シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼が政治の闇を暴く!  映画『新聞記者』

邦画

この世は情報に埋もれている。末端の私達は真実を知る事は少ないだろう、特に政治の世界では。

事件では証拠が揃い起訴されるが動機に関しての真実は本人にしか分かり得ない、何が本当か嘘か、真実は誰にとって重要なのか、、、

情報操作の闇、守るべき優先順位、ミルグラム実験を彷彿させるかのような地位の影響、真実と嘘、社会の現実を突きつけられるようなこの映像の結末は最後まで誰も想像出来ないだろう。

映画『新聞記者』予告編

あらすじ

内閣情報調査室の官僚、杉原拓海は現政権にとって不都合な情報を操作する職務を与えられていた、政府の情報操作に不審感を募らせる中、上からの圧力のまま仕事をこなしていくのだった。

東都新聞で働くライター、吉岡エリカの元に極秘文書が送られてくる。表紙には黒く目が塗り潰された羊の絵が描かれており、内容は内閣と医療大学の癒着のリークであった。

口止め

吉岡が出社すると会社が騒がしくなっている。新聞記事の1面がどの出版社も同じなのである。かなり不自然である、情報が各出版社にリークされ、且つ操作されなければ不自然である。

記事のネタは、大臣の息子を不正入学させたのがバレて辞めた人物、白石聡だ。

白石は「不正入学は官邸からの指示だ」と訴えかけるも握りつぶされたのだ。

記事の内容は【野党議員と不適切な関係】であった。

内閣に楯突いた白石は真実を口止めされるかのように災難が降りかかる。

まるで「これ以上喋ったら社会から殺されるよ」と言わんばかりに。

内閣情報調査室では情報操作が行われている。「犯罪者でも無いのに公安が尾行してスキャンダルをつくる。」と政府と公安の癒着が明確になる会話も聞かれる。

羊の表紙

東都社に羊の絵が描かれた表紙の機密文書が送られてくる、内容は【新設大学院大学·ウイルス研究と最先端高度医療に特化された医療系大学でトップクラスの人材育成のため】入荷先は内閣府となっており、民間企業への委託となっている。

政府と民間企業の癒着のリークのようだ、、吉岡はこの件を追うことに、

メディアの闇

杉原の上司多田は杉原に「白石の件良くやってくれた、お前外務省からの出向だったよな、最近誰かと連絡取ったか?何かあったら逐一報告してくれ」と杉原の情報操作を示唆し、後に意味深な事を発言している、一体どおゆう意味だ。

公安との癒着

また記事が出た、【総理にベッタリ記者、辻川和正、レイプ事件逮捕見送り、官邸がもみ消し画策】そして被害者の後藤は不起訴を不服とし記者会見を発表する。

そして杉原はまた多田から依頼を受ける。「後藤の弁護士は野党絡みだとゆうチャート図を作ってくれ、辻川はハメられた、後藤はハニートラップだ、それを裏付ける人物相関図と支持系統を作るんだ、これも国を守る大事な仕事だ。」

一方後藤は記者会見で「調査の担当だった刑事さんは電話でハッキリとおっしゃいました、逮捕状は出ていたもの上からの圧力で取り消され捜査からも外された」と話した。

衝撃の拡散方法

情報調査室には部屋一杯のパソコンが並んでおり人で埋もれている。そこにいる人達は多田の命令でTwitterに投稿している。

後藤を批判する内容の数々と情報操作を。

さらに政府は嘘をでっち上げろとの命令を杉原へ、杉原は抵抗するが上司の圧力に打ち負ける。

東都新聞社でもレイプ事件の記事はかなり小さく記載されており、吉岡は上司に指摘するも、揉み消されてしまう。

内閣府は記者達にも圧力をかけていた。

死と言う伝言

偶然会った前職場外務省で同じだった都築亮一が重要な情報を、溢してしまう。

「俺ももぉ外務省に戻れると思ってたけど仕事が変わってな、あれだよ、内閣府の大学の件、神崎さんの後任、今月には申請出さなきゃだからバタバタだよ、神崎さんマークしてたのお前ら内調だろ」

神崎は杉原の以前の上司だ、尊敬しており最近では久しぶりに飲みに行った所だ。

そこで神崎は妙な事を口にしていた、杉原が昔の神崎を褒めると「辛いな、昔の自分に説教されるのは」と呟く。

そんな神崎を思い出した杉原は神崎に電話するが繋がらず、家にも誰も居ない、そして神崎から電話がかかってくる「杉原、すまない」その電話を最後に神崎は飛び降り自殺した。

内閣府である神崎の死、神崎は死というメッセージを残していったのだ。

父親の死

神崎の自殺を目にし、吉岡は過去を思い出すのであった。

吉岡の父もまたメディアによって殺された、吉岡の父も吉岡と同じ記者だったが、誤報を書いてしまい自殺してしまったのだった。

吉岡は大学の件を止めろと上から圧力を与えられるが吉岡は止めなかった、真実を追求する事に。

真実の追求

内閣府に不審を抱き、苦悩と葛藤する杉原であった、そこに吉岡は接触する。

そして杉原は語りだす「神崎さんは外交官時代に恩義がある人です、あの人は死ぬ直前まで新たな大学を設立するプロジェクトに関わっていました。」

しかし杉原は神崎の死の原因が分からないと言う。

そして真実を追い求める事を決意する2人。

証拠

吉岡は神崎の家に向かう、門前払いに合うも羊の絵を見せると招き入れられる。

あの羊の絵は神崎が子供に描いた絵と同じ物だった。

そして神崎の妻は吉岡に鍵を渡す、机の引き出しの鍵だ、そこで吉岡が見つけたのは、会社に送られてきた羊の表紙の書類だった。

そこには一冊の本も添えられていた、DUGWAYといタイトルの本だ、DUGWAYはアメリカの有名な生物兵器の実験所がある所だ、実験中に漏れた神経ガスが原因で羊が大量死してしまった話しだ。

神崎が作らされていた大学は生物兵器を作ろうとしていた大学だったのだ、神崎はそれをリークしたかった。

しかしこれでは情報が足りない、大学設立の目的が医療ではなく軍事である事を証明する証拠が必要だった。

確証

杉原は家族を持っており妻は出産した所だった、大切な家庭を守るべきなのか、真実を追い求めるべきなのか杉原は葛藤していた、そして杉原は子供を抱く妻の前で涙を流し謝り続ける。

杉原は都築と打ち合わせの約束をする。打ち合わせ場所に向かう都築であったがそこへ吉岡が現れ、軍事利用の話しを問いかける。足止めをしようとしたのだった。

杉原は都築の事務所で大学設立の書類を探す、そして遂に書類を発見、スマホで写真を撮影する、そこへ向かう都築、場面は緊迫していく、そして都築がドアを開ける、そこには、もお誰も居なかった。

杉原の覚悟

吉岡と杉原はホテルに吉岡の上司を呼び出し、生物兵器となり得る病原体を作る目的で大学を設立しようとしているという証拠を突きつける。

しかし上司に電話がかかり上からの圧力が加わる、上司は「これが向こうに誤報だと言われ跳ね返す力がない」と口を切る。

杉原は「その時は僕の実名を出して下さい」と決意を顕にする。吉岡は家族がいるのにそれは駄目だと話すも「君なら君の父親にどっちを選択して欲しい」と投げかけるのであった。家族を苦難に立たせる事となろうとも、杉原はその道を選んだ。

心が溶け落ちる

新聞は発行された、政府はまたも情報操作に身を乗り出す。会社に記事のゲラが届いた、【自殺官僚の元部下暴走!機密文書捏造し東都新聞記者に提供】と、だがいい情報もあった。他の大手出版社達もこの記事を追いかけてきているのだ。

そこで吉岡は続報で杉原の実名を出す事を決める。

多田から吉岡に電話がある「実に良く書けていましたね、お父さんそっくりだ、1つお伝えしましょう、実はあなたのお父さん、誤報じゃなかったんですよ。」

多田は名乗らずに衝撃の事実を告げる。

杉原は多田に呼び出される。

「これお前じゃないよな、お前な訳がない、杉原、外務省に戻りたいか?そのぐらいの口利きなら出来るかもしれないって話だよ、でも悪くないだろ、外務省に戻ってしばらく外国に駐在する、そして皆がお前のした事を忘れる、ただし条件がある、今持っている情報は全て忘れろ、杉原、撤回することは別に恥ずかしい事じゃないぞ、この国の民主主義は別に形だけでいいんだ」杉原は無言で退出する。

血相を変え崩壊する杉原。杉原の元へ走る吉岡、そこで2人は再開する。

横断歩道越しで何か呟く杉原、そしてそれに頷く吉岡。

ここでこの映画は終わる。

まず吉岡が杉原の元へ走って行った理由、父親は、間違えていなかったのに何故自殺したのか、真実を書く事によって誰かが犠牲になる、政府の力によって、、吉岡はそれを悟ったのかもしれない。父親の自殺は罪もない者を自分の手で苦しめたからかもしれない。

そして杉原の口の動きから最後に出た言葉は「ごめん」のように見える。

家族を犠牲に出来なかった杉原、圧倒的な力、圧力により真実は握られたのであった。

そして吉岡はそれに頷いた。

登場人物

シム・ウンギョン  (吉岡 エリカ)

松坂桃李  (杉原 拓海)

本田翼  (杉原 奈津実)

岡山天音  (倉持 大輔)

郭智博  (関戸 保)

長田成哉  (河合 真人)

宮野陽名  (神崎 千佳)

高橋努 (都築 亮一)

西田尚美 (神崎 伸子)

高橋和也 (神崎 俊尚)

北村有起哉 (陣野 和正)

田中哲司 (多田 智也)

その他

主題歌

OAU  「Where have you gone」

儚い現実を想像させるような、そんな曲になっています。

Twitterでの反応

こんな人におすすめ

●全国民必見だと感じます。

●若い世代から大人まで

まとめ

今の現代社会のメディアの本質をついたそんな作品、自分の信じる物だったり、守るべきもの、人間という者、社会を目の当たりにする作品でした。

最後の最後まで考えさせられました。

身を乗り出して観させられる作品でしたね、1人1人の演技や雰囲気にも注目したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました