マーベル映画『ブラックパンサー』を動画配信サービスでフル視聴する方法は!?大人気マーベルアニメ名作のフル視聴はU-NEXT

洋画

出典先@シネマトゥデイ

マーベル新ヒーロー!『ブラックパンサー』日本版本予告編

 

マーベル映画『ブラックパンサー』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

マーベル映画『ブラックパンサー』の動画をフル視聴する方法

マーベル映画『ブラックパンサー』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

ブラックパンサーはマーベルシリーズのヒーローでもありワガンダの国王でもある主人公が繰り広げるアクション映画です。

まだ始めていないあなた!これを機に動画配信サービスを始めてみては?

U-NEXTで視聴する

トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題(対象外もある)

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

マーベル映画『ブラックパンサー』の殺人の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

1つの契約で4回線を利用できる。

・最新作品は解禁日に配信されることが多い(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

申し込みページはこちらから

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

マーベル映画『ブラックパンサー』のあらすじ

アフリカの超文明国ワガンダの若き国王ティ・チャラが漆黒のヒーロー(ブラックパンサー)となり活躍していきます。

突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、人類の未来をも脅かすこの国の“秘密”を守る使命を負う事となりました。

・2つの使命

2つの顔を持つ彼の使命というのは、祖国である超文明国家ワカンダの秘密「ヴィブラニウム」を守ることです。

「ヴィブラニウム」は絶大なパワーを秘めた鉱石でその力のおかげもありワガンダは目覚しい発展を遂げたのです。

その「ヴィブラニウム」を悪用しようとキルモンガーがユリシーズ・クロウと協力して盗み出してしまったことからティ・チャラは動き出します。

・釜山でのカーチェイス

ユリシーズ・クロウを追ってティ・キャラ、ナキア、オコエはクロウによるヴィブラニウムの闇取引を追っているロス司令官と遭遇し、銃撃戦を伴ったカーチェイスを繰り広げていきます。

その後捕らえられたクロウですが尋問の最中にキルモンガーに連れ去られます。

・キルモンガーが王座に

キルモンガーにはブラックパンサーに父のウンジョブを殺された過去がありました。

そのウンジョブはクロウと協力してヴィブラニウムを盗み出すという裏切りから起きたことで責められるものではありませんがキルモンガーの恨みをかってしまったのです。

ティ・キャラの叔父であるウンジョブの息子であるキルモンガーはクロウの死体を持ち込むことで王座に就くことを望みます。

王座に就くとすぐに力の源であるハート形のハーブも焼き払い世界征服をもくろみます。

・王座を取り返す

王座を失ったティ・キャラは夢で父に会い自分がこれまで世界から目の背けていたことが間違いであったと気がつきます。

世界征服を行おうとするキルモンガーにブラックパンサーとの戦いでロス、シュリ、オコエらの協力もあり勝利します。

マーベル映画『ブラックパンサー』の登場人物紹介

監督  (ライアン・クーグラー)

制作  (ケビン・ファイギ)

制作総指揮  (ルイス・デスポジート)

ビクトリア・アロンソ、 ネイム・ムーア

ジェフリー・チャーノフ、 スタン・リー

共同制作  (デビット・J・グラント)

原作  (スタン・リー)

ジャック・カービー

ティ・チャラ  (ブラックパンサー)

:チャドウィック・ボーズマン

エリック・キルモンガー

:マイケル・B・ジョーダン

ナキア  (ルピタ ニョンゴ)

オコエ  (ダナイ・グリラ)

ユリシーズ・クロウ  (アンディ・サーキス) 

マーベル映画『ブラックパンサー』の主題歌

Kendrick Lamar, SZA(ケンドリック・ラマー、シザ) 『All The Stars(オール・ザ・スターズ)』

ブラックパンサーの世界観がマッチしている曲となっています。

Kendrick Lamar, SZA – All The Stars

挿入歌でティ・チャラが飛行機に乗ってワガンダに向かうときに流れていた「Wakanda」(ルドヴィク・ゴランゾン)ではなにかしらの力強さと風土を感じます。

マーベル映画『ブラックパンサー』Twitterでの反応

 

マーベル映画『ブラックパンサー』SNSなどの評判

評価☆☆☆☆ 作品賞ノミネート

アカデミー賞で作品賞などをノミネートされ受賞したマーベルスタジオの代表作といえます。

アフリカの先代文化を感じる世界に超近代的な街や武器もさることながらブラックパンサーのカッコよさについ引き込まれていきました。ただのヒーロー映画ではない奥深さも感じました。

評価☆☆☆☆ カーチェイスがすごい!

アフリカの伝統的な文化と高度なテクノロジーが共存し融合しているところが新鮮な感じでした。

釜山におけるカーチェイスでブラックパンサーの黒ヒョウのようにしなやかな動きと闇に紛れて華麗に戦う姿はとても格好良くあのヴィブラニウムの力は本当に素晴らしい。

マーベル映画『ブラックパンサー』感想 

男性
男性
マーベル作品の中でも謎の多いヒーローです。
特に釜山で繰り広げられたカーチェイスではついつい釘付けになってしまうくらいの迫力でした。
ワガンダというアフリカの架空の国ではティ・チャラは国王でもブラックパンサーでもある2つの使命を背負うこととなり苦悩しながらも戦う姿も今までのアメコミ映画と違う印象でした。
宿敵でもあるキルモンガーには同情してしまう部分もあり敵なのに憎みきれないところもあり、国王争いが無ければティ・チャラとうまく付き合って行けたのかもしれないとまで考えたりもしました。
ライオンキングでも描かれていたように王座をめぐる戦いは結構大変だなという印象がありました。
女性
女性
自分の国を守るために必死に戦っているブラックパンサーが素敵でした。
王座を狙っている人がかなりいてそんな中でも強敵であるキルモンガーは本当に強かったです。
一時は負けてしまい敵である種族がブラックパンサーを助けてくれた時には感動しました。
悪い敵ではなく国のことを考えるあまりに対立しているだけだとわかりました。
それだけでも感動しましたが、どれほどけがをしていようが国や民を守るために一生懸命立ち向かっているブラックパンサーに一番感動しました。
戦闘する箇所は痛々しかったのですが立派でした。
また、妹がかなり頭脳派で優しく強かったため美しいです。
こんな立派な妹を持ってみたいと思いました。兄妹や家族、国民で立ち向かっているからこそここまで立派な国になり素敵な王様になれるんだと感じる映画でした。

男性
男性
こちらの作品はMARVELシリーズでは比較的新しい作品です。
内容としては、一国の王子が、事件により父を失うところからはじまります。
いきなり王位を継承することになったのですが、この国の王は権力以外にも継承される物がありました。
それは、ブラックパンサーの能力です。
国を守るため、そしてブラックパンサーの能力を継承する為に、国で1番強いものを決める試合が行われます。
ここで勝って王位継承と思いきや、1度敗北し能力を別の者へ継承されてしまいます。
しかし、ここで終わらないのがMARVELのいいところで、王子も能力を継承することに成功し、能力者同士の頂上決戦が行われます。
簡潔に記載しましたが、詳しくは是非作品を見てください。
男性
男性
この映画はマーベル映画シリーズの1つです。また、アベンジャーズシリーズの1つでもあるため、できればアベンジャーズシリーズの映画を見ておくことをお勧めします。映画の中で多少シリーズを見ておかないと「??」な部分がでてくるからです。
また、定番のヒーロー対悪のアクション映画なのですが、近年の映画技術により、爽快感やハラハラ感が増しています。
注目するキャラクターとして、主人公に目が行きがちですが、女性キャラクターにも注目して欲しいです。今回の主人公は1人のスーパーヒーローでありながら一国の王であるため、その重責が表現されています。その重責を1人で抱えないように周りの女性が必死に主人公を守り、そして支えます。
男性
男性
今作のテーマはズバリ激熱熱血アフリカンアメリカンヒーローストーリーです。舞台はアフリカですが演じるのはアメリカ人俳優です。主人公は王子様ですが急なことから王への即位を求められます。しかし、簡単には王になれず、なぜか国内にいながら王国に敵対的な姿勢を取っているジャバリ族の戦士と対決し何とか勝利することで王になれます。このシーンに象徴されるように、舞台となる国ワカンダは高度なテクノロジーを誇りつつもマッチョイムズ全盛国家であり、とかく力の論理が軸となってます。ですので、とかく今作に出てくる人々は「人生はぶつかり合い。勝った方が正義。」との姿勢で闘います。なので、友情、努力、勝利とジャンプでのコミカライズを狙っているのかと思うくらいの暑苦しい熱血アクションものとなっています。いっそのことレッドパンサーとかにすれば良かったのに。
男性
男性
ワカンダの若き新国王となったティ・チャラの苦悩や葛藤、国への愛と忠誠の姿、彼が行うミッションや後半の国をあげての戦い。marvel制作だけにCGがふんだんにもりこまれていて、ストーリーはシンプルです。ただCGやアクションの派手さだけではなりません。
主人公、そして主要な登場人物は黒人、物語にでてくる国はアフリカの一国ワカンダ、さらに進化したテクノロジーと相反するしきたりや風習と世界情勢すべてが収まっていることに注目です。
映画の中での女性たちは強く、また誰もがしなやかでかっこいいというのも注目です。
人種や性の差別が取り払われた内容であり、黒人のポテンシャルの高さを十二分に見せつける映画でもあるのです。ワカンダという国名が、内戦で虐殺が横行したルワンダを想像させ、ティらの活躍で国が良くなる方向に向かう様は、ルワンダという実在する国の行く末を見るようで気持ちいいのです。
当然映画には派手なアクションや戦闘シーンはあります、ただ裏にある世界の歪みを正そうというメッセージをわかるかどうかで、楽しみ方はより深くなっていくはずです。
男性
男性
キャプテンアメリカの作品、シビル・ウォーにて登場してきたヒーロー。
登場とともに自分の父である国王が殺されてしまう。彼のスーツの秘密や、素性などは特に明かされることなくシビルウォーの幕は閉じます。
そしてこのブラック・パンサーでは、その国家、スーツの秘密、彼の素性や王位をめぐる争い、そしてキャプテン・アメリカでも出てきたCIAロス捜査官も巻き込まれ、ワガンダ国全体を巻き込んだ高いが始まります!
作品の見どころはいくつかあって、一つは王位継承で起きる決闘です。
一度は王位継承に敗れるも、再び王座奪還のために決闘するシーンは、守るもの、大切なひとたちの存在、奮いたつ勇気と起死回生は見どころです。
またワガンダ王国ならではの鉱物「ヴィヴラニウム」と最先端テクノロジーの武器やスーツ、戦闘シーンはこれまでのアベンジャーズやスパダーマンなどとは、ひと味も、ふた味も違いキレ味するどく、かつダイナミックなダークアクションは爽快です。
様々なユニーク武器も見どころです。
その他にも部族の衣装やデザインなどもオシャレだったり、親衛隊のキャラや忠誠心の気高いところもかっこよかったです。
ブラックパンサーのスーツの能力の一つで、エネルギーを貯めて解き放つ瞬間はなんとも言えない爽快感で、アクションは総じてかっこいいです。
また配役もよく個人的にかっこよかったのは、王座を奪いにくるキルモンガーの軍隊服やプロポーションもかっこよく今後の活躍や戦闘が気になります。
また捜査官ロスもとてもよく、今後ブラックパンサーやマーベルにぜひ関わってきてほしいなと思います。

まとめ

ブラックパンサーはマーベルシリーズのヒーローでもありワガンダの国王でもある主人公が繰り広げるアクション映画です。

U-NEXT公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました