監督 脚本 主演の北野武の映画「菊次郎の夏」懐かしい夏休みの思い出が蘇る!

邦画

夏になるとそういえば菊次郎は今頃なにしているかな?と考えたりします。

「菊次郎の夏」は北野武が描くひと夏の凸凹な冒険を描いたロードムービーです。

映画「菊次郎の夏」劇場予告

あらすじ

・正男と菊次郎の出会い

小学3年生の正男は祖母と浅草で暮らしていました。

母親は正男のために遠くで働いていると祖母に聞かされていたので我慢する日々を過ごしていました。

ある夏休みに友人たちが旅行に出かけているのもありさみしさもあり母親のいる豊中に行きたいと考えていました。

ある日、正男が中学生にからまれていた時に近所に住む菊次郎夫婦に助けられます。

この出会いがきっかけで正男と菊次郎の旅が始まりました。

・前途多難な旅

正男は豊中にすぐに向かえると思っていたけどそうはいきませんでした。

正男はまず菊次郎に競輪場に連れていかれます。菊次郎は一度もレースに勝てずに妻からもらったお金を使い果たしてしまう始末。

そんな菊次郎が最後に正男に予想させると偶然にも大当たりします。

その夜はキャバクラに行って豪遊してしまいます。

次の日も菊次郎は正男を放ったまま競輪場で儲けようとしていましたが現実はそうはいかずわずかに残ったお金で食事をしていると正男がいないことに気づきます。

・母親との再会?

連れ去らわれるところだった正男を菊次郎はなんとか奪い返します。

無一文になった2人がバス停で一夜を過ごす日もあり、それでもヒッチハイクを重ねて、心優しい小説家が母親の住む家の近くまで送ってもらいます。

やっと会えると期待に胸を膨らませていた菊次郎と正男でしたが、その母親は再婚して新しい家庭を築いて楽しそうにしている姿を目にしてしまいます。

その姿を見てしまった正男は菊次郎がいくら「違う家だったみたいだな」と聞いても涙が止まらなくなります。

そんな正男を元気づけるために菊次郎は「お母さんは引っ越した。正男が訪ねてきたときにこの鈴を渡すよう言われた。」と「鈴を鳴らすと天使がきて正男を助けてくれる」とそんな嘘までついて元気づけようとしました。

・正男と菊次郎の共通点

菊次郎にも老人ホームで暮らしている母がいました。

この旅で偶然近くまで行ったが、正男を同じように母の姿をみるだけで直接会う勇気はありませんでした。

・浅草に戻るまで

結局、母に会えなかった2人は気持ちを楽にするためにも「ターザンごっこ」「スイカ割り」「だるまさんがころんだ」等のむかし遊びを楽しみました。

そのおかげもありやっと正男は笑顔を取り戻し、浅草の家に帰り2人の旅は終わりそれぞれの生活に戻っていきました。

登場人物紹介

スタッフ 

監督・脚本 (北野武)

プロデューサー (森昌行  吉田多喜男)

キャスト

菊次郎  (北野武)

正男  (関口雄介)

菊次郎の妻  (岸本佳代子)

正男のおばあちゃん  (吉行和子)

主題歌

SUMMER(映画「菊次郎の夏」主題歌)久石譲

菊次郎の夏のテーマ曲は“Summer”です。

この曲を耳にするとついつい夏の果物を食べたくなるだけでなく、楽しい夏休みの思い出にも浸ってしまいます。

SNSなどの口コミ

・評価☆☆☆ ひと夏の冒険

正男があったことのない母に会いに行くというなんとも無計画な旅に笑えるところとホロット涙してしまう場面もあり長くも短くも感じる映画でした。まさに「正男の夏」ではなく「菊次郎の夏」といった感じです。

・評価☆☆☆☆ 笑いあり涙あり

正男と菊次郎がヒッチハイクをして旅をしてお互いに共感する部分がありまるで親子のように楽しんでいる姿につい笑ってしまう場面があったかと思うと結局、母親に会えずに帰っていく姿を観た時は涙がこぼれてしまいました。

まとめ

夏になると観たくなる映画が「菊次郎の夏」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました