カツベン!を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!

邦画

 

映画『カツベン!』予告1 2019年12月13日(金)公開!

カツベン!の殺人のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

カツベン!の殺人の動画を無料でフル視聴する方法

カツベン!の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

現在の映画が「活動写真」という別の呼称で親しまれ、人々の娯楽となっていた時代の物語。

まだ始めていないあなた!これを機に動画配信サービスを始めてみては?

“31日間無料で視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

カツベン!の殺人の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

聞き慣れない方も多いはず。カツベンとは即ち…『喋り』に特化したスーパースター:“活動弁士”を指す言葉なのである!

周防正行監督が5年ぶりに解き放つ待望の最新作。テーマは『活動弁士』。

説明しよう。活動弁士とは、まだ映画に『音』が無い時代に、楽士が奏でる音色に合わせるように、〈喋り・語り・説明〉で映画に華やかさや色彩を加えるエキスパートなのである。それが通称:カツベン。

一般的に映画の華は俳優だが、才能と個性に溢れるカツベンは観客を魅了し、その人気は俳優を超えるものだった。

そんなカツベンを夢見る一人の青年を中心に個性豊かなキャラクターたちが贈る、至高のエンターテインメントムービーが誕生した!

あらすじ

時は大正4年。

現在の映画が、「活動写真」という別の呼称で親しまれ、人々の娯楽となっていた時代の物語。

幼い頃に活動写真小屋(現在では映画館)で観た活動弁士が忘れられず、今も活動弁士になることを夢見る青年・染谷俊太郎。

しかしそんな俊太郎は、「ニセ弁士」として泥棒一味に加担し、裕福な家庭で弁士稼業をする傍らで盗みを犯していた。

そんな自堕落で虚しい日々に嫌気がさしていた俊太郎は、ついに泥棒一味から逃げ出すことに成功する。

その後、俊太郎が行き着いた先は、とある小さな町の映画館だった。

雑用係として住み込みで働けるようになった俊太郎。

“ここでようやく夢にまでみた、憧れの活動弁士になれる!”と期待と希望で胸が膨らむ。

再出発を心に誓った俊太郎だったが、そこには誰も知る由もない、予想外の出来事が待ち受けていたのだった!

果たして、俊太郎は自分が思い描く活動弁士になることはできるのか!?

そして、個性豊かなキャラクターが織り成す、物語の結末は如何に!?

登場人物

・染谷俊太郎  (成田凌)

・[栗原梅子(沢井松子)]  (黒島結菜)

・山岡秋聲  (永瀬正敏)

・茂木貴之  (高良健吾)

・安田虎夫  (音尾琢真) 

・牧野省三  (山本耕史)

・二川文太郎  (池松壮亮)

・青木富夫  (竹中直人)

・橘琴江  (井上真央)

・橘重蔵  (小日向文世)

・木村忠義  (竹野内豊)

主題歌

奥田民生  『カツベン節』 

Twitterでの反応

ネットの反応

・活弁している成田凌君は圧巻!自分もその場に居るみたいに聴き入ってしまいました!

・ドタバタコメディかと思いきや、最後はウルっと涙腺を刺激される、なんとも良い映画でした!

・古き良き時代、古き良き映画への愛と笑いと、少しばかりの希望を綴った人情ドタバタ劇!観ていて爽快でした!

・「活弁士」という職業を初めて知りました!今観ている映画は予めセリフが決められているけど、昔は絵に対して好きなセリフを当てはめることができる。それぞれ活弁士の個性があって良いと思いました!

こんな人におすすめ

・何も難しいことを考えず、笑って楽しみたい方!

・映画の新しい見方を発見したい方!

・伏線回収がとにかく鮮やか!観終わった後で、スッキリする感覚が好きな方!

まとめ

いかがでしたか?

あなたは「活動弁士」という職業をご存知でしたか?

映画に合わせて、語り口調で説明をしながら進行させるのですから、昔ってすごいですよね!そんな実際にあった活動弁士に焦点を当てた今作。観客を如何に楽しませるか、満足させるかを考えた、まさに日本独特の伝統芸能に近いものを感じました。

私たちが普段、何気なく観て楽しんでいる近代映画にも「昔はこんな映画の表現もあったんだよ」というメッセージを受け取ることができました。

あなたも、是非この「カツベン」に触れてみませんか!?

きっと、映画の新しい見方に気付くことができると思います。

気になった方は、是非動画視聴サービスを使って観てください!

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました