おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【デトロイト・メタル・シティ】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

デトロイト・メタル・シティ 邦画

©2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

『デトロイト・メタル・シティ』は2008年に公開された漫画原作の実写化映画です。松山ケンイチと加藤ローサが出演した作品でOVAもされた。

映画『デトロイト・メタル・シティ』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『デトロイト・メタル・シティ』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

デトロイト・メタル・シティ
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『松山ケンイチ』出演の作品をお試しいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「松山ケンイチ」出演の作品もお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「松山ケンイチ」出演作品 U-NEXT hulu
デトロイト・メタル・シティ 視聴 ▶ ×
ホテルローヤル 視聴 ▶ ×
ミニオン大脱走 視聴 ▶ ×
メアリと魔女の花 視聴 ▶ ×
プロメア 視聴 ▶ ×
ノルウェイの森 視聴 ▶ ×
ユリゴコロ 視聴 ▶ 視聴 ▶
カイジ人生逆転ゲーム 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『デトロイト・メタル・シティ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

農家で育ち夢を追い上京してきた根岸崇一はおしゃれなポップミュージックをこよなく愛しミュージシャンを目指すが、自分の理想像とはまるで違うデスメタルバンドのフロントマンとして活動することになる。

さらにバンドの中で才能を開花させ、人気に拍車がかかります。自分の夢見た音楽とは真反対の世界で成功し続ける状況に所属する社長にほんとうにやりたい音楽はポップミュージックであることを訴えますが、聞き入れてもらえません。

大学の中で出会った相川由利にレコード店で再会します。彼女と付き合いたいと思った崇一ですが、彼女はデスメタルが大嫌いだと言い自分の仕事の事を隠しながら関わることになります。

由利はおしゃれな雑誌の編集部で働いており、自分とは違いおしゃれな日々を送っていました。そして仕事のデザイナーと親しげな様子を目にし、さらには後輩が自分が夢だったポップミュージックの歌手としてデビューしたことを知って、実家に帰ってしまいます。

【 ネタバレ 】

ポップミュージックが好きでおしゃれな生活を夢見る根岸崇一は、大学進学黄に上京する。根岸は人に夢を与えられる音楽を歌うミュージシャンになることを夢見ていた。

大学では相川由利と出会いおしゃれな彼女に心奪われます。ポップミュージック研究部に入り、順調な大学生活を送り後輩や由利に夢を語ります。

大学を卒業した根岸は自分の意志とは真逆のデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」通称DMCのギターボーカル、ヨハネ・クラウザーⅡ世という名で活動することになってしまいます。

そしてデスメタルとしての才能を開花させ一躍人気になります。白塗りで額に「殺」という文字が特徴のクラウザーは、普段の根岸とはかけ離れたパフォーマンスでファンから「クラウザー様」と呼ばれるようになります。

自分の夢である音楽とはかけ離れていく状況に悩み、社長に自分の曲を聴いてもらいますが、デスメタルを愛し根岸の内に秘める才能を見抜いた社長は否定します。

ある日大学で一緒だった由利とレコード店で再会します。由利はおしゃれ雑誌の編集部で働き、おしゃれな生活を送っていました。由利には包み隠さず本当の事を話そうとしますが、自分の所属するバンドは最低なバンドだと言われてしまいます。由利に本当のことは言えず隠すことを決めます。

バンドのライブに出演をする根岸は、クラウザーであることを由利にバレないように注意しながら行いますが、由利がDMCのライブ会場にいるのを見つけ動揺した根岸はスカートをめくってしまい、由利は逃げていきます。

根岸がクラウザーであることに気づいていない由利は会おうと連絡をしてきます。二人はおしゃれなお店でデートをする事に。その店は仕事で見知ったアサトヒデタカがあプロデュースを手掛けた場所で、由利はアサトに根岸を売り込みます。

「甘い恋人」という自分の曲を客に披露しますが客人もアサトにもおもいきり否定されてしまいます。さらに社長が愛犬二匹と自宅におしかけ、メタル界のスターであるジャックイルダークを上回る存在に育てようとしていました。

その現場を見た由利は最低だと言い放ちます。部屋までもめちゃくちゃになってしまいメタルの新曲を書きあげます。新曲は日本のみならず世界にまで届き、ついにはジャックのもとに届きます。

引退したジャックはメタルバンド潰しをツアーで行う事を表明します。

根岸は後輩の佐治が路上ライブを行っているのを見かけます。佐治はポップバンドを組んでおり偶然居合わせた由利と話をし和解します。自分だけ夢をかなえられていないことに落胆します。

由利とアサトがデートをする事を知った根岸は二人を尾行します。さらにイベントに出演していた後輩のすがたを見かけ自分がいることがバレないようにクラウザーに姿を変え後輩と対峙します。

さらにアサトが由利にアプローチするところを見た根岸は、クラウザーの姿のままで二人を止めに行きます。そこに信者が居合わせ由利の怒りに触れてしまいます。好きな人からの言葉に落胆した根岸は姿を消してしまいます。

ジャックとの対バンも迫る中行方不明になったクラウザーに信者たちは悲しみます。

実家に帰ったが、弟がDMCの信者となり母を困らせていたことを知り、兄ではなくクラウザーの容姿で弟と話をし改心させます。母は息子がクラウザーだという事を理解したうえで、崇一にすごいと褒めました。

実家には信者からだけではなくメンバーや社長からもメッセージが送られてきます。東京に戻ることを決めた崇一に母はクラウザーに渡してほしいとお守りを託します。

クラウザーであることに誇りを持ち始めた根岸はライブ会場に向かいます。ジャックとのライブに向かうクラウザーをファンは迎えに来てくれ、ファンと一緒に会場に走って向かいます。

ライブ会場ではジャックの圧倒的パフォーマンスに手も足も出ないでいるメンバーの姿がありました。

そこにトレードマークだった「殺」から「KILL」に変わったクラウザーが駆け付けます。ジャックが連れてきたバッファローも易々と解決し、ジャックのギターとクラウザーの「ファック!」の対決の末、ギターがショートします。

倒れ込んだクラウザーにファンは声援を送り続けます。会場に来ていた由利もいい所になって叫んでいました。母にもらったお守りを掴み、立ち上がります。その姿を見たジャックは自身のギターを託しステージを降ります。

ファンと一体となってライブが行われると思った矢先根岸は由利とデートをした時に歌った曲を歌い始めます。当然大不評で社長は怒りをぶつけます。それをきっかけにクラウザーに戻りファンを熱狂の渦に巻き込みます。

由利はクラウザーが根岸だという事を先の曲で確信し、ステージに上がり声をかけますがクラウザーとなっている根岸はスカートをめくり、酷いと言われてしまいます。

【 登場人物紹介 】

根岸崇一 ヨハネ・クラウザーⅡ世 (松山ケンイチ)

相川由利 (加藤ローサ)

社長 (松雪泰子)

ジャック・イル・ダーク (ジーン・シモンズ)

【 Twitterでの反応 】

https://twitter.com/2PEN8/status/1248575064204693506

【 こんな人におすすめ 】

・メタルバンドが好きな人 

・夢を追っている人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

男性40代
男性40代

デトロイト・メタル・シティの主人公である根岸崇一/ヨハネ・クラウザーII世を松山ケンイチさんが見事に再現していて、デスレコーズ社長役を松雪泰子さんが演じており、原作の雰囲気と面白さは十分に引き出せていました。

本当はポップな歌で売れたいのに、現実では下品でメタルなクラウザーを演じなければいけない根岸の心の葛藤がギャグという形で体現されているので、全編ギャグ映画として絶妙なバランスと面白さが満載で良かったです。

クラウザーII世以上にクレイジーだったのは、デスレコーズの女社長で、根岸がクラウザーをやらされる原因を作った人です。

このクレイジーな役を松雪泰子さんが演じる事で、かなり格好良いキャラクターに仕上がっていました。

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

漫画の絶妙な気持ち悪さがなくてさっぱりしてて見やすかったです。漫画の気持ち悪さといっても豚骨スープのクセみたいな感じでそれが漫画の方の良さでもあったのですが、映画は子どもにもオススメできる作品になっています。

何をいいとするのかは全部自分の中にあるんだ!という好きなものを追いかけるにあたって大事なことを教えてもらった気がします。クラウザーさんは漫画のまんまでとてもカッコよかったですし、素の時の声のギャップに笑ってしまいました。

メタル界隈と渋谷ポップ系ミュージックは頑張っても交わらないジャンルですがそれをを合わせていてすごく面白かったです!
いい音楽も悪い音楽もこの世の中には実際存在してなくて、その見えないものに多くの人が知らないうちに縛り付けられていると思います。
音楽好きも好きじゃなくても見てほしい一作です!

女性30代
女性30代

この作品は松山ケンイチの新境地を開拓するきっかけにもなった作品だと思います。

まさかあの松山ケンイチがこのヨハネ・クラウザー二世をここまで見事に演じるとは思っても見ませんでした。

主人公の根岸崇一は普段ポップスが好きな普通の少年ですが、クラウザー様となってステージに立つと雰囲気は一変してデスボイス炸裂のヘビメタバンドで信者達を夢中にさせています。

自分の意思とは違う音楽で人気を集めていく主人公の葛藤が面白おかしく描かれていて、観るものを愉快な気持ちにさせてくれます。

バンドメンバーのカミュを演じたロバートの秋山の存在がより一層この映画に面白さを加えてくれています。

そして何と言ってもこの映画にジーンシモンズが出演しているの本当にびっくりしますが、この映画だから出演を了承してくれたんだと納得いく作品でした。

女性30代
女性30代

漫画のファンだったので、映画を観る前は「本当にあの漫画の雰囲気が出せるのかな?」と心配していましたが、主演の松山ケンイチさんがとにかくハマっていました。

オシャレなミュージシャンを目指す根岸と、過激なデスメタルバンドのボーカルクラウザーさんという二面性のある役柄でしたが、どちらのキャラクターもしっかり個性を出して演じられていて、とても面白かったです。

同じ俳優さんが演じているとは思えないほどでした。

バンドメンバーを演じる細田よしひこさん、秋山竜次さんや、女社長の松雪泰子さんもまるで原作から飛び出してきたように役にハマっています。
見どころは圧巻のライブシーンです。

熱くて過激なのにとにかく笑えて、この先どうなるのかとワクワクしながら観ることができました。

男性30代
男性30代

この作品の魅力的な点は、主人公が渋谷系の音楽が大好きなのにデスメタルバンドで大活躍するというギャップの面白さです。

個人的には、自分はカジヒデキが大好きなので松山ケンイチがしっかりと特徴を捉え、僕の恋人を弾き語りしているのは素晴らしいと思いました。

原作と同じ点で一番嬉しかった点は、牛をべえべえべえとあやすシーンです。

あのメイクで牛をあやすシーンは爆笑の賜物です。

何度もあのシーンを見返していた記憶があります。

登場人物のキャラクターとして一番印象に残ったのは、主人公もそうなのですが、松雪泰子演じる女社長です。

漫画ではタバコの火を押し付けるなど過激的なシーンがありましたが、映画ではそれは難しかったようでカットされていましたが、あのボンテージ姿は最高でした。

女性30代
女性30代

松山ケンイチのクラウザーさんが、漫画と一緒でとてもインパクトがありました。

でも、クラウザーさん時より根岸くん時のほうが変です。

映画版だけでいえば、根岸くんはクラウザーになってよかったかもと思ってしまいました。

見どころはなんといってもクラウザーさんはじめライバルたちの音楽です。

漫画では字だけでしたが、映像ですから、みんなの曲が聴けます。

もちろん、過激過ぎる歌詞はなかったですが、それでもかなり過激でおもしろかったです。

キバや女の子バンドなど漫画に出てきた人たちが出てきて、原作ファンとしてうれしかったです。

それに女社長は松雪泰子さんですから、マジでセクシーでたまりません。

根岸くんをはじめ、DMCの面々も漫画そのままですし、見ていてニヤニヤが止まりませんでした。

女性30代
女性30代

普段はおとなしい主人公が、過激なデスメタルバンドのボーカルとして活躍するという、正反対のキャラクターを松山ケンイチさんが演じていたのが、当時凄くインパクトが強かったです。

歌も実際に松山ケンイチさんが歌っているのですが、全く違和感がなくて俳優さんなのに凄いなぁっと感じます。

お母さん役を演じる宮崎美子さんの柔らかくて温かく包み込んでくれる感じが凄く素敵です。

社長演じる松雪泰子さんのあの独特な怖い雰囲気が、何ともはまり役であります。

正直今の時代に、やりたい事と自分のポテンシャルが合致してる人って実は結構少ないはずです。

その中でなりたい自分となれる自分を表現してる所が、羨ましかったのをよく覚えています。

男性30代
男性30代

色々なアニメや漫画の実写化の映画はよく見ますが、この映画ほど完成されたものを見た事がありません。
原作ファンも納得の演技、ギャグ、映画一本という短い時間にまとめられたストーリー。文句なしで面白いです。
実写化するにあたってイメージと違う、原作の見どころがカットされている等色々な課題がありますが、この映画は全てクリアしています。
デトロイド・メタル・シティというバンドが作中に登場するのですが、原作は漫画なので曲は歌詞のみとなっておりました。
しかし映画化するにあたってその歌詞に曲を付け、ファン納得のメタル仕様になっていたことや作中に登場しない曲まで作成されており、そのCDも発売され全ての曲がフルで収録されています。

これだけでどれだけの情熱がこの作品に詰め込まれているかがわかります。
原作ファンに実写化をすすめる事のできる映画、といえばどれほど素晴らしい映画なのか伝わると思います。

文句なしの満点でした。

女性30代
女性30代

原作は独特のコメディマンガです。何といっても俳優陣のコミカルで個性的な演技が見所です。

気が弱いのに、カリスマ的メタルバンドのフロントマン・クラウザーをやることになった主人公を松山ケンイチさんが演じています。

素顔の弱気なところとクラウザーとして暴れまわる所の演じ分けがすばらしかったです。

また、バンドシーンと素のシーンの場面転換がテンポ良くて、飽きずに見ることができます。

主人公のギャップがひしひしと伝わる構成です。

また、メタルバンドのライブシーンはすごく豪華です。

メタルバンドのメンバーは白塗りの顔にど派手な衣装でまるで本物のようです。

観客も入れています。

ストーリーとしては、主人公の心の動きがとても魅力的でした。

 

主人公の悩める「心の声」が効果的に挿入されていて、いちいちおもしろい。

序盤、主人公はメタルバンドのあの姿のまま「自分は何をやっているのだろう」と悩んでいますが、支持してくれているファンの手紙を読んだりして変化していきます。

この過程には何だか胸が熱くなりました。コミカルで笑いもあり、感動も充分な映画です。

【 まとめ 】

本作はギャグ漫画の実写化ですが二つのキャラを演じ分けた松山ケンイチさんの役者としてのすごさを感じます。

夢と才能で葛藤する青年の姿は誰にでも当てはまるところがあるのではないでしょうか。

是非コメディ要素だけではなく心情にまで注目して見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました