ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

ハリーポッターと賢者の石を無料動画(映画/吹替)フル配信で視聴/地上波放送 openload 9tsu b9も確認!

洋画

(c) 2001 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

「ハリーポッターと賢者の石」はベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第1弾作品。

2001年に公開され、世界的大ヒットを記録したファンタジーシリーズの第1作です。

ハリー・ポッターがホグワーツ魔法魔術学校に入学し、仲間たちと学園生活を送りながら、魔法使いとしての様々な試練や、闇の魔法使いなどに立ち向かっていくファンタジー作品です。

ハリーポッターと賢者の石』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ハリーポッターと賢者の石』の動画は無料お試し期間を利用すればU-NEXTで見放題です!その方法を紹介していきますね。

ハリー・ポッターと賢者の石 予告編
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
31日間 詳細 ▶

『U-NEXT』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

『U-NEXT』の記事

おすすめポイント
男性10代
男性10代

映画やドラマ、TVアニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いのある業界No1の動画配信サービスです。

見放題作品は14万本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

31日間の無料トライアル期間を利用すれば、期間中は0円にて利用できます。(有料作品も有り)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶

>>無料期間中に解約で0円

DVD・ブルーレイ/レンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

 

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『ハリー・ポッター』とスピンオフの『ファンタスティックビースト』シリーズの作品は『U-NEXT』で配信しています。

映画『ハリー・ポッター 』シリーズとスピンオフ作品の『ファンタスティックビースト』シリーズは、第1作品目から最新作品までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

作品名 U-NEXT hulu TSUTAYA TV/DISCAS

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年)

視聴 ▶ 視聴 ▶ 視聴 ▶

『U-NEXT』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

『Hulu』の記事

作品名 U-NEXT TSUTAYA TV/DISCAS

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

視聴 ▶ 視聴 ▶

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ

ハリー・ポッターとホグワーツ魔法魔術学校

1歳のころに両親を失い、伯母であるダーズリー夫妻の元に預けられましたが、意地悪を受け、こき使われ孤独に生活していました。

そんなハリーの元に11歳の誕生日を迎えた日に、魔法についての理論や実技を学ぶための7年制の学校「ホグワーツ魔法魔術学校」への入学許可証が届きました。

しかし、ある秘密を隠していたダーズリー夫妻は、ハリーをホグワーツへは行かせたくありませんでした。

そんなある日、ホグワーツの森番をしているというハグリットがハリーの元に現れ、ダーズリー夫妻がひた隠しにしていたハリーの出生の秘密を明かされた。

ハリーは両親が魔法使いで、闇の帝王ヴォルデモート卿に殺害されたこと、ハリー自身もその魔法使いの血を受け継いでいることを知りました。

ハリーはホグワーツへの入学を決意し、キングス・クロス駅の柱をすり抜けた先にある、9と3/4番線からホグワーツ特急に乗り込みました。

4つの寮とさまざまな魔法学

ホグワーツ魔法魔術学校の入学式では、新入生はグリフィンドール・ハッフルパフ・レイブンクロー・スリザリンの4つの寮に振り分けられる。

そして、それぞれの寮の生徒たちの日ごろの行いなどで寮に得点が加算されたり減点されたりし、1年間で最も多くの得点を得た寮にはその年の終わりに非常に名誉ある寮杯が贈られます。

ハリーは、汽車のなかで意気投合したロンとハーマイオニーと共にグリフィンドール寮に入り、共同生活を送ることになります。

防衛術や薬学、変身術など様々な魔法についての倫理や実技を学び、あらゆる試練に立ち向かい成長していきます。

スネイプと立入禁止の4階

入学後、あらゆる魔法に関する授業を受けるハリーは、高い素質と才能を発揮し認められ、魔法界の人気スポーツ「クィディッチ」の選手に抜擢されます。

しかし、ハリーはスネイプから試合中に妨害を受け、嫌がらせ行為を受けていて、スネイプの行動に対して疑いをハリーは抱きます。

ある日、「禁じられた森」と同様に立入禁止とされている4階に立ち入ってしまったハリーたちは、3つの頭を持つ番犬が隠し扉を守っていることを知り、ハグリットに話をします。

扉の中にあるものが、飲めば不老不死の力を得ることのできる「生命の水」を生み出すことのできる賢者の石であると確信したハリーたちは、スネイプがクィレルを脅している姿を目撃します。

しかし、スネイプが賢者の石を狙っていると考えつき、ダンブルドア校長に相談しようとしたができず、自分たちの力で賢者の石を守ろうと決めました。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のネタバレ

賢者の石

ハリーとロン、ハーマイオニーは立入禁止の4階にある、隠し扉に意を決して潜入し、仕掛けられている悪魔の罠をかいくぐり一番奥の部屋へたどり着きます。

そこには実体を失っているヴォルデモート卿に体を乗っ取られ、ハリーの命を狙うクィレルの姿がありました。

ヴォルデモート卿の復活のために必要な賢者の石を手に入れようとするクィレルですが、つかみ取ることができませんでした。

しかし、ハリーは賢者の石を掴み取ることができ、そのハリーに触れたクィレルの身体は炎に包まれ焼死してしまい、ヴォルデモート卿の意識はどこかへ去っていきました。

クィレルには掴めず、ハリーは掴み取れた賢者の石についてダンブルドア校長は“使おうとしない者”だけが手にすることができ、ハリーの亡き母がハリーを魔の手から守ってくれたのだと語りました。

\ 本編をチェック! 

『ハリー・ポッターと賢者の石』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の登場人物

ハリー・ポッター (ダニエル・ラドクリフ)

ロン・ウィーズリー (ルパート・グリント)

ハーマイオニー・グレンジャー (エマ・ワトソン)

アルバス・ダンブルドア (リチャード・ハリス)

ハグリッド (ロビー・コルトレーン)

セブルス・スネイプ (アラン・リックマン)

クィリナス・クィレル (イアン・ハート)

ドラコ・マルフォイ (トム・フェルトン)

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のTwitterでの反応

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』はこんな人におすすめ

・魔法やファンタジーが好きな人

・シリーズ作品が好きな人

・ハリーポッターが好きな人

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の感想

女性20代
女性20代

シリーズ第1作目のこちらの作品は、始めて見たとき、とても暗い世界観に驚いたことを今でも覚えています。その暗さが他の魔法使いのお話よりもより具体的な、現実にありそうな雰囲気を作り出しているように感じました。
この映画での一番の魅力は、第迫力の魔法だと思います。特に、ヴォルデモートを追いかけホグワーツにある仕掛け扉の中での魔法は見もので、私のお気に入りはチェスでの戦いとハリーが箒で飛び、扉の鍵を追いかけるシーンです。ドキドキすることはもちろんのこと、目が離せない場面でした。楽しい魔法…というわけではなく命がけなので、私は絶対したくないとも思いましたが。魔法学校というだけあり、魔法の授業も独特で、見ていてとても面白かったです。
また、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の行動力には驚きです。学校の規則を破ることはもちろんのこと、マクゴナガル先生の目を掻い潜る技術もすごいなぁと思いました。不思議だ、変だと思ったことはとことん解決したいという姿勢は見習いたいと思います。
ファンタジー映画は苦手だったのですが、そんな私でも楽しむことができました。原作を読んでいたわけでもないので、今度はシリーズ本を読破してから、もう一度見直したいと思いました。

女性30代
女性30代

ダニエル・ラドクリフとエマ・ワトソンのかわいらしさと言ったら!今やスターのエマですが、この頃からとっても可愛いです。
言わずもがな、世界的大ベストセラーの映画化のシリーズ一作目。初めて見たのは小学校6年生、公開日に見に行きました。そのころの学校の朝の読書の時間は、ほとんどの子がハリーポッターを読んでいた、そんな世代ど真ん中です。見どころは何と言っても魔法の世界です。漏れ鍋からダイアゴン横丁に入るときのレンガ、小鬼のいる銀行、杖が魔法使いを選ぶ、9と3/4番線。

上げだしたらキリがないですが、ハリーはずっとマグルとして生きてきたので、目線がわたしたちと同じ、目に映る魔法のすべてが驚きと喜びで、ハリーと同調しながらわくわくドキドキで進んでいきます。ホグワーツ、組み分け帽子、寮生活。個人的にイギリスのあの寮生活の雰囲気大好きです。真っ白な雪の中で、ハリーが同じく真っ白なヘドヴィグを腕に乗せて笑っているシーンがとても美しく印象に残っています。この頃のダニエルくん、ほっぺたピンク、真っ白なお顔でとってもかわいい。

さて、そんな美しく楽しい魔法の世界ですが、そこはJ.Kローリング、しっかりと底にはダークな物語が流れていきます。ハリーが魔法の世界に戻ってきたことで、例のあの人一派も活発化していきます。子どもたちだけで賢者の石を守ろうとするあたり、大人になった今だと、いやいや、強い大人に相談しようよ、と思いますが、本当にわくわくハラハラしながら見たものです。すべて終わった後の、あのダンブルドアの笑顔、なんて安心するのでしょう。何度見ても楽しい、色あせない名作です。

男性30代
男性30代

ハリー・ポッターシリーズの第一作にして最高傑作です!このシリーズは過酷な宿命を背負った主人公が闇の魔法使い達と闘いを繰り広げるかなりハードな物語ですが、この第一作は幼年時代を描いていることもあり明るく楽しく何よりも希望に満ちています。

両親を悲劇的に失い、養い元の家で醜いアヒルの子状態だったハリーがある日運命の扉が開かれたことにより魔術学校へと旅立ちます。もう、この一事で第一巻は終わって良いほどの素晴らしい場面なのですが、この後、魔術学校での親友たち、そしてライバル達との出会いの場面がまた秀逸でした。

特にマルフォイとの出会いの場面は両者の性格が大いに表され、二人が絶対にに相いれない事が描き抜かれ、この作品のハイライトシーンだと思います。それ以外にも個性豊かな教師たちとの出会いやハグリッドとの交流の場面など、まさにどこを見ても輝きに満ちた宝石箱を見る思いで、ページをめくるのが惜しくなるほど1ページ1ページの場面を思い浮かべながら読んでしまいました。本当にどの場面も素晴らしいのですが、マルフォイとの出会い意外にもう一つハイライトシーンを挙げるなら組み分け帽子による寮分けの場面でしょう。

4つの寮はそれぞれ強い個性があり主人公とその仲間の個性をも決定づけるイベントだったのですが、ここで素直に主人公たちは主役に相応しい勇敢な者達が集うグリフィンドール寮に、悪者たちは狡猾な者が集うスリザリン寮に分けられ登場人物の善悪の組み分けも決定されました。

まさに役者がそろう瞬間でありこの場面こそが学生ハリー物語の真の幕開けシーンだったと思います。本当にこの物語は本の形をした宝石だと思いました。

女性20代
女性20代

海外の映画をあまり見たことがなかったので新鮮でした。昔から魔法などのファンタジーが好きだったので海外の映画を見るならこれだろうと思いました。

ハリーの従兄弟であるダーズリー家は従兄弟なのにハリーに対して意地悪すぎないかと思いました。そんなハリーは魔法学校であるホグワーツに向かいました。ダーズリー家にいるよりこちらの方がよっぽど安心だと思いました。のちに友達になるハーマヨニーとロンも同じく魔法学校に入学する生徒です。

ハーマイオニーは優秀でした。頭もいいしなんでも魔法を知っているので学校で学べばもっと偉い人になるのではないかと思いました。それにハーマイオニーは可愛かったです。初めてのクィディッチの試合は凄かったです。あんなに空を舞って白熱した試合があるなんて今まで見たことがなかったので興奮しました。ハリーをほうきから落とそうとしたりと邪魔が入りましたがクィディッチは本当にすごくて感動しました。ダンブルドアから注意を受けたみぞの
鏡もすごかったです。その鏡の前に立つと人の奥底の欲望を映し出すという鏡でした。賢者の石に秘められたものも想像を遥かに超えました。初めて出会ったあの人は本当に怖かったです。これからどう物語が紡がれていくのか楽しみな一作目でした。

男性30代
男性30代

数あるハリーポッターシリーズの中でも一番初めの、最も面白い作品といえます。
まず主人公のハリーの役者が非常に可愛くまた服装や魔法使いの仕草等も凄くキュートです。
また本編に登場する魔法の杖、ニンバスなどと言う商標も作られていて、割と現実感もあるようなファンタジー作品です。
見所はやはりロンドンの鉄道構内から魔法の国へ通じる場面ではないでしょうか。あとはほうきに乗って飛ぶところですね。
英国建築物の持つ重厚な雰囲気の中で、主人公やその仲間たちが織り成すスタイリッシュでキュートな物語の展開がファンタジーの世界を盛り上げます。
魔法の学校に入学すると言うような現実離れした設定ではありますが、これを見た小さい子供たちは、自分も魔法使いになりたいと思うようになるのではないでしょうか。
キャラクターもみんなそれぞれ個性的で、ハーマイオニーなんかは役柄と本人がぴったりあっています。
魔法学校の先生たちも個性的で、魅力的です。この辺りも、作者の経験が生きているように思います。
アトラクションが大阪でも展開されていますが、それだけ愛される作品なのでしょう。
その原点ともいえるような、どなたも楽しめる作品です。

女性20代
女性20代

ハリー・ポッターシリーズの第1作目ということもあり、魔法界にどうやって入っていくのか、ホグワーツの仕組みなど、初めて見たときはとてもわくわくしました。
現代の話ではあるのがはっきりとわかる人間界の描写と、魔法使い世界のどこか昔のような描写が新鮮に感じました。
まだ主人公たちも幼い年齢設定のため、シリーズ終盤ほどの暗さや闇感は少なく、ファンタジーとして楽しめる作品だと思います。
一作目なので、原作のカットされている部分は少なくてすみますが、3作目以降くらいから、カットされている部分も多く、文字として情報を入れないときちんとわからない部分がたまにあったりしたので、賢者の石はとてもわかりやすい内容になってると感じます。
出てくる食べ物がとても美味しそうに見えてきます。逃げたダーズリー一家の元へハグリットがやってきて渡す綴りの間違ったケーキや、ホグワーツへ向かう汽車の中でのお菓子、ずらっとならんだ食堂の様々な食べ物。イギリスはあまり美味しいものがないというイメージだったので、普通に美味しそうなものがあるなと思いました。
蛇と話せてしまったり、ロンのネズミなど、後々の作品に実は影響してくる伏線?のようなことも実はあるので、何周も見てみたいと思いました。

男性50代
男性50代

原作小説の魔法やファンタジーな内容がどのように表現されているのか、とても興味を誘われるシリーズ第1作目でした。
ハリーの不幸な日常から非日常へ移り変わっていく様は、主人公の希望と不安を追体験しているようでわくわくしました。
ホグワーツ魔法魔術学校へ入学した時に、校内の動く肖像画や建物の仕掛けなど、原作小説の世界観が非常に丁寧に表現されていて面白かったです。
また適性によるクラス分けが行われましたが、ハリーは蛇と意志を疎通できるような描写がありスリザリンかと思いきや、希望通りグリフィンドールに入れました。
ここでロンやハーマイオニーと出会い、様々な冒険をともにしながら仲間として認めあっていきます。
シリーズ2作目以降もこの2人とは運命をともにしていきますので、その馴れ初め的なエピソードが興味深かったです。
そしてテンプレ的なライバルや敵の存在も描かれています。
何かとハリーに絡んでくるマルフォイがライバルとして、あの人ことヴォルデモートが凶悪な敵であり、ハリーの両親の仇として登場します。
まだハリーとの関係は深く描写されていませんが、今後こうなっていくのではという想像をかきたてられるので、展開を思い描くのが楽しかったです。
基本となる設定や情報がつまっている作品となっているので、2作目以降楽しむ為に是非みて欲しい作品となっています。

女性20代
女性20代

公開当時、映画館へ見に行きました。
公開前から、社会現象になる程の人気ぶりで、朝6時台の回へ行ってみるも、長蛇の列で驚きました!
席の予約も無いような時代だったので、スクリーンはぎゅうぎゅう詰めでした。あんなにたくさんの人と同じ映画を見たのは初めてのことです。
幼くして両親を亡くしたハリーは、親戚の家にひきとられますが虐げられるばかりの日々を送ります。しかし、13歳の誕生日に転機が訪れ、全寮制の魔法学校・ホグワーツへと通うことになります。
この、ホグワーツへ向かうまでのシーンが本当にドキドキワクワクするのです。
大荷物を抱えて列車に乗り、ボートを乗り継いで巨大な城のような学校へ進む、数分のシーンなのですが、スクリーンから本当にこのまま行けそうなくらいリアルな作りなのです。
当時、私はこのホグワーツに行きたくて行きたくてたまりませんでした!
作中に登場するホグワーツのローブや魔法の杖を欲しい欲しいと親に強請ったものです。結局買っては貰えませんでしたが(笑)
魔法の世界で友人にも恵まれ、楽しく暮らしていたハリーに徐々に魔の手が迫ります。
鍵となるのはタイトルにもある「賢者の石」です。
ハリー達は、賢者の石を守るため、それぞれの頭脳や魔法を駆使して戦います。
またその、戦闘シーンが「本当に魔法で戦ってる!」と思うほどにリアルで、炎が燃え盛る様子はこちらも熱さを感じてしまう程でした。
まさにファンタジーの金字塔なこの作品、有名な作品ですがまだ見てないなーという方は、是非ご鑑賞ください。

女性50代
女性50代

ハリー・ポッターシリーズの第1作目であるハリー・ポッターと賢者の石。個人的にはハリー・ポッターシリーズの中でも1番好きな作品です。ストーリーがわかりやすいです。

最後の作品の方は内容を詰め込みすぎた感があり、原作を読んでいないとついていけないと感じることがあったのですが、ハリー・ポッターと賢者の石はそんなことはなくストーリーを楽しむことができました。

映像もとてもきれいで特にホグワーツ特急に乗ってホグワーツ魔法魔術学校に向かう景色がとても綺麗で好きです。ホグワーツ魔法魔術学校自体もヨーロッパの古城の風格があり、とても美しいです。

主人公のハリーをはじめホグワーツ魔法魔術学校の生徒たちもまだ幼さが残り初々しく可愛らしいです。シリーズ最初の話なのでホグワーツの各寮についても説明がされていてなんだかはじめてテーマパークを訪れる時のようなワクワク感が味わえました。ハリーと同級生の生徒たちも個性豊かでいい味をだしていました。

ハリーにやたらと絡んでくるマルフォイもいかにも血筋にこだわるお家柄のおぼっちゃまという感じで憎たらしいけど、物語の展開上はとても重要な役どころです。また、ハリーの宿敵ヴォルデモートがクィレル先生の後頭部に憑依していたと明らかにされる場面は一番のクライマックスシーンで、ハラハラしながら見入ってしまいました。最初から最後まで楽しく見ることができた映画です。

女性20代
女性20代

映画館で観ました。
全作品観ておりますが、一番好きな作品です。
ハリーポッターの世界観、中でも特にホグワーツ魔法学校の楽しさが一番詰まった作品だと思います。
一番はじめの作品なので、登場人物もわかりやすいキャラクターが多く、特にハーマイオニーの可愛い見た目なのに賢く、どんな状況でも冷静に判断して行動する姿はとてもかっこよかったです。ハリーとロン、ハーマイオニー全員でのチームワークも光っていてその姿には勇気をもらいました。全員、役がとてもはまっているので、違和感なく楽しめるところも良いところだと思いました。
ストーリーの流れもわかりやすく、最後になると緊迫感が高まる内容です。
特に最後のチェスの対決はドキドキハラハラする展開ですし、原作の本は読んでおらず映画で初めてみた内容であったので、先生の秘密が暴かれるところも予想がつかずとても面白かったです。
結果としてもハッピーエンドなところもすごく気に入っております。
映画全体としても料理やお菓子も美味しそうでユーモア溢れたものが多く、観ているだけで現実世界を忘れて自分まで魔法学校に迷い込んだような感覚になりとても楽しいと感じました。何回見てもわくわくする映画の一つです。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のまとめ

 

\ 手続きかんたんで即時利用OK! 

▼U-NEXT公式サイト▼

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FOD

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FOD』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FOD』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました