シンゴジラを動画配信サービスで無料フル視聴する方法は!無料動画配信サイトを紹介!

邦画

原子力による問題や、人々の苦悩や苦痛、憎しみ、国のあり方、これからの生き方、そんなメッセージ性のある作品、タイトル通り今迄にない新しいゴジラ、政府は未確認生命体ゴジラとどう立ち向かっていくのか、1つ1つの決断が運命を変えていく。

シンゴジラのフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

シンゴジラの動画を無料でフル視聴する方法

シンゴジラの動画は

U-NEXTの動画配信サービスでフル視聴できます。

 

“31日間無料で視聴する

                無料トライアル入会でポイント600ptもらえます。

U-NEXTがなぜオススメなのか⁉︎

・映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある。

1400000本以上の見放題作品に加え、雑誌も読み放題

・ニッチな作品まで取り扱いがあるので、見逃し配信や昔の古い作品も見つかる

・画質選択が出来る

シンゴジラの視聴はU-NEXT

  U-NEXTの特徴 メリットは⁉︎

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

31日間はトライアル期間で完全無料

1つの契約で4回線を無料で利用できる。

・最新作品は解禁日に配信される(例外あり)

・大河ドラマはNHKオンデマンドで対応済み。

 

U-NEXT公式サイト

無料トライアル申し込みページ

あらすじ

東京湾羽田空港沖にプレジャーボート、グローリー丸が漂流していた。

海上保安庁が救出に向かうも誰も居ない、そこには遺留品が、遺留品のノートの表紙に書かれている文字は、、、船内は揺れる、謎の爆発に巻き込まれアクアラインに亀裂が入る。

原因が不明なため各省庁の大臣が集まりレクが行われる。結論では新たな熱性噴出口

だと思われていたが内閣官房副長官である矢口蘭堂は否定し、巨大生物だと主張する。

場面は会議に移る、そこでニュースの生中

生中継が流れるがそこに映っていた物は巨大生物の尻尾だった。

そこから事態は急変し巨大生物とどう対峙していくかという展開になっていく。

政府の対応

政府は駆除、捕獲、排除等の選択を迫られる、政府は国のルールに従いながら行動していき、一つ一つの決定に時間がかかってており民主主義の闇を見せ付けられる。こんな状況であっても自分達の立場や名誉を守る為に行動してしまう人間の汚さも垣間見られる。そして楽観的観測で国民へ情報操作をしようとするが予測不能な謎の生命体に翻弄される。

謎の生命体の上陸

地を這う魚と哺乳類の間に存在するような謎の生物は上陸し街を破壊していく、内閣総理大臣は対応の決定を迫られるも、優柔不断である。日本の政治を丸写ししてるかのようなシーンである。

巨大不明生物には手も生えていない、そんな生物がエラを排除するなどし形を変えていき、立ち上がる。国は巨大生物を排除する事を決定するが巨大生物は海へ戻っていった。

GODZILLA

巨大不明生物特設災害対策チームが編成される。有識者達が集められていき研究が進んで行く中で、巨大生物より放射線が漏れ出して体内で核分裂が行われている可能性が出てきた。

アメリカ大統領特使カヨコがやって来る、そしてこの謎の生物の予言をしていた人物の存在が明らかになり、カヨコに人物の捜索を依頼される。

預言者の名前はゴロウだった、ゴロウの文章から「私は好きにした、君らも好きにしろ」とあった。そこには謎の生物の名前も載っていた、ゴジラだ、そしてマキ・ゴロウは放射線物質の海洋投棄を研究していた、過去に放射線の影響で妻を無くしていたという事実も明らかになってくる。

そしてゴジラはその放射線物質を食べ進化していったのだ。

再来

ゴジラが再来するが姿形が丸で違う、第4形態まで進化したゴジラに立ち向かう、自衛隊が出動し様々な武器で立ち向かうが歯が立たなかった。そして日本は米軍に協力を依頼し米軍の攻撃が始まる、米軍による支柱貫通型爆弾の投下でゴジラに損傷を与える事ができ、ゴジラは大量出血する。だがその後ゴジラの体が光りだす、そして口から炎を吹き出しそれが光の柱へ変わっていく、背部よりも光を放ち米軍の戦闘機は破壊されていく、そして街も壊滅状態へ。

国としての決意

ゴジラは国際合同管理下に置くことに、日本はそれを認めるが、軍事指揮はアメリカには任せないと決意する。過去の失敗を繰り返さない意思表示である。

そしてアメリカ及び各国は核兵器の使用を日本に打診してくる。

そして核兵器使用の可能性が膨らんでいく。

一方で矢口はゴジラの血液凝固プランを進めていた、矢口プランだ、核兵器の使用はこのプランにかかっている、矢口は国が同じ過ちを犯さないよう必死で準備していく。

そして他国の力を借り遂にプランが実行される事となる。

他国の様々な思惑が交差する中、日本は正しさを見つけ出して行く。言いなりになるのではなく、自分達の力で未来を切り開いていく、そして過去の奴隷から解放されていくのであった。

そして核兵器を使用する事なくゴジラの凍結に成功する。

最後の映像にはゴジラの尻尾が映し出されている、、尻尾の先には悲鳴をあげる人のように見える物が何体も連なっている。

まるで人々の過ちや、憎しみの象徴であるかのように、、、

「もう二度と同じ過ちを繰り返さないで」とのメッセージの様であった。

登場人物紹介

長谷川博己 (矢口蘭堂)

竹野内豊 (赤坂秀樹)

石原さとみ (カヨコ・アン・パタースン役)

市川実日子

柄本明

大杉漣

國村隼

321

主題歌

Persecution of the masses 

作詞:Mike Wyzgowski, 鷺巣 詩郎作曲:鷺巣 詩郎編曲:鷺巣 詩郎

その他、、、

こんな人におすすめ

・戦争に興味のある人

・政治に興味のある人

・ゴジラを初めてみる人にもかなりお薦めの作品ですのでどなたでも!

 

U-NEXTの無料トライアルはここから

 

まとめ

民主主義の闇、戦後の日本の風景、過ちや正しさ、複雑に入り組んだ話でしたね。

元々核の副産物として産まれたゴジラではありますが、今回の作品は全ての現状を因数分解したような内容にも見えました、最後の映像にはゾッとしましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました