おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【菊次郎の夏】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

夏になるとそういえば菊次郎は今頃なにしているかな?と考えたりします。

「菊次郎の夏」は北野武が描くひと夏の凸凹な冒険を描いたロードムービーです。

映画『菊次郎の夏』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『菊次郎の夏』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』です。

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『菊次郎の夏』TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみ視聴可能です。
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『菊次郎の夏』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

映画「菊次郎の夏」のあらすじ・ネタバレ

・正男と菊次郎の出会い

小学3年生の正男は祖母と浅草で暮らしていました。

母親は正男のために遠くで働いていると祖母に聞かされていたので我慢する日々を過ごしていました。

ある夏休みに友人たちが旅行に出かけているのもありさみしさもあり母親のいる豊中に行きたいと考えていました。

ある日、正男が中学生にからまれていた時に近所に住む菊次郎夫婦に助けられます。

この出会いがきっかけで正男と菊次郎の旅が始まりました。

・前途多難な旅

正男は豊中にすぐに向かえると思っていたけどそうはいきませんでした。

正男はまず菊次郎に競輪場に連れていかれます。菊次郎は一度もレースに勝てずに妻からもらったお金を使い果たしてしまう始末。

そんな菊次郎が最後に正男に予想させると偶然にも大当たりします。

その夜はキャバクラに行って豪遊してしまいます。

次の日も菊次郎は正男を放ったまま競輪場で儲けようとしていましたが現実はそうはいかずわずかに残ったお金で食事をしていると正男がいないことに気づきます。

・母親との再会?

連れ去らわれるところだった正男を菊次郎はなんとか奪い返します。

無一文になった2人がバス停で一夜を過ごす日もあり、それでもヒッチハイクを重ねて、心優しい小説家が母親の住む家の近くまで送ってもらいます。

やっと会えると期待に胸を膨らませていた菊次郎と正男でしたが、その母親は再婚して新しい家庭を築いて楽しそうにしている姿を目にしてしまいます。

その姿を見てしまった正男は菊次郎がいくら「違う家だったみたいだな」と聞いても涙が止まらなくなります。

そんな正男を元気づけるために菊次郎は「お母さんは引っ越した。正男が訪ねてきたときにこの鈴を渡すよう言われた。」と「鈴を鳴らすと天使がきて正男を助けてくれる」とそんな嘘までついて元気づけようとしました。

・正男と菊次郎の共通点

菊次郎にも老人ホームで暮らしている母がいました。

この旅で偶然近くまで行ったが、正男を同じように母の姿をみるだけで直接会う勇気はありませんでした。

・浅草に戻るまで

結局、母に会えなかった2人は気持ちを楽にするためにも「ターザンごっこ」「スイカ割り」「だるまさんがころんだ」等のむかし遊びを楽しみました。

そのおかげもありやっと正男は笑顔を取り戻し、浅草の家に帰り2人の旅は終わりそれぞれの生活に戻っていきました。

映画「菊次郎の夏」の登場人物紹介

スタッフ 

監督・脚本 

(北野武)

プロデューサー 

(森昌行  吉田多喜男)

キャスト

菊次郎      (北野武)

正男       (関口雄介)

菊次郎の妻    (岸本佳代子)

正男のおばあちゃん(吉行和子)

映画「菊次郎の夏」の主題歌

菊次郎の夏のテーマ曲は“Summer”です。

菊次郎の夏 Summer – Joe Hisaishi

この曲を耳にするとついつい夏の果物を食べたくなるだけでなく、楽しい夏休みの思い出にも浸ってしまいます。

映画「菊次郎の夏」Twitterでの反応

映画「菊次郎の夏」のネットの声

・評価☆☆☆ ひと夏の冒険

正男があったことのない母に会いに行くというなんとも無計画な旅に笑えるところとホロット涙してしまう場面もあり長くも短くも感じる映画でした。まさに「正男の夏」ではなく「菊次郎の夏」といった感じです。

・評価☆☆☆☆ 笑いあり涙あり

正男と菊次郎がヒッチハイクをして旅をしてお互いに共感する部分がありまるで親子のように楽しんでいる姿につい笑ってしまう場面があったかと思うと結局、母親に会えずに帰っていく姿を観た時は涙がこぼれてしまいました。

映画「菊次郎の夏」の感想

女性30代
女性30代

北野監督の映画は好きで、もともとよく見ていたのですが、バイオレンス的な描写が多い中、この映画は北野映画の中でも極上に優しい映画です。とにかく映像美と、ストーリーと、そして音楽、どこをとっても映画でしか味わえない良さを存分に味わえる作品です。

「キタノブルー」と言われる空の青と明るい夏の日差しを感じながら、極上の、久石譲さんのSummerが流れてきて、夏になると見たくなる映画です。男の子と、男性のヒューマンドラマがまた胸にしみます。邦画独特の、繊細な描写、北野監督の独自の世界観、うっとりするような映像美、そのどれもに魅了され、飽きることは全くありませんでした。

北野武さんがもともと浅草を愛していらっしゃることは有名ですが、その浅草がとてもあたたかく描かれています。大切にしていきたい、と思う映画です。

男性40代
男性40代

北野武監督作品のこの映画は得意とする暴力映画とは一線を画した、ロードムービーとなっています。
しかも芸人ビートたけしの要素が色濃くでた作品なので、途中色々なお笑いが仕掛けられています。
あらすじは、小学3年生の正男が長い間会っていない母親を探すべく旅するのだが、そこにチンピラ中年の菊次郎が同行することになって、笑いあり涙ありの物語となっていきます。
正男役の関口雄介は決して可愛くもなければ、ハンサムでもない顔立ちなのだが、一度見れば記憶に残る個性的な顔立ちをしていて、時々見せるせつないシーンや笑うシーンなどは、本当にいい表情で、感情移入も自然としてしまいました。
またこの映画の音楽監督は久石譲さんであり、メインテーマ曲の「summer」は今現在でも夏になれば、テレビなどでBGMなどで使われる名曲です。

男性40代
男性40代

悲しさを持つ男というのは、その悲しさを悟らせないところがかっこういい。そして、その悲しさを優しさでカモフラージュしているのだと思いました。ビートたけしの演じる菊次郎もやはりそういった役どころで、正男の悲しみをなんとか笑いに変えていこうと不器用なりに、ダメなりに、必死に正男の悲しみをカモフラージュしていこうとしているように思えました。

見どころは、たけし映画独特の「間」です。車を壊そうとしたり、正男の金をギャンブルに使ったり、怒りがかえってくる場面なのに、特有の「間」で笑いに変えてしまう。悲劇と喜劇のおりなす、どたばた、悲劇は喜劇で、喜劇は悲劇である、そういう本質的なことを各シーンに感じてしまいます。

正男が実の母の家に着いたとき、別な男と一緒になっているという、子供にはおそらく理解できない、けどやはり悲劇的な出来事を、菊次郎なりに明るさに変えていくところは、映画全体に人間的な温かさを与えていると思いました。そして、最後のお守りが正男と菊次郎の未来を暗示しているようで印象的な映画にもなっていました。

女性30代
女性30代

北野武監督の作品は大好きで、ほぼ全作観ていますが、この作品は暴力的要素が一切なく、めずらしく温かいヒューマンドラマに仕上がっていて、興味深かったです。

菊次郎と正男が少しずつ絆を深めていく様子にとても感動しました。タイトルが正男の夏ではなく、菊次郎の夏というところもとても良いです。適当で不器用だが優しい菊次郎のキャラクターもたけしにぴったりで、くっすと笑えるシーンがたくさんあっておもしろかったです。正男役の男の子の演技もとても自然で、母を捜しに行く少年の複雑で繊細な心境が上手く描かれています。

久石譲の音楽も素晴らしく映画にぴったりとはまっていて、映画の世界観をさらに奥深いものにしていました。さすが世界の北野監督と思わせる、とても純粋で美しい描写でした。毎年、夏になると不思議と観たくなる心温まる大好きな映画です。

女性20代
女性20代

1996年に「菊次郎の夏」は上映されました。

浅草の下町の様子がいきいきとしていて素敵でした。

この頃は近所の人との交流があり温かい気持ちになります。

母親を探しに愛知県の豊橋に向かった正男と菊次郎が徐々に気持ちを通わせていくのが良いです。

菊次郎は不器用でどうしようもない人ではありますが優しいです。

競輪場で旅の資金を注ぎ込んでしまうけれど正男に最後のレースを選ばせてあげたり、母親が違う家庭を築いているのを見てしまった正男が落ち込んでいるのを嘘をついて励ましたり、不器用だけれど優しく温かいと感じました。

浅草に戻ってきた正男と菊次郎が少し成長して、思い出に残る夏休みを過ごせたのが良かったと思いました。

夏休みにみたい映画の一つになりました。音楽がとても綺麗で美しかったです。

映画「菊次郎の夏」のまとめ

夏になると観たくなる映画が「菊次郎の夏」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました