おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【ビリギャル】動画を無料(映画)フル配信で視聴

ビリギャル 邦画

(C)2015映画「ビリギャル」製作委員会

映画『ビリギャル』予告編

映画『ビリギャル』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『ビリギャル』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『ビリギャル』『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』で視聴可能です。

映画『ビリギャル』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

あらすじ

・中学生活と変化

さやか(有村架純)は、小学生の頃から友達ができない。

母の「ああちゃん」こと、あかり(吉田羊)が会いに来ても、担任教師は「強くならなきゃいけない」と言い、相手にしない。

そんなさやかを心配し、母はさやかを転校させる。

中学ではさやかが憧れた制服を着ていた中学に入学。

そこは中高一貫で、大学もエスカレーター式で上がれるため、さやかは全く勉強をしなくなっていた。

高校では、成績最下位のクラスに配属された。

高2になって、さやかのカバンから、たばこが見つかる。

他に吸ってたやつを言え、と教師たちに脅されたが、さやかは答えず。

停学になってしまった。

そこで、エスカレーターの大学ではなく、受験をしようとさやかに勧めた母。

塾のパンフレットを出し、見学だけでも行ってみるように伝えた。

母に言われるまま、塾に出向いたさやか。

それが、さやかの人生を変える、塾講師の坪田(伊藤淳史)との出会いだった。

坪田が見たさやかは、キンパツ・膝よりすごく上の短いパンツ。

いわゆる「ギャル」。

手始めに、坪田はさやかにテストを受けさせる。

結果はもちろん、0点。

だが、坪田はさやかが答案を全て埋めていることに着目し、褒めてくれた。

その頃のさやかは、「聖徳太子(しょうとくたいし)」を「せいとくたこ」と読むなど、小4レベルの学力しかなかった。

・目標

まずは、目標大学を決めよう、と言う坪田。

「慶応ボーイ」というイケメンがいる、慶応義塾大学への入学を、さやかに目標として定めさせる。

坪田の塾は、個人授業を行っているため、さやかは小学生のドリルから始めることになった。

停学明けに久々に学校に出てきたさやか。

だが、慶応を目指すと言ったさやかに、担任・西村(安田顕)は「そんなことができたら、裸で校庭を一周走る」と言う。

その言葉にさやかは、一念発起。

「工藤さやかは、慶応を受験します!!」

慶応を受験すると宣言した、さやか。

だが、もう一人、さやかを信じていない人物が。

それが、さやかの父(田中哲司)。

父は、弟の龍太(大内田悠平)を甲子園に行かせることのみに力を入れており、さやかのことは、慶応なんて行けるわけない、と言うばかりだった。

ある日、さやかは塾の仲間である玲司(野村周平)と、坪田とさやかの担任・西村が一緒にいるところを見かける。

喫茶店に入る二人を、二人から見えないように見張るさやかと玲司。

「クズなあいつを、慶応に入れるとそそのかすのはやめろ。」と坪田に言いに来た西村。

そこで、普段は温厚な坪田が怒鳴る。

「さやかちゃんはクズじゃない。」

ネタバレ

・坪田の提案

そんな中、坪田が母を塾に呼び出す。

さやかの学力は、当初に比べて格段に上がっているが、スタートが遅すぎたと言う。

このままでは、慶応合格に間に合わないので、塾を週6日コースに変更するように勧める。

母は、貯金をくずし、足りない分は親戚に借金し、塾の費用を準備。

それでも足りない分は、夜勤をして、稼ぐことにした。

その札束の重さを感じたさやかは、今まで以上に、勉強に励むようにした。

さらに友人も、「うちら、さやかにマジで合格してほしい」と応援し、さやかと慶応合格するまで、遊ばないようにすることを宣言した。

寝る間も惜しみ、慶応合格を目指し、毎日一生懸命に勉強していたさやか。

だが、模試はE判定ばかりだ。

坪田に「慶応を諦める」と言うが、坪田は「目標を下げると、どんどん低い方へ流れていく。慶応を見に行ってみてはどうか。」と、アドバイスを送る。

母と慶応を見学したさやか。

そこでキラキラした学生を見たさやかは、やはり慶応に行きたいと決心する。

さやかはとうとう、合格率50%以内であるC判定まで、成績を上げた。

弟の龍太は、他にレベルの高いやつがいすぎると、野球をやめてしまっていた。

さやかにも、早く諦めた方が、と言っていたが、努力すれば変われることを証明した。

さやかの本命は、慶応・文学部。

他に記念受験で、慶応・総合政策学部と、近畿大学を受けることにした。

だが、近畿大学の受験日、大雪で交通機関が通行止め。

そんな時、それまでさやかに見向きもしなかった父が、送ると申し出た。

さやかが頑張っていて、見事に成績を合格圏内まで持ってきた。

ついにさやかを認めたのだ。

そしてさやかも、雪で車が動かなくなり、困っている人を助ける父を見た。

・認め合う

母が言ってた通り、父は困っている人を見捨てられない、優しい人だった。

お互いに認めた二人。

父は受験会場に着いたさやかに、大声でエールを送った。

さやかは、近畿大学を合格した。

そして、いよいよ本命の慶応・文学部の受験日。

坪田からもらった合格祈願の桜柄がプリントされたコーヒーを、受験日当日に飲むことにした、さやか。

だが、これが原因で、腹痛をおこし、受験はボロボロ。

結果、不合格となった。

だが、まだ総合政策学部が残っているという玲司。

しかし坪田は、そこはさやかが苦手な小論文の配点が高いという。

さやかは恐る恐る、ネットに受験番号を入力し、結果を確認すると・・・

見事に合格した!!

塾に行き、坪田や玲司と喜び合うさやか。

もちろん、家族や友人も全員で喜んだ。

坪田はさやかに手紙を書き、こう綴った。

「君に会えてよかった。

君がこれから、たくさんの人の人生を変えるだろう。」

\ 本編をチェック! 

映画『ビリギャル』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

登場人物紹介

工藤さやか (有村架純)

坪田義孝  (伊藤淳史)

森玲司   (野村周平)

本田美果  (松井愛莉)

西村隆   (安田顕)

工藤龍太  (大内田悠平)

工藤まゆみ (奥田こころ)

工藤徹   (田中哲司)

工藤あかり (吉田羊)

主題歌

サンボマスター『可能性』

サンボマスター「可能性~映画『ビリギャル』バージョン~」MUSIC VIDEO 前編

Twitterでの反応

こんな人におすすめ

・夢に向かって挫折しそうな人

・努力する主人公を見て、泣きたい人

・青春映画の見たい人

感想

感想はここから見れます
女性20代
女性20代

名前さえ書ければ合格という高校に通っているさやか(ギャル)が、情熱ある塾講師と出会って慶応大学を目指すという一見嘘のような実話をコメディタッチで感動的に描いている部分が素晴らしい映画です。この映画の見どころは、家族愛、友情、師弟愛、と主人公を取り巻く人たちも愛らしく描かれていることです。

塾講師の坪田先生をはじめ、主人公が本気で無理な目標を目指す姿に、いずれ周囲の人たちが動かされていく様子が大変感動します。特に、母親のあーちゃんはさやかがどんなにつまずいても常にそばにいたし、常に娘を信じて娘のために働き、味方でいたことがすごく泣けるし、理想の母親像でした。

さやかの友人たちもさやかを想って合格するまでは遊ばないと、こんな素晴らしい友人たちはいないなと感じました。反対に、父親は最初からそんな目標は無理だとさやかに関わろうとさえしませんでしたが、息子へプレッシャーをかけすぎたことに気づき、改めてさやかの頑張りを認めたとき、素直に応援した姿が愛らしく思えて、最後にさやかを受験会場へ送り届けるシーンがとても良かったです。

そして何より、そんなたくさんの周囲の人を動かしたさやかの頑張りと信念にとても感動して大変勇気をもらいました。ものすごく好きな映画だし、学生・受験生に限らずどのような立場の人にも見てもらいたいおすすめ映画です。

女性30代
女性30代

有村架純ちゃんが兎にも角にも可愛い。金髪ギャル姿は珍しく、今後はもうないかも?とにかく貴重かと思います。キャスティングも父親の田中哲司さん、母親の吉田羊さんもとてもリアルでいいと思います。

東海圏が舞台なので田中さんの名古屋弁はすごく上手でした。先生役の伊藤淳史さんはなんとなく童顔な感じで少しこじんまりとした先生な感じもしますが映画ならではの大袈裟な暑苦しさはいいですね。

原作を読んでから見たのですが実話に基づいたものなのでわかりやすい。展開も成功した事例でもあるので直向きに何か頑張れば成功するというポジティブな内容なので元気が出ます。

でも必ずしもがんばったからとして誰でも成功するわけでもないからちょっとポジティブすぎると感じてしまうかもしれませんが。家族で安心して見ることはできる作品かと思います。

笑いもあり、ほろっとしてしまう展開もあり、家族や周りの支え合って主人公も周りも成長していく良い映画です。

女性10代
女性10代

もともとギャルで勉強が全く出来ない主人公が、良い塾講師と出会い、大学受験合格に向けてひたむきに努力するという内容にとても心を打たれました。この映画を見たのがちょうど受験期でやる気が少し落ちてきていたころだったので、主人公のさやかを見ていたら、自分ももっと頑張れるし頑張らなくちゃという気持ちになれました。
あと、個人的に主演の有村架純ちゃんは清楚系の役柄を演じているイメージが強かったので、金髪ギャルの役がちゃんとハマるのかどうかな~と思っていましたが、ちゃんとギャルになりきれていて良かったです。レアな有村架純が見れます。
そして、この映画で内容に負けず劣らず良いと思ったのが、サンボマスターが歌う主題歌です。「だめじゃないよ」や「誰かに笑われたってかまわない」などという歌詞が本当に映画の内容にフィットしていて、この曲が流れた瞬間、映画の内容が一気に頭に思い出されて、トリハダがたってしまいました。
やらなくてはいけないことがあるけど、なんか頑張れないという人の背中を押してくれるような良い映画でした。

女性30代
女性30代

まずは、すごく清純派のイメージの有村架純がとんでもないギャルの役を演じている事のギャップが面白いです。
話の内容や最終的な結末は、見る前からなんとなく分かってしまうのが少し残念ですが、たとえ分かっていても映画の世界に入り込んでしまうほどのリアリティ溢れる作品です。
もしかしたら、頭が良くない自分でも東大を目指せるんじやないか、、、なんて少しよぎってしまうほどでした。
受験の経験がある方や、これから受験を考えている学生さんにとっては、親近感があってとても参考になるのではないでしょうか。
人間は見た目で判断されがちですが、それ以上に必ず何か秘めた才能があるものだと改めて痛感しました。
この主人公にとっては、タイミング良く運命的な出会いがあったから、その才能が開花できたのでしょう。
自分でもまだ発見していない才能があるかもしれません。これからの新しい出会いや発見が自分の人生を変えるかもしれないと思うことができる作品です。

男性40代
男性40代

さやかは小学生の頃、お友達があまりいない女の子でした。そんな彼女がある中高一貫の制服にときめきます。それを見た母親はさやかをその学校に入れます。

友達は出来ましたが、勉強は全く出来ず、何時もビりでした。ある時、さやかが喫煙で停学になった時、母が塾に入る事を勧めます。そこで、さやかは坪田先生と出会います。ここから、彼女の挑戦が始まりました。

坪田先生はさやかに大きな目標を持つように勧め、強引に慶應義塾大学への合格を設定するも、さやかは4年生のドリルから始めるレベルでした。学校の担任はその話を聞いて見下し、さやかの父も無理だと決めつけていました。新しい挑戦をする時にありがちな周囲の決めつけはありましたが、さやかは坪田先生の言う事を素直に受け止め、本を沢山読んで論文力を上げたりしながら着実に実力をつけて行くが、学校で寝てしまう事が多く、担任は過度な期待を持たせない事を坪田先生に申し出ます。

坪田先生はさやかを信じると伝えます。それを聞いてさらにさやかは勉強に熱を入れます。また、担任は母も呼び出しますが、最後は担任も目立たない様にして下さいと折れてくれます。さやかの友達も彼女の頑張る姿を見て受験が終わるまで遊ばない事にします。

しかし、弟は周囲に追いつけない事から野球を辞めたいと言って父親とケンカをして、さやかにも慶応を諦める様に促します。さやかも一度は慶応を諦める事を坪田先生に伝えるが、先生に大学見学を促されて、母と一緒に行ってみると、生き生きしている大学生たちを見てもう一度奮起します。だが、このままでは合格ラインのB判定まで行かない為、週6日通うコースに変更を勧められる。多額のお金が必要ではあったが、母が夜も仕事をして工面します。さやかは総合政策学部と文学部の受験を決めます。ここまでくると全員が見方をしてくれます。滑り止めの受験日は大雪でしたが、父が送ってくれました。慶応の受験日は文学部の受験でコーヒーを飲んでお腹を壊してしまいます。結果は不合格でしたが、翌日に受験した総合政策学部は見事に合格していました。塾に行って皆に報告している彼女を見て本当によく頑張ったね。と感動しました。

女性30代
女性30代

約1年で偏差値を40も上げたと言う実話ですが、この作品は、どのようにして賢くなったのか、おバカな生徒を賢くさせたのかと言うプロセスが分かる映画です。
主人公さやかの冒頭からのおバカっぷりがとにかく面白いです。聖徳太子を「せいとくたこ」と読む高校生に、響きが良いからという理由で慶応の受験を勧める坪田先生をいろんな意味で尊敬します。さやかをやる気にさせるのがうまい坪田先生と、坪田先生についていくさやかの二人三脚っぷり、受験勉強していくにつれての親や友達との関わりや、さやかの心境の変化、スランプに陥った時の苦しい時期、受験中の「あ~!やってしまったな!!」というような様子など、慶応合格への道のりがとっても細かく描かれていて、見終わった後は、勇気・やる気をもらえた映画です。

どんな試験でも良いので受験を控えている人や、何か新しいことに挑戦しようかなと思っている人と、何をすれば良いか分からない、将来の夢が何か分からない人に是非見てほしい映画です。実話であるところが、また説得力があります。

男性30代
男性30代

この作品は学年で1番成績の悪いギャルが1年で慶應大学に現役で合格する実話の話なのですが、金髪でテンション高めの主人公を清楚なイメージしかなかった有村架純さんが見事に演じていて彼女の演技力の高さを改めて感じた作品でした。

この作品を観て一番感じた事は「最初から出来ないと決めつけない」という事です。学年で1番成績の悪い主人公がとある塾の先生と出会う事で慶應大学に合格するのですが、この先生はいつも彼女の可能性を信じ続けていました。

「学年で1番成績が悪い」という事実に振り回されずに彼女の良い所を見つけて、それを上手に成績アップに繋げていく。こんな素敵な先生はなかなかいないなと思いました。そしてこの塾の先生を演じた伊藤淳史さんも本当に素晴らしい演技で、彼のセリフ一つ一つが僕の心に強く響きました。

僕自身も周りの人たちに寄り添い、どんなに小さな可能性でも信じ続けてあげられる人になれたらと強く思わせてくれた素晴らしい作品でした。

男性30代
男性30代

タイトルの通り、成績が悪いビリのギャルが家族との葛藤や塾講師との絆を元に東大を受験し見事合格するストーリーです。
主演は有村架純さん、塾講師は伊藤淳史さんです。
見どころとしては、東大受験に合格するために何が必要なのか?といったものではありません。
成績ビリのギャルが人との出会いを通じて成長し、東大を合格できる素晴らしい大人になるヒューマンドラマです。
主人公のビリでギャルな女の子とは対照的に、野球部でプロ野球入りを父親から夢に見られている弟も出てきます。
主人公は父親と仲が悪く、弟ばかりに肩入れします。そんな父親を見返してやろう。という主人公の意地と、その主人公をサポートし共に支えあう存在になる塾講師の絆は見どころです。
この映画を見れば偏差値が一気に40上がるわけでも、東大に入れたりするわけではありません。
ただ、人生において何が必要なのか?人と人との出会い・縁とはこんなにも大切なものなんだ。大人になった人が見たら、自分も今からでも頑張ろう。
そういった気持ちにさせてくれる映画だと思います。

女性20代
女性20代

主演である有村架純こと小林さやかが底辺に近い学力のレベルから慶應義塾大学に合格するレベルの学力まで上がる話です。その学力を上げるためにサポートしてくれているのが母親、塾講師である坪田先生、友人である。

家族ではなく母親と言ったのは、彼女と父親の関係性はぎくしゃくしてすれ違いが多いからです。現代の社会でも家族関係のすれ違いがあることなんて多々あります。そういったリアルな家庭環境を再現していることで共感し、作品に引き込まれます。

また、一番学力を上げるために近くでサポートしてきた坪田先生は、彼女を勉強できない子と決めつけるのではなく、勉強に向き合えるようにサポートしており素敵な教え方をしていると思いました。学力は1人で上げるものではなくそういったサポートがあって上がることを知り、何より自分の力を信じて一生懸命に勉強に向き合っている彼女の姿を見て、自分自身も頑張らなくてはならないという気持ちにさせてくれます。

私自身、受験シーズンの際に何度もみて気持ちを切り替えるスイッチを押してくれたのでとても感謝しています。何かに頑張りたい時に観るのがオススメです。

女性20代
女性20代

この作品は受験勉強を頑張る少女を描いた作品です。有村架純がやっているのが、とても可愛いくて似合っていました。いかにも今まで勉強したことがない子と言った感じが出ていました。受験勉強は計画がとても大事です。

毎日、どれだけ勉強して、どれだけ進めるのか。本人だけでなく、先生たちも考えるのがとても大変だとおもいます。その大変な受験勉強を必死に頑張る少女をしっかりと表現できていたと思います。ただ、見ていて、心が痛く感じたのは弟と父です。弟が野球選手になるために、めちゃくちゃがんばって、父親も息子は野球選手になると思っていて、必死に仕事をがんばっていました。

しかし、それがかなわなくて、父親と息子は喧嘩して泣いていました.そのシーンはとても悲しかったです。家族みんなが悲しんでいて、泣いて、見ていて辛かったです.。ただ、父親は娘のことは最初は馬鹿にしていたようで、反省してほしいと思っていました。娘は娘で慶應に入るために必死にがんばっていたのです。

男性30代
男性30代

実際にあった話ですし、観ているだけで勇気が貰えたり向上心が沸く映画でした。
クラスで一番成績の悪かった派手なギャル生徒が、必死に勉強をし這い上がっていく姿を観ていると、自分を照らし合わせ、何事も諦めたらダメだと痛感しましたし、努力の大切さを知りました。
大きな目標を達成させるには、小さな努力の積み重ね、そんなメッセージが伝わってきます。
主人公を演じた有村架純も、初めて金髪にしギャルメイクをしたと話題になりましたが、派手な髪やメイクもとても似合っていましたね。
清純派のイメージから新しい一面も観れ新鮮でした。
この映画はビリギャルだけが頑張って合格するストーリーだけではなく、家族の支えや先生の支え、友達の支えなど、皆で一つの大きな目標を目指すといった物語で、達成感も凄く感じましたし感動しました。
皆で大きな事を成し遂げる、日常でも仕事などでこの映画から感じた事を活かしたいと思います。
大人や学生など、誰から観ても良い影響を受ける作品だと思いました。

女性20代
女性20代

主演の有村架純ちゃんが金髪ギャル役には、少し驚きました。でも、違和感もなくて有村架純ちゃんはどんな役でも、演じることができる演技力の高い女優さんだなと思いました。

はじめは、慶応義塾大学に適当に行く!と言っていて、こんなギャルの子が大学に行くことができるのか?と思いながらみていましたが、主人公の実は根は真面目で、一度決めたことには妥協しないという性格に魅力を感じました。その性格の良さには、お母さんの影響が大きかったんだと思いました。

娘に、好きなことをしなさい。自分がワクワクすることだけしてればいいの。と自由に育てる方法がとても良かったんじゃないかなと思いました。自由に育てるだけではなくて、娘のことを一番に信じている姿に感動しました。塾に通うのに高いお金を何も言わずに出してくれて、そのお金のために頑張って働く母親の姿は、とてもかっこよかったです。周りの友達もはじめは、否定的だったけどだんだんと応援してくれていて、塾の先生や塾の仲間の応援もあったから、主人公は最後まで頑張ることが出来たんだと思いました。

まとめ

話題になった「ビリギャル」の映画化。

元々、慶応に合格を成し遂げた成績最下位のギャルの話、って言うのはわかっているので、正直、その過程を観てもな・・・という思いがあった。

主人公もギャルだし、わちゃわちゃしてうるさい映画だったらちょっとな、と思っていたけど。

意外や意外!これは泣ける!

この映画の中で、何回もうるうるきてしまった。

でも、坪田先生のキャラクターもあり、さやかのやる気を引き出し、さやかはみるみると偏差値を上げた。

前半はコミカルに、でも後半は感動。

さやかが合格するまでに挫折と苦労があったんだな、と知る。

さらに、家族や友人が、温かく応援してくれての合格なんだ、とわかった。

テンポがすごくよくて、実は感動映画です。

ぜひ、ご覧ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました