劇場版『メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ 』

アニメ映画

善と悪一見正反対に見える。しかしこの2つはさらに別ける事が出来る、自分のためか人のためか、、登場する様々なキャラクターは何処へと向かっているのか、そして誰のだめに戦っているのか、、

あらすじ

地球にアドリスという惑星が接近し、地球では異常現象が頻発している。

そんな中、アトランティスの末裔達はアトランティス復興の為に動きだす。

アドリスが近づく時、太陽のベイブレード、ソルブレイズが復活する。選ばれし者ヘリオスはソルブレイズを手に収めるのであった。

主人公の鋼銀河と仲間達は夏休みを楽しんでいた、そんな中ベイブレード大会が開催される。

銀河と仲間達は白熱したバトルを繰り広げ、存分に楽しんでいたが、そこに白髪の男ヘリオスが乱入し、大会をメチャクチャにしていく、仲間を含め銀河もヘリオスに敗れる事となるのであった。

復讐

突然現れたヘリオスは復讐の言葉を口にする、「心なき人間に貶められた祖先の無念を晴らすため、今一度アトランティスを復興するため」と。

仲間の無念

銀河の仲間角谷正宗はヘリオスに仕返しを果たすため駆けずり回る。

ヘリオスを追っていた大池トビオはヘリオスのアジトを見付けるとヘリオスを倒し自分の手柄にする野望を抱く。そして野望のために正宗含め仲間を集める事になる。

ヘリオスに挑む正宗達であったが歯が立たず敗れてしまう。

オリハルコン

アトランティスは特殊金属オリハルコンを使い古代よりベイブレードを開発している事が明らかになってきた。

そしてオリハルコンで作られたベイブレードはアトランティスを一夜にして壊滅に陥れた可能性がでてきた、だがヘリオスはアトランティスの復興を示唆する言葉を呟いていたのに矛盾が生じるのであった。

ヘリオスはヘリオスの師バキムよりこう伝えられていた、他国はオリハルコンを欲しさに戦争を仕掛け、醜い人間の欲望によってアトランティスは滅んだと。

アクロポリス

銀河の仲間、大鳥翼は敵のアジトの巨大な船に潜入していた、そこで見た物は様々な種類の動植物や芸術作品だった。まるでノアの箱舟を彷彿とさせるような、、、

決戦

ヘリオスに敗れた正宗はヘリオスからの伝言を銀河に伝える、「今晩22時に待っている」と、銀河は仲間達と敵のアジトへ向かう。

するとそこにはヘリオス、バキムが、バキムは語りだす「これでようやく全てが揃った、まず1つは我らが太陽神ソルブレイズ、太陽神は惑星アドリスに共鳴し蘇る、世界各地で起こった異常現象は太陽神復活の予兆」やはり異常現象はオリハルコンの影響であった

「もう1つは太陽神復活を願う白き心だ、そして最後の条件はお前の持つ天馬の翼」

銀河のベイブレードの天馬ペガシスが必要だったのだ。

そして銀河は語る「アトランティスが滅んだのはオリハルコンの力を持つベイ、ソルブレイズのせいかもしれない」と、ヘリオスは初めて事実を目の当たりにするが、バキムはそれを否定する。

そしてバトルが始まる、銀河の仲間達は執拗に攻撃され全滅してしまう。

それを目の当たりにした銀河は遂に本気になるのだった。

ヘリオスは口を開き「全力のお前を倒した時ソルブレイズは真の力を得る」と語りだす。

ヘリオスが執拗に仲間達を攻撃したのは銀河を本気にさせるための手段だったのだ。

白熱したバトルは銀河の勝利に終わる。

バキムの目的

戦いに敗れたヘリオスであったが、バキムに褒められる「良くやったヘリオスよ、見よ、今こそ新たな世界の扉は切り開く」

その瞬間システムが起動し惑星アドリスを引き付けようとしている。

ヘリオスの使命は天馬の力を最大に引き出す事だった、そしてオリハルコンの力は最大限まで引き起こされる。

オリハルコンの力で惑星アドリスを引き付け世界を滅ぼす事がバキムの目的だった。

バキムは世界を滅ぼしアトランティスを主導とした世界を築き上げると言うのだ。

そしてアジトでもある船、アクロポリスはシェルターの箱舟であった、アクロポリス以外を破壊し己達のみ生存させる野望でったのた。

ヘリオスの決意

宇宙シャトルで高みの見物をしようとするバキムはヘリオスを誘うが、ヘリオスは断る。

そしてバキムは事実を語る「アトランティスが一夜にして滅んだのは太陽神のせいだ、オリハルコンの力を最大限に引き出そうとし失敗した」と。

自分が信じていた物が崩壊した、誰かのために復讐を決意したヘリオスであったが、この復讐は誰のための物でもなく、バキムただ1人の快楽の先の野望だけだったのだ。

惑星アドリス

シャトルを使い宇宙のアドリスの破壊を決意する銀河達、そこで自分の犯してしまった罪を償うためヘリオスは銀河と共にシャトルへ乗り込むことに。

そこで立ちはだかるのがヘリオスだ、ヘリオスはポセイドンのベイブレードで襲いかかってくる。吹き飛ばされる銀河は海に落ちそうになるが、ヘリオスが間一髪で銀河の手を掴む、銀河は手を離して世界を救えと言うがヘリオスは離さなかった。

誰かのために生きる心の根底は真っ白だったのだ。

ポセイドンに襲われそうになる2人の前に現れるのが盾神キョウヤだ、銀河はまた仲間に救われるのであった。

誰かのために戦ってきた銀河には沢山の仲間がいた。

銀河とヘリオスはシャトルへ乗り込み宇宙へ向かう、そして2人の力でアドリスの破壊に成功するのであった。

そして2人白き心の間には友情が芽生える。

登場人物紹介

鋼 銀河

ヘリオス

バキム

大鳥 翼

盾神 キョウヤ

湯宮 ケンタ

天野 まどか

その他、、、

主題歌

Noa  『 SPINNING THE WORLD』

あの有名な歌手Noaが絆をテーマに歌った、前向きな力が込み上げてくるような歌になってます!

こんな人におすすめ

・ベイブレード世代には是非観て頂きたいです。

・大人からキッズまで楽しめます。

まとめ

自分のためだけに進む者の先は破滅でしたね、相手を想いやる気持ちが友情や絆を生み助け合う事が出来るそんな事を目の当たりにする映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました