おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

クレヨンしんちゃん 無料動画配信(映画 オラと宇宙のプリンセス)フル視聴

アニメ映画

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2012

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 予告編

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 1026円 14日間 なし
   1026円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年8月現在、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の動画は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで視聴することができます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用して映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。 最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。 レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。 私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。 作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。 新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。 返却期限が得も定められていないのも魅力です。 難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。 自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。
女性
女性
『TSUTAYA DISCAS』の魅力的な部分は作品数の多さです。 雑誌で映画レビューを読むのが好きなのですが、映画評論家、映画コメンテーターの方が紹介している作品を見たくても、旧作だと近くのDVDレンタルショップでは案外扱っていないことが多いのです。 そういう時も『TSUTAYA DISCAS』で探すと大抵見つかるので、頼りにしています。映画好きなら押さえておきたいような古典映画や往年の名作であれば、ほとんど見ることができます。リアルショップではなかなか見つからないマニアックな作品でも、『DISCAS』で検索すると扱っていることが多くて嬉しいです。 時にはユーザーレビューを参考に、高評価されている作品を視聴してみることもあります。 おかげで、会員になってから映画に一気にくわしくなった気がしています。
男性
男性
TSUTAYA TVの魅力的なところは作品が興味をそそられるように特集されていると言う点です。 例えば大人が楽しめる名作アニメ、ウイルスと戦う映画などテーマごとに作品が集められていてついつい見てみたくなってしまいます。 そしてレンタルランキングが組まれているのもこのTSUTAYA の配信サービスならではだと思います。 やはり今人気のある作品はどんなものであるのか知りたいですし、それを見ることができるというのはとてもお得感があります。 そして近日公開の映画の監督作品を一気に楽しむことができる点もいいなと思います。 その監督の世界観を事前に楽しんでおけば、映画もより一層楽しんで見られますし、もし自分と合わなければ止めるという選択肢もとることができます。 また先行配信のドラマがあるのも魅力的です。 いち早くチェックしたい人にはぴったりのサービスだと思います。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

 

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみ視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズは、第1作品目から最新作品までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ作品は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 公開年 TSUTAYA TV/DISCAS

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

1993

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

1994年

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

1995年

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

1996年

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

1997年

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

1998年

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦

1999年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル

2000年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

2001年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

2002年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

2003年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

2004年

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃

2005年

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

2006年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!

2007年

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者

2008年

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

2009年

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

2010年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

2011年

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

2012年

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!

2013年

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

2014年

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~

2015年

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

2016年

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ

2017年

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

2018年

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし

2019年

\クレヨンしんちゃんシリーズの動画をぜひ! /

映画『クレヨンしんちゃん』シリーズ作品の動画を視聴する

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポ、アニステ、miomioの配信状況は!?

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の動画を視聴はご紹介した公式の動画配信サイトで配信していますので、安全に視聴できますが、DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポ、アニステ、miomioなどで違法に配信がされている動画共有サイトがあります。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、、日本の法律上で処罰対象となるものです。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になりますので、オススメ致しません。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

2012年4月14日公開のアニメーション映画。

クレヨンしんちゃん映画化20周年記念、20作目の作品。

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』のあらすじ・ネタバレ

・謎のUFO登場

ある日の野原家。

嬉しそうにプリンを食べようとしていたしんのすけに、ひまわりが「欲しい」と訴える。

しんのすけはみさえに言われて、仕方なく少しだけ分けてあげますが、少ししかわけてくれなかった事不満に思ったひまわりは、しんのすけの目を盗んで、全部食べてしまう。

怒ったしんのすけにひまわりは泣き出し、しんのすけはみさえに「お兄ちゃんなんだから」と叱られてしまう。

そして、しんのすけは「お兄ちゃんなんかやめてやる」と叫ぶ。

そんな野原家に、宅配業者の恰好をした謎の男二人組が突然入り込んできた。

そしてひまわりを確認した後、ひまわりの名付け親であるしんのすけに、ある契約書のサインを要求する。

しんのすけは思わずサインしてしまい、訳が分からないまま野原家はなぜかUFOに乗せられる。

・ヒマワリ星とヒママター

そして、UFOの中で詳しい事情を聞いたのだ。

地球のちょうど反対側にあるヒマワリ星。

ヒマワリ星には、「ヒママター」という「人間にゆとりをもたらすなごみの力」を生成し、地球へ贈るという役割があった。

そして、最近その「ヒママター」が不足しているため補うためにはひまわりの存在が必要だった。

半信半疑の野原家だがヒマワリ星に到着し、平和な惑星を目の当たりすることで信じるしかなくなってしまった。

ヒマワリ宮殿につくとヒマワリは、イケメンに囲まれドレスを着せられ、至れり尽くせりの状態。

そんなヒマワリをみて、ひろしとみさえは文句も言えず複雑な表情を見せる。

そして、ひろし、みさえ、しんのすけは宮殿の大臣であるサンデー・ゴロネスキーによってヒマワリを残し地球へと返されるのだ。

・異次元空間

ヒマワリがいなくなった事でひろしとみさえはやる気を失い、自分たちからヒマワリに会いに行く方法も分からず途方にくれていた。

しんのすけは幼稚園で、すべてのできごとを風間君たちに話す。

そして、なんとかしんのすけの力になれないかと考えていた風間君たちは公園で、しんのすけが話していた宇宙人を発見し、あとをつけて家を見つけ出す。

急いで野原家へ向かった風間君は、ひろしとみさえ、しんのすけを連れて宇宙人の家へみんなで押しかける。

そけで見つけたのは、地球とヒマワリ星をつなぐトンネルだった。

しんのすけは、急いでそのトンネルの中に入っていった。

トンネルの中は宇宙空間のようになっていて、何度も意識を失いかけるが、しんのすけはヒマワリの事を思いなんとか、ヒマワリ星に行きついた。

・サンデー・ゴロネスキーとの戦い

そして、宮殿へと向かうしんのすけをサンデー・ゴロネスキーの手下たちが襲い掛かってくる。

あとから、到着したひろしとみさえも加わり、対抗します。

そして、ひろしとみさえが食い止めている間に、しんのすけは一人でヒマワリのいる「太陽の間」へと急ぎます。

そこでは、ゴロネスキーがしんのすけを待ち受けていた。

ゴロネスキーはしんのすけに聞きます。

「妹を選ぶか、地球を選ぶか」

しんのすけは「どっちも大事」と叫ぶ。

しんのすけの答えを聞いたゴロネスキーは、手を引いた。

そして、しんのすけとひまわりのおかげで、ヒマワリ星から大量の「ヒママター」が放出され、ひまわりがヒマワリ星にいる必要はなくなったのだ。

そして、地球へ戻るUFOのなかで、仲よくプリンを分け合うしんのすけとヒマワリだった。

・後半のあらすじ

そして、UFOの中で詳しい事情を聞いたのだ。

地球のちょうど反対側にあるヒマワリ星。 ヒマワリ星には、「ヒママター」という「人間にゆとりをもたらすなごみの力」を生成し、地 球へ贈るという役割があった。

そして、最近その「ヒママター」が不足しているため補うために必要なのが、ひまわりの存在 だった。

半信半疑の野原家だが、ヒマワリ星に到着し、平和な惑星を目の当たりすることで信じるしか なくなってしまった。

ヒマワリ宮殿につくとヒマワリは、イケメンに囲まれ、ドレスを着せられ、至れり尽くせりの 状態。 そんなヒマワリをみて、ひろしとみさえは文句も言えず複雑な表情を見せる。

そして、ひろし、みさえ、しんのすけは宮殿の大臣であるサンデー・ゴロネスキーによってヒ マワリを残し地球へと返されるのだ。

ヒマワリがいなくなった事で、ひろしとみさえはやる気を失い、自分たちからヒマワリに会 いに行く方法も分からず途方にくれていた。 しんのすけは幼稚園で、すべてのできごとを風間君たちにはなす。

そして、なんとかしんのすけの力になれないかと考えていた風間君たちは公園で、しんのす けが話していた宇宙人を発見し、あとをつけて家を見つけ出す。

急いで野原家へ向かった風間君は、ひろしとみさえ、しんのすけを連れて、宇宙人の家へみ んなで押しかける。

そけで見つけたのは、地球とヒマワリ星をつなぐトンネルだった。

しんのすけは、急いでそのトンネルの中に入っていった。 トンネルの中は宇宙空間のようになっていて、何度も意識を失いかけるが、しんのすけはヒ マワリの事をおもいなんとか、ヒマワリ星に行きついた。

そして、宮殿へと向かうしんのすけをサンデー・ゴロネスキーの手下たちが襲い掛かってく る。

あとから、到着したひろしとみさえも加わり、対抗します。

そして、ひろしとみさえが食い止めている間に、しんのすけは一人でヒマワリのいる「太陽 の間」へと急ぎます。

そこでは、ゴロネスキーがしんのすけを待ち受けていた。 ゴロネスキーはしんのすけに聞きます。

「妹を選ぶか、地球を選ぶか」 しんのすけは「どっちも大事」と叫ぶ。

しんのすけの答えを聞いたゴロネスキーは、手を引いた。

しんそすけとひまわりは手を取り合うことができた。

そして、しんのすけとひまわりのおかげで、ヒマワリ星から大量の「ヒママター」が法っ出 され、ひまわりがヒマワリ星にいる必要はなくなったのだ。

そして、地球へ戻るUFOのなかで、仲よくプリンを分け合うしんのすけとヒマワリだっ た。

\クレヨンしんちゃんシリーズをチェック !! /

『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の動画をフル視聴する

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の登場人物紹介

野原しんのすけ (矢島晶子)

野原ひろし       (森川智之)

野原みさえ     (ならはしみき)

野原ひまわり       (こおろぎさとみ)

シロ、風間くん (真柴摩利)

ネネちゃん   (林玉緒)

マサオくん   (一龍斎貞友)

ボーちゃん   (佐藤智恵)

まーきゅん   (柴田秀勝)

マズマズ・イケーメン  (三ツ矢雄二)

ボインダ・ド・ヨーデス (日高のり子)

キンキン・ケロンパー  (川村万梨阿)

ゲッツ     (辻親八)

ウラナスビン  (岩田光央)

モックン    (隅本吉成)

園長先生    (納谷六朗)

よしなが先生  (寺田はるひ)

まつざか先生  (富沢美智恵)

上尾先生    (三石琴乃)

ネネちゃんのママ (萩森侚子)

ヨシリン    (阪口大助)

ミッチー    (大本眞基子)

野原銀の介   (チョー)

イツゴのおばさん (鈴木れい子)

イツゴのおじさん (木村雅史)

日本代表   (星野充昭)

倉庫番    (大西健晴)

護衛     (後藤史彦)

配送人    (梯篤司)

パティシエ  (飯田利信)

ヒマ人    (吉田小百合)

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』Twitterでの反応

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』の主題歌

渡り廊下走り隊7        『希望山脈』

【PV】渡り廊下走り隊7/希望山脈【公式】

渡り廊下走り隊7         『少年よ 嘘をつけ!』

【PV】渡り廊下走り隊7/少年よ 嘘をつけ!【公式】

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』はこんな人におススメ

・クレヨンしんちゃんのアニメが好きな方

・仲間同士で見る人

・家族で見る人

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』感想

女性20代
女性20代

クレヨンしんちゃんの映画を見た我が家で大人気の作品です。私も珍しくひまわり主体の映画なので新鮮さを感じて楽しく見られました。
野原一家の団結シーンが大好きなので配達員の恰好をした男にヒマワリ星へ連れていくように迫るシーンが好きです。家族を助けたい感情がわかりやすく表されているので胸が熱くなります。
一番の見どころはやはり、しんのすけがひまわりと地球の未来どちらを選ぶのかと言われたときに「どっちも大事で未来は自分で決める」と涙目で言い返すシーンです。正直言ってここは泣きます。気が付いたら涙が流れています。しんのすけが必死に頑張っているのを感じるこのシーンは子どもから大人まで感じるものがあるのではないでしょうか。
クライマックスに向けて後半は感動シーンが次から次へとやってきます。最後の最後まで感動させられます。大人だったら深読みするとさまざまなことを学べると思いますし、子どもであれば素直に家族の大切さを感じてもらえるのではないかなと思います。
何も考えずに見ても楽しかったので何度見ても楽しめる作品でした。

女性30代
女性30代

作品冒頭で、自分が我慢していたプリンを横からひまわりに取られて思わず仕返ししてしまうしんちゃんの気持ちにとても共感できました。好きでお兄ちゃんに産まれたわけじゃないのに、”お兄ちゃんなんだから”という理由でいつも我慢しなきゃならないのは理不尽だという、上に産まれた気持ちを素直に表している場面だと言えます。

しかし、「ひまわりなんていらない!」といいつつも、ひまわりの好きなおやつに無意識に目がいってしまう様子は、しんちゃんがやっぱりひまわりのお兄ちゃんで、ヤキモチやきつつも妹のことが気になるんだろうな、という想いがよく伝わってきました。

ラストのシーンでも、しんちゃんが自ら身体を張ってひまわりを助けるところは心から応援したくなるし、同時に、しんちゃんから”お兄ちゃんの強さ”を感じられます。しんちゃんがなんだかんだ言いつつも妹想いの優しいお兄ちゃんだというのがよくわかり、なおかつ、兄と妹の深い絆が感じられる心温まる作品です。

女性30代
女性30代

しんのすけがほんのちょっぴり父兄愛に目覚めるというお話でした。おやつの取り合いから妹のひまわりとケンカになり、ひろしもみさえも味方になってくれず、ひまわりなんかいなくなればいいと怒っているところにひまわりを探していたという宇宙人たちが現れる所から物語が始まります。
自分たちの日常の中でも、こうだったらいいのに、ああだったらいいのにと思うことがあると思いますが、実際そのような事が起こってみると想定外の困ったことも発生したりします。この映画の見所は本当にひまわりがいなくなって困った時の宇宙人からひまわりを取り返そうと奮闘するしんのすけの姿です。自身が起こした騒動をしんのすけは、周りの力も借りながら先頭に立って懸命に行動し、ひまわりを救出に向かいます。
その懸命な姿にしんのすけの強い責任感のようなものを感じて、こどもとしてお兄ちゃんとしての成長がうかがえて見終わった時とてもほほえましい気持ちになりました。

女性30代
女性30代

しんちゃんのお兄ちゃんだから我慢しなさいと言われる気持ち、弟や妹がいるひとたちはこの作品を見るとうんうんと思わずうなづいてします作品の出だしです。ひまわりが、しんちゃんのプリンを全部食べてしまってしんちゃんはすごく怒ってしまいます。

そんな怒りからひまわりをほしがっているよくわからない宇宙人と契約を結んでしますのです。そうしてひまわりがひまわり星でプリンセスとしてもてはやされて、しんちゃんは心のどこかでお兄ちゃん的な感情があり巨大プリンを届けようとしたりするけど失敗してしまったっり、みさえとひろしは自分の我が子なのに数秒遠くからしか眺められないことにだんだん怒りが消沈して生気がなくなっていくのでした。

そんな中しんちゃんは自分の契約のせいだと一生懸命幼稚園の松坂先生に聞いたりして、地球も救いたいでもそんなことよりもひまわりを返してと強くひまわり星のひまわりを必要とする者にたちむかうシーンは、しんちゃんのお兄ちゃんとしての成長を感じることができます。春日部防衛隊の皆も宇宙人を探したりと協力をしてくれて持つべきものは友と感じる作品でもあります。

女性20代
女性20代

今作は、野原一家の中でも、しんのすけとひまわりにスポットが当たった作品です。この2人がフィーチャーされるのは、暗黒タマタマ以来かもしれません。
テーマは「兄(姉も)という立場」と「子供にだって責任はある」ということかなと思いました。
おやつをひまわりに取られてしまい、怒ったしんちゃんが宇宙人にひまわりを渡すことに同意してしまったことから話が始まります。
ひまわりを取り戻すため、奔走する野原一家。かすかべ防衛隊も協力してくれます。
しかし、ひまわりに近付けば近付くほど遠ざかってしまい、ついにはひまわりの姿を地球のテレビを介してしか見られなくなるほどに。
「あと数十年後には私達もまた会えるんだわ…」「たったの数十年だ…大丈夫だよな…」と力なく、ひまわりをテレビで見つめるみさえのセリフには、涙が出てしまいました。私も子供がいるのですが、こんなことにもしもなったら…考えただけで恐ろしいです。
しんちゃんもストーリーが進む事に、自分のしてしまった事の重大さを意識し始めます。しんちゃんの背負った責任は、過去最大のものでしょう。しんちゃんから全て伝わってきました。
クライマックスでひまわりがしんのすけに「にーにー」と言ったのは泣けました…!

男性20代
男性20代

キャラクターの魅力がふんだんに詰まっている作品であり、特に主人公野原しんのすけの妹野原ひまわりの愛らしさが随所に溢れ出ている作品です。

主人公野原しんのすけの妹である、野原ひまわりがお姫様として中が強引に連れ去られてしまい、それを阻止しようと野原一家が立ち向かうというストーリーになっていますが、本作品の1番の見所はやはり、物語の軸となる野原ひまわりの愛らしい行動の数々で、見ていてほっこりしてしまいます。

また、ひまわりは赤ちゃんのため喋ることができませんが、鳴き方や仕草で気持ちが伝わってくるため、その点も非常によいと感じますし、声優をつとめたこおろぎさんの技術にも関心してしまいます。

また、ストーリーは超王道の家族愛がテーマになっており、喧嘩をしてしまうこともあるがやはり家族という絆で結ばれている野原一家の幸せが存分に伝わる内容で、見ていて気持ちがいいです。

唯一残念なところは尺の関係でストーリーが駆け足に感じだところです。

男性50代
男性50代

物語の舞台になるヒマワリ星の世界観が楽しかったです。
建物は未来的なデザインで、みんなパステルカラー。
高いところから見下ろすと、かわいい街並みが広がっています。
空には他の天体がいくつか浮いていて、SFファンタジーの世界みたいでした。
その星には、和を大切にする独特な考え方みたいなものがあり、星の住人はみんなそれを尊重しています。
争いが無く、人々もみんなおだやか。
でも、個々のしあわせよりも、全体の利益を優先させ過ぎていたり、一方的な価値観を押し付けてくるところもあったりで、
何か違和感や理不尽さをかんじました。
まるでブラック企業やカルトな団体のようです。
その理不尽さに立ち向かう野原家の絆の強さや、
しんちゃんのアホさと行動力がすばらしかったです。
敵のボスキャラのデザインがアメコミみたいでかっこいいです。
敵と言っても、はっきりとした悪いヤツは出てきません。
それもあって、好き嫌いが分かれる作品だと思います。

女性40代
女性40代

ひまわりが主人公でお姫様の時はとても可愛いのですが、今までの映画の中で1番独特な世界観がたっぷりなお話でした。
本当はしてはいけないサインですが、しんちゃんは人に対して慎重なのに(別の話でハンコ押しそうになりますが)意外にこうゆう時は軽いんだなと思いました。
名付け親と言うことでヒマワリ星では丁寧に扱ってもらっていましたが、ひろしとみさえとの扱い方が雑すぎてびっくりしました。

確かに人同士考え方も違うので、これもありなのかと思ってみていましたが、自分が親として「ガンバレみさえ!」「ガンバレひろし!」と思って見ていました。
1番ショックを受けたのは、しんちゃんがひまわりにプリンを食べさせようとわざわざお城に来た時です。

冒頭部で食べられてしまったプリンと重なりますが、邪魔が入りつまづいてひまわりの顔にベチャッと当たってしまい追い出されてしまうシーンです。
あの時のしんちゃんの顔がとても辛かったです。
地球に強制送還されますが、ひまわりを取り戻す為に荷物用の通じる謎の穴に決死でダイブする野原一家の凄さに驚きました。

女性50代
女性50代

しんのすけと妹のひまわりの兄弟喧嘩から始まるストーリーですが、日常良く目にする食べ物にまつわる喧嘩で、普通に言う、お母さんの、お兄ちゃんなんだから、と言った発言から始まるのだと思います。

同じ子供なのに、なんで、お兄ちゃんだからなの、と。今回も、一緒に仲良く食べるはずのプリンをひまわりがほとんど食べてしまったということから、しんのすけが怒ります。

しかし怒られたのは、やっぱりお兄ちゃんのしんのすけでした。

そこで会った宇宙人に伝説のひまわり姫を預かりたいという申し入れを承諾してしまった自分を反省し、ひまわりを助けにいくと言う兄弟愛が感じられるストーリーが、うるっとくる内容でした。

いつもしんのすけが中心のストーリーが多い中、ひまわりか中心のストーリーで、面白かったです。

ひまわりが楽しそうにしていると思っていたのに、泣いているのを見て、助けに行くお兄ちゃん、しんのすけが、ひまわりが好きなプリンを届けに侵入するというストーリーも、しんちゃんらしく良かったです。

男性20代
男性20代

ひまわりがひまわり星のプリンセスとしてさらわれてしまいます。

ひまわりと一緒に暮らせないと知ったひろしとみさえは落ち込み、しんのすけはひまわりを救おうとするところが感動的です。

UFOにさらわれているところを目撃したかざまくん、ねねちゃん、まさおくん、ボーちゃんは助けようと宇宙人を見つけます。

そこでひまわり星につながっているところを見つけるが、危険を伴うも果敢に立ち向かいます。

ひまわりを連れて帰ろうと様々な試練に立ち向かい、ひまわりを助けるか地球を助けるのかの2択を迫られます。

バランスを取ながらひまわりと一緒になろうとする場面は心に来るものがあります。

また、しんのすけはシロを大切にしていることも感じ取ることができ、心がほっこりします。

王は根からの悪者ではなく、星が破壊すると思うとひろしやみさえを安全な所へ避難させようとするところも好感的です。

結果星は破壊されず、バランスを保って良い結果になり良かったです。

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』まとめ

野原一家の団結シーンや、家族を助けたい感情がわかりやすく表されているので胸が熱くなり、兄と妹の深い絆が感じられる心温まる作品です。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 1026円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FOD

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FOD』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FOD』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました