じました。復活直前の体がバラバラな状態でも一応生きていたので、本当に恐ろしい最強のキャラです。

悟空達への復讐のため部下と共に地球に降り立った時は、ハラハラと程よい緊張感が味わえました。味方側も亀仙人や天津飯と言った懐かしいキャラが出てきたため、前半はテンションを上げて視聴できました。逆に、後半は目立った面白みが見つけられませんでした。悟空とベジータが入れ替わりながらフリーザと戦うシーンですが、無駄に長く時間をかけてしまった印象が強いです。

延々と格闘戦が続き、ダラダラとバトルを続けているように見えます。要所要所で話の流れを変えるような場面があれば、前半同様、程良い緊張感が楽しめたはずです。クライマックスのフリーザ消滅シーンもいまいちでした。1度地球が完全消滅して悟空達の敗北状態になりましたが、ウィスの時間操作能力で無かったことになり、結果的に勝利しました。

この勝利も反則的な超能力によるもので、個人の努力による勝利の爽快感が無かったです。悟空とベジータには、やはり自力でフリーザを倒して欲しかったです。前作「神と神」に比べると、見どころが少なくて残念でした。

女性30代
女性30代

戦闘力53万でお馴染みのフリーザ様が主役の映画作品です。フリーザ様は悪役ですが、口調が丁寧で部下に強さやリーダーシップに関して信頼されていて妙にカリスマ性がありますよね。そのフリーザ様が復活するシーンは特に見所で、ヘビメタ調BGMや作画にとても力が入っていて映画館で痺れました。かっこいいです、ずるいですよあれは。

きっと誰しもが話題に出すでしょうが、クリリンのスマホの着信音にはいいのそれ?!と思わずクスリときました。天津飯が出てきたのに驚き、亀仙人のおじいさんが戦うのにもっと驚かされました。別の意味でハラハラしてしまいます。

悟飯が弱体化していたのが少々ショックなところだったのですが、彼が随分大人になっても幼い頃と変わらず、ピンチになるとピッコロさんが駆けつけてくれるのは妙に感動しました。ドラゴンボール作品はZ以降、普段漫画からもアニメからも離れてしまっていたので、スーパーサイヤ人ゴットって何ですかと言うレベルの人間が見ても大丈夫です。

視聴者の我々と同じく観戦している側にいる人物達が規格外な強さをお持ちでパフェ食べながら観戦してるので、他の作品と違ってどんなピンチでも妙に緊張感がなく安心して見ていられて不思議な感覚でしたね。それでもコミカルで少しご都合主義な今も変わらないドラゴンボールが見れて、最初から最後まで存分に楽しめました。

男性20代
男性20代

前作から引き続きビルス様(山寺宏一)、ウイス(森田成一)予言魚(中川翔子)が今作でもとてもいい味を出しているキャラクター(声優)だと思います。
みんなが大好き宇宙の帝王フリーザの復活そこだけでファンしてはもう最高なのですが、フリーザの新たな変身、新しい超サイヤ人、歴代のキャラクターの活躍どれをとっても魅力的な作品です。
復活したフリーザが、新たなフリーザ軍引き連れ地球に攻めてくるフリーザ、それを迎え打つZ戦士+ジャコこのシーンが今作のフリーザVS悟空、ベジータの戦闘シーン以外での、一番の見どころのシーンです。
ウイスさん時を戻せる能力、さすがにやり過ぎドラゴンボールの意味がなくなる。
孫悟飯いくら修行をさぼったからって、5歳、6歳頃には余裕だったフリーザ軍の兵士に、苦戦するはずない。孫悟飯道着をなくす、せめてピッコロさんに昔のやつでいいから作ってもらって。
少し時を戻す設定には無理を感じたが、ナメック星での戦闘のオマージュのストシーンがファンの心をつかんだはずです。
超シリーズではおなじみの少し無理な設定が目立つ部分もあるが、
それをすべてチャラにしてくれる、フリーザの魅力、
戦闘シーンの迫力、新たな設定の面白さなどが本作の魅力の一つで、
歴代のファンも納得する出来栄えだと思います。

男性20代
男性20代

タイトルに謳う「復活のF」とは一体誰のことなんだろう。もはやイニシャルにする意味があるのかすらわからないぐらいバレバレな前振りですが、誰もが期待したとおりの人が、誰もが期待したとおりの役どころで、惜しげもなくその大暴れぶりを見せてくれます。

常日頃から、バトルシーンがたいへんにスピーディで面白いドラゴンボール作品ではありますが、やはり宿敵にして強敵との戦いというものは、見ている緊迫感が違います。なにより、この戦いが進めば進むほど、この物語の本編そのものに振動が加わっていくのだ、といったような感覚が、「もっとやれ」といった期待感を増幅させていきます。

やはり強い宿敵の「F」に対しても、悪役でありながら、もっと悟空たちを追い詰めてほしいといったような邪な感情すら芽生えてくるほどでした。

最初から最後まで、極めて王道的なストーリー展開は見ていて安心できるものでしたが、強いて言うならラストの展開だけは若干の掟破り感が。そんな方法で勝ててしまうのであれば、復活の「F」ならぬ復活の「G」ではないか!などと思いながらも、なんでもありなのがドラゴンボール、型なんて破ってなんぼだということで、結果的には楽しめました。

男性40代
男性40代

フリーザは、適役の中でもその冷酷無比なキャラクターが非常に人気でしたが、主人公たちのパワーアップにより、その恐ろしいまでの強さが失われてしまっていたところで、今回劇的なパワーアップを遂げたと言う展開。インパクトのあるキャラクターの復活と言う点では良かったのですが、この物語の最大のネックである、キャラクターの強さがどんどんどんどんインフレーションしてしまっていくと言う点に関して問題もあると思います。

また、過去の人気キャラクターに頼ると、なかなか新しい魅力のあるキャラクターが育てにくいと言うことにもなると思います。ドラゴンボールシリーズは、現在も続いているので、この点が気がかりです。

ただし、フリーザと言うキャラクターの圧倒的な力とその恐怖については非常に良く描かれていたと思います。色が変わってパワーアップすると言う、主人公たちと同じ展開は、フリーザも、かつてのベジータのように、今後も様々な形で活躍していくのではないかと思わせるものがありました。

また、必要以上に部下のキャラクターに頼らなかったのも、映画と言う限られた時間の中では良かったと思います。総じて、過去の資産を生かして、今の時代の観客、視聴者にもフリーザと言うキャラクターを広める良い作品であると思います。

女性30代
女性30代

ゴールデンフリーザが1000人の部下を引き連れて、悟空にリベンジしにくる話で、面白かったです。タイトルの「F」は、フリーザの「F」です。
過去、フリーザは未来トランクスに切りつけられて地獄に落とされました。その”地獄”の設定がまた面白いです。
フリーザ専用の”地獄”で、可愛い妖精たちが毎日パレードを繰り広げます。大きな木に括りつけられたフリーザは、それを毎日見なければならず、悪の限りを尽くしたフリーザにとって、その光景は地獄のほかありません。「確かにそれはフリーザにとって地獄だ!」と納得しました。
フリーザの部下が、地球のドラゴンボールでフリーザを復活させるのですが、ピラフにドラゴンレーダーを作らせます。ピラフが出演するなど、ドラゴンボール好きには楽しい小ネタです。
復活したフリーザは、軍を率いて地球に攻めますが、その時悟空とベジータは不在でした。代わりに地球の戦士たちがフリーザ軍に立ち向かいます。クリリン、ピッコロ、悟飯、天津飯そして亀仙人が戦います。…そう、亀仙人!そんな強かったの?いきなりの参戦に頭は大混乱です。しかし久々に悟空、ベジータ以外のキャラクターにスポットが当たったのは嬉しいです。
そしてピンチを知った悟空とベジータは、瞬間移動で地球に戻ってきます。
悟空がフリーザと戦闘を開始し、悟空はスーパーサイヤ人ブルーを、フリーザはゴールデンフリーザを披露します。戦いは激しさを増しますが、フリーザの戦略で悟空はケガを負い、離脱します。
変わりにベジータがフリーザを追い詰めて、フリーザは地球を破壊してしまいます。ベジータは死んでしまいましたが、フリーザ相手に強くなったなとそこからの巻き返しが気になる展開です。
天使ウィスが数分時間を巻き戻し、フリーザが地球を破壊する直前まで戻り、悟空がとどめをさしました。フリーザはまた、あの地獄に戻っていきます。緊迫した戦いから、くすりと笑えるところがまた良かったです。

男性40代
男性40代

ドラゴンボールシリーズの映画はどれも面白いんですが、復活の「F」は特に面白かったです。その最大の理由はゴールデンフリーザと悟空・べジータの戦いです。

まずはゴールデンフリーザが悪くかっこよすぎですね。戦闘力1亥とは桁外れで素晴らしいです。ゴールデンフリーザへの変身シーンは迫力がありすぎて、またかっこよすぎて冷や汗がでました。次に悟空・べジータですが、スーパーサイヤ人ブルーになりました。こちらもかっこ良かったです。ゴールデンフリーザにはかないませんが。

最初はゴールデンフリーザとスーパーサイヤ人ブルーの悟空が戦いますが、なんとゴールデンフリーザが圧倒的なパワーで悟空を圧倒してしまいます。「本当に悟空は勝てるんだろうか。」と心配になりましたね。

次に亀仙人や天津飯などが活躍したのもこちらの特徴だと思います。亀仙人や天津飯などが活躍したのはフリーザ軍との戦いです。何千というフリーザ軍に果敢に望んでいき、見事に撃退します。フリーザ完全体には手も足も出ませんでしたが、それまでの過程は素晴らしくかっこ良かったと思いました。

このような理由からこちらはドラゴンボールの映画の中でも面白い映画だと思いましたね。

男性40代
男性40代

2015 ドラゴンボールZ 復活の「F」を見て感じたのは、昔は孫悟空でも歯が立たなかったフリーザが、かなり実力的に悟空よりも下になってしまったことです。

あれほどてこずっていたフリーザに悟空が全力を出さずに戦う姿を見て、どこまで悟空たちが強くなってしまったのかと驚きました。以前にフリーザを倒してから、悟空やベジータなどは他の強敵と戦ったり、フリーザも恐れる破壊神のビルスやその師匠のウイスなどと戦ったり、稽古をしていたりしていたのでフリーザより強くなるのは当然だと思いました。そんなことを知らないフリーザが、自分と孫悟空たちとの力の差を実感して、やけくそになって地球を破壊してしまうという行動に出るのは自然の流れなのかなと見ていて思いました。

また、この映画の見どころは孫悟空が全力を出さずにゴールデンフリーザと戦っている所です。悟空はゴールデンフリーザとの戦いと楽しんでいるのですが、フリーザは悟空が本気を出していないことに戦いながら気づき、絶望していくという流れが面白かったです。

詰めの甘い悟空がフリーザにやられてしまって、代わりにベジータが戦うことになるのも普通かなと思いましたが、以前の極悪なベジータだったらフリーザと結託してしまっていただろうなとも思いました。最後に悟空がフリーザを一瞬で倒してしまうところまでの展開がちょっと意外でした。

まとめ

現時点では次が最後のドラゴンボール映画となり、見た事がある人も多いと思います。

悟空も強くなったフリーザとの戦いには負けていませんしウイスの能力も考慮すれば非常に安心感のある状況で少し危機感は足りないところはあるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました