おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【at Homeアットホーム】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

at Home 邦画

(C)映画「at Home」製作委員会

「at Home」は本多孝好の原作を映画化した作品で父は空き巣、母は結婚詐欺で生計を立てている家族の生き方をそれぞれの視点で描いた作品で家族のあり方にも焦点を当てた映画です。

映画『at Home』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『at Home』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『at Home アットホーム』予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『竹野内豊』出演の作品をお楽しみいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

「竹野内豊」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

竹野内豊 出演作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
at Home 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『at Home』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・隆史との出会い

たまたま空き巣に入った家で小学4年生の子供がバスルームで寝ていました。

「お前、ここの子か?」と和彦が聞いたのが衝撃的な出会いです。

・参観日

小学4年生の隆史の参観日に父である和彦は観にきていました。

そこで隆史は「家族」をテーマにした作文を読んでいるのを聴き、目を細めているのが印象歴です。

・掛け軸

娘の明日香はスーパーで豚肉を安く購入し家族を驚かすほどの買い物上手です。

その日の夕食はカレーでした。

夕食時に父・和彦の稼ぎの中で現金・キャッシュカードなど以外に掛け軸などの文化財があると長男・淳は足がつきやすいという理由でたとえ本物であっても焼くしかないからと叱ります。

・家族の仕事

家族5人で過ごしている森山家は父・和彦は空き巣、母・皐月は結婚詐欺、長男・淳は和彦の知り合いのゲンジの印刷所でパスポートや住民基本台帳カードの偽造などの仕事をしていました。

・明日香の受験

長女の明日香は中学生です。

とても優秀なのですが負担がかかるからと私立の高校はあきらめていました。

けど両親と兄はいかせてあげたいとそれぞれの仕事にいそしみます。

・淳の腕前

ある日、淳は偽造パスポートを作っていました。

それをゲンジにみせると「本物に近いかというよりどのくらい自然かということだ」と話し独立してもいいのでは?といいます。

・まるで本当の親のように

母・皐月もまた明日香の進学のことを真剣に考えていました。

子供たちのために頑張ろうと本当の親のような気持ちとなり話をしていると和彦は皐月のことが心配になり頑張りすぎない様に釘を刺します。

・結婚詐欺の失敗

皐月が結婚詐欺をしようと近づいたミツルは不動産屋で簡単に騙せると思い近づいていたのですが、詐欺を見抜いて皐月を拉致し廃ビルに監禁されひどい暴力を振るいます。

結婚詐欺は失敗し、和彦に電話をかけて1,000万円要求されてしまいます。

・廃墟ビルに向かう前に

1,000万円用意するために偽札を作る淳にゲンジは「あいつのこと好きか」と聞くと「父親ですから」と答えます。

廃墟ビルに向かう前に捨てずにとってあった本物の銃を取り出すと和彦に持っていくなと止められます。

・家族全員で

廃墟ビルに家族全員で向かうのですが明日香と隆史に車で待つように言いますが、心配な二人はそれを守ることはありませんでした。

痛みつけられた皐月の姿を見て同様していると車で待っているはずの隆史がミツルに「母さんを殴りました?」と尋ねます。

「僕決めたんだ。僕の家族はなくなったりしない」と言いながら銃でミツルを撃ってしまいます。

・授業参観での発表(回想)

授業参観で隆史の発表では「便利屋の仕事をする父さんは大黒柱で無茶苦茶かっこいいです。」と発表する隆史ですが、以前親から虐待を受けていたのです。

そんな隆史も和彦に助けられて徐々に心を開き「僕をここの子にしてください。」という願いに父は笑顔で答えます。

・明日香

隆史の発表は続きます。

「お姉ちゃんはとても頭がいいです。たまに喧嘩することはあるけどホットケーキはとてもおいしいです。」

そんな明日香もまた虐待を受けていて生きているのが嫌になり電車に飛び込もうとしたところを皐月に止められます。

・淳について

「お兄ちゃんは面白いことを言っていつも楽しませてくれます」と作文に書かれている淳はもともと金持ちの跡継ぎ息子でしたが両親に虐げられた生活をしていました。

ある日、我慢できなくなった淳は両親を殺そうとしますが、世間体を大切にしすぎるのをみて「あんた達を殺す価値もない」と家を出ました。

家を出た淳は偶然、和彦と出会うことで一緒に暮らすようになります。

・皐月の過去

皐月は以前夫からのDVに悩んでいました。

「なんでみそ汁の塩加減もうまくできないのか。高血圧で殺す気か?」と言いながら暴力を振るわれる毎日です。

時にお前がいないとダメだと泣いてすがってくるのでなかなか見捨てることはできませんでした。

しかし、そんな生活にも疲れて自殺しようと電車に飛びこもうとしたときに、明日香も飛び込もうとしていたので必死で止めたのがこの親子の出会いです。

2人はババ抜きで決めようと言っていたけど、勝っても負けても親子になることは決まっていたようです。

・ペットショップで

結婚詐欺の皐月はペットショップで犬をみていました。

「いろいろあって犬を飼えないの?」の言葉に隆史が「うちも同じ」と答えたこともあり何かしらの縁を感じて5人は一緒に住むようになりました。

「僕の家では父さんが大黒柱ですが、お兄ちゃんとタックを組むと無敵の最強コンビとなります。」

「僕たち家族はとても似ているとよく言われます。」と隆史の発表は続きます。

【 ネタバレ 】

・正当防衛

隆史の打った銃弾は相手に当たり倒れてしまいましたが、和彦は「足に当たっただけ」と嘘をつき家族を帰らせようとします。

淳は3人を車に乗せてから和彦のところに戻りました。

淳はミツルの手に銃を握らせると和彦に「痛いけど我慢してね」と言いながら太ももめがけて撃ったのです。

・家族での名前つけ会議(回想)

この家の大黒柱・和彦、母さん・皐月、長男・淳、長女・明日香、末っ子・隆史と5人で決めて家族が成立した時のみんなの笑顔がとても印象的です。

・出所:バス停前で

「家族を育てられなかった。出所します。」とゲンジにだけ手紙で知らせた和彦はバス停でボーっと座っていました。

そこに成長した淳が迎えに来たよと声をかけました。

・あそこに行ってみる

淳はちゃんとした印刷会社で働いているから安心してと声をかけます。

その後「あそこに行ってみる」と聞くと以前住んでいた家に向かいました。

・「おかえり」

以前住んでいた家はすっかりと荒れた状態でした。

そんな家を和彦は懐かしくみていると、2階のテラスから皐月・明日香・隆史が「おかえり」と声をかけます。

家族はみんな待っていてくれたのです。

和彦は涙を浮かべながら「ただいま」と答えます。

【 登場人物紹介 】

森山 和彦  (竹野内 豊)

森山 皐月  (松雪 泰子)

森山 淳   (坂口 健太郎)

森山 明日香 (黒島 結菜)

森山 隆史  (池田 優斗)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・家族の物語を描いたドラマが好きな人

・感動できるドラマがみたい人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

どことなく設定に『万引き家族』との共通点を見出したりしていましたが、似て非なる面白さのある作品でした。
しかし、どちらも血の繋がりよりも心の繋がりを求める人達の、悲しくも温かい物語なのは同じです。
余り大々的に宣伝されていない作品だと思うのですが、期待以上に楽しめたので思わぬ拾い物をした気分になりました。
主要キャストがみんな嵌り役で良い演技を見せてくれます。個人的には長男で偽造のプロを演じた坂口健太郎がイチバン印象に残っていますね。
吉本興業所属の芸人さんが二人ほど出ていますが、正直演技力は微妙だったので必要な配役だったのかな?……と少し疑問に残りました。
原作小説も表紙がとても良いので、機会があれば読んでみたいですね。

女性30代
女性30代

犯罪で生計を立てて過ごしている家族のお話でしたが、その家庭は本当の家族ではなく、過去にそれぞれが辛い経験をしている人達が集まっていて、観ていて何度も心が苦しくなりました。

虐待やDVなどにあって、心が空洞になっている様子がとてもありありと伝わってきて、こういう人たちが現実にもいるのだろうと思うと辛くなりました。

出演者の松雪泰子さんはおばあさんに見えるくらいやつれていたり、子役の男の子もずっと謝っている姿を観て抱きしめたくなるくらい、俳優さんたちの迫真の演技に圧倒されました。
ただ、家庭において、たできたのくさん傷つけられてきた人たちがお互いにすぐに心を開いたり、「お母さん(お父さん)になってください」と言えるのだろうかとか、なぜ普通の仕事ではなく、犯罪に手を染めるような仕事をしていたのかなどがよくわかりませんでした。

例えば人間不信になっていて、今度はこちらが人から搾取してやろうという思いを持っていたとしたら、そうなることも納得できたのにと思いました。
この映画は全体を通してみると、テーマは一貫してはっきりしていたと思いますし、良い作品だと思いました。

家庭はみんなが安心できる場所で一人一人が自然体でいられる場所でなくてはいけないなと思いました。

いつも当たり前にある関係性を振り返る良い機会になったと思います。

【 まとめ 】

空き巣の父と結婚詐欺の母、印刷会社で働く兄、中学生の姉、小学4年生の末っ子の5人の血のつながりはないけど固い絆の家族のことを描いた映画です。

家族1人一人のことが丁寧に描かれているところに感動も覚えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました