おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【1917 命をかけた伝令】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

1917 洋画

© 2019 Storyteller Distribution Co., LLC and NR 1917 Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

「1917 命をかけて伝令」は実話に基づいたワンカットに近い作品で観ているだけで涙してしまう映画です。

映画『1917 命をかけた伝令』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『1917 命をかけた伝令』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

『1917 命をかけた伝令』予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『ジョージ・マッケイ』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「ジョージ・マッケイ」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「ジョージ・マッケイ」出演作品 U-NEXT hulu
1917 命をかけた伝令 視聴 ▶ ×

映画『1917 命をかけた伝令』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

・第一次世界大戦

サラエボ事件に端を発する戦争が始まってから3年が経ちました

1917年、ドイツ軍とイギリス・フランスからなる連合国軍が対峙して消耗戦を繰り返していました。それは互いに多大な犠牲を伴う悲惨なものだったのです。

・4月6日金曜日

第8連隊に所属するウィルアム・スコフィールド(ウィル)とトム・ブレイクはエリンオア将軍に呼び出されます。

マッケンジー大佐が指揮するデボンシャー連隊(D連隊)の攻撃をドイツ軍が退却に見せかけて待ち構えていることを話します。

このことを知らせなければ1600名いるD連隊は皆殺しとなってしまいます。

現在、すべての通信手段は途絶えているのでこの事実をマケンジー大佐に伝えて翌朝決行戦線突破を止めなければなりません。

そこでウィルとトムはこの伝令を命じられたのです。

・クロワジルの森

ウィルとトムはいち早く伝令を伝えるために前進していました。

エスクートの南東2kmのところにあってもノーマンズ・ランドと呼ばれる無人に近い地帯を通らなければならない過酷な道のりです。

・ドイツ軍の陣取っていた塹壕

ウィルとトムは行く先々で張り巡らされた鉄格子などを潜り抜けてドイツ軍が陣取っていた塹壕に到着します。

情報通りにもぬけの殻でわずかにある食料品の缶詰に手を伸ばそうとしたときに仕掛けられていた爆弾が爆発します。

そこで生き埋めになったウィルでしたがトムに助けられます。

・ドイツ軍戦闘機

平原に出たウィルとトムは民家をみつけます。

人の姿はないものの一頭の牛とバケツ一杯のミルクがありウィルは水筒に入れます。

その時、上空では連合軍2機とドイツ軍1機の戦闘機の交戦勃発したのち2人のいる民家にドイツ軍の戦闘機が煙を吐きながら突っ込んできました。

その操縦席に瀕死の状態のドイツ兵がいたので助けようとしたトムは逆にナイフで刺されてしまいました。

D連隊にいる兄に伝言を残しトムは静かに息を引き取ったのです。

・一人で目的地へ

トムを失った悲しみを引きずる暇もなく目的に向かうウィルを助けてくれたのはスミス大尉率いる部隊でした。

スミス大佐が口にしていた「戦好きの人間がいる」はウィルの心にも響きます。

途中で橋が破壊されていたのでトラックを降りて川を渡って先を目指そうとしたときにスナイパーによる攻撃を受けて跳弾がかすったのもあり気絶してしまいます。

・ほんの少しの癒し

日が暮れたころにウィルは気が付き先に進みます。

残存するドイツ兵から追われていたウィルは地下へ逃げ込みます。

そこにはフランス人女性と赤ん坊が隠れていました。

ほんの少し癒されたウィルはミルクの入った水筒と食料を彼女たちに受け取ってもらいます。

・再び命がけの行動

ウィルはドイツ兵に狙われながらも逃げ延びた先は大きな川でした。

川の流れは速いのでウィルは飲まれながらも必死で泳いでいると滝つぼへ落下し川の流れが緩やかになったのもあり、やっとの思いで岸辺に這い上がっていきます。

【 ネタバレ 】

・クロワジルの森へ

岸辺の先はかすかに音楽の聞こえる森でした。

「ヨルダンに向かおう…故郷に帰るために…」ときれいな歌声に誘われて英国軍の部隊の兵士たちとともに歌を聴いていました

その兵隊たちはウィルの探していたD部隊だったのです。

・マッケンジー大佐へ伝令

D部隊は攻撃に備えて軍は動き始めていました。

それを止めるためにも「作戦は中止です!」と叫びながらマッケンジー大佐にやっとの思いながら伝えることができました。

ウィルが届けた伝令とウィルの「これはドイツの罠です」と聞くとすぐに攻撃中止となりました。

・トムの兄ジョセフ

ウィルはジョセフを探して医療所に向かいます。

自分が第8連隊でトムはこちらに向かうときに亡くなったことを告げます。

「弟は君と一緒で良かった」と涙をこらえながらもウィルと握手をしました。

【 登場人物紹介 】

ウイリアム・スコフィールド (ジョージ・マッケイ)

トム・ブレイク (ディーン=チャールズ・チャップマン)

エリンモア将軍 (コリン・ファース)

マッケンジー大佐 (ベネディクト・カンバーバッチ)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

・戦争系の映画が好きな人

・泣ける映画が好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

男性60代
男性60代

見所は、伝令があらゆる困難を乗り越え、無事大事な情報を伝え、前線でいたずらに兵を失うことがなかったということです。

彼が、敵の砲弾の中を全力疾走するシーンは圧巻です。

涙が溢れるほど、彼の忠実な仕事ぶりに感動はつきません。

この映画の特徴は、一度もカメラワークが途切れないという、技術的な挑戦で見事に成し遂げているところも凄いです。

本当に場面が切り替わるのは、1、2回しか無かったと感じました。

それから、1917年当時の戦争のやり方がシビアに伝わってきて、逆に悲惨さがよくわかりました。

二人で行動していたのに、飛行機の操縦士に殺された同僚の悲しい事実を、前線の家族に伝える辛さもとても胸に響きました。

戦争の無意味さを知る名作です。

感想はここから見れます
男性30代
男性30代

『 1917 命をかけた伝令 』を視聴しました。前評判通り長回しのワンカット撮影を多用してドキュメンタリーのようなリアル感を味わえました。

無駄な情報が一切無く戦場の混沌とリアルを味わえて、長い絵巻物を見ているような気分でした。

リアルを追求しつつ、桜の花びらが散る様子、暗闇に照明弾で照らし出される影、無限に広がる緑の草原などの風景で、主人公の心理描写がなされていて芸術的センスも感じました。

一番心に刺さったのは、かなり唐突に訪れる戦友の死のシーンで、ちょっと前まで陽気に話していた戦友が不慮の負傷でみるみる顔色が真っ青になって命が尽きていく様子でした。

悲しみに暮れる暇も無く心を空っぽにして歩き続けなければならない主人公のうつろな瞳に戦争の無情さを感じました。

男性50代
男性50代

この映画を普通の戦争映画だと思って鑑賞すると少し肩透かしを受けるかも知れません。
むしろ人間ドラマに主眼を置いた映画だと思います。

全編をいかにもワンカットで撮影した様に撮られているために、そちらの方が注目されてしまった感がありますが、ストーリーはしっかりと組み上げられています。

伝令を届ける任務に着いた二人が敵の陣地を命懸けでくぐり抜け、撃墜された敵戦闘機のパイロットを助けたはずが逆に殺される皮肉さは、戦争の虚しさを訴え掛けていると思いますし、数々の試練を乗り越えながら最後まで任務を全うする主人公の兵士としての、成長の物語でもあるわけです。

確かに戦争映画としては物足りないものがありますが、シーンの所々で映る死体は戦場その物であり、伝令によって戦闘を止める件はまさにこの映画のテーマが反戦であることを物語っています。

派手さはないですが心に残る一作です。

女性30代
女性30代

すごく臨場感があって、恐ろしかったです。

本作は全編ワンカット風に撮られているので、まるで自分が主人公らと共に戦場を駆け抜けているような気になります。

行く手で爆撃はあるし、死体が流れる川はあるしで、戦争がいかに悲惨なものかを思い知らされました。

この伝令を伝えなければ、みんな死んでしまうと、伝令を託された二人ですが、二人だけで敵地をぐぐり抜けるのかどれだけ怖かったでしょう。

途中、友も亡くし、悲惨な現実を見過ぎだウィルが泣き出すところが辛かったです。

今まで見たどの映画よりも、戦争はいけないものだと思い知らされました。

最初にいったように、本作はワンカット風で撮られているのですが、ほんとにどこでカットしたのかわからなくて、その撮り方にも感嘆しました。

男性30代
男性30代

全編ワンカットに見える高度な撮影&編集テクニックで独自の臨場感を生み出すことに成功した本作。
確かに体感型の映画としてはよく出来ていると思います。しかし、その真価が発揮されるのは劇場で観てこそ、なのでしょう。
ご家庭での鑑賞では正直いかがなものかと……。

よっぽど気が散る要素を排除した上で大画面で観ることが必須だと感じました。
じゃないと少し評価は厳しいでしょうね。

まず他の名作と呼ばれている戦争映画と比べてドラマ性が極端に乏しいです。
伝令を持ったまま、ひたすら前へ前へと進む主人公の姿を映しているだけなので仕方がないのですが……。
戦争映画として観るより、新手のアトラクション、或いは冒険映画として観たほうが遥かにしっくり来ますね。

男性20代
男性20代

今作、1917命をかけた伝令の見所としては、今作はシナリオも素晴らしいのですが、それ以上にカメラワークが映画史上屈指の出来になっています。
というのも、今作は前編ワンカット撮りに見えるような撮影をしており、観客もまるでfpsゲームをしているような臨場感を味わえる映像体験をできるのです。
そんな今作は戦争映画としての戦場の過酷さもしっかり描かれています。
そんな恐ろしくも見え、自然の描写はどこか美しく幻想的な風景が広がっているため他の映画では中々体験することのできない2時間でした。
そして、今作は豪華な俳優陣も出演しているのですが、その中でもやはり主演のキャストの演技は観客の気持を引き寄せます。
映像も主人公目線に見えるシーンも多いため、主人公と共に歩む戦場の2時間体験という映画が今作の魅力です。

男性20代
男性20代

やっぱり、この作品の魅力であるワンカットしか、入れておらず、凄い作品が出てきたな―と思いましたね。
imbdと言う海外では2番目ぐらいに有名な映画の感想、口コミを描ける、凄いサイトなのですが、世界のベスト映画という、今でもランキングが塗りかえられていってる
世界のbest250というランキングがあるのですが、その中でもbest250の中の100位に入って来たぐらい凄い評価をされてる作品なのですが、
ちょっと過大評価ぎみではあるが、たしかに評価されているに値されても良い作品でした。
感想はシンプルながらのしっかり作られているストーリーとお金をかけてつくられている爆発シーンや音に魅力を感じ、見る戦場体験が出来る作品でした。
この作品は映画館で見たかったです。

男性50代
男性50代

ワンカット風に作られた映画という事で、どのような映画だろうかと思い見てみましたが、塹壕のところを移動するところや、廃墟のところを移動するところなど、セットがリアルに作られているので、見ているこちらもドキドキしました。

全体的に淡々としているところに帰ってリアルさを感じました。

没入して観られる戦争映画という点ではピカイチでしょう。

人間のしている戦争と自然の風景の対比が良かったです。

設定が第一次大戦だったので、伝令をテーマにしたこのような映画を作れたのでしょう。

それ以降だと、無線などがあるので、どうしても戦闘シーン中心の映画になるでしょうし。

イギリスは第一次大戦で大勢の戦死者を出したそうですが、そのことも制作動機として大きなウェイトを占めていそうに思いました。

【 まとめ 】

「1917命をかけて伝令」はドイツ軍が後退しているというのは罠であることを連絡手段がない状況でD連隊に伝えるため2人の若い戦士が必死で向かう姿が描かれています。

実話に基づいている作品なので観ているうちに涙するかもしれないこの映画を動画視聴してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました