ディズニーアニメ 超実写映画『ライオンキング』

アニメ映画

出典元@disney

「ライオン・キング」MovieNEX 予告編

大人気ディズニーアニメ「ライオンキング」の【超実写】!

あらすじ

・シンバ誕生

王ムファサと王女サラビの間に、将来の王となるシンバが生まれました。

サバンナの動物たちはみんな集まってきて、赤ちゃんライオンを祝福します。

ところがムファサの弟スカーはその場に姿を現さず、後にムファサがスカーをたしなめます。

シンバの誕生で王の座が遠のき、面白くないスカー。

ムファサに対して横暴な態度を取ります。

それを見ていたムファサに仕えるサイチョウであるザズーは、スカーを追放した方がいいのではないかと進言します。

が、ムファサは血を分けた弟であるスカーを追放することはできませんでした。

すくすく成長し、子どもらしく好奇心の塊のようなシンバ.

色んなことが見たくて知りたくて仕方がありません。

そんなシンバに、ムファサは絶対にプライドランドの外にだけは行かないようにと、言い聞かせます。

しかしスカーに「皆プライドランドの外に一度は行くもんだ」と言われ、好奇心を抑え切れないのでした。。

・幼馴染のナラ

友達のナラを誘ってプライドランドの外側へ行こうと企むシンバ。

まんまとザズーの監視の目をかいくぐり、プライドランドから外へ出てしまいます。

ところがあっという間に、ムファサの統治が気に入らない大勢のハイエナに囲まれてしまいます。

間一髪のところにムファサが駆けつけ、二人を無事助け出しました。

その頃、スカーは空腹のハイエナ達のところへ行き、自分が王になったら今は規制されている狩りを解放してやるといい、ムファサを暗殺する計画を持ちかけました。

・暗殺計画実行

スカーはシンバを渓谷へと連れて行って置き去りにし、ハイエナ達に合図を送ります。

すると地響きが鳴り、ハイエナから逃れようと暴走するヌーの群れがシンバがいる峡谷へと向かって来ます。

スカーがムファサにシンバが危ないことを伝えると、ムファサはシンバを助けるため、錯乱状態のヌーの大群の中へ入っていきます。

ムファサはシンバを安全な場所に連れて行き、峡谷から這い上がろうとした時、スカーに突き落とされてしまいます。

ヌーの群れの中へ落ちていくムファサを見たシンバは、ヌーが去った跡後そこへ行き、ボロボロになったムファサを発見しました。

ムファサは既に息耐えていました。

スカーがシンバの元へ来、彼のせいでムファサが死んだと言ってプライドランドから追放してしまいます。

更にスカーからシンバ殺害の指示を受けたハイエナに追いかけられますが、命からがら何とか逃げ切ります。

二人がいなくなった今、スカーはプライドランドの王となるのでした。

・新しい生活

砂漠で力尽きて倒れていたシンバは、イボイノシシのプンバとミーアキャットのティモンに出会い、草食動物たちと一緒に成長していきます。

その頃、スカーによって狩りの制限がなくなり、やりたい放題になって荒れ果てたプライドランド。

このままではいけないとナラは行動を起こします。

散歩中のプンバとティモンはライオンに襲われそうになりますが、そのライオンこそナラでした。

プンバとティモンは必死で逃げ、そこへシンバが助けに入ります。

シンバはそのライオンがナラだったことに驚きますが、久しぶりの再会を喜びます。

ナラにプライドランドを元に戻すために帰ってきて欲しいと言われますが、ムファサの死に責任を感じているシンバは断ります。

ナラは失望し、そこを立ち去りました。

そこへヒヒのラフィキが訪れ、川へとシンバを連れて行きます。

シンバは水面に映っている立派な大人のライオンとなった自分の顔を見つめ、顔を上げるとムファサの声が聞こえてきます。

「自分は偉大なる王、ムファサの息子である」

そう自覚し、このまま逃げていてはいけない、と思い直したシンバはブライドランドに戻ることを決心します。

ナラを追い掛け、プンバとティモンも一緒にプライドランドへと戻るのでした。

・復活

戻ってきたシンバを見て皆驚きますが、その帰還を喜びます。

しかしスカーが「シンバのせいでムファサが死んだ」と言い、皆を動揺させようとします。

シンバを端へ追い込んだスカーは、落ちそうになるシンバを見下ろすと、「俺がムファサを殺した」と囁きました。

シンバは怒り、そこから這い上がり、人殺しと攻め立てます。

ムファサを殺した犯人はスカーだということが判明し、ライオンたちとスカー、ハイエナの戦いが始まります。

戦いはライオンたちが優勢、情に訴えようとするスカーに逃げるチャンスを与えますが、その隙にシンバに襲いかかるスカーを、崖の下へ突き落としました。

こうしてシンバは新しい王となり、プライドランドはかつての繁栄を取り戻すのでした。

登場人物紹介

シンバ:ドナルド・グローヴァー/ 賀来賢人

シンバ(幼少期):JD・マクラリー/ 熊谷俊輝

ナラ:ビヨンセ/ 門山葉子

ナラ(幼少期):シャハディ・ライト・ジョセフ/ 小林星蘭

ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ/ 大和田伸也

スカー:キウェテル・イジョフォー/ 江口洋介

ネットの声

・信じられないくらい映像が綺麗。感動する。

・ストーリーはアニメと同じです。が、とにかく画と音楽が素晴らしかったです。

・自然の壮大さやシンバから勇気をもらえる作品ですね。良かったです。

・よく出来た作品です、超実写と言うだけの事はあります。

こんな人におすすめ

・ライオンキングが好きな方

・動物好きの方

・広大な自然に触れたい方、など…

まとめ

ネットの声にもありますが、映像の美しさといったら素晴らしかったです。

私はとても映画が好きでよく観るのですが、映像に見惚れるということはあまりありません。

しかし、これは…やられた…

CGとは思えません、まるで本物。だから美しいのか。

リアルのライオンを引きで撮ったら、ハエいっぱい映っちゃいますもんね…

いくつか追加シーンがあるみたいですが、ストーリー自体はアニメとほぼほぼ同じです。

アニメのライオンキングファンで何回観たかわからない!なんて方ならきっと、追加シーン探しをされたんじゃないかなっと想像したりしてみました。

私はディズニーキャラ独特のあの動きが得意ではないので、圧倒的にこっちのライオンキングが良いですね。

ライオンが二足歩行で指なんか指す訳ないので。(心の貧しい大人でごめんなさい…

いや、ディズニーキャラはディズニーキャラとして観るから良いんですけどね、ライオンって言う名前の別の生き物(?)って感じで。

でも実写で観ちゃうと、やっぱ絶対こっちの方が良いと思ってしまいます。

先ほども言ったようにストーリーはアニメと同じなので、後はあの美しい映像を観て頂くしかないです!

綺麗なものを見ると自分も浄化される気がしませんか?

ではアフリカのサバンナへ、ちょっと旅立ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました