おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ドラゴンボールZ極限バトル!!三大超サイヤ人】動画を無料(アニメ映画)フル配信で視聴

アニメ映画

(c) バードスタジオ/集英社・東映アニメーション

劇場版 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(プレビュー)

映画『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

劇場版『ドラゴンボール』の歴代作品紹介

劇場版 ドラゴンボール 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS FOD

1「神龍の伝説」(1986年)

2魔神城のねむり姫(1987年)

3「摩訶不思議大冒険」(1988年)

4「ドラゴンボールZ」(1989年)

5「この世で一番強いヤツ」(1990年)

6「地球まるごと超決戦」(1990年)

7「超サイヤ人だ孫悟空」(1991年)

8「とびっきりの最強対最強(1991年)

9「激突!!100億パワーの戦士たち(1992年)

10「極限バトル!!三大超サイヤ人」(1992年)

11「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」(1993年)

12「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」(1993年)

13危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年)

14「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」(1994年)

15「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」(1995年)

16「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」(1995年)

17「最強への道」(1996年)

18「神と神」(2013年)

19「復活の「F」」(2015年)

20「ブロリー」(2018年)

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

劇場版『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

あらすじ

・人造人間

人造人間20号であるドクターゲロは自分で作り上げた人造人間17号により殺され人造人間の製造は止まったかに思えた。

だが実際はドクターゲロの研究所の地下にも研究所があり、ドクターゲロの想いを引き継いだコンピュータにより13,14,15の人造人間が作られていた。

悟空一行はみんなで買い物をするためデパートまで来ていて、悟空の持っている荷物は山のようになっていた。

一方で街で爆発が起き、その場には人造人間の14号と15号がいて悟空の殺害を目標として邪魔となる存在を破壊し続けているようだった。

それとは知らずにレストランで食事をしていた悟空達は人造人間達の攻撃を受け、レストランにいた人々を助けたのちに戦闘へと移行する。

14号と15号は連携し、悟空を苦戦させていたがトランクスが加勢した。

被害を恐れた彼の提案で誰もいないような氷河地へ移動し戦闘を再開するのだがトランクスはまるで人造人間に歯が立たず、悟空も苦戦を強いられていたところに人造人間13号まで現れ絶体絶命の危機となる。

13号が悟空に向け放ったトドメの攻撃S.S.デッドリィボンバーはベジータのエネルギー弾により防がれ、13号は15号にベジータとの戦闘を指示したことから各自1:1の状況となり少し戦況は安定し始める。

しかし、15号による悟空達のデータの分析とデータの共有により次第に不利になっていき、彼らは各自スーパーサイヤ人化することを余儀なくされる。

白熱する戦いの後、トランクスとベジータが相手していた14号と15号は倒すことが出来たが、悟空が相手する13号だけは未だ苦戦気味で戦いを終えたベジータ達に加えピッコロも参戦する。

ネタバレ

・悟空と元気玉

一人となったにも関わらず余裕を見せる13号は14号と15号からそれぞれ動力炉に加えコンピューターチップを吸収し、見た目が青色へと変わり強化される。

強化された13号はベジータたちを容易に倒し悟空でさえ歯が立たない程に強くなっていた。

14号と15号の長所を獲得した13号の圧倒的な力に追い込まれた悟空は元気玉を使う事を決める。

仲間達が無防備になってしまう悟空の元気玉発動のために命がけで時間を稼ぎ、全員倒されたころには元気玉は完成しており、悟空はスーパーサイヤ人に変身するのだが元気玉の性質上スーパーサイヤ人の状態では元気玉を維持できないのだ。

そのため彼は元気玉のエネルギーを自分の物とし強くなり、13号の攻撃を気で弾き、更にはトドメに拳で身体を貫いた。

後に悟空はこの時の戦闘を覚えておらず無意識状態だったと語る。

\ 劇場版ドラゴンボールシリーズをチェック !!/

『極限バトル!!三大超サイヤ人』の動画を無料フル視聴する▼

登場人物紹介

 

孫悟空    (野沢雅子)

孫悟飯    (野沢雅子)

ベジータ   (堀川亮)

トランクス  (草尾毅)

クリリン   (田中真弓)

ピッコロ   (古川登志夫)

人造人間13号 (曾我部和恭)

人造人間14号 (江川央生)

人造人間15号 (小林俊夫)

Twitterでの反応

https://twitter.com/MrKaytos/status/1225424747556724737?cxt=HKwWgoC7kZfUyoEiAAAA

こんな人におすすめ

・ドラゴンボール映画が好きな人。

・トランクスが好きな人。

・バトルアニメの好きな人。

感想

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

作品の見所は、悟空、べジータ、トランクスの三大スーパーサイヤ人対合体最凶人造人間との対決です。
平和な町に突如二人の人造人間があわられました。それは、人造人間14号、15号でした。
町で買い物、食事をしていた悟空へ襲い掛かり、戦いが始まりました。
被害を食い止めるため、戦いの場所を北の氷河地帯に変更しました。
そこには、人造人間13号もいました。悟空とトランクスが人造人間と戦っていたところ、べジータも加わり、さらに戦いは激しくなりました。
人造人間は強く、悟空たちはかなり押されていましたが、悟空、べジータ、トランクスはスーパーサイヤ人となり、三大スーパーサイヤ人が揃いました。人造人間14号、15号はべジータ、トランクスに倒され、人造人間13号だけとなりましたが、壊れた14号、15号のチップを体内に取り込み合体をしました。
合体した13号はスーパーサイヤ人3人掛かりでも苦戦し、べジータ、トランクスがやられてしまいました。
スーパーサイヤ人でも倒せないため、悟空は最後の手段で元気玉をつくり最後の攻撃の準備をしました。
ここで、悟空は元気玉をつくりつつ、もう一度スーパーサイヤ人となり、元気玉のパワーを取り込み、13号へとどめの一撃をかまし、勝利しました。
当時、元気玉は邪悪な心のスーパーサイヤ人では扱えないと思っていましたが、元気玉のパワーを取り込んでからのとどめの一撃には驚きました。しかし、スーパーサイヤ人の新たな可能性を感じることができた面白い作品です。

女性30代
女性30代

人造人間13号、14号、15号が悟空たちに戦いを挑むで、未来トランクスが映画初登場で見どころです。
ドクターゲロが死んだ後も、ドクターゲロのコンピューターは動き続け、新たな人造人間を作り出しました。
そして14号と15号は、悟空と未来トランクスに戦いを挑みます。ドクターゲロの執念を感じて、話の導入は良かったです。
そこに13号とベジータが合流し、3vs3のバトルとなりました。
順調に敵を倒していき、残り13号のみとなりましたが、14号と15号のチップを吸収し、合体13号となりました。
名前は非常にダサいですが、強さは本物です。(劇中に名前は出てきませんが、パンフレットに”合体13号”と書かれています。)
そして、悟空は切り札の元気玉を作り、その元気玉を利用して敵に打ち勝ちます。
映画の長さが、少し短く感じましたが、面白かったです。

女性30代
女性30代

劇場版ドラゴンボールの第10弾として1992年に公開された作品です。
時系列的にはアニメ本編の人造人間編あたりになりますが、平成の劇場版シリーズはアニメの平行世界のような形で進む為、
この作品もドラゴンボールZのif世界のお話として見るのが良いかと思います。
原作とは離れたアニメオリジナル作品ですが、ドラゴンボールらしさが非常に良く出ていて違和感なく見ることが出来ます。
孫悟空を抹殺しようとドクターゲロが残したスーパーコンピューターが作り出した新たな人造人間13号・14号・15号が悟空・ベジータ・トランクスと戦います。
今回は今までと違い市街地でのシーンから始まるためそれぞれのキャラクターの新鮮な一面が見れます。
互角に戦っていると思ったら敵がパワーアップしてピンチになり、最後はやっぱり悟空という感じはお約束ですが、
そこに至るまでに他のキャラクターの奮闘が熱くて思わず夢中になってしまいます。
迫力満点の作品になっているので楽しめる事間違いなしだと思います。

まとめ

今作で10作目の映画になります。

少しずつ悟空の力が突出し始めている感じがして、最近のドラゴンボールへと近づいてきていますね。

そしてここから後のドラゴンボール映画なら過去に見たという人が多いのではないでしょうか?

敵もどんどん強くなりますが、それ以上に悟空も強くなり視聴者を興奮させてくれますのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました