おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【メアリと魔女の花】動画を無料(アニメ映画)フル配信・視聴する方法

アニメ映画

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

「メアリと魔女の花」予告

スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』に声優として出演している神木隆之介さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・屍人荘の殺人

・フォルトゥナの瞳

・3月のライオン 前編

・3月のライオン 後編

・るろうに剣心 京都大火編

・るろうに剣心 伝説の最期編

・ラストレター

・サマーウォーズ

同じく、スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』に声優として出演している天海祐希さんの、他の作品も『U-NEXT』で配信しています。

・カイジ 人生逆転ゲーム

・カイジ ファイナルゲーム

・最高の人生の見つけ方

\ 作品映像をチェック /

▼松山ケンイチ・堺雅人の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

出典先:『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

スタジオポノック映画『メアリと魔女の花』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」のあらすじ

・退屈な毎日

大叔母・シャーロットの家である赤い館の家に引っ越してきたばかりのメアリ・スミスはテレビもゲームもないつまらない毎日に不満を抱えながら過ごしていました。

役に立ちたくて何かを手伝おうにもやる気が空回りしてしまい、うまくいきません。しかもドジをふんだところを新聞配達の少年・ピーターに見られてしまい、赤毛の猿だと思ったと笑われてしまいます。

そんな時、メアリはつまらない毎日や友だちがいないこと、何をしても空回りでうまくいかないこと、そしてこんな自分にはきっとこれからもいいことは起こらないとそこに居合わせた黒猫にぼやきます。

その猫はメアリをいざなうように森に向って歩いていきます。メアリもその猫の後を追って森に入っていくと、そこには黒と灰色の二匹の猫、そして青く美しい花が咲いていました。

・夜間飛行

その花は夜間飛行と呼ばれる花で7年に1度しか咲かないといわれており、かつて魔女たちも欲したとも言われるとても珍しい花であると庭師のゼベディが教えてくれました。

そして同時にメアリの目の前に現れた猫はピーターの飼い猫でティブとギブという名前であるということも教えてくれたのでした。

翌日、姿を消したティブとギブを探すためにメアリは再び森の中へ入っていきます。

そんなメアリの前に夜間飛行の花の一部を咥えたティブが姿を現します。

ティブの後を追っていくとそこには古びた箒がありました。メアリはふとしたきっかけで夜間飛行の花をつぶしてしまいます。すると突如青い光に包まれて箒が浮き上がっていきました。そして止まることなく、そのまま雲の上の世界にまでメアリを連れて行くのでした。

・エンドア大学

行きついた先にあるのはエンドア大学と呼ばれる魔法学校でした。

そこでメアリは校長・マダムマンブルチュークや魔法科学者・ドクターデイに出会います。

さまざまな偶然が重なり、素晴らしい才能を持った天才魔法使いだと誤解されてしまったメアリは、すっかりマダムに気に入られてしまい新入生としてエンドア大学への入学を勧められます。

願書を受け取るために校長室へ向かうと、メアリはそこで夜間飛行が印刷された呪文の神髄という本を見つけます。

段々とバツが悪くなってきたメアリは、自分が素晴らしい魔女だと思ってもらえるのは不思議な花のおかげだとマダムに告げます。

すると花のことを聞いたマダムはそれまでの態度を急変させます。

そのあまりの急変ぶりに恐怖したメアリは思わずピーターの家の住所を書いた紙をマダムに差し出し、花の持ち主は彼だと嘘をつき、自身は何事もなかったかのように呪文の神髄を持ったまま赤い館に帰って行くのでした。

スタジオポノック映画「メアリと魔法の花」のネタバレ

・再びエンドア大学へ

メアリの渡した紙を頼りにピーターを捕らえたマダムはピーターを人質にし、彼と引き換えにメアリに持っている夜間飛行を持ってくるように言います。

ピーターの危険は自らの責任だと思ったメアリは再び夜間飛行の力を使い、エンドア大学に戻っていきます。

ですが、マダムたちは夜間飛行を渡してもピーターは解放するどころかメアリを捕らえてしまうのでした。

メアリが閉じ込められた先にはギブをはじめとする変身魔法で失敗し、怪物に変えられてしまった動物たちがたくさん捕まっていました。

更にはこっそりマダムたちの元から逃げ出してきたピーターとも合流し、皆で自分たちの家へ帰ることを約束するのでした。

脱出する手立てを考えていたメアリはその途中で自身が今呪文の神髄を持った魔法使いであるということを思い出します。そして、「全ての魔法を解く魔法」を使い捕らえられていた怪物たちを元の動物たちの姿に戻しました。

そして動物たちが暴れだした騒ぎの中メアリたちは脱出を試みるのですが、その途中でピーターがマダムたちに捕まってしまいます。

ピーターは自身を犠牲にメアリを逃がしました。

・夜間飛行の真実

メアリが行きついた先はかつてシャーロットが住んでいた家でした。

その家の鏡に突如シャーロットの姿が映し出され、そこでシャーロットから夜間飛行の真実について聞かされます。

かつてマダムとドクターは生徒から慕われるとても素晴らしい生徒だったのに、シャーロットが見つけた夜間飛行を見るなり、人が変わったように危険な変身魔法の実験に手を染め始めました。

彼らの目的は夜間飛行を使ってありとあらゆる変身魔法を使えるようにすることでした。

シャーロットはその危険な実験を止めさせるために夜間飛行の種を盗み出したのです。

再び夜間飛行を手に入れ、かつての危険な研究を再開させると知ったメアリはシャーロットから最後の一輪の夜間飛行を受け取り、ピーターを救うためにエンドア大学に向っていくのでした。

・すべての魔法を解く魔法

メアリがエンドア大学に戻ると、すでにピーターを実験台にした新たな実験が始まっていました。

しかしながらその実験はまたも失敗し、それどころか夜間飛行の力が暴走し、制御できない程の強大な力になっていたのです。

しかしそんな中でもメアリは決してあきらめず、ピーターとの皆で一緒に家に帰るという約束を胸に、夜間飛行の力をまとっているピーターの協力を得て、すべての魔法を解く魔法を使いすべてを消し去ったのでした。

\ 本編をチェック! 

▼『メアリと魔女の花』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」の主題歌

SEKAI NO OWARI   『RAIN』

SEKAI NO OWARI「RAIN」Short Version

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」の登場人物

メアリ・スミス (杉咲花)

ピーター (神木隆之介)

マダム・マンブルチューク (天海祐希)

ドクター・デイ (小日向文世)

フラナガン (佐藤二朗)

シャーロット (大竹しのぶ)

バンクス (渡辺えり)

ゼベディ (遠藤憲一)

ティブ (大谷育江)

ギブ (Lynn

赤毛の魔女 (満島ひかり)

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」Twitterでの反応

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」はこんな方におすすめ

・ファンタジーが好きな人

・ジブリ作品が好きな人

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」の感想

女性20代
女性20代

メアリが夜間飛行という花を見つけて、魔法の力を手にしたところから物語が始まります。突然魔法の力を手に入れて、最初は嘘をついてしまうメアリですが、トラブルが起きて動物になったピーターや他の動物を助けるために奮闘するのが応援したくなりました。

昔魔法使いだった、シャーロット大おばさんとの時代を超えて繋がっているのも素敵だなと思いました。元の世界に戻ってきたときに、劇的になにか変わったわけではなく、ピーターと友達になって少し毎日が楽しくなるという結末あったかくていいなと思いました。

また、メアリがほうきに乗って辿り着いた、魔法の学校の世界の描写がとても綺麗で、わくわくするような世界でした。物語の中では細部をゆっくり見られませんが、じっくり見たくなるようなシーンでした。

主人公のメアリの声優を務めた、杉咲花ちゃんも元気でおてんばな感じがぴったりだと思いました。

女性30代
女性30代

ジブリから独立した一作目ということで、非常に楽しみにしていた作品です。
赤毛で癖毛でコンプレックスの固まりというキャラクターの少女メアリが、不思議な花の力で魔女に……という、なんともファンタジー好きの心をくすぐる宣伝です。
ですが、実際に見始めると、とにかく楽しくありませんでした。
見ているあいだ、話がずっと上滑りして進んでいくような違和感に苛まれました。
たとえばメアリがお手伝いをしようとしてうまくいかなかったり、草のかごを被ってしまうシーン。コミカルなシーンのはずなのに、全然その機能を果たしてないのでうすら寒く感じました。
肝心の魔法の世界でも、友人を取り戻すべく奮闘しているはずが、いまひとつ緊迫感が伝わってこないのです。
お約束の見せ場は見せてもらっているのだけど、その説得力に足るだけの地盤がないので、ずっとフワフワとして居心地の悪さの中で取り残されてしまっていました。

女性20代
女性20代

この映画は広告から魅力的で、テレビでロードショーの広告を見てすぐに見たい!と思いました。公開後、すぐに姉と見にいきました。

はじまってからすぐ自然豊かなメアリの住む世界観に引き込まれていきました。また、花ちゃんのメアリの声もとても可愛く、ほんわかした気持ちでみることができました。

ですが、次第にストーリーは展開していき、魔女の国でメアリとピーターが巻き込まれるトラブルにハラハラしだします。時々クスっと笑えるシーンもあり、ほのぼのシーンもあり、はらはらシーンもあり、また深く考えさせられるシーンもありで楽しい時間を過ごすことができました。

見どころは、普通の女の子メアリが、自分のせいで危険にさらされてしまったピーターをどのように救うのか、自分のしでかした言動をどのように捉え、反省し次につなげていくのか、精神的に強くたくましくなるメアリの姿は見逃せません!

女性40代
女性40代

メアリと魔女の花は、ストーリーも画もいい意味でジブリ出身らしい作品だと感じました。
特にそう感じたのは、声優陣の錚々たるメンバーとその演技力でした。
杉咲花さんをはじめ、神木隆之介さん、小日向文世さん、大竹しのぶさん、渡辺えりさんなど名前を聞けば、誰もが顔を浮かべることができる有名な俳優さんばかり‥。
普通なら声と演者が結びついてしまうとイメージが崩れ、邪魔になり、作品にはマイナスのように感じてしまう要素も演者の方々は、そのことすらも感じさせない演技力の高さにストーリーにのめり込むことができました。
主人公であるメアリを演じた杉咲花さんはこの作品が声優初の作品だったようですが、主人公の真っ直ぐで可愛らしいメアリにぴったりだったと感じました。
オトナでももちろんお子さんでも楽しめる作品だったと感じられています。

女性30代
女性30代

ジブリでアリエッティなどを手掛けていた米林宏昌監督の作品なんですね。

なので最初見たときからジブリっぽいなと感じるような作風でした。

児童文学作品を元に制作したものですが最初の方はその舞台設定の説明がの部分が多いような感じになっています。

もう少しそこの部分をコンパクトにまとめてもらえたら良かったかなぁと思ったのでちょっとそこは残念でした。

しかし魔法使いの学校や魔法のエフェクトなどはワクワクするようなデザインや動きがあったので中盤以降はとても楽しめました。

音楽や演出、作風はやっぱりどこかジブリっぽさが出てしまっているのでジブリのファンタジー作品が好きな方は気に入る作品だと思います。私が好きなシーンは終盤の方で動物たちが逃げ出すシーンです。

あんなに沢山の動物たちを一斉に動かすようなアニメーションを作ってる人って本当にすごいなと感心してしまいます。

男性30代
男性30代

予告編を見ていてとても面白そうと思って作品を見たのですが、実際に見てみるとジブリ作品と比較してしまう映像なので少しいまいちな内容に感じてしまいました。

作品としては悪くないのですがなんとなく内容が薄いようなきがしました。

子供向けというのか何というのか、とてもシンプルで見やすい作品ではあるのですがジブリ作品のように奥が深く裏の考えがあるわけでもないので残念。

ですが映像や森、水の動きなどはさすがと言えるほどの映像になっているので見入ってしまいました。

このような作品での疑問として、どの作品を見ても出てくるキャラクターがほとんど同じに見えてしまうのは僕だけでしょうか?

書いている人たちが同じだとこうも似た作品になってしまうのか疑問が浮かびました。

題名が違うのであるなら出てくるキャラクター達も全く違った方が面白いのではと思ってしまいました。

女性10代
女性10代

この映画の製作に携わったスタッフの多くがジブリ作品に関わってきた方々ということもあり、どことなくジブリ映画に似た作品だと思いました。
主人公が箒や動物など自然的なものと心を通わせたり、映画の世界観に合わせた魔法などの描写がやはり少しジブリ感があります。

ですが、ジブリ関係なしにとても楽しく観れる作品です。

特に映画の山場、ピーターを救出しに行く際に一緒に牢屋から抜け出した動物たちに助けられるシーンはヒーローものの映画で見られるラスボス戦の前に仲間全員集合!

みたいな感じでとっても胸を熱くして観ることが出来ました。他にも、メアリが空を飛ぶシーンや個人的に一番好きなメアリが夜間飛行を使用するシーンなど映像だけでも十分楽しむ事が出来ます。
全体的に少し内容が薄いかな、と思ってしまうところもありますが、観て損はない作品です。

女性40代
女性40代

スタジオジブリで借りぐらしのアリエッティや思い出のマーニーを手掛けた米林宏昌監督が、ジブリを卒業して立ち上げたスタジオポノックで作った最初の長編アニメです。

そのため絵や構成などがどうしてもジブリ作品と似通った部分があると感じましたが、作品自体は楽しめました。元気で行動力はあるけれど、どこか自分に自信がなかった女の子が、同年代の男の子と魔法の世界での大騒動に巻き込まれていくファンタジーです。

主人公の声は杉咲花さん。他にも神木隆之介さんや天海祐希さん、大竹しのぶさんなど、過去のジブリ作品に何度も登場した方達が声優をしているので、そんなところもジブリと雰囲気が似ている要素なのでしょう。

映画本編が終わりエンドロールに入ってもジブリ色が見られます。おなじみの『おわり』の文字がありました。『感謝』の文字もあったことから、米林監督があえて使い、お世話になったジブリへの思いを込めたんだろうなあと感じました。酷評もある作品ですが、個人的にはまた見たいと思える映画でした。

女性30代
女性30代

きっと、ジブリファンは、この映画を見る前、「独立したあとの作品はどんな出来上がりだろう」とどきどきしていたのではないでしょうか。私も、その一人です。

マーニーや、アリエッティなど、乙女心を匠に表現してきた監督が、どんなものを描くのだろうとドキドキしておりました。内容は、走りすぎたり、多少無理矢理感もありましたが、でも、やっぱり乙女心を描いたらピカイチの米林監督でした。ファンタジーとして、最後までワクワクしながら楽しめました。

ジブリ時代の作品とは、少し違う、好奇心と元気にあふれるメアリを見ながら、これは、小さな女の子に見てほしい作品だなと思いました。そして、なんと言っても、エンディングのクレッジタイトルの最後に、宮崎、高畑、鈴木の大師匠への感謝が流れてきた瞬間。映画館で、嬉しくて感動して思わず泣いてしまいました。ジブリという大きな所から独立は、並大抵の覚悟ではなかったと思います。

でも、感謝を忘れない姿を教えてもらって、米林監督は、これから、絶対ジブリと並ぶ会社に成長していくんだろうなと、楽しみになりました!

スタジオポノック映画「メアリと魔女の花」まとめ

スタジオジブリのアニメ部門が解体されて、新しく設立されたスタジオポノックの一作目の作品ということで、ジブリ作品ではないのですがいい意味でジブリらしさが全開になっている映画だと思います。

景色の描写や音楽の美しさはもちろん、爽やかなファンタジー感があり見ていてとても楽しい気持ちになれる作品です。

主人公のメアリもあどけなさが残る雰囲気が杉咲花さんの演技とマッチしていて、聞いていてとても心地よかったです。神木隆之介さんや天海祐希さんらスタジオジブリ作品経験者組の声優っぷりは言わずもがなで、違和感なくこのメアリと魔女の花の世界に入っていけます。

登場人物も多くなくメアリ主体でサクサク話が進んでいくのでとてもテンポの良い作品に仕上がっていると思います。

ジブリの世界観が好きな方は必ずハマると思います!おすすめの映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました