おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

ラ ラ ランド 無料動画配信(ディズニー映画 字幕 吹替 ミュージカル)フル視聴 9tsu Pandora opneload

アニメ映画

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

「ラ・ラ・ランド」本予告

Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanime、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステの違法サイト視聴状況

映画『ラ・ラ・ランド』の動画は、Dailymotion(デイリーモーション)Pandora(パンドラTV)、anitube(アニチューブ)、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどで視聴出来るかもしれませんが、違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

劇場版『ラ・ラ・ランド』のフル動画を視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ◎ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与
・毎月1日1200pt付与
  〇 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与
・8のつく日に400ポイント付与
  〇 933円 14日間 なし
  〇 933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  〇 500円 30日間 なし
  〇 500円 31日間 なし
  〇 800円〜 なし なし

◎ ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可(大本命) 

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

映画『ラ・ラ・ランド』のフル動画を視聴するには『U-NEXT』トライアル期間を利用するのが一番オススメです。

映画『ラ・ラ・ランド』の動画をフル視聴する方法

映画『ラ・ラ・ランド』の動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

トライアル入会特典600ptでご視聴いただけます。

\ いつでも解約OK!トライアル期間だけでもOK! /

▼映画『ラ・ラ・ランド』の動画をフル視聴する▼

>>トライアル入会で600pt(ポイント)もらえます。

他のディズニー作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

▼他のディズニー作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

映画『ラ・ラ・ランド』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

映画『ラ・ラ・ランド』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ラ・ラ・ランド』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\トライアル期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』のお試しはこちら

>>期間中の解約は違約金は発生しません!

『ディズニー』の歴代作品紹介

ディズニー 作品 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS hulu
ラ・ラ・ランド
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
アリス・イン・ワンダーランド
マレフィセント
ダイナソー
ラマになった王様
ブラザーベア
くまのプーさん
プリンセスと魔法のキス
ボルト
トイストーリー1
トイストーリー2
トイストーリー3
トイストーリー4
美女と野獣
アラジン
ライオンキング
リメンバーミー
2020年9月現在、『ディズニー』シリーズは『U-NEXT』『hulu』『TSUTAYA TV /DISCAS』の3つの動画配信サイトにて視聴できます。

映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画「ラ・ラ・ランド」はデイミアン・チャゼル監督の作品で、2016年に公開されたミュージカルロマンティックコメディ映画です。

女優の卵、ミア(エマ・ストーン)とジャズミュージシャンのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が恋に落ちる物語です。

現代のロサンゼルスを舞台にした、このオリジナルミュージカルは、夢を追い求めることの喜びと痛みを描きます。

この作品は、2017年の第89回アカデミー賞では史上最多14ノミネートを受け、6部門を受賞しました。

あらすじ

舞台は夢を追いかける人が集まる街、ロサンゼルス。ミア(エマ・ストーン)はスタジオのカフェで働きながら女優を目指している女優の卵。

セバスチャン(ライアン・ゴズリング)は売れないジャズミュージシャンで、いつか自分の店を持ちたいと夢見ています。

そんな2人があるパーテティーで知り合い、二人は恋に落ちますが、やがて二人の心はすれ違い始めます。

ネタバレ

「冬」

渋滞したロサンゼルスの高速道路で、ようやく車の流れが動き出します。

ミアはオーディションの練習に気を取りられていてそれに気がつかず、後ろの車の男性セバスチャンからクラクションを鳴らされてしまい、腹を立てます。

ミアはワーナーズ・スタジオ内のカフェでアルバイトをしています。

女優志望の彼女はオーディションを受けては落選する毎日です。

気晴らしにルームメイト達にパーティーに誘われましたが、途中でパーティーを抜け出してしまいます。

しかし、うちへ帰ろうとすると車が駐車違反でレッカー移動されていて、仕方なく徒歩で帰ることに。

通りかかったバーからピアノの演奏が聞こえてきます。

なんと演奏していたのはクラクションを鳴らしてきた男性、セバスチャンでした。店の指示した音楽を演奏しなかった彼はクビになってしまいます。

「春」

ミアはまた別のパーティーに参加していました。

すると、セバスチャンがバンドの一員として演奏していましました。

ミアの方から声をかけ、2人はそこから親しくなります。

互いの身の上や夢を語り合う上で惹かれ合います。

一緒に「理由なき反抗」を見る2人、映画のシーンで出てきた「グリフィス天文台」へ向かいデートの続きを楽しみます。

ミアは翌日から「一人芝居」のための脚本を書き始めます。

「夏」

ミアとセバスチャンはいつも一緒、やがて一緒に暮らし始めます。

ミアとセブは励まし合いながら、お互いの夢を支え合っていました。

セバスチャンは昔馴染みのキースからバンド加入の誘いを受けます。

バンドが演奏する音楽は、セバスチャンの愛するジャズの要素はなく戸惑いますが、稼ぐために割り切ります。

ツアーで全米各地を回ることになりました。

「秋」

ミアは一人芝居の舞台の最終準備にかかっていました。

ある日、ツアーから帰って来たセバスチャンににミアは、今のバンドの音楽が好きなのかと聞きます。

そこから大喧嘩が始まります。

ミアの「一人芝居」本番当日を迎えます。

セバスチャンは間に合わず、駆けつけますが、すでにミアの舞台は終わっていました。

完全に落ち込み、自信を喪失したミアは一旦実家へ帰ります。

ある日、ミアの一人芝居を見て高く評価した映画関係者からセバスチャンに、キャスティングのオファーの連絡が入ります。

セバスチャンはミアの実家を探し出し、必死で説得して連れ戻します。

ミアはセバスチャンの車でオーディションへ向かい、オーディションで持てる力を出し切りました。

オーディション後、互いに愛し合っていることを確認し、お互いの夢を優先して二人は関係を保留することにしました。

「エピローグ・5年後の冬」

5年経ち、ミアは女優として売れっ子になっていました。

夫、デヴィッドと結婚し、子供も生まれていました。

セバスチャンは念願のジャズ・クラブを開いていました。

ある夜、夫と共に出かけたミアでしたが、聞き慣れたジャズが耳に入ってきます。

立ち寄ってみるとセバスチャンのジャズ・クラブでした。

観客席にミアの姿を見つけたセバスチャンは、ミアとの思い出の曲を弾き語ります。

演奏が開始されるとともに、「あの時別の道を選んでいたら」と空想の人生が次々と映し出されます。

曲が終わり二人はお店を出て行きます。

振り返ったミアとセバスチャンは思いを込めて見つめ合います。

 

\ 本編をチェック! 

映画『ラ・ラ・ランド』の動画をフル視聴する▼

>>お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

セバスチャン (ライアン・ゴズリング)

ミア (エマ・ストーン)

キース (ジョン・レジェンド)

ビル (J・K・シモンズ)

ローラ (ローズマリー・デウィット)

トレイシー (キャリー・ヘルナンデス)

アレクシス (ジェシカ・ローテ)

ケイトリン (ソノヤ・ミズノ)

グレッグ (フィン・ウィットロック)

デヴィッド (トム・エヴェレット・スコット)

ミアの母親 (ミーガン・フェイ)

ハリー (デイモン・ガプトン)

カルロ (ジェイソン・フュークス)

ジョシュ (ジョシュ・ペンス)

ヴァレット (トレヴァー・リサウアー)

アリステア (マイルズ・アンダーソ)

主題歌

・Another Day of Sun

Twitterでの反応

こんな人にオススメ

・夢を追いかけている人

・ミュージカルが好きな人

・ジャズや音楽が好きな人

感想

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

この映画は、男女の恋愛と夢といったものを感じることができました。二人の男女が、お互いに惹かれあい、恋に落ち、夢に向かって進んでいくのですが、すれ違いから、お互いに別々の道を歩んでいくといったものになっています。

ここだけ聞くと、ありきたりなものに感じてしまいますが、この映画では、アナザーストーリーも描かれており、現実と理想のギャップに切なさが膨らみ、感情移入して楽しんでいただくことができると思います。また、ミュージカル色の強い映画となっていて、所々に盛り込まれており、楽しい気分にさせてもらえたり、時には、切なさを感じたりとストーリーに抑揚をつけてくれ、飽きることなく楽しめるかと思います。

劇中の音楽もとてもよく、サントラも購入してしまいました。個人的に、グリフィス天文台で踊るところが、華やかで印象に残っています。映画の結末には、賛否両論あることとは思いますが、個人的には、あの結末だったからこそ、あの感動が生まれたのではないかと考えています。

女性40代
女性40代

なんといっても、「ラ・ラ・ランド」の凄さを語るのに、冒頭のワンカメでの撮影は外せません。早朝の高速道路を完全に貸し切っての、ワンカメ撮影&一発撮り。一気に、このミュージカル映画の世界にのめり込むのには十分過ぎる出だしです。

エマ・ストーンが演じる駆け出しの女優と、ライアン・ゴズリングが演じるピアニストの恋物語。互いが成長過渡期にあり、自身の成功と恋人との幸せな時間とどちらを選ぶか迷い、苦しみます。2人は、互いの道を歩むことになり、5年後再開を果たします。

ここから、ミュージカル映画ならではの、幻想的なストーリーが展開します。もし、2人が別れずに、共に歩んでいたら訪れただろうと言うストーリーが走馬灯のように駆け巡ります。映像美、音楽の美しさ、エマの愛らしさにうっとりするひとときです。そして、急に現実世界に場面が切り替わります。

お互いは、違う道を歩んでいるけど、2人で過ごした時間を愛しており、また、互いのことも大事に思い合っている。だから、現実の相手の世界も受け入れる事が出来ているという、今までとは全く印象の違うハッピーエンドだと思いました。観ない理由が見つからない映画だと思います。

女性20代
女性20代

本映画は、ミュージカルの美しさに心惹かれる一方で、人生の選択に伴う切なさを克明に描いた大傑作です。
女優を目指すミアと、ジャズのカフェを開くことを夢見るセブが、互いにいがみ合いながらも恋に落ち、それぞれの夢を追いかけます。夢を追いかけるには、誰かに批判されたり、通りたくない道を通ったりと、すべてが楽しいわけではありません。二人もそのような毎日を過ごしていました。
しかし、セブの音楽活動がどんどん世界規模になる反面、ミアの女優業はうまくいかず二人は疎遠に。揉め合った二人でしたが、仕方なくセブに薦められて受けたオーディションでミアの人生も大きく変わります。
夢を叶えるには誰かの力も借りなくてはならないし、同じくらい大事なものを捨てなくてはいけない時もあります。この「幸せな不条理」は観る者の胸を打ち、遠い過去に自分が捨ててきた大事な「何か」への思慕を思い起こさせます。
夢を叶えるための「どうしようもなさ」描いた本作品によって、「これで良かったんだ」とも思える全肯定作品にもなっているので、前向きな気持ちにもなれる点も魅力的です。
特に、ミアが女優を目指すきっかけになった、伯母とのエピソードも素敵です。
視覚から聴覚にまで鮮やかさが流れ込んでくる本作品は、老若男女すべての人に観ていただききたい作品です。

女性30代
女性30代

まず、高速道路の渋滞中、車のボンネットに乗り上げて主題歌を歌い出す冒頭のシーンは圧巻でした。曲もポップで盛り上がり、一気に観客を惹きつけるシーンだったと思います。主人公の2人はそれぞれ夢を追っている中で恋に落ちていきますが、お互いの心情を表すような挿入歌も素敵でした。

最終的には2人は結ばれず、ヒロインのミアは別の男性と結婚してしまいますが、出会った頃と変わらずピアノを弾いているセバスチャンと再会し、一気に昔の思い出やあったかもしれない未来が浮かび上がってくるシーンは泣けました。ハッピーエンドとは言えないのかもしれませんが、大人の恋愛にはこういったある種の現実的なストーリーがマッチしています。

それぞれ夢を掴み、新しい人生をそれなりに幸せに歩んでいるけど、何かが違えば今でも一緒にいたかもしれないことを感じながら、また自分の生活に戻っていく2人の表情も印象的でした。一貫して飽きることなく、幅広い世代が楽しめる映画だと思います。

女性20代
女性20代

夢を叶えることと誰かを愛すること、それぞれの大切さを教えてくれると同時に、両立させることの難しさも痛感する作品でした。女優を志すミアは中々オーディションを通過できず、ジャズピアニストのセブも夢と現実とのギャップに苦しむ日々を送っています。

誰もが経験したことのありそうな、夢を諦めるという選択肢が、2人の前にも差し出されているような状況でした。そんな2人がたまたま出会い、最初こそ反発し合いながら惹かれていく過程が、とてもロマンチックです。数々のミュージカルシーンが、2人の恋愛を盛り立ててくれています。天文台でのダンスや、ピアノでのデュエットシーンが特に印象に残りました。それだけに、順調にいっていた2人が、やがてすれ違うようなっていくのは、見ていてとても辛かったです。

目的と手段があやふやになり、自分のやりたかったことを見失いそうになるセブの姿には、共感できる面が多くありました。そして、挑戦に敗れて心折れたミアの気持ちも、理解できると思いました。2人とも傷つきながら、夢を追う互いのことを愛しているという事実には、変わりありませんでした。2人には幸せになってほしいと思っていただけに、ラストの展開には、驚くと共に切なくてたまらなくなりました。感情の余韻に浸りたくなるエンドロールでした。

女性30代
女性30代

車のシーンから始まるオープニングで使われている曲がすごくノリの良い格好よい曲で、長い距離の道路を映画のためだけに使って演出している派手なパフォーマンスに最初から心を奪われます。その曲を聞くだけで映画を思い出せるくらい印象に残ります。
何でも大人数でうたって乗り越えるノリだけのミュージカルと違い、しっとりとした大人のミュージカルだと思います。
それぞれの大人の男女が自分の夢と相手の夢とを大事にして、だからこそ衝突があったり不安があったりするリアルな内容になっていて、最後まで目が話せません。
主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングは、一見似合わない二人に見えますが、ストーリーを進めていくとどんどんお似合いの二人に見えて行きます。歌もダンスも上手で魅力的な二人でした。
結末はもっと違う終わらせ方が良かったですが、あまり綺麗に終わらせ過ぎないところがリアリティがあってそれはそれで素敵だったと思います。

女性30代
女性30代

音楽に高揚感があり、見終えた後は映画を観たなという満足感のある映画らしいミュージカル映画です。音響や映像の力を考えると映画館で観る価値のある作品でもあります。

ストーリーはシンプルなものですが、歌や踊りの表現の力によって主人公の感情が揺れ動く様を見事に演出されていてだんだんと引き込まれていく作品です。冒頭の道路でのミュージカル・音楽は圧巻で高揚感がありテンションが上がります。

また、主演のエマ・ストーン、ライアンゴズリングの歌と踊りの完成度も高く、美しく、観ていて楽しい作品でもあります。映像も、俳優・女優の気持ちを表した背景、衣装等、色彩も様々で綺麗です。基本的には二人の世界を映し出した作品ではありますが、だからこそエマ・ストーン、ライアンゴズリングの演技力が引き立ちます。

恋愛・夢の狭間で揺れ動く主人公たちの悲しみや嬉しさ、嫉妬心、様々な感情を歌と踊りによって見事に表現した作品です。ネガティブな感情も美しく演出されているところがこの映画の見どころでもあります。

女性30代
女性30代

ミュージカル映画らしいワクワク感にあふれる始まり方が良いですね。
アメリカンドリームに溢れた「古き良きアメリカ」の物語ですよ!ということが分かりやすく、夢に溢れたエネルギッシュな人々が集まっているということがキャッチーに表現されていて、映画の世界観や描く対象についてがとても分かりやすくてよい始まり方だと感じます。
一方で、中間部分はあまり魅力的ではなかったなというのが個人的な感想です。
というのも、予告などを見て期待していた、原色カラーのドレス姿の女性と、ラフなスーツ姿の男性をはじめとする歌とダンスのシーンのような、派手な見せ場が思っていたよりもこじんまりとしていたのです。各シーンごとが結構細切れで、気持ちが盛り上がりかけてきた!と思うと歌が終わってしまう……という繰り返しになってしまうので、歌やダンスそのものは良いはずなのに寸止め状態でずっと不完全燃焼を強いられているようでした。
しかし、見終えて満足感に包まれたのは、ラストの走馬灯のような豪華なミュージカルシーンのおかげと言えます。あのラストの見せ場だけで、この作品を最後まで見て良かったと感じました。

女性30代
女性30代

夢を追う男女のミュージカルロマンス映画です。女優を目指すミアとジャズピアニストのセブが出会い、徐々に惹かれ合いお互いの夢や目標を応援し支え合う仲になります。

成功への未来を夢みている多幸感溢れる時期は映像も衣装も生き生きとし華やかですが、なかなか上手くいかない現実に直面していく苦境の時期になるにつれて映像も衣装も大人しく落ち着いた風に変化していく描き方もおもしろかったです。

そして何より音楽がとても素晴らしかったです。まずオープニングシーンの音楽やパフォーマンスに感動します。歌、ダンス、楽器演奏、衣装などから全部がパフォーマンスとして見せていてとても見応えがあります。ストーリーも夢を諦めず追い続ける若い男女が辛い現実を知って、お互いに失望しあったりそれでも励まし合う姿に胸が詰まるような苦しい気持ちにもなりました。

ラストは悲しいような懐かしいような、優しくとても切ない気持ちになりましたがそれと同時に素晴らしい物語りを観て自分もその物語を体験したような感覚になる満足感を味わえる映画だったと思います。

女性30代
女性30代

ラ・ラ・ランドは大好きで何度も観ています。まず主演のが演技力のあるエマ・ストーンとライアン・ゴスリングと言う点が魅力的です。

二人の映画は他のも観たことがありますが、引き込まれる映画ばかりです。また、主演二人はもちろんですが、他のキャストの歌唱力やダンスもとても素晴らしいです。

ミュージカル映画はあまり好きではないのですが、この映画をきっかけに好きになりました。さらに、歌やダンスを華やかで色とりどりのドレスがさらにこの映画を鮮やかしていると思います。ビビッドカラーのコスチュームが多く、目を引くものばかりです。

最後にストーリーですが、オープニングから素晴らしい歌とダンスで心奪われました。初めて観たときは展開が最後まで読めず、エンディングはどうなるんだろうとずっとドキドキしていました。結局、切ない感じで終わってしまうのですが、それもこの映画の良さだと思います。欲を言えば、ハッピーエンドバージョンのラ・ラ・ランドも観てみたいです。

まとめ

この映画では、主人公たちは愛と夢に向かって頑張っています。

夢のために犠牲にするものももちろんあります。

ミアとセバスチャンは最後には結ばれなかったけれど、お互いの夢、女優になること、ジャズ・クラブを開くこと。

最終的に2人ともが夢が叶いましたね。

この映画はラブストーリーがメインではなく、主人公のサクセスストーリーです。

勇気をもらい、背中を押してもらって「夢を追いかけたい!」と思えるそんな映画だと思います。皆さんも是非ご覧になってはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました