【無料フル視聴動画】佐藤健&土屋太鳳W主演『8年越しの花嫁』を動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!U-NEXT

邦画

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」予告編

映画『8年越しの花嫁』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『8年越しの花嫁』の動画を無料でフル視聴する方法

映画『8年越しの花嫁』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

本映画は2019年に公開された、人気少女漫画の実写化作品です。

動画配信は U-NEXTで配信中ですので、ぜひ御視聴ください。

“31日間無料視聴する

無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

映画『8年越しの花嫁』の視聴はU-NEXT

 U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

U-NEXT公式

無料トライアル申し込みページ

男性
男性
映画やドラマやアニメはもちろんの事、漫画や雑誌といった電子書籍まで手広くカバーしているところが惹かれ入会しました。
31日間無料お試し期間の利用するだけでも、大変お得だと思います。
解約手数料はかかりませんので、お気軽に使える動画配信サービスだと思います。
画像も大変綺麗で外出先のスマホでも気軽に視聴できて、もうU-NEXT無しの生活には戻れません。

女性
女性
ファミリーアカウントで四つの端末で見放題というのが魅力です。
三人の子供がいるのですが、各々見たい作品が違うので各々の端末で見れて非常に重宝しております。
毎月1200ポイントもらえるのも、とてもお得ですね。
少し前までレンタルでDVDを借りてたのが信じられないです。
新作映画のラインナップのリリースも非常に早いのに、驚かされました。
U-NEXTは非常に充実した動画配信サービスだと思います。

ニッチな作品まで収められているので、見逃した作品や、お気に入りの監督の映画、人生で気にいる一本が見つかるかもしれません!

画質はお持ちの端末に依存しますが、自動、高画質、低画質、最低画質が選択出来て、

通信制限に対して選択する事が出来ます。

例えば家にいて、ビジネスタイムが発生したならば、低画質でなど選択は出来ます。

漫画が読める電子書籍サービスや雑誌読み放題も

漫画は読み放題ではありませんが、雑誌は読み放題です。

ポイント付加が毎月あるので、そちらで漫画を購入する事も出来ます。

 

 

泣ける映画として話題の8年越しの花嫁。

実話をもとに描かれていて、主演は実力派俳優として人気の佐藤健と土屋太鳳が演じています。

映画『8年越しの花嫁』あらすじ

出会い

自動車整備工場に勤める西沢尚志(佐藤健)は先輩の誘いで合コンに行くことに。

そこで出会った中原麻衣(土屋太鳳)に帰りがけに、つまらなそうな態度を取っていて場の雰囲気を悪くしていたと怒られます。

尚志は実は具合が悪かっただけでつまらないと思ったわけじゃないということを麻衣に言うと、誤解が溶けて2人は意気投合し、次第に惹かれあっていきます。

付き合い始めた2人は一緒にドライブをしたり、お互いの家に遊びに行ったりと、どんどん仲を深めていきました。そして結婚を意識した尚志は麻衣に指輪を渡しプロポーズします。

麻衣は嬉しくて涙を流しながらOKしました。

その帰り道、麻衣に連れられて結婚式場へ行く2人。

結婚式を挙げていた新郎新婦の姿を見つめる麻衣の姿に尚志は思わずスタッフを呼び止め、2人が付き合い始めた記念日の3月17日に結婚式を挙げる予約を入れます。

麻衣の異変

結婚式まであと少しというときに麻衣の体に変化が現れます。2人が行った旅行の写真を見ても覚えていないというのです。

そのあとに錯乱状態になった麻衣は病院へ。そのまま意識が戻らなくなってしまいます。

医者は「抗MNDA受容体脳炎」という難病で、いつ目が覚めるのかもわからないと言います。それでも、麻衣の意識が戻るのを信じて待ち続ける尚志。

そんな尚志に麻衣の両親は「もう麻衣のことは忘れてくれ」と言います。

麻衣の目覚め

それから数年の月日が流れ、麻衣が目を覚まします。

心から喜ぶ尚志と両親でしたが、麻衣は記憶を失っており、医師からは「生まれなおした状態で幼児のようなもの」だと言われてしまいます。

また一から麻衣との関係を築いていこうと側で支え続ける尚志と、懸命にリハビリに励んで回復していく麻衣ですが、麻衣は尚志のことはいつまで経っても思い出すことが出来ずにいました。

周りから婚約者だと聞かされ、ずっと側にいてくれた尚志に悪いと、記憶を取り戻そうと懸命に頑張る麻衣ですが、焦るほどに苦しくなっていきます。

そんな麻衣の苦しんでいる姿を目の当たりにした尚志は麻衣に「今度は自分を大切に生きていってほしい」と別れを告げ、麻衣のもとから去っていきました。

別れた後に

それから数年、退院した麻衣は何気なく結婚式場を見ていると、式場のスタッフが話しかけてきます。

麻衣は覚えていませんでしたが、そのスタッフによると8年前に尚志と2人で式場の予約をしていて、麻衣が眠っている間も毎年3月17日に尚志は式場の予約を入れ続けていたと言います。

麻衣はずっと暗証番号がわからなくて開くことのできなかった携帯電話に「0317」と打ち込むと、尚志と一緒に笑顔で写っている写真と麻衣の闘病を一緒に頑張ってきた尚志からの動画が送られていました。

それを見た麻衣は尚志に会いに行き、「記憶は戻っていないけど、あなたのことをもう一度好きになった」と言い、尚志は「俺はずっと好きでした」と答えました。

そしてずっと一緒に歩いていこうと抱き合うのでした。

結婚を約束してから8年目の3月17日。

ずっと待ちわびていた日、2人はたくさんの人に祝福されながら愛を誓いあうのでした。

映画『8年越しの花嫁』登場人物

中原尚志   (佐藤健)

中原麻衣  (菊池太鳳)

中原初美  (薬師丸ひろ子)

中原浩二  (杉本哲太)

映画『8年越しの花嫁』主題歌

back number  『瞬き』

ドラマや映画とのタイアップも多い、大人気バンドのback numberが主題歌を担当しています。

歌詞も映画とリンクしていて、エンドロールで流れるこの曲で再び涙腺が緩みますよ。

映画『8年越しの花嫁』ツイッターでの反応

 
 

映画『8年越しの花嫁』の感想

男性
男性
どうせよくあるお涙頂戴の感動作でしょ、と食わず嫌いで見ていなかったのですが、瀬々敬久監督と脚本・岡田恵和のタックと聞けば、食指が動く人も多いと思います。
実話がベースにあり、昏眠状態になってから数年して目覚め、厳しいリハビリを経て8年後に結婚したという大筋は確かに守っているが、恋人たちと家族の関わりと思いをよりドラマチックに終わらせることなく普遍的な愛の物語に昇華することに成功している。
物語のヒロインである、優等生の印象が強い土屋太鳳は、闘病中の(おそらくは薬の副作用であろう)パンパンに膨れ上がった顔を特殊メイクで再現し、従来のイメージを突き破ろうとする意気込みを感じさせる。
そう簡単には泣きませんよという、やや冷め気味に見ていたが、いつの間にか涙ぐんでいた。

男性
男性
一番の見どころは土屋太鳳さん演技力です。
抗NMDA受容体脳炎という難病の麻衣さんを演じられていますが、発作や症状を女優と言う枠を超えて演じられています。
女優なのにこんな表情をしても大丈夫?と思うくらい熱演されています。
それほどこの映画で大勢の人に伝えたい事があるんだと思わされます。
次に、佐藤健さんが演じる尚志さんの麻衣さんを思うまっすぐな気持ちには心が洗われます。
そんな尚志さんの気持ちを麻衣さん家族も気遣い、辛い対応し引き離そうとされますがそれにも負けず、
完治して良くなる麻衣さんを看病する尚志さんには涙が流れてきます。
この話は実話に基づく話なので、健康でいられる幸せを感じさせてくれる
すばらしい作品だと思います。

女性
女性
元気だった麻衣が病気にかかり、しかもその病気は300万人に1人の確率でその演技をした土屋太鳳さんがものすごい演技力でまずそこが見どころだと思いました。
映画の感想は、8年間も眠っていた麻衣がまさかの目を覚まし尚志も驚いた表情で嬉しかったと思います。
でも麻衣は尚志のことだけを覚えていなく思い出そうと頑張ってノートに今までの出来事を書き出したけど思い出せなくて、ある日アパートに麻衣が行く途中転んでしまい尚志はむしろ麻衣を危険な目にあわせてると会うのをやめた場面がとてもぐっときました。
でも結婚式場の方に会い、色々きいた麻衣は尚志に会いに行き
もう一度好きになったと伝えた所で、私は運命の人ってもう一度好きになる人のような人なんだなと勝手に思いました。
とても素敵な話でした!
後、尚志の両親が映らなかったのは疑問でした。

女性
女性
突然恋人が自分のことをわからなくなってしまっても、佐藤健さんは諦めずに太鳳ちゃんに寄り添っていたことがもうすでに感動していました。
心が持たないはずなのに仕事もして気丈に振舞ってくれていて、しかも両親からはもう違う人とと進められてしまっても佐藤健さんは太鳳ちゃんのお見舞いに毎日のように行ってくれていて愛が伝わったんだろうと勝手に思ってしまいました。
リハビリをしてくれているときもだんだんと話も出来るようになってきて病気になっても負けない気持ちって体を良くしてくれる魔法なんだと思いました。
自分の周りに愛してくれる人がいればそれだけでも活力になるんだと思いました。
私がいろんなことを悩んでいたのが恥ずかしくなってきてしまうくらい力強いと思いました。

女性
女性
佐藤健さんと土屋太鳳さんという、お互いちょっとひねくれたところがあるものの若くて美男美女のカップルが、まさか不慮の事故によって、近くにいながら8年間も意思の疎通ができない状態になるとは…と、明日はいつも当たり前にくるわけではないことを思い知らされます。
土屋太鳳さんに懸命に寄り添おうとする佐藤健さんに「家族じゃないから」と、時折、冷たい言葉を投げつけてしまう母親の薬師丸ひろ子さんは、とてもリアルな演技だなと思います。
それほど、8年間という年月は長いもので、佐藤健さんはよく変わらずに支えていてくれたなと感動します。
そして、土屋太鳳さんが、長い眠りから目覚めても、体の機能を取り戻すためには、血のにじむようなリハビリを行なわなければならず、体育大学に通っていた土屋太鳳さんには、ぴったりの役だなと思いました。健康に感謝して、毎日を生きていきたくなる映画でした。

女性
女性
結婚の約束をしていたカップル佐藤健演じる西澤尚志と土屋太鳳演じる中原麻衣に急に襲い掛かる悲劇と感動のストーリーです。
突然麻衣が原因不明の病になり意識不明になってしまい、何年間も眠ったままになってしまいました。
その間、尚志は毎日見舞いに行き麻衣の病床記録をカメラに残したり、麻衣が回復する事を祈り続けていました。
希望をすてず前向きな尚志の姿が見どころでした。周りから絶望的なことを言われてもあきらめることなくいつまでも麻衣を待ち続けた末、奇跡的に麻衣が目を覚まします。
しかし麻衣の記憶はなく尚志のとの思い出も何もかも忘れてしまっていました。
そんな状態の中でも毎日麻衣の事を思いひたすら愛し続ける尚志の一途な姿が感動的でした。
一方麻衣は何一つ思い出せない自分を責め続けて葛藤の繰り返しでした。
そんな二人の出した結果が別れる事でした。しかし麻衣は眠っている間に尚志が自分にしてくれていたことや思いを知り二人は再び結ばれるのですが、この話が実話ということを考えながら見ると涙なしでは見れない映画です。
土屋太鳳さんの演技力のすごさにも引き付けられました。特にラストシーンが感動的で胸が熱くなる映画です。

女性
女性
女性が大好きなタイプのラブストーリーです。
定番のラブストーリーですが、女性が大好物な話だと思います。
とにかく愛の力と、美男美女の2人が素晴らしく美しく感動します。病気で目覚めなくなった婚約者の女性ををひたすら待ち続ける男性側の愛の深さと、我慢強さ。誰もがこんなふうに愛されたい!と思うのではないでしょうか?そんな男性を、演じるのが今1番女性を夢中にしているであろう佐藤健。
そんな素敵な男性を演じる佐藤健がカッコよくないはずがありません。映画を視聴した全女性が夢中になったこと間違いありません。
愛に飢えている方、涙活をしたい方はぜひこの英語をみて満たされて欲しいなと思うお勧めの映画です。
是非一度みて、愛について考えてみてほしい映画です。

女性
女性
見た後に心が温かくなり、近くにいる人を大切にしたくなる映画でした。この作品が心に染みる理由に、「実話」だということがあげられます。もし、自分の恋人が病にかかり、さらに自分のことだけ記憶がないとなった時、私はそばで待つことができるだろうか。自分の恋人は待ってくれるだろうか。そんなことを考えると、主人公の心の強さと恋人への愛の大きさを強く感じ、心から素敵な関係だなあと羨ましくも思いました。
見た後に物語の題材となった夫婦はどうなったのだろうと気になり、調べてしまうほど彼らの魅力に引き込まれたのが印象深いです。
また健気に待ち続ける、少し気弱ででも真の強い男性を演じた佐藤健さんの言葉でなく、動作や顔から伝わる決意・心情もグッと心を掴まれました。

女性
女性
実話を基にしたストーリーでかなり感動でき泣ける作品です。
2人の運命的な出会いから付き合い、結婚を間近にするも彼女の急な原因不明な病により意識不明の重体そこから奇跡的に車椅子での移動、話ができるようになるまで復活するもまさかの彼氏であるひとのことを覚えていない。
かなりの年月の看病、そしてただまた一緒になることを願い続けた彼氏。
いつかまた思い出してくれる、そしてまた自分を好きになってくれるそんな思いがすごく伝わってきてドキドキもするし本当に結ばれて欲しいと願いたくなります。
彼女がずっと意識不明になってから動画を撮り彼女の携帯に送り続けていた彼氏。
その佐藤健さんの優しい雰囲気もあっていてすごくいいし、泣けます。最後にタイトルの意味がわかる感じもよかったです。

女性
女性
これは本当にあったお話です。ごく普通のカップルに突然起きた実話、だからこそとても恐ろしいことです。
突然大きな病気になって何も分からないままに心臓停止、更には動けなくなって何年もというヒロインもつらかったでしょうがすごいのがそれを続けた彼です。佐藤健さんというとかっこいいんだけれどどこかチャラ男のイメージがありましたが、好青年を見事に演じきっていて役者としてのすごさを思い知らされました。
目覚めるかどうかも分からない彼女、薬の影響でしょうか頬は膨れ上がり以前の姿を全然失ってしまっているにも関わらず可愛いと思って好きでいられ続けるパワーがすごいです。
そんな彼を敢えて突き放そうとするご両親も立派で、こんな人が日本にいることは誇りです。

映画『8年越しの花嫁』まとめ

タイトルから想像できるように、最後は幸せな結婚式を迎えることが出来た2人ですが、そこに至るまでの道のりがあまりに険しかった!

婚約が決まって、これからもっと幸せが待っているという時に、最愛の人が昏睡状態になってしまう。ようやく目を覚ましてくれたと思ったら、自分のことを覚えていない。

何があっても麻衣から離れることはないと誓っていた尚志が、麻衣のために身を引く姿に愛の深さを感じました。

そして、思い出すことはできないけれど、尚志の自分への愛情を受け取って、ここからまた一緒に歩いていきたいと動き出した麻衣の姿にとても感動しました。

是非、大切な人と一緒に見てほしい映画です。

U-NEXTを31日間無料で視聴してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました