おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【進撃の巨人 ATTACK ON TITAN】動画を無料で(映画)フル配信・視聴する方法

進撃の巨人 邦画

©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

あの進撃の巨人の実写映画作品です。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』プロモーション映像
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、U-NEXT』だけです。

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、他の『進撃の巨人』シリーズをお読みいただけます。

\ 70誌以上の雑誌も読み放題!/

他の「進撃の巨人」シリーズもお試し ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

「進撃の巨人」シリーズ U-NEXT hulu
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 視聴 ▶ 視聴 ▶

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

大昔に現れ始めた巨人により人間は半壊させられ、生き残った者達で巨人を防ぐための巨大な壁を三重に築いた。

エレンという青年は幼いころに両親を失い、壁の外に憧れながら育ち、彼はミカサとアルミンの二人の親友がいる。

ある時彼は壁の外を見られない事を嘆き、壁の外にあるはずの海を見ようとミカサ達を連れ壁を越えようとして警護隊に見つかった時、全てを変える大きな音が響いた。

壁が崩れ、そこから除く巨人の姿が見えたと思えば巨人たちが次々に侵攻を開始し警護隊は応戦した。

大砲の砲撃が命中しても、巨人はすぐに回復し攻撃を再開するためすぐに押され、突破した巨人は村人を食い始める。

エレンはミカサと逃げていたが村人たちが逃げまどっている状況のせいで離れてしまいミカサは絶体絶命の状況になったがエレンは生き延びることが出来た。

それから二年が経ち、調査団に加入したエレンとアルミンは立体機動装置の使い方や巨人に対抗する手段について勉強していた。

調査団の仕事は壊された壁を修復する事で、調査団のメンバーは修復の為に移動したところで巨人に見つかってしまう。

【 ネタバレ 】

エレンとはぐれ、絶体絶命に陥った死んだかのように思われていたミカサは実は生きておりエレン達調査団が危機に陥ったタイミングでシキシマという男と共に現れ危機から救った。

助かった調査団は逃げた先で巨人にまた襲われ、パニックに乗じて爆薬が盗まれる。

エレンは立体機動装置で抗戦を試みるも足を失う惨敗に終わります。

アルミンが食べられそうになったところでエレンは身代わりになり、巨人の口に入ることになる。

エレンの状況を知ったミカサは感情的に巨人を倒し、立体機動装置が使えなくなったことでピンチに陥ります。

彼女を食べようとしていた巨人から別の巨人が誕生し、その巨人は他の巨人を攻撃していた。

調査団を救った巨人は最後には力尽き、ミカサが弱点のうなじを切るとそこからエレンが出てきたのだった。

それだけでなく、彼の失ったはずの身体の部位が再生していて全員が驚きに包まれる。

【 登場人物紹介 】

エレン  (三浦春馬)

ミカサ  (水原希子)

アルミン (本郷奏多)

シキシマ (長谷川博己)

ジャン  (三浦貴大)

サシャ  (桜庭ななみ)

サンナギ (松尾論)

ハンジ  (石原さとみ)

ソウダ  (ピエール瀧)

【 Twitterでの反応 】

【 こんな人におすすめ 】

進撃の巨人が好きな人。

実写映画好きな人。

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

女性20代
女性20代

私は5年ほど前に初めて進撃の巨人を劇場版で観たのですが、その時は正直そこまで「おもしろい!続きが気になる、」などハマるまででは無かったです。
最近、自由に時間が取れるようになったので改めて1からストーリーを見直した所、当時とは打って変わって進撃の巨人という物語にのめり込んでしまいました。
5年前に観た時と比べて物事の捉え方が変わったのかもしれません。
物語は、主人公のエレンが謎の人喰い巨人を駆逐するために調査兵団へ入ります。
任務を遂行していく上で、巨人の犠牲になっていってしまう、エレンの同期や先輩達、
その仲間達の分まで、命をかけて巨人を倒していくエレンの姿や、エレンだけでなく周りの調査兵団の仲間の姿に毎回心を奪われます。
物語が進むにつれ、どんどんいなくなってしまう仲間をみるとこれからどうなってしまうのだろうと先が全く読めません。
予想外の事態が起きていく、次の展開がわからない、いつもハラハラとドキドキで続きが気になって仕方がないです。
また同時に巨人の正体を突き止めていく所も進撃の巨人の見所の一つです。
最近TVアニメのファイナルシーズンが始まり、原作も終盤まできているので結末がどういった形になるのかすごく楽しみです。

感想はここから見れます
女性30代
女性30代

原作は当時、映画で表現されていた部分辺りまでは読んだことがありました。

個人的には面白かったと思いますしキャストも悪くなかったと思います。

実写化はどうしてもキャストが原作キャラクターに似ているかどうかはなどが重要視されますしそれが楽しみな気持ちもすごくわかりますが、映画版の主演の純粋そうな部分も、女性キャストの可愛いらしい部分も原作との違いの粗探しをしなければ悪くなかったと思います。

「西洋人でなければおかしい」などの意見はナンセンスですね。

日本の漫画であり日本映画なので日本語で撮影していただいた方が良いと思います。

実写で巨人が動き回る姿や立体機動装置を見れたところには単純にワクワクしましたし、話題になったハンジをはじめみんないい演技をしていたと思います。

もっとフラットな気持ちで見て欲しい映画。

女性20代
女性20代

進撃の巨人を映画化すると知ったとき、アニメで見ているスケールで映画化できるのだろうか?と正直疑問でした。

しかし、映画が公開後見てみるととてもクオリティが高くビックリしてしまいました!特に、ミカサ役の水原希子さん・ハンジ役の石原さとみさんはとても原作とリンクしていて合っていたと思います。

雰囲気や話し方も似ていてまるでアニメを見ているようでした。

立体機動装置のアクションもリアルでさすがでした。

原作に出てこないキャラクターがいたのは、想定外でしたがどれも個性的なキャラクターで素晴らしかったです。

巨人の実写版はリアルすぎて怖かったですが、実際にそうなったとしたらあんな感じなんだなぁと思うとゾッとします。

エンドオブザワールドが続きの物語になるので、続けてみることをお勧めしたいです!

男性20代
男性20代

巨人のCGがリアルでとても不気味なところが見所です。

原作が漫画なので、フィクションである巨人を実写映画でどう表現するのか注目していました。

実写映画の巨人描写では、漫画やアニメとは比べものにならないほどの恐怖を感じました。

CG特有の不気味さも相まって巨人に対する人間の恐怖がより際だっていました。

序盤の巨人が街を襲うシーンで、漫画では出せないパニックが表現されていトラウマになるほど恐ろしかったです。
また、漫画、アニメとは異なる世界観とストーリーにも驚かされました。

原作では進撃の巨人の世界の移動手段は馬ですが、実写映画ではエンジン車で移動しています。

人類の技術レベルがかなり異なることに驚きました。

人気キャラクターであるリヴァイ兵長は登場せず、代わりにシキシマというキャラクターが登場したりと原作とはストーリーの根本から違います。

そのため原作のストーリーを実写で進めるだけのことを期待している人にとっては満足できない映画かもしれません。

しかしパニック映画として見れば、人が巨人に食われていく描写が本当にリアルで怖いので面白い映画だと思います。

男性50代
男性50代

あくまでも原作と比べての話しですが、正直に言ってあまり出来の良い映画とは言えないでしょう。

この映画は進撃の巨人と言う名前を借りた別ものです。

だからと言って全く観るべき所が無いわけではありません。

VFX は邦画のレベルとしては良く出来ていると思いますし、小道具から建物の作り具合など良く作り込んでいると思います。

基本的にほとんど日本人が出て来ない世界観のなかに、日本人のキャストしかいないのは無理矢理感があり、しかもカタカナの名前は流石に違和感があります。

役者さんたちの頑張りは確かに分かりますが、キャラを原作に寄せれば寄せるほど少し無理があります。

原作をあまり意識しないで、進撃の巨人とは別物の映画だと割りきれれば個人的にはありな映画だと思います。

男性20代
男性20代

今作、進撃の巨人の感想はまず、一言で言うと実写化した進撃に登場するキャラクターと巨人の戦いはやはり迫力もあり、必見です。今作の魅力といえば、やはり登場する無数の
巨人達でもあり、この巨人達が人を襲う姿の恐ろしさはリアルであり、映像としての迫力は過去の名だたる日本映画にも劣らない圧倒的スリルと魅力があります。

そしてそんな余人達と戦う人間のキャスト陣の演技も、この巨人という存在の恐ろしさとおぞましさをしっかり表現しているので、見所のひとつです。

ここまで、進撃の巨人のシナリオや画としての良さについて触れてきましたが、この作品は主題歌であるSEKAINOOWARIのANTIHEROもカッコ良くセカオワらしい楽曲ながらも、しっかり進撃の世界観とマッチしており、素晴らしいものになっていました。

そんな進撃の巨人ATTACK ON TITAN、おすすめです。

男性30代
男性30代

各方面から叩かれまくっている実写映画です。
マンガもアニメもすごく面白いのにこの差はなんなのか。。。
いや、外人ばっかの作品をオールジャパンキャストで演じることのムリクリさとか、一番の人気キャラのリヴァイが出ずに長谷川博己演じる謎のオリジナルキャラクター・シキシマが活躍する珍脚本に対する反感など、まあいろいろと「ごもっとも!」なのでありますが、ここはひとつ視点を変えて観ることをオススメします!
何と言ってもCGを使わずに役者の演技で表現された巨人の怖さ。

序盤の奴らが人間を捕食するシーンはマジでゾッとしました。
そう、本作は人気漫画の実写映画化として観るのではなく、新手のホラー映画として観るべきなのです。

そしたら皆さんも、少しは評価が変わるのではないでしょうか?
オススメですよ!

女性40代
女性40代

大人気漫画を勢いに乗って実写化した意欲作でしたが、原作ファンのイメージや物語の実写における表現の部分での乖離するところが多かったのか、思ったほどの興行収入にはつながらなかったようです。

二部作の前編なんですが、始めなのでやっぱり原作ファン以外の役者目当てで来る話を知らない人たちのこともあるわけで、映画製作者はどっちにその比重を置いたのかな、と思いました。

原作ファンにはイメージとは違うと映り、役者メインの新参者にはイマイチ話の流れに乗れないなと思わせる部分があり、中途半端になったきらいがみられるかもしれないです。

ターゲット層を幅広く狙ったのが肝心な部分を曖昧にさせてしまったところはあるのではないでしょうか。

ワイヤーアクションを使ったバトルシーンやこのころよく演技の仕事を多くしていた水原さんの奮闘ぶりとか、もちろん主役を張った三浦春馬さんの演技も良かったと思います。

むしろちょっとガクッときたのは後半のほうの設定だったので、二部作に分けないでいたほうがよかったのかもしれませんね。

女性40代
女性40代

実写映画版の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、PG12指定の作品なんですね。

PG12指定の映画でグロいと思った作品にどろろとGANTZがあるのですが、見ても平気だったのでこの映画も大丈夫と思って見たいたらとんでもありませんでした。

巨人が壁を破壊しているシーンは平気だったのですが、その後雪崩のように入ってくる雑魚(と言うよりもモブキャラ的な)の巨人達のデザインが生々しいホラーテイストになってたんです。

そして奴らが中にいる人間達をモリモリバリバリ食べるのですが鮮明に表現してあって、手足が引っ張られて八つ裂きになったシーンはあまりにもおっかなくって涙が出そうでした。

後これを見てよかったと思ったのが、ハンジが女性と分かったことです。

原作見たことありますが性別が分からなかったので助かりました。

後サシャよりお笑いキャラになってて可笑しかったです。

終盤に出てきた巨人にエレンが入っていた、と言うところで終わってしまったので、これは次も見なければと思いました。

【 まとめ 】

今作の主題歌にはSEKAI NO OWARIによる書き下ろしの曲が使用されています。

起用されている俳優も有名な方ばかりで、この映画にどれだけ力がかけられたかよくわかりますよね。

三浦春馬さんを筆頭にこの人のファンですという方も多いはずですし見てみたいと感じる人は多いと思います。

原作に登場しないシキシマはリヴァイ要素が多く、原作ファンは気になるかもしれませんがリヴァイの要素は多くリヴァイだと思い込んでしまうのもありかもしれませんね。

賛否のある作品ですが進撃の巨人のシナリオは非常に人気でそれが映画になった訳です。

一度見ておいても損はないのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました