エンターテインメントショー韓国映画『スウィングキッズ』we are swing kids !

韓国映画

収容所の中、寄せ集めメンバーがダンスで繋がり1つになっていく。胸が高まること間違いなしの作品、スウィングキッズです。

D O の圧巻タップダンス!『スウィング・キッズ』本予告編

あらすじ

結成

朝鮮戦争の真っ只中の1951年。

巨済捕虜収容所に新しく異動してきたロバート所長が、収容所のイメージアップのためにタップダンスチームを結成する計画を立てます。

ブロードウェイの元ダンサーであるジャクソンがリーダーに任命されますが、アジア人がダンスなどできるはずがないと全くやる気なしです。

オーディションにおいては難癖を付けまくって全員不合格にしてしまいました。

しかしそれに抵抗する人間が。

4ヵ国語を話すヤン・パンネ、行方不明の妻を探し求める男カン・ビョンサム、ダンスの実力は間違いないけど栄養失調のシャオパン、そしてトラブルメーカーの若者ロ・ギスの4人です。

4人のダンスはなかなかのもので、光るものを感じます。

そんな4人にジャクソンは徐々に打ち解けていき、人種が入り交じる即席のダンスチーム「スウィングキッズ」ができました。

初めての披露

ジャクソンがタップシューズを闇取引で手に入れるべく動いていましたが、米兵に裏切られます。

その上彼が持っていた反米のチラシが見つかり、ジャクソンは捕まってしまいました。

ジャクソンを何とか解放してもらうために、メンバーの4人は様々な人が集まるイベントでダンスを披露します。

評判は上々、希望通りジャクソンは解放され、メンバーは喜びました。

ロバート所長はそれに気を良くし、クリスマスイベントでもダンスを発表することを決めます。

どんどんタップにのめり込んでいくロ・ギス。ジャクソンと共に練習を重ねます。

ロ・ギスの兄は戦争の英雄と崇拝されているロ・ギジンであり、彼が収容所にやってきます。

突然の兄の訪問にロ・ギスは大喜びします。

しかし実はロ・ギジンは弟に会いに来たのではなく、ボスからのロバート所長殺害命令を伝えるためにここにきたのです。

ロ・ギスに選択肢も拒否権もありません。

断ればその場で殺されてしまいます。

黙ったまま、何も言えませんでした。

クリスマス本番

チームのダンス練習は順調、息も合ってきて、ステップの切れも上がってきました。

そしてとうとう、クリスマス公演の当日がやってきました。さぁ、彼らの出番です。

「we are swing kids !」

掛け声をきっかけに始まるダンス。

息ピッタリのその姿に皆大興奮。

大歓声の中、ダンス終了後一旦舞台袖に引きますが、ロ・ギスだけは再び舞台に上がりタップダンスを続けます。

圧巻するほどの魅力を持ったロ・ギスのダンスに、ジャクソンには彼がカーネギー・ホールで踊っている姿が見えたかのようでした。

大盛り上がりの中、ダンスを終えたロ・ギスは任務を実行するため舞台裏に向かいました。

そう、武器を手に取るために。

そして皆…

兄、ロ・ギジンは舞台裏にいました。

彼は黙って銃を取り、舞台に上がると弟の代わりに客席に向かって銃を乱射。

米兵たちは一瞬動揺しましたがすぐに体勢を立て直し、ロ・ギジンは射殺されました。

これがトリガーとなって米兵たちが半狂乱で乱射し、ヤン・パンネ、カン・ビョンサム、シャオパンの3人は巻き込まれて命を奪われてしまいます。

3人に駆け寄ったロ・ギスは米兵に脚を撃たれます。

もう、二度と踊れないように。

米兵に羽交い絞めにされていたジャクソンはただただ、何もできずに泣き叫んでいました。

それから何年もの時が流れました。

収容所は閉鎖、今では観光地となっています。

そこへ、一人の老人が現れ、辺りを見回し懐かしそうに目を細めます。

「ジャクソン」

彼は振り返りました。

思い出の場所でロ・ギスと大好きなタップダンスを一緒に踊っている、そんな自分が見えているかのようでした。

登場人物紹介

ロ・ギス : (D.O.)

ジャクソン : (ジャレット・クライムス)

ヤン・パンネ : (パク・ヘス)

カン・ビョンサム : (オ・ジョンセ)

シャオパン : (キム・ミノ)

Twitterでの反応

ネットの声

・言葉がいらないダンスという手段でお互いの理解を深めていく過程が非常に感動的。個人対個人に人種何て関係ない。

・ダンスが素晴らしい。まるでショーを観ているかのよう。見惚れました。

・ラストが衝撃的で…未だに受け止められません。

こんな人におすすめ

・エンターテインメントショーが好きな方

・ヒューマンドラマが好きな方

・タップダンスに興味がある方、など…

まとめ

感動しました、人種を超えて結びつく人間関係に。

そして同じ目的に向かって懸命に努力する姿。

最初はバカにしてたけど力を認めて共に歩んでいくという話はありがちかもしれないけど、本当に心揺さぶられました。

そしてタップシーンが圧巻。素晴らしいの一言。

めちゃくちゃカッコいいし必死さに胸が締め付けられます。

何度も涙が流れました。

そしてパクのあの歌声!!素敵すぎます。

映画を観ているというより、何かのショーを観ている気分に何度もさせられました。

字幕がなければもちろん内容は分かりませんが、そんなものなくたって十分楽しめるほどのエンターテインメント性を秘めた作品です。

「音を聞くだけで胸が熱くなる」

はい、とっても分かります。

私も熱くなるし、涙までこぼれます。

ぜひ、観てみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました