おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

となりのトトロ 無料動画配信(アニメ映画)フル視聴 kissanime openload 9tsu パンドラ

スタジオジブリ

(C) 1988 Studio Ghibli

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

動画配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間 初回ポイント付与
  ✕ 1,990円 31日間 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与
  ✕ 888円 14日間 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与
  ✕ 933円 14日間 なし
   933円〜 30日間 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)
  ✕ 500円 30日間 なし
  ✕ 500円 31日間 なし
  ✕ 800円〜 なし なし

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』を公式動画配信サイトを視聴する方法

2020年9月現在、スタジオジブリ映画『となりのトトロ』のDVDレンタルや動画配信が視聴できるのはTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみです。

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』の動画は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASで視聴することができます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』のDVDもしくはブルーレイのレンタル情報の紹介

『U-NEXT』をお勧めいたしますが、過去に全ての動画サービスを利用した事があるという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、動画サービスの無料お試し期間を利用してスタジオジブリ映画『となりのトトロ』をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』を利用して、スタジオジブリ映画『となりのトトロ』DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でご自宅まで配送してくれるサービスとなっております。

・PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けされます。

・返却はポストに投函するだけですので手続きは簡単です。

・最短で翌日にお届けされます。

・初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

無料お試し登録の初回30日間を是非試してください。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

『U-NEXT』がお勧めな動画配信サービスですが『TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』もご興味があれば検討してみてください。

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』ユーザー様の感想

女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。 最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。 レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。 私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。 作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。 新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。 返却期限が得も定められていないのも魅力です。 難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。 自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。
女性
女性
『TSUTAYA DISCAS』の魅力的な部分は作品数の多さです。 雑誌で映画レビューを読むのが好きなのですが、映画評論家、映画コメンテーターの方が紹介している作品を見たくても、旧作だと近くのDVDレンタルショップでは案外扱っていないことが多いのです。 そういう時も『TSUTAYA DISCAS』で探すと大抵見つかるので、頼りにしています。映画好きなら押さえておきたいような古典映画や往年の名作であれば、ほとんど見ることができます。リアルショップではなかなか見つからないマニアックな作品でも、『DISCAS』で検索すると扱っていることが多くて嬉しいです。 時にはユーザーレビューを参考に、高評価されている作品を視聴してみることもあります。 おかげで、会員になってから映画に一気にくわしくなった気がしています。
男性
男性
TSUTAYA TVの魅力的なところは作品が興味をそそられるように特集されていると言う点です。 例えば大人が楽しめる名作アニメ、ウイルスと戦う映画などテーマごとに作品が集められていてついつい見てみたくなってしまいます。 そしてレンタルランキングが組まれているのもこのTSUTAYA の配信サービスならではだと思います。 やはり今人気のある作品はどんなものであるのか知りたいですし、それを見ることができるというのはとてもお得感があります。 そして近日公開の映画の監督作品を一気に楽しむことができる点もいいなと思います。 その監督の世界観を事前に楽しんでおけば、映画もより一層楽しんで見られますし、もし自分と合わなければ止めるという選択肢もとることができます。 また先行配信のドラマがあるのも魅力的です。 いち早くチェックしたい人にはぴったりのサービスだと思います。

\自宅に届くから レンタル手間なし! /

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASのみ視聴可能です。

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』は、第1話から最終話までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』にてDVDレンタルや動画が視聴できます。

『スタジオジブリ』の歴代作品紹介

スタジオジブリ 作品 TSUTAYA TV/DISCAS
(1986年)天空の城ラピュタ
(1988年)となりのトトロ
(1988年)火垂るの墓
(1989年)魔女の宅急便
(1991年)おもひでぽろぽろ
(1994年)紅の豚
(1995年)耳をすませば
(1997年)平成狸合戦ぽんぽこ
(1997年)もののけ姫
(1999年)ホーホケキョ となりの山田くん
(2001年)千と千尋の神隠し
(2002年)猫の恩返し
(2004年)ハウルの動く城
(2006年)ゲド戦記
(2008年)崖の上のポニョ
(2010年)借りぐらしのアリエッティ
(2011年)コクリコ坂から
(2013年)風立ちぬ
(2013年)かぐや姫の物語
(2014年)思い出のマーニー
(2016年)レッドタートル ある島の物語
〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

△ 課金のみ視聴可

✕ 無配信

2020年9月現在、『スタジオジブリ』シリーズの第21作品まで『TSUTAYA TV /DISCAS』にて視聴できます。

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポの配信状況は!?

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』の動画を視聴はご紹介した公式の動画配信サイトで配信していますので、安全に視聴できますが、DailymotionPandora、anitube、kissanine、9tsu、アニポなどで違法に配信がされている動画共有サイトがあります。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、、日本の法律上で処罰対象となるものです。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になりますので、オススメ致しません。

安全で視聴することができる公式の動画配信サイトでの視聴をオススメ致します。

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』あらすじ・ネタバレ・出演キャストなどの作品概要

『となりのトトロ』は日本の長編アニメーション制作会社スタジオジブリによる1988年に公開されました。

持病で入院している母の為に家族で田舎へ引っ越してき、その農村で起こる数々の不思議な現象を織り交ぜながら描いて行くファンタジーあふれる作品となっています。

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』のあらすじ

・まっくろくろすけの登場

暑い真夏の季節、軽トラックに沢山の家財を山積みにして、小学生のサツキ、まだ幼い妹のメイと二人の父は、母が療養している小さな農村へ引っ越してきます。

引っ越し先の家へ着くと、ボロボロの家に興奮したサツキとメイは家の中を探検していると、どんぐりが落ちているのをメイが発見します。

メイはどんぐりを拾っていくと2階へとたどり着くと空を飛ぶ丸くて黒い生き物を発見し、捕まえるとサツキに見せに行きますが、手には黒いすすだけが残っていて黒い変な生き物の姿はありませんでした。

引っ越しの家の案内をしてくれたお婆ちゃんが、それは子供にしか見えない妖精のようなもで人が住み始めると居なくなってしまうと教えてくれました。

・トトロとメイ

次の休日にサツキとメイは母の入院している病院に訪れ、新しい家で起きたいろんな話しをし和やかなひと時を過ごしており、早く一緒に暮らしたいなどと話しをしていました。

ある日、サツキも学校へ行き、父は書斎で仕事をしていたためメイが一人で外で遊んでいると、小さな不思議な生物を見つけます。

その生物は消えることが出来るのですが、穴の空いたどんぐりの入った袋を持っていたためどんぐりを追跡されメイに追いかけられたので楠木が生えてる小さな森へ逃げ込みます。

メイはそこで大きな不思議な生物と出会い、お腹の上で寝てしまい姉であるサツキに森の中で起こされますが、父とサツキにトトロという生物が居たと森の中を案内するが先ほどの場所へたどり着くことが出来ませんでした。

映画『となりのトトロ』のネタバレ

・サツキとトトロとネコバス

季節は梅雨になり、傘を忘れたの為にバス停で待っていたサツキとメイはトトロに出会い持っていた傘を貸してあげると俺にどんぐりをもらい、ネコバスに乗りどっかへ行ってしまいます。

家に帰りどんぐりを庭に埋め芽が生えてくるのを心待ちにしますが中々生えてきません。

そんなある日の夜、庭で物音がしたので覗いてみるとトトロがいて不思議な力によりどんぐりから芽が出て大きなクスノキが庭に育ち、その木の上で遊びますが目が覚めると布団の中でした。

二人は庭へ行きどんぐりの芽が出ていることに気付き、夢だけど夢じゃなかったとはしゃぎます。

・母の病状悪化と姉妹喧嘩

夏休みになると農村ではトウモロコシの収穫に追われおり、サツキとメイはお婆ちゃんの収穫の手伝いをしていましたが、そこへお婆ちゃんの孫のカンタが現れ病院からの電報を持ってきてくれた。

母の病状が悪化し、退院が伸びるという内容だったのですが母ともうすぐ一緒に暮らせると思っていたメイは駄々をこねサツキは怒ってしまいます。

・メイの失踪とトトロとネコバス

メイは一人で母の入院している病院に向かってしまったことを知ると村中でメイを探し始めますが中々見つからず、藁にもすがる思いでトトロに頼みます。

するとトトロが現れネコバスを呼び、二人はネコバスに乗りメイを探すことに成功するとメイの手にはトウモロコシがあり母に届けようとしていたのを知りました。

・母とトウモロコシ

二人はネコバスに乗り母の入院している病院に連れて行ってもらい木の上から母と父が会話しているのを見ると安心しました。

二人の気配に気付いた母は木の上を見るとそこにはトウモロコシが置いてありサツキとメイのお土産だと父と話しをします。

その後、二人はネコバスに乗り家へと戻るのでした。

\ジブリ作品の視聴はこちらから /

▼ジブリ映画『となりのトトロ』を動画を視聴する▼

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』の主題歌 

・オープニングテーマ

井上あずみ         『さんぽ』

・エンディングテーマ

井上あずみ    『となりのトトロ』

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』の登場人物紹介

草壁サツキ  (日高のり子)

草壁メイ   (坂本千夏)

草壁タツオ  (糸井重里)

草壁ヤス子    (島本須美)

お婆ちゃん  (北林谷栄)

カンタ    (雨笠利幸)

みっちゃん  (神代智恵)

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』Twitterでの反応

https://twitter.com/Kim_Hyangri526/status/1262767298252648448
https://twitter.com/camuinana/status/1076401889422434304

 

 

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』はこんな人におすすめ

・小さな子供がいる人

・昔を懐かしみたい人

・ファンタジー好きな人

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』の感想

女性40代
女性40代

私の大好きな作品です。

ジブリアニメは色々見ていますが、となりのトトロが一番夢があって素敵な物語だと思います。

1歳の娘に見せたのですが、まだあまり話せないので内容はほとんど理解できないのに夢中になって見ていました。

そして時々トトロがいると言っているので、本当にトトロは子供には見えるのかもしれないと思ってしまいます。

とにかくトトロというキャラクターが可愛くて大好きです。

おちゃめな仕草や大きくてフワフワな見た目などだれもが会いたくなってしまうキャラクターだと思います。

トトロ以外にもネコバスや真っ黒クロスケなど可愛らしいキャラクターがたくさん出てくるので、子供にはたまらないと思います。

私が一番好きなシーンは雨の中、サツキとメイがお父さんが乗ってくるバスを待っているシーンです。

いきなりトトロが現れて傘を貸してあげるとすごく気に入ってくれてニヤッと笑う顔がとても可愛くて何度も見たくなります。

またこのアニメは家族愛もテーマになっているので、サツキがメイを必死になって探すシーンでは私までサツキの気持ちが伝染して泣きそうになってしまいました。

このアニメは何歳になっても楽しめるので家族で見るのがオススメです。

女性30代
女性30代

数あるジブリ映画の中でも、名作中の名作と思う作品。

昭和の古き良き情景や、森の主であるトトロをはじめとして、不思議なものがいてもまったく違和感がないと思える、埼玉県とモデルにしていると言われる、里山の美しい風景が見事です。

母親のために田舎に移り住んだサツキとメイたちの明るさもとても好ましいですし、2人をごく自然に支える、大家のおばあさんをはじめとして、近所の人たちや学校の人たちも、あたたかく、今ではない素晴らしさがあると思います。
のんびり暮らしていて、子どもに見られてもそれほど気にしていないトトロたちと、母親の代わりに家事をして、家を切り盛りするサツキと、天真爛漫でかわいらしいメイの交流も、こころ穏やかな気持ちになれます。
クライマックスで母親の病院に行く場面では、ハラハラドキドキしっぱなしになりますが、最後の最後で母親が退院している様子が分かってほっとできます。
かなり重要ともいえる、父親役が糸井重里で、素人演技が、おんでもなく浮いているのが唯一の気になるところですが、次作の魔女の宅急便でも父親役で出ていたことを考えると、制作側としても、見る側としても良しとされているのかなと思っています。

男性30代
男性30代

ジブリ作品の中でも一番お気に入りの作品で娘二人とも一緒によく観る作品となっていて非常に思い出深い気持ちがあります。

オープニングの曲が特に良くてテンポも悪くなくて子供がよくまねして歩いたり口ずさんだりと楽しめる雰囲気があるのが素朴で素敵に思えました。

最初に登場するボロい家は、日本の昔から田舎にありそうな風情がありながらもボロさを子供が楽しんだり家族みんなで引っ越し作業をしたり近所のおばあちゃんとも仲良くなったりと心温まる感じがあってとても良かったです。

おばあちゃんちのカンタくんも小さい思春期に入るかどうかの微妙な年頃の男の子の様相を巧く表現していて同じ男としてはなんとなく共感できる行動でそのあどけなさがどこか懐かしかったです。

トトロとの出会い方も夢がある出会い方で大きな木を使っているのにも壮大な雰囲気があって子供が好きそうな展開になっていてとても良かったと思いました。

作中に登場したネコバスは初めて観たときはうちの子供は驚いてびびっていましたがふわふわした感じで最後に病院まで乗っけていくというサービスがあったり、メイが迷子になったときにうまくアシストしてくれたりと終盤の印象的なシーンに感じられました。

女性20代
女性20代

まだスタジオジブリができる前の宮崎駿の作品です。

4人家族が生活の中で、「トトロ」という不思議な生き物と出会い関わりながら、物語が進んでいきます。

物語の中心人物となるのは、姉妹のさつきとめい。

お母さんは病気を患っていて、入院のために4人で田舎に引っ越して来ます。ある日、メイは外で遊んでいるときに、不思議な生き物、「小トトロ」を見つけ、追いかけていくと、トトロの巣につきます。

さつきやお父さんには初めは見えませんりだんだんとさつきの夢の中に現れたりしていきます。

ある日、めいがさつきと喧嘩したまま、お母さんに畑でとったトウモロコシをあげようとして、はぐれてしまい、迷子になってしまいます。

さつきはめいを一生懸命探しますが、なかなか見つからず、トトロにお願いをしに行きます。

トトロは猫バスをよんでメイを一緒に探してくれます。

私が一番好きなシーンは猫バスが凄い勢いで走って、めいをさがすところです。

とてもワクワクします。

猫バスに乗りたいなあ、、と小さい頃からずっと思っていました。

猫バスは、ふわふわで、ニヤリと笑う猫の顔もなかなか癖になります。笑 無事、めいは見つかり、物語はおしまいになりますが、最後のエンディングでは、お母さんが退院し、4人で暮らせるところまで、描いてくれています。

宮崎駿の作品の中で、私はトトロが一番大好きです。何度でも見たくなる作品です。

女性40代
女性40代

トトロやまっくろくろすけなど、正体不明の不思議なキャラ達が子供にしか見えないというところが夢があっていいと思います。

特にメイが初めてトトロと会った時の、トトロのおなかのもふもふ感は、見ているだけで感触が伝わってくるくらいリアルです。

きっと誰もがメイになりたい!と思ってしまうはずです。
とはいえ、普通ならこんな巨大な生き物を見たらびびって逃げ出しそうな気もします。

だからか、全く物怖じしないメイの幼さゆえの無敵感はちょっと尊敬してしまいます。
その点、姉のさつきは、最初はメイの話を半分聞き流しているところが大人びています。

でも、実際にトトロを目にした時の興奮ぶりは、やはりまだ幼い少女だなと思い出させてくれます。
普段は入院中の母親の代わりに家事を率先してやったり、メイの面倒を見たりと、マイペースな父親よりも頼りになる自立した女性というイメージが強いです。

でも、それは母親がいつか戻ってきてくれるという前提があるからこそなんだなと思います。
母親が死んだらどうしようと不安に駆られた時の、さつきの狼狽ぶりを見ていると、自分も子供のためにいつまでも元気でいないといけないなと改めて感じました。
この作品は子供の頃から何度も見てきましたが、歳を重ねていくと注目する視点も変わってきて、色んな解釈ができます。

子供向けのファンタジーでありながらも、大人も子供も楽しめる名作だと思います。

女性40代
女性40代

初めて見たのは小学生の頃でした。
アニメが好きでしたので、アニメ雑誌でトトロの公開を知って楽しみにしていたのですが、予想以上に面白かったです。
特に森の景色、トトロやねこバスなどキャラクターの躍動感が本当に見ていて興奮しました。
個人的にはメイちゃんが好きで(演じてる坂本千夏さんのファンでもあったのですが)、動きや喋り方が見ていて元気になりました。

あんな感じで感情豊かなのは魅力的です。サツキちゃんの「お母さんの代わりにしっかりしないと!」と考える気持ちも分かりますが。
今思うとおばあちゃんも味わい深いです。

自分の祖母が田舎で畑やっていて、あんな感じだったなあと切ないですね。畑のトマトとかきゅうりとか食べさせてくれて。
また、お父さんとお母さんが色々苦労もあるだろうに、子供にはそれを見せないのが優しいです。

人間できてるなあと、ちょっと感心してしまいます。
カンタくんも昔は小学生目線でイライラしましたが、今はサツキちゃん好きなんだなあ、かわいいなあと微笑ましいです。
こんなふうに、子供の時と、大人になってからと見方が変わるので、15年は間置いてみるのがおすすめですね笑。

ジブリの映画の中で一番好きな作品です。

女性20代
女性20代

最初の引越しする車でメイとサツキが食べているキャラメルがとても美味しそうでした。
メイとサツキがおうち探索をしている姿は大人っぽく見えるサツキもはしゃいでいて、とても楽しそうでした。
誰もいない所からどんぐりが落ちてくるのは少し怖いです。

サツキは本当にしっかりしていて、小学生なのに自分と家族のお弁当を早起きして作っているのは本当に凄いです。

お母さんの代わりを無意識にこなしているのかなと思いました。
メイがトトロのところに行くシーンはとても印象深くて、食べられてもおかしくないような大きさの怪獣と仲良く寝ているのは可愛くて微笑ましいです。食べられず家に帰れて本当によかったです。

その後出てくるネコバスは見る度に乗ってみたい気持ちになります。
トトロがサツキに渡した手土産がどんぐりなのはどうしてなのか不思議です。
おばあちゃんと仲良く洗濯をしたり野菜をもぎ取って食べたりしているのを見ると私もやりたいという気持ちになりました。
メイが失踪するシーンは本当にドキドキしました。
あんなに小さい子供が彷徨うのは怖すぎます。
トトロとネコバスがいて本当に良かったです。
ただ、最後はなぜお母さんに会わずにトウモロコシだけ置いていったのかはいまでも謎です。

女性30代
女性30代

サツキとメイが体験する不思議な生き物との触れ合いがとても羨ましく何度も見たくなる映画です。

トトロたちがいなくても、田舎への引っ越し、デカい雰囲気のある家と、子どもの頃はら彼女らの生活が羨ましかったです。

でも、よく考えると彼らが田舎に引っ越してきたのは母が入院していて、母が帰ってきた時のためだし、いろいろと寂しい思いをしていたんだなと今は思います。

サツキはそれでも仕方ないよねと大人な対応をしていて、余計かわいそうでした。ほんとにいい子だなと思います。

メイはわがままなようだけど、あれが普通だと思いました。

トトロたちは彼女らがいい子たちだから見えたのかもしれません。

私は子どもだったとしてもトトロに会えてたかななどと考えてしまいます。

トトロとの触れ合いで好きな場面はやはりどんぐりを育てるところですね。

あの踊りはなんか滑稽で面白いし、自分が植物を育てる時ついつい踊りたくなる踊りでした。

そして、そのあと、空を飛ぶトトロ。駒を使って食べるだなんて驚きでした。

あのもふもふの腹に私もしがみつきたいと思いました。

もちろん、ネコバスも素敵なキャラクターです。

トトロはキャラデザインもよくて、グッズが欲しくなる作品でもありました。

女性20代
女性20代

お母さんが病気の姉妹、サツキとメイは農村に引っ越してきます。その農村近くの山で不思議な生き物トトロに出会うというファンタジーな作品です。でてくるトトロは1匹ではありません。小さなトトロや中くらいのトトロ等、様々ですがどれもとにかくかわいいです。

また、幼い姉妹の喧嘩あり、涙ありのストーリーが見ていて感動します。お姉さんってこんな感じだな、妹ってこんな感じだなというしぐさが細かく映像化されていて非現実的な話の設定なのにどこか自分にリンクされる部分もあります。

私は兄がおり、妹なのでメイのちょっと意地っ張りだったり、うえの兄弟のすることをなんでも真似したくなったり、こうと決めたらそうしないといけない頑固さに昔の自分を重ね合わせてみることができ、懐かしい気持ちになりました。

また、サツキはサツキで、メイがトトロと初めてあったときに好奇心いっぱいだったのとは違って、警戒と好奇心の狭間で様子をみている感じも、長男、長女の特徴を細かくとらえているなと思いました。

また、となりのトトロのおもしろいところは、ストーリー全体もありますが、都市伝説とがあることです。サツキとメイは実は亡くなっている子供なのではないか、等、憶測にすぎませんが、そういった情報なしで見るのと、都市伝説を知ったうえで見るのとでは、全く違う楽しさがあります。

女性30代
女性30代

昭和の田舎が舞台で、平成生まれでそこそこ都会育ちだった私にとっては、田んぼや田植えのシーンが古き良き日本という感じで好きでした。

また、母親が入院中で幼い妹の面倒を見ながら家事に勤しむまだ小学生の姉のサツキちゃんの姿が当時の子どもだった私からすると「すごい!」と一言で表すにはもったいないくらいの尊敬できる小学生でした。近所に住む、サツキと同じ小学校のクラスメイトのカンタくんが、不器用な優しさが可愛らしくて好きでした。

不自由な生活の中で、我慢もいっぱいしている姉妹に不思議な生き物の「トトロ」との出会いの中で、日々成長していく姿が微笑ましかったです。私も子どもの頃にトトロに会って、お腹にしがみついて夜空を飛んで散歩したり、木の上に登って一緒にオカリナを拭いてみたり、ネコバスに乗ってみたりしたいと思いました。

そんな夢いっぱいの中にも、姉妹の葛藤や両親と一緒に何気なく過ごしていけることのありがたさ、サツキとメイの姉妹の絆に感動させられました。ビデオテープが擦り切れるくらい何度も何度も見て、セリフを覚えられるくらいに大好きなジブリ作品の一つです。夏になると不思議な出会いができそうな予感がして、トトロを見たくなります。

女性20代
女性20代

子供の頃の夏休みを思い出すような、ほんの少しの切なさと楽しい気持ちでいっぱいになる作品です。
純粋にはしゃぎまわっている子供達がとにかく可愛くて、田舎らしさのある自然いっぱいの景色も相まって、とても懐かしくなります。
自分が子供の頃はただただ楽しく見ていた場面も、大人になってから見ると奥の深さを感じられて、また違った楽しみ方ができるところも好きです。
しっかり者で頼れるお姉さんという感じのさつきが、人には見せないけれど実は色んな不安を抱えていて、家族のために我慢しているんだろうなと感じたり、ワガママで甘えん坊のメイが、意外と行動力があっていざという時はとても頼りになりそうなところなど、子供の成長を見ているようで思わず涙が出てしまいます。
純粋な子供にしか見えないであろうトトロ達とのやりとりも微笑ましく、現実的にはありえないようなことをすんなり受け入れている二人の素直さは羨ましくもなります。
作品を通して悪役が一人も出てこない、平和な世界観がずっと続くところもこの作品ならではの良さだと思います。
作中の近所の人達のように、見ている側も子ども達を見守っているような感覚があり、とてもあたたかい気持ちになれます。

女性20代
女性20代

わたしが初めてトトロを見たのは、幼稚園の頃でした。
幼いながら、ワクワクしたりドキドキしたりしながら観たのを覚えてます。それから、何度も何度も見返すくらい大好きな作品になりました。
メイちゃんと同じくらいの年齢で見たトトロと、さつきちゃんと同じくらいの年齢で見たトトロと、大人になってから観るトトロとでは、感じ方が全く違うと感じました。
わたしにもし、子どもが生まれたら絶対に見せたいジブリ作品です。
葉っぱを傘にするシーンや、木々が分かれていって道を作ってくれるシーン、トトロが飛ぶシーン、ネコバスのふわふわ感。どのシーンもとても印象に残り、物語と分かっているのですが、幼い時から大人になった今でも、もしかしたらトトロが本当に居るのではないか。と本当に思うのです。子どもにしか見えないトトロですが、映画に出てくるような森に行った時には、まっくろくろすけやトトロは居ないかな?と考えてしまうのです。
それくらい、『となりのトトロ』には夢が詰まっていて、まるでサンタクロースのような存在です。居ない。と分かっているのですが、もしかしたら居るかもしれない。というとっておきの存在なのです。まだ見たことないという方は是非見てほしいです。

スタジオジブリ映画『となりのトトロ』のまとめ

誰でも一度は見たことはあるんではないかと思うほど有名なアニメです。

となりのトトロは何回見ても胸が踊りワクワクします。

田舎に引っ越してきてまっくろくろすけに出会ったり、トトロに出会いネコバスに乗ったりと子供のころすごく憧れていたのを覚えています。

是非、小さなお子さんに見せてもらいたい作品となっております。

動画配信サイトのオリジナルランキングTOP3

No.1 U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜き)
無料期間 31日間
ポイント付与 ・初回登録時600pt付与 ・毎月1日1200pt付与

▼オススメポイント▼

・見放題作品数NO.1!

・31日間と無料期間が長いのにも関わらず、600ポイントがもらえる!

・最新作もいち早くラインナップされる!

・動画配信サービスはもちろん、電子書籍、雑誌の読み放題の種類が豊富。

・4デバイスまで同時視聴が可能!

▼詳しく知りたい方は▼

『U-NEXT』の記事はこちら

▼『U-NEXT』の無料お試しする▼

『U-NEXT』公式ページ

>>無料お試し期間の31日間で解約すれば料金は発生しません!

 

No.2  TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

月額料金 933円〜(3つのプランがあり選択)
無料期間 30日間
ポイント付与 毎月付与される動画ポイント(1,100pt)

▼オススメポイント▼

・レンタルDVDだけではなく、動画配信サービスもある!

・『ジブリ作品』の視聴できるのは『TSUTAYA TV /DISCAS』だけ!

・低スペックのPCでもサクサク高画質で楽しむ事が出来る!

・旧作は借り放題!

・店舗に足を運ばなくても自宅にDVDやCDが届く!

▼詳しく知りたい方は▼

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS』の記事はこちら

▼『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しする▼

『TSUTAYA TV /DISCAS』公式ページ

>>無料お試し登録の30日間を利用!

No.3 FOD

月額料金 888円
無料期間 14日間
ポイント付与 ・初回登録後100ポイント付与 ・8のつく日に400ポイント付与

▼オススメポイント▼

・40,000本を超える動画が見放題!

・ドラマやアニメだけじゃない! バラエティ番組の数も最多です!

・複数のデバイスで同時視聴可能!

・FODのポイントを有効活用できる!

・雑誌の読み放題サービスも充実!

▼詳しく知りたい方は▼

『FOD』の記事はこちら

▼『FODプレミアム』の無料お試しする▼

『FOD』公式ページ

>>14日間無料トライアルを体験!

コメント

タイトルとURLをコピーしました