ハロウィンおすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!
ハロウィンに是非見たい映画を紹介しています!

おすすめ映画はこちら

千と千尋の神隠し 無料動画配信(アニメ映画)をフル視聴 kissanine/anitube/9tsu/アニステ

スタジオジブリ

(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

『千と千尋の神隠し』 特報【6月26日(金)上映開始】

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
   933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年8月現在、スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

スタジオジブリ映画『おもひでぽろぽろ』の動画は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで視聴することができます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用してスタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。 最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。 レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。 私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。 作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。 新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。 返却期限が得も定められていないのも魅力です。 難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。 自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。
女性
女性
『TSUTAYA DISCAS』の魅力的な部分は作品数の多さです。 雑誌で映画レビューを読むのが好きなのですが、映画評論家、映画コメンテーターの方が紹介している作品を見たくても、旧作だと近くのDVDレンタルショップでは案外扱っていないことが多いのです。 そういう時も『TSUTAYA DISCAS』で探すと大抵見つかるので、頼りにしています。映画好きなら押さえておきたいような古典映画や往年の名作であれば、ほとんど見ることができます。リアルショップではなかなか見つからないマニアックな作品でも、『DISCAS』で検索すると扱っていることが多くて嬉しいです。 時にはユーザーレビューを参考に、高評価されている作品を視聴してみることもあります。 おかげで、会員になってから映画に一気にくわしくなった気がしています。
男性
男性
TSUTAYA TVの魅力的なところは作品が興味をそそられるように特集されていると言う点です。 例えば大人が楽しめる名作アニメ、ウイルスと戦う映画などテーマごとに作品が集められていてついつい見てみたくなってしまいます。 そしてレンタルランキングが組まれているのもこのTSUTAYA の配信サービスならではだと思います。 やはり今人気のある作品はどんなものであるのか知りたいですし、それを見ることができるというのはとてもお得感があります。 そして近日公開の映画の監督作品を一気に楽しむことができる点もいいなと思います。 その監督の世界観を事前に楽しんでおけば、映画もより一層楽しんで見られますし、もし自分と合わなければ止めるという選択肢もとることができます。 また先行配信のドラマがあるのも魅力的です。 いち早くチェックしたい人にはぴったりのサービスだと思います。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>自宅に届くから レンタル手間なし! 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみ視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』は、第1話から最終話までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

『スタジオジブリ』の歴代作品紹介

スタジオジブリ 作品 TSUTAYA TV/DISCAS
(1986年)天空の城ラピュタ
(1988年)となりのトトロ
(1988年)火垂るの墓
(1989年)魔女の宅急便
(1991年)おもひでぽろぽろ
(1994年)紅の豚
(1995年)耳をすませば
(1997年)平成狸合戦ぽんぽこ
(1997年)もののけ姫
(1999年)ホーホケキョ となりの山田くん
(2001年)千と千尋の神隠し
(2002年)猫の恩返し
(2004年)ハウルの動く城
(2006年)ゲド戦記
(2008年)崖の上のポニョ
(2010年)借りぐらしのアリエッティ
(2011年)コクリコ坂から
(2013年)風立ちぬ
(2013年)かぐや姫の物語
(2014年)思い出のマーニー
(2016年)レッドタートル ある島の物語
〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

2020年9月現在、『スタジオジブリ』シリーズの第21作品まで『TSUTAYA TV /DISCAS』にて視聴できます。

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポ、アニステの配信状況は!?

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』の動画を視聴はご紹介した公式の動画配信サイトで配信していますので、安全に視聴できますが、DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポなどで違法に配信がされている動画共有サイトがあります。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、、日本の法律上で処罰対象となるものです。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になりますので、オススメ致しません。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

スタジオジブリ映画『 千と千尋の神隠し』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『千と千尋の神隠し』は2001年にスタジオジブリによって製作された日本のアニメ映画である。

不思議な世界に迷い込んでしまった少女・千尋が豚に変えられてしまった両親を助け出すために様々な経験を乗り越えて、成長していく物語です。 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』あらすじ

 ・謎のトンネル 

引っ越しのために両親の運転する車に揺られる主人公・荻野千尋。

千尋は転校する前の学校で同級生にもらったメッセージカード付の花束を大切に抱えていました。

引っ越し先での生活を楽しみにしている千尋の両親とは違い、千尋は未だ転校前の学校に未練を残していました。

そんな中、車を運転している千尋の父が道を間違えたのか、未知の森の中へ迷い込んでしまいます。

更にその道中、千尋たち一家はなんだか異様な雰囲気を放つトンネルを見つけます。

そのトンネルに恐怖を感じる千尋をよそに、一方の両親は平然とトンネルの中へ入っていきます。

そんな両親に置いていかれまいと千尋も恐怖を感じながら結局トンネルの中へ歩を進めるのでした。 

・不思議な世界で両親が豚に…

トンネルをくぐった先にあったのは無人の街でした。いくら探しても人の気配はまるでありません。

しかしながら、なぜかある屋台の中には山積みの料理が用意されていました。

千尋はその光景を不気味に思いながらも、相変わらず楽観的な両親はその料理に手を付け始めました。 

しかし、両親の食べていた料理の数々は実は神に供えるためのものでした。

知らなかったとはいえ、その料理に勝手に手を付けてしまった両親は罰として豚に変えられてしまいます。

千尋はそんな光景に愕然とし、泣きながら街の中を逃げ回ります。

更には自分の体が消え始めていることに気がつき、動転してしまいます。 

そんな千尋の前にハクという少年が現れました。千尋はその少年ハクに助けられたのでした。 

・両親を助け出すために

ハクは千尋に湯屋「油屋」で働くように助言しました。

「油屋」の主人・湯婆婆に「働かせてください!」と必死に頼む千尋は、最初は疎ましく思われていましたが、なんとか働くことを了承してもらえました。

ですがその代わりに荻野千尋の名前を奪われ、”千”という名を与えられたのです。

実は湯婆婆はこうして名前を取り上げることで、その相手を支配していたのです。 

千尋を助けてくれたハクも同じように本当の名前を奪われてしまい、同じように働かされているのでした。 

こうして千尋は千として働き始めることになりました。すべては豚に変えられてしまった両親を助け出すために。 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ

・神々の集まる銭湯で

しかしながら、千尋は自身が人間であるために皆に疎ましく思われていました。

そのため皆の嫌がるような仕事を押し付けられることもしばしばありました。

ですが千尋は、そのすべての仕事に誠実に向き合いました。

そのかいあってたくさんの砂金が油屋にもたらされるようになり、千尋は皆に一目置かれる存在になっていました。

そんな時、千尋は白い竜の姿を捉えました。

それはハクの本来の姿であるというのを直感した千尋はハクの元へ向かいます。

その道中で千尋のことをいたく気に入ったカオナシに遭遇します。

カオナシは千尋の気を引こうとしますが、千尋は相手にしませんでした。

一方ハクは湯婆婆から自身の双子の姉である銭婆の持つ魔法のハンコを盗み出すように言いつけられていました。

湯婆婆と銭婆は対立しており、怒った銭婆は魔法でハクに重傷を負わせ、更にハクを渡すようにと千尋に要求しますが、千尋はそれを拒否しました。

辛くも逃げ切った千尋とハクでしたが、ハクは体内に何かを抱えていました。

それを吐き出させるために、千尋は客からもらった団子をハクに与えました。

ハクはハンコとともに黒い物体を吐き出し、すっかり弱ってしまい更には気を失ってしまいます。

千尋はハクを助けたい一心で、ハンコを銭婆に返すことで許しを乞おうと考えました。

・銭婆の元へ

銭婆の元へ向かう途中、千尋に拒絶されたことにショックを受けたカオナシが従業員を飲み込み、暴れまわっていました。

千尋はカオナシに謝りながら、他の客からもらった団子をカオナシに食べさせます。

あまりの団子のまずさにカオナシは暴走してしまいますが、代わりにハクと同じように飲み込んだ従業員たちを吐き出しました。

従業員を吐き出したカオナシはおとなしくなり、千尋についてきます。 

一方その頃、目を覚ましたハクは湯婆婆の元へ行き、彼女の息子・坊が銭婆の魔法でネズミに変えられ、千尋とともに銭婆の元へ向かったと伝えます。

ハクは坊を連れ帰る代わりに、千尋の両親の解放を要求しました。

・ハクの正体 

銭婆の元へたどり着いた千尋が銭婆に魔法のハンコを返却すると、銭婆はハクのことを許してくれました。

その後、千尋を迎えに来た竜の姿のハクの背に乗り、千尋は銭婆の元を去りました。

油屋に戻る途中、千尋はようやくハクの正体に気がつきました。

ハクの本名はニギハヤミコハクヌシ。千尋が幼いころに落ちた川の化身だったのです。

・結末

油屋へ戻ると、今までの油屋での働きぶりや坊を無事に連れ帰ったことなどの功績を認められ、千尋の両親の解放が認められました。ただしそれには条件がありました。

それは複数いる豚の中から、両親が変えられてしまった豚を探し出すこと。 

「この中にお父さんとお母さんはいない」。千尋は正解を答えることができました。 

こうして無事に千尋は助けてくれたハクといつか必ず再会すると約束し、元の世界へ帰ることができたのでした。

\ジブリ作品の視聴はこちらから /

▼ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を動画を視聴する▼

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』の登場人物

萩野千尋    (柊瑠美)

ハク    (入野自由)

湯婆婆/銭婆(夏木マリ)

釜爺    (菅原文太)

カオナシ  (中村彰男)

坊     (神木隆之介)

リン    (玉井夕海) 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌

木村弓   『いつも何度でも』 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』Twitterでの反応

 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』はこんな人におすすめ

 ・ジブリ作品が好きな方

・千尋の成長を見届けたい方

・ファンタジーが好きな方 

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』の感想

女性20代
女性20代

この映画の見どころは、スクリーンの中に映し出される壮大な世界です。

物語は、千尋がトンネルの先の不思議な町に迷い込んでしまうところから始まりますが、この町は現実の世界とは明らかに違うような、綺麗で楽しそうな場所で、しかしながら人が1人も居なくて寂しげでどこか不気味な雰囲気でした。

その後はどんどん多くの神様が出てきたり、人がたくさんいるところで働くことになったりと賑やかなシーンが多々あり、華やかで煌びやかな世界が広がって一気に活発さが増します。

ところが、カオナシの出現で湯屋がめちゃくちゃになったり、ハクの命の危機が訪れたところからはシーンがガラッと変わり、銭婆のところに向かう列車の中などとても静かで、どこか切ない雰囲気が漂っていました。

この動と静の部分も人を惹きつける魅力だと思います。

最終的に現実の世界に戻る訳ですが、景色は始まりの時と変わらないのに、最初は怯えていた千尋がいつの間にか成長して凛とした姿になっているというのももう1つ見どころで、どんなことを経験してどのタイミングでどんな気持ちを抱いてそうなったのか考えるというのも1つの楽しみ方だと思います。

正直何回観ても面白い作品で、1回目は物語中心に、2回目は景色やシーンの移り変わり、千尋の成長に重きを置いて観てみるのがおすすめです。

 

 

男性40代
男性40代

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』で一番印象に残っている場面は、カオナシがどんどんカエルなどを食べて大きくなっていくシーンです。

砂金を餌にしてがめついカエルなどをおびき寄せて、食べて行くシーンは、人間のがめつさを意識しているのではないかなと見ていて思いました。

人間の欲深さを強調しているような印象を受けました。

そのカオナシが自分の所にやってきた千に砂金を差し出すシーンも人間の欲を意識していると思いました。

金を差し出せばみんなが喜ぶだろうという安易な発想のカオナシが、千に断られてしまい、逆に薬玉を食べさせられてしまいます。

それでもしつこく千を追いかけるカオナシの姿は、人間の欲が見にくいほど深いものだということを見ている視聴者に伝えようとしているのではないのかなと思いました。

最初に神様の世界に迷い込んだ千尋の両親も神様の食べ物を食べていやしい豚にされてしまったし、神さまの世界に迷い込んだ千尋も尋という字を奪われてしまったので、この映画のテーマが人間の欲の深さだということが何となく見ていて分かりました。

誰か人の為にという考えで、千が動いたり考えたりすることで、欲を捨てることが出来たから元の人間の世界へ戻ることが出来たのだと思います。

男性10代
男性10代

千と千尋の神隠しは、登場人物全員が個性的かつ魅力的でした。私は、特に油屋の経営者である湯婆婆が印象に残っています。

湯婆婆は尖った鼻を持っており、カラスに変身することができる魔女であることから、邪悪な雰囲気が感じられました。

千尋やハクの名前を奪ったり、従業員をこき使ったりと、湯婆婆の傲慢で強欲な性格が出ている場面が描かれているため、悪者だと思ってしまいがちです。

しかし、息子の坊を溺愛していたり、客から砂金をもらい受けた千尋を褒めたたえたりと魅力的な側面もあり、どこか嫌いになれません。

むしろ、普段は従業員に厳しく接し、良い働きをすると褒め称え、油屋を訪れる客に対しては腰が低い湯婆婆は理想の経営者であると思います。
そして湯婆婆と銭婆の声を担当した夏木マリさんは、本業は声優ではありませんが役にぴったりの声で違和感が全くありませんでした。
魅力的なキャラクターたちに加え、映像も本当に綺麗です。

特に海に敷かれている線路はとても美しかったですが、どこか切ないような気もしました。
エンディングは壮大な終わり方ではありませんが、すっきりした終わり方でした。

謎が残ったまま終わったり、モヤモヤしたりすることが無い結末だったので良かったです。

女性20代
女性20代

この作品の一番の見どころは、なんと言っても独特の世界観だと思います。

他の映画や作品では感じないような不思議な雰囲気で、モデルになった場所こそありますが、なんともこれだと表現し難い不可思議さがあります。

川の上の線路などがその代表的なものだと思います。

その世界の住人たちもとてもユニークで、一度見たら忘れられないほどのインパクトです。

特に私はカオナシが衝撃すぎて、初めて見た小学校の頃は夢にも出てきたほどでした。
もちろん、主人公の千尋の頑張りも見どころです。

普通の小学生の女の子が、両親のためとはいえ、見ず知らずの世界でここまで頑張れるということが、すごいと思います。

湯婆婆は特に怖いので、本当に凄いです。

ハクの存在も大きく、とても綺麗で頼りになる存在だと思います。

この2人が空を飛んでいるシーンは特に好きで、忘れられません。

ハクが本当の名前を思い出したこと、千尋が幼い頃に川で溺れた時に助けてくれていたことなど、いろいろなものが結びつき、感動すること間違いなしです。
また、様々な場面で色々な想像ができることなど、何度見ても新たな発見があったり、何度見ても面白い作品だと思います。

その証拠にネット上には様々な都市伝説や考察が載っています。

作品を見て、自身で考えたり想像したりするのも楽しみ方の一つだと思います。

女性20代
女性20代

公開当時は小学生で低学年だったのですが、幼いながらに「働くことって大変だな」と思った作品です。
それと共に、ストーリーが両親が神様の食べ物を食べて姿を変えられてしまいその両親を取り戻すための物語に見えていて、もし自分のお父さんお母さんが突然そばからいなくなったらと考えたら何とも言えない恐怖や不安が浮かび、当時は少し怖い映画だと感じました。
それでも自分なりにできる事から進み成長していく千尋の姿は本当に勇気を貰いました。

いつかはこうして一人でやらないといけないんだと思って自分にそれが出来るのか不安な感情もありました。

登場人物のキャラクターはどれも個性的で、個人的に好きだったのは「リン」です。
なにを言われてもなにをされても動じずに千尋と向き合ってあげる優しさや叱る時はちゃんと叱ってくれるお姉さんみたいに見えました。
ストーリーは凄く非日常的ではありましたが、どことなく現実味があり人間の良いところと悪いところを両方生かされた作品だと感じました。
物語の中では「銭婆(ゼニーバ)」が釜爺にとても恐ろしい人だと恐れられていましたが、実際は世話好きだったり裁縫や編み物が上手だったりで優しいおばあちゃんのような印象。

私が見ていた限りでは湯婆婆の方が人を平気で虐めたり笑いものにしたりと残酷な考え方をする恐ろしい人だと思いました。
当時の印象では一番怖い映画でしたが一番心が浄化されるような映画でもありました。

男性30代
男性30代

日本映画興行収入歴代1位の傑作でジブリ映画を代表する作品だと思います。

自分も映画を2度観に行った思い出があります。

引越しで新居へ向かう途中で道に迷い、不気味なトンネルを抜け不思議な異世界へ迷い込んでしまった少女“千尋”が湯婆婆に名前を奪れ“千”となってしまいながらも両親と自分の名前を取り戻すために湯屋で働きながら成長していくストーリーです。

そこで出会った少年“ハク”もまた謎を秘めた重要なキャラクターで千尋を影ながら助けてくれます。

ツンデレな塩対応と優しい言葉とのギャップがすごいです!今までのジブリには居ないタイプのキャラクターで魅力的です。

その他にも千をサポートしてくれる個性的なキャラクター達も見所です。

湯屋で起こる様々な事件を通じて泣き虫で頼りなかった千が少しずつ逞しくなっていくのですが、そんな中でもしっかりと自分らしさを持っているところが千の良いところでありとても魅力的なところだと感じます。

作品全体はファンタジー要素が強く感じられますが、どこかダークな世界観を持ち合わせていて、それは“働かないと生きてはいけない”“何かを得るためには何かを失う”といったこの物語の土台に設定されたリアルな闇が現実世界とも相まっているからなのかなと思います。

千とハクとの間の絆には運命的な要素もあって感動的ですし、正直幼いお子さんだと内容が理解しにくいシーンもあるかとは思いますが、何度観ても新しい発見や新しい感情を抱くことが出来るまさに日本映画の名作ですし、一度は観ておいて損は無いと思います。

女性40代
女性40代

両親とは違い、1人だけトンネルの向こうに行くことを怖がった千尋だから、屋台の美味しそうな食べ物に目を向けなかった。

何度か見返すと、そこは子供と大人の境界線のような気がした。

人様の物に勝手に手を出してはいけない純粋な千尋と、綺麗な心を失った大人。

それが醜い豚という形で現れた。だから、千尋はハクにも出会えて助けてもらえた。

誰一人知らず不安がいっぱいの中、ハクがおにぎりを届けて頬ばるシーンが1番好きで、何度見ても泣きます。

ハクの優しさと美味しいおにぎりが、緊張でいっぱいだった千尋を安心させたのだと思います。

色んなキャラクターが多岐に渡って出てきますが、カオナシは強烈なキャラクターを放っていました。

千尋と電車に乗ってる所は後に変貌してしまうものの、どことなく可愛かったです。

結局正体はよく分からないやつでしたがインパクトは凄かったです。千尋がジブリの中ではあまり可愛くない顔で描かれているのも、この作品の特徴だなと思います。

普通の顔だからこそ、千尋に感情移入しやすいのかなと思いました。ハクと別れる時はすごく悲しかった。

彼と千尋はずっと側にいる存在だと思ったのに、切なかったです。

冒険ファンタジーとして見るのもありだし、恋愛ものとして見るのもありの作品でした。

女性30代
女性30代

千と千尋の神隠しは、宮崎駿監督の作品の中でも一番好きな作品で、もう何回見たか覚えていないくらい繰り返し見ています。
主人公の千尋という女の子が、不思議な世界に迷い込んでしまうというところから始まり、はじめは怖くてガタガタ震えていたり、腰をぬかしてしまうようなか弱い女の子が、お湯屋の仕事を通して成長していく姿は、何度見ても胸が熱くなります。
特に、ハクから元気がでるおにぎりをもらって、大粒の涙を流しながら一生懸命に頬張るシーンでは毎回つられて泣いてしまいます。
このおにぎりもそうですが、ジブリ作品に出てくる料理は、「ジブリ飯」と呼ばれるほど作中の料理が美味しそうに見える事でも有名で、この作品も例外ではなく、序盤に出てくるお父さんが食べる謎の料理も、実際には見たこともないような、よくわからないものなのにもかかわらず、たまらなく美味しそうに見えるのもこの作品の魅力の一つです。
他にもお湯屋に来る様々な神様たちの可愛らしさや、台湾の九份をモデルにしたと言われている町並みなど、色彩やイラストが細部まで細やかで、何度見ても飽きない美しさです。
また、窯じいや湯ばあば、カオナシなどすべてのキャラクターが個性的で愛らしく、いきいきとしています。
木村弓さんが歌う主題歌、「いのちの名前」「いつも何度でも」も世界観にぴったりで、この曲も含めて日本が誇れるアニメ映画だと思います。

女性40代
女性40代

ジブリ映画ならではのワクワクを感じることのできる映画の代表作ではないかと思います。

千尋のお父さんの好奇心から、家族で不思議な体験に巻き込まれていくわけですが…。

現実にこんな事が起こったら私は千尋のように対応できるだろうか?と本気で考えた事を覚えています。

知らない不思議な世界に放り出されて1人ぼっちになった千尋を見て、ものすごく気が遠くなってしまいました。

こんな化け物のような(実際は神様たち)人たちに囲まれたら、平常心ではいられないですよね。

冒頭のそんなシーンがとても印象的で、ハクが現れるまでは息を飲んで観ていました。

作品全体としてメッセージ性がとても強く、私は大人になってから観たのですが、子供に対するシツケのような物を感じ、とても素敵だなぁと言う感想を持ちました。

大きな声で挨拶をする、何かをしてもらったらありがとうを言う。

カマ爺の『手ぇ出したら終いまでやれ!』はとても心に響きました。

当たり前のような事でも、それがなかなかできない。大人でも。

もしかすると子供に言っているように観せて、大人が言われていたのかもしれませんね。

一生懸命働く事や、顔なしのように弱い心を持った人への思いやりなどなど…。

たくさんの初心に返るメッセージだ含まれている、暖かい映画でした。

女性20代
女性20代

とても不思議な世界で初めて見たのは小学生の時だったので、現実にはない世界観がとても面白いと思いました。
釜爺のような不思議な生き物がとても印象に残っています。
元々人間で普通に暮らしていた千尋が異世界に行ってしまうという発想は、子どもの頃には難しくなぜいきなり不思議な生き物が出てきたり、体が透けたりするのだろうと思いました。
『エンガチョ』をする場面があるのですが、意味わからず友達同士で真似をして遊んでいました。
ジブリなのでトトロにも出てきたようなススのまっくろくろすけが出てきて可愛かったです。
りんが、「ここの物を食って寝れば元気になるよ」と言っていた時にりんも、もともと人間でここに連れてきた人なんだと思いました。
ゆばーばとぜにーばの違いが見た目ではよくわからなかったけど、性格が正反対で見てる人の感情を揺さぶられます。
川の神様がきて泥でいっぱいになって捨てられた自転車やゴミがたくさん出てきた時に、川にゴミを捨てないでというメッセージ性があったのだと思いました。
一度映画を見た時よりも回数を重ねた方が、得られるものが多く一つ一つの場面には深い意味があることがわかるので、何度も見たくなる映画です。

スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』のまとめ

ジブリ作品の中でも言わずと知れた名作です。

典型的な都会育ちでまだ10才の女の子である千尋が豚に変えられてしまった両親を助け出すために、誠実に目の前の仕事をこなす千尋の姿を見ていると何度見ても胸を打たれます。

そして、けなげな千尋の姿を本当に応援したくなります。

言わずと知れた名作なので、見たことのない人の方が少ないと思いますが、未視聴の方には必ず見てほしい作品です。

そして見るたびに様々な感情が得られるはずですので、見たことがある方も何回も見てほしい映画です。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FOD

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FOD』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FOD』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました