大ヒット韓国映画『エクストリームジョブ』コメディで笑えてアクションも最高!

韓国映画

ひたすら笑いが押し寄せる!ダメダメ刑事たちの奮闘劇『エクストリームジョブ』。

映画『エクストリーム・ジョブ』予告編

あらすじ

ピンチ&チャンス

朝から晩まで犯人逮捕のために身を粉にしているにも関わらず、実績ゼロ。

そんな麻薬捜査班がとうとう解散の危機を迎えますが、1つだけチャンスが与えられました。

「麻薬組織の大ボス、イ・ムベを捕らえろ」

一世一代の大勝負、勝てば継続負ければ解散。

ここで何とかしなければ終わってしまう状況の中、チームの最年長者であるコ班長は、麻薬を密売している国際犯罪組織の情報を掴みます。

そこでチャン刑事(イ・ハニ)、マ刑事(チン・ソンギュ)、ヨンホ(イ・ドンフィ)、ジェホン(コンミョン)ら班員と共に犯罪組織のアジト近くのフライドチキン屋で潜入捜査を実施することを決意。

組織がその店に時々デリバリーを頼んでいるということ、そして何よりもアジトの目の前という立地条件が張り込み場所としては文句なし。

店丸ごと買取

早速店にてメンバーが揃い、フライドチキンを食べながら打ち合わせをしていると、店主が衝撃の一言。

「今日で店を閉めるぞ」

まさかの、頼みの綱のフライドチキン屋が経営不振のため店を閉めることに…

「じゃ、店を買います!!」

チームの存続には何が何でもイ・ムベを逮捕しなければなりません。

逮捕にはこの店が不可欠であり、だからこそ継続させねばならないコ班長は、自らの退職金をはたいて店を買い取ることを決心します。

その散財のおかげで、24時間監視体制が可能になりました。

初めこそお客さんが来ても準備中だの何だのと理由をつけ追い払っていましたが、これ以上続けると怪しまれかねないためやむなく偽装営業することにしました。

しかしメンバーにフライドチキンを揚げさせてみたところ、悲惨な状況に。

これは料理なのか?と聞きたくなるほどのものが出来上がってしまいます。

しかしそんな中「絶対味覚」(食べたものの素材や調味料が細かく識別できる能力)を持つマ刑事の隠された才能が開花!

彼により生み出された”マ刑事地元のカルビ味チキン”が信じられないほどの大ヒットになりました。

どっちが本業?

毎日お客さんは長蛇の列、連日の大繁盛によってメンバーは店の切り盛りに精一杯な状態に。

捜査には全く手が回らなくなってしまいます。本末転倒とはまさにこのこと。

でもそんな時チャンスが。

何と大ヒットチキンを目当てに、犯罪組織のアジトからチキンの注文が入ります。

このチャンスを逃す手はないと、捜査官たちは皆配達員に変装し、アジトへ突入することになりますが…

登場人物紹介

コ・サンギ : (リュ・スンリョン)

チャン・ヨンス : (イ・ハニ)

マ・ポンパル : (チン・ソンギュ)

ヨンホ : (イ・ドンフィ)

ジェフン : (コンミョン)

イ・ムベ : (シン・ハギュン)

テッド・チャン : (オ・ジョンセ)

Twitterでの反応

ネットの声

・何のメッセージ性も感じないが、こういう映画も良いのかもしれない、って思いました。

・本業については何をやっても空回りするのに、商売だけはなぜか上手くいってしまうのが面白かったです。

・イケメンも美人も出てこない、落ちこぼれ刑事たちが班の解散を免れようと奮闘するだけの映画。だけど、全編熱量高くて、もう一気にもってかれます。

こんな人におすすめ

・とにかく笑いたい方

・頭を使いたくない気分の方

・観終わった後余韻等なく「あー面白かった!」で終われる映画が観たい方、など…

まとめ

いや、ドタバタです。

ドタバタ映画。

間抜けで切れのない底辺刑事たちが、何とか解散だけは免れようと頑張ります。

おっさんたちが頑張ってる姿なんか興味ない、と思うかもしれませんが…

面白いんですよ!

知的好奇心を刺激するような、考えさせられるような面白さではなく、ただただ笑える面白さ。

英語で言うとinterestingではなくfunnyですね。

たまには頭を空っぽにしてひたすら笑うことも必要です。

ところで「絶対味覚」っていう言葉、本当にあるんですね。

映画が作った造語かと思ったのですが、ググったらちゃんとありました。

字から内容は想像ついたんですけど、実在するとは知りませんでした。

絶対音感は知ってたんですけどね。

私は「絶対嗅覚」(即興の造語)ならあります。

焼き魚の匂いで、魚の種類が分かります。

全然関係ない話でしたね、すみません。

とにかく笑いあり、笑いあり、笑いありの映画です。(笑いしかない…

落ち込んでる時とか悩んでる時観ると良いかもしれません。

自分が真剣に悩んでいることがアホらしくなって「悩んでも仕方ない」と吹っ切れる可能性大です!

もちろんそれだけでは済まないことは人生多々ある訳ですが、でも吹っ切れるとこは吹っ切って、せっかく生きてるんだから楽しんで、笑って生きた方がいいですよね。

何か悲しいことがあって「笑いたいな」って思った時は是非、この映画を観てみて下さい。

心が軽くなること、うけ合いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました