『義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャル』ネタバレ 竹野内豊の正体とは!?綾瀬はるか 佐藤健

ドラマ

綾瀬はるか@義母と娘のブルース 2020年謹賀新年SP_予告動画

2018年7月~12月にTBSで放送され、大きな感動を呼んだドラマの特別編です。

ドラマのその後が描かれており、もう一度亜希子とみゆきに会うことができますよ。

あらすじ

思いがけない再会

亜希子の再就職が決まり、亜希子は大阪、大学生の娘のみゆきは東京と、それぞれ離れて暮らしていました。

ブランクがあることも感じられない見事な働きを見せる亜希子は次々と大きな仕事を成功させていましたが、ゴルディック社との契約に暗雲立ち込めた時に上司から責任転嫁させられてクビになってしまいます。

みゆきは大学生になって、友達との女子大生ライフを楽しんでおり、幼馴染で恋人の大樹とは小さなケンカをしつつも良好な関係を築いていました。

仕事を失い東京に戻ってきた亜希子はみゆきのアパートを訪れると、そこには赤ん坊を抱いてタオル一枚の麦田の姿が!

みゆきが帰ってきたので、亜希子はこの赤ちゃんはどういうことなのかと聞くと誰の子かわからないと言います。

誰の子かわからない赤ちゃんをみゆきは産んでいたと思い込んだ亜希子は、パニックになって部屋を飛び出してしまいます。

冷静になった亜希子が部屋に戻ってくると、みゆきから赤ちゃんはパン屋の店の前に置き去りにされていて、「麦田の子だから育ててください」という手紙が置かれていたと言います。

麦田には心当たりがない様子だが、放っておけないみゆきと亜希子はとりあえず赤ちゃんの面倒を見ることに。

麦田は赤ちゃんのことを知り合いに相談すると、DNA判定をすれば、本当の子供かどうかわかるとアドバイスされ、赤ちゃんの髪の毛を採取しようと亜希子の家に行きます。

そのころ亜希子は泣き止まない赤ちゃんの世話で疲れ切っていました。

亜希子は赤ちゃんとお母さんを見たことがある人がいるかもしれないと思い、子育て支援センターに行ってみることに。

そこで育児の苦労や悩みを抱えたお母さんたちを目の当たりにします。

最近、亜希子の様子がおかしいと思い始めていたみゆきは、亜希子の元上司の笠原に相談をして亜希子がクビになっていたことを知ります。

笠原は亜希子に力になりたいと言い、もう一度戻れるように掛け合おうとしてくれましたが、亜希子はそれよりも個人的にゴルディックの社長に子育て支援のための経営をすることを提案したいと考えていました。

血のつながり

赤ちゃんを預かってから2週間が過ぎ、いつまでもこのままというわけにはいかないと亜希子は警察に届けようと考えていました。

しかしみゆきは2週間も赤ちゃんを放っておくような人が、この先ちゃんと育てられるとは思えないと反対します。

亜希子は出来ることなら実の親が面倒を見るのが子供のために一番いいというと、みゆきと亜希子の関係を否定されたような気がしてショックを受けます。

険悪なムードの中、もう夜遅いので明日警察に届けようと言い亜希子は眠りにつきました。

次の日、亜希子が目を覚ますと赤ちゃんはいなくなっており、「赤ちゃんと散歩に行ってくる」というみゆきの書置きが。

急いで追いかけ、赤ちゃんを見つけた亜希子はみゆきと口論になり、ベビーカーを手放してしまいます。

そのすきに知らない男が赤ちゃんを連れて走り去っていこうとします。

ちょうど通りかかった大樹が男を取り押さえ、話を聞くと男は赤ちゃんの父親だと言います。

妻は赤ちゃんを産んですぐに亡くなってしまい、仕事を辞め必死で育てていましたが、人付き合いはうまくいかず、泣き止まない赤ちゃんにイライラするようになり精神的に限界を迎えていました。

そんなときにパン屋の前を通りかかり、赤ん坊を楽しそうにあやしている麦田を見て店の前に置き去りにして逃げ出したと言うのでした。

置き去りにしたことを後悔しており、もういちど赤ちゃんとやり直したいという父親に対し、みゆきは納得がいかずまた同じことを繰り返すんじゃないかと責めます。

亜希子は子育てを一人で全部抱えるのはとても大変なことで、自分もみゆきや周りの人の協力がなければ耐えられなかった。

ひとりで抱え込まず協力しながら子育てができる環境を整えていくことが大切なんだと言います。

これからは時々赤ちゃんの様子を見たり、お世話をしに父親の家に行けば、赤ちゃんにとっても良い環境になると言い、父親のもとに赤ちゃんを帰すことを決めるのでした。

それぞれの道

その後、亜希子はゴルディックの社長に会いに行き、これからはみんなが積極的に子育てを支援していくことができるような新しい事業を立ち上げていくべきだと提案し、受け入れられ大阪で一緒に仕事をすることになります。

亜希子とみゆきは電話でお互いを励ましあいながら別れました。

お正月になり、東京に来た亜希子はみゆきと麦田の店に行きます。

人手が欲しいという麦田に亜希子は、大阪の仕事がもう少しで片付くから、終わったらもう一度パン屋で働くことにするというと、麦田は大喜びします。

お参りに行きおみくじで大凶を引いた亜希子は、その直後ゴルディックから電話で社長が倒れたからすぐに来てほしいと連絡を受けます。

呼び出された亜希子の前に、亡き夫にそっくりな岩城良治が現れ、驚きを隠せない亜希子なのでした。

登場人物

宮本亜希子  (綾瀬はるか)

宮本みゆき  (上白石萌歌)

麦田章  (佐藤健)

山本勘九郎  (武田鉄矢)

川田優也  (高岡蒼甫)

主題歌

MISIA   『アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)』

感想

亜希子とみゆきの絆の深さを再確認し、今回のテーマでもある「子育ての難しさとそれを支える環境の大切さ」に気づかされました。

一番最後の場面で亜希子の亡き夫である良一にそっくりな「良治」が出てきたところには驚きました。

続きはパラビで見れるとのことですが、動画配信が主流となってきた今ならではの新しい方法なのかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました