おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【くちびるに歌を】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会

映画『くちびるに歌を』予告編

映画『くちびるに歌を』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『くちびるに歌を』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『くちびるに歌を』に出演している新垣結衣さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・恋空

・ミックス

\ 作品映像をチェック /

▼新垣結衣の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『くちびるに歌を』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

映画『くちびるに歌を』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『くちびるに歌を』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『くちびるに歌を』のあらすじ

長崎県五島列島。

中五島中学校の音楽教師のハルコ(木村文乃)が、産休に入る。

代理で、臨時教師の柏木ユリ(新垣結衣)が着任。

だが、条件は「ピアノを弾かないこと」だ。

ハルコに騙され()?、合唱部の顧問になったユリ。

音大出身のピアニストで、ハルコの同級生、この学校の卒業生だ。

合唱部には、新入部員が入ってない。

女子たちが勧誘のため、校庭で歌うと、なんと男子が入部希望を出してきた。

女子のみの合唱部が、これをきっかけに、男女混合の部になった。

生徒たちがユリが映っている動画サイトを見つける。

演奏はずば抜けており、すごいピアニストだとわかった。

だが、別の映像で、ユリがコンサートをボイコットする動画を見つけてしまう。

顧問をやる気がないユリ。

でも、一度聴いただけで、各人の歌唱の弱点を見抜いており、実力は確かなようだ。

生徒に「十五年後の自分へ」手紙を書くよう、宿題を出したユリ。

提出は、出しても出さなくてもいい。

合唱部の新入部員、サトル(下田翔大)は、ボーイソプラノの才能開花。

皆からも褒められ、サトルは、合唱部に楽しさを見出していた。

実は、サトルは、自閉症の兄・アキオ(渡辺大知)がいる。

いつも、帰りは、兄の職場に迎えに行っている。

部活を始め、お迎えに遅れてしまったサトル。

父にそれを、叱られる。

ひょんなことから、サトル兄弟を送ってくれたユリに、サトルは、部活を辞めると言う。

だが、やはり部活を辞めたくないサトル。

(木村多江)にお迎えの件を頼むが、意外にもあっさりOKだった。

練習を始めた新生合唱部だが、男子が遊んでばかりで、真面目に練習しない。

部長のナズナ(恒松祐里)は注意。

すると、男子はナズナに、父親が女と逃げたので、男に良いイメージがないんだ、とからかう。

遅れて来たケイスケ(佐野勇斗)は、ナズナをバカにした男子と、ケンカを始めてしまう。

ある日、校歌のピアノ伴奏をする生徒が休みのため、ユリが代わりに弾くように頼まれる。

だが、ピアノの前に座ったユリは・・・ピアノが弾けなかった。

映画『くちびるに歌を』のネタバレ

ハルコは「ユリはピアノを弾かないのではなく、弾けないのでは。」と推測。

去年、ユリの婚約者が、ユリのピアノコンクールに来る途中で亡くなる。

それ以来、ユリはピアノが弾けなくなってしまったのだ。

例のボイコット動画は、この時のものだった。

ナズナは、久々に帰って来た父に会う。

昔から歌うことが好きだったから、明日教会に行こう、と言われる。

だが翌日、祖母の財布からは、金が盗まれていた。

父から二回裏切られたと泣くナズナ。

15歳の時にユリが書いた卒業文集に、こう書いてた。

「あなたのピアノは、今、誰を幸せにしていますか。」

ナズナの悲しい気持ちを察し、ユリはピアノが弾けるようになった。

全国大会・長崎県大会予選。

アキオとサトル父は、会場の外で見守る。

予選に来れると言っていたハルコだが、緊急出産に。

生徒たちが、ハルコに歌を聴かせようと提案。

副顧問・塚本(桐谷健太)が電話をして、客席から聴かせる。

歌は、「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」。

ハルコは、無事出産した。

だが、県大会は突破できなかった。

突然、ナズナにアキオが話しかけてくる。

実は小さい頃のナズナと母に会っていた。

「ナズナ、泣かんとよ。前進、前進。」

母のセリフを、アキオは覚えていた。

中に入って歌を聞けなかったアキオのために、合唱部の生徒たちは、ロビーで合唱した。

アキオは嬉しそうだった。

ユリは船に乗り、帰って行った。

生徒たち・ハルコ・塚本らと、いつまでも手を振っていた。

\ 本編をチェック! 

映画『くちびるに歌を』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『くちびるに歌を』の登場人物紹介

柏木ユリ   (新垣結衣)

松山ハルコ  (木村文乃)

塚本哲男   (桐谷健太)

仲村ナズナ  (恒松祐里)

桑原サトル  (下田翔大)

関谷チナツ  (葵わかな)

辻エリ    (柴田杏花)

長谷川コトミ (山口まゆ)

向井ケイスケ (佐野勇斗)

桑原アキオ (渡辺大知)

桑原照子  (木村多江)

映画『くちびるに歌を』の主題歌

アンジェラ・アキ  『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』

アンジェラ・アキ 『手紙~拝啓 十五の君へ~』

映画『くちびるに歌を』Twitterでの反応

 

映画『くちびるに歌を』はこんな人におすすめ

・歌が好き

・頑張る姿に感動したい

・長崎出身の人

映画『くちびるに歌を』の感想

女性30代
女性30代

アンジェラアキの手紙〜拝啓十五の君へ〜は合唱コンクールの課題曲で、実際にNHKの番組でアンジェラアキが五島列島の中学生と交流した時と若干ですがリンクするところはあるなと思い、感慨深い映画でした。

映画は新垣結衣が主役でハマりはしていて良かったのですが、個人的に杏が良かったかなと思います。手紙のミュージックビデオの大人になった自分が杏だからです。映画そのものは、凄く考えさせられるところもあり、それぞれの悩みが綺麗に描かれているので、見た後は心穏やかになります。

映画なので、主人公の背景設定、自閉症の方や生徒の家族事情などは少々ドラマチックにはなっていますが、感動出来る話であるのは間違いなしです。熱苦しい熱血教師ではなく、やる気が気分次第の様な、ある意味人間臭い代理教師と、普通の中学生との絡みが、妙にリアルな感じで、映画そのものがノンフィクションに少し色づけした様な、良い意味で気取らない作品だなと感じました。

女性20代
女性20代

長崎のある島を舞台とした映画で、主人公演じる新垣結衣が教師として島の合唱部の生徒たちを指導するというお話です。
題名通り歌をメインとした映画なのだろうと思って見始めましたが、人間関係や過去の出来事などいろいろなことが交わりあい、ただ合唱をするだけの映画ではないと感じました。
主人公は映画の冒頭から子供に対してあまり優しくなく、ツンとした態度で接します。子供たちもそれを感じ取り不信感を抱くので、見ていてはらはらとさせられます。
家から金を盗んでいく父をもつ生徒や、障害をもった兄を世話するために生まれたと思っている生徒など、少し重たく感じる家庭環境をもった生徒にスポットが当てられており、そこがまた見どころだと思います。
そのような家庭環境であっても心強く歌を歌っている姿には感動します。
また、主人公にも暗い過去がありその出来事をどう乗り越えるか、乗り越えて次へ進めるかというのも見どころだと思います。

女性20代
女性20代

五島列島にある中学校で臨時教師となる元ピアニストの話です。部活を通した青春映画で、観ていて自分の学生時代を思いだします。新垣結衣さんが、クールでさばさばした役をされているのも見どころです。

合唱部のコンクールの曲がアンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」なのですが、また、この歌の歌詞がこの映画の学生たちに重ね合わされてとても感動します。

また、映画内で合唱部の部員に15年後の自分に手紙を書かせることで、各々の抱える悩みが浮き彫りになってきて、それが歌詞と重なってさらに感動しました。思春期時代、悩みは誰にでもあって、尽きないもので、葛藤して成長していく、そんな青春映画に懐かしさとこころ打たれるものがありました。

女性60代
女性60代

五島列島の美しい自然をバックにトラウマを抱えた柏木先生と様々な家庭環境の中学生との心に響くストーリーに心温まり感動しました。
島育ちの純粋さを持つ中学生達の瑞々しい演技には圧倒されました。中でもサトルの家族思いの優しさに心洗われました。作文に記した生きる意味とそれに悩む姿、自閉症の兄を大切に大事にする姿、等身大の下田翔太さんの静かな演技大きく光っていました。

会場で聞けなかったアキオの為にコンクールの歌を皆で一生懸命心を込めて合唱したシーンは胸に響き涙が止まりませんでした。。小さな身体にそれぞれが抱える悩み、先生との触れ合いで少しずつ互いの気持ちを分かりあい、歌を通して喜び合い、そして表情が生き生きと変わっていく見事な流れは釘付けになりました。

美しい歌声に自然と涙がこぼれ、汽笛の音にまで涙がこぼれるラストシーン素敵でした。映画を通して「歌の力」をしっかりと受け止める事が出来、この作品に出会ったこと嬉しく思います。

女性30代
女性30代

部活をテーマにした映画って、スポーツものが多いですが、こちらは合唱部。新垣結衣が臨時教師としてやってくるところから始まります。

多感な時期の中学生、家庭の事情など色々な背景がありながらも、大好きな部活を頑張って、心を1つにして歌うのですが、どこかにこの中学校が存在するのではないかって思うくらい、普通の中学生が演じられていて、綺麗な先生なんですけど、こういう気の強い先生いるなと新垣結衣も思わせてくれます。

アンジェラアキの曲もすごく良かったです。心を1つに出来るか、中学校生活を一生懸命生きている学生と、家族の絆とは一体何かなど、中学生だけではなく、大人でも楽しめる映画です。中学生役の子供達の演技も自然で良かったです。

女性20代
女性20代

私は作品全体を通して感じられた田舎の閉鎖的な雰囲気が印象に残っています。田舎かつ学校という閉じられた世界で起こるストーリーがわかりやすかったです。

そのような閉じられた世界でも、多様なバックグラウンドを持った登場人物がいることで閉鎖的な雰囲気が息苦しいとは思わせなかったのではないかと感じます。新垣結衣さんは田舎感があまりなく都会の人でありながら、ボロボロの車に乗っているという不一致なところが面白かったです。木村文乃さんは田舎を彷彿とさせるナチュラルな美しさで似合っていらっしゃると感じました。

桐谷健太さんは最後の携帯を舞台に向けている時の表情がすごく自然に感じ、笑ってしまいました。舞台で合唱をした後にホールで学生が集まって歌う場面は迫力がありながらも、人の生活に寄り添っているように感じました。歌を身近に感じる人が多かったのではないかと思います。

男性20代
男性20代

作品の見どころは、主演の新垣結衣が過去の辛い記憶と決別し、新たなスタートを決めるきっかけを生徒1人1人の歌声が作ったということです。歌は素晴らしい、私たちもめげずに頑張らないと思える作品です。
また合唱の課題曲でもあるアンジェラ・アキさんの「手紙 〜拝啓15の君へ〜」はご自身のいじめの辛さから書かれた作品とあって作品と大変マッチしており、最後の舞台での歌声は感動ものでした。
生徒それぞれに様々な事情があり、その中でもがきながら、懸命に歌う姿に新垣結衣演じる柏木ユリが少しずつ自身の落ち込んだ心を前向きなものに変化させていく、というのが大方のストーリーです。

このストーリーに新垣結衣さんは非常に適しており、ぶっきらぼうな教師役は大変役にはまっていました。

女性20代
女性20代

見どころは子どもたちと接していく中で段々変わっていく主人公の柏木の姿です。最初は自分のことしか考えていないがさつな女性という印象でしたが、子どもたちが曲と真摯に向き合う姿を見てどんどんと一生懸命になっていきます。

そして合唱曲である手紙〜拝啓十五の君へ〜を歌うシーンは子どもたちの天使のような歌声が響いて、感動しました。曲に想いをこめるというのはこういうことなんだと思い知らされたように感じます。

そして生徒役を演じる子役の皆さんの演技も素晴らしかったです。主人公の柏木を演じる新垣結衣さんが、この作品のイメージにぴったりで、美しく爽やかで見ていると元気になれました。悲しいときや落ち込んだときに是非見てほしい作品です。

女性30代
女性30代

誰もが学生時代や先生との出来事を思い出す映画でした。
新垣結衣の先生役ということで、こんなきれいな先生が赴任してきたら嬉しい学校生活が送れそうです。明るい役ではなく、笑顔もそんなになく珍しく塩対応風な役柄なので貴重な演技が見れるとおもいます。
劇中で歌っていた歌ですが、知っていて学生時代にうたったことがあるので本当に懐かしかったです。
また歌声がとても綺麗で上手でした。なんだか見ていて癒されました。
コンクールまでの練習で男女でいざこざがあったり、ストーリーはなんとなく予想はできそうですが、青春をもう一度ふりかえれます。
また、新垣結衣の先生が生徒に対しての音楽評価をする際の淡々とした説明が納得できるほどでした。
男子が徐々にやる気を出していく様子だったり、女子の真剣さが、大人になって忘れてしまった何事も頑張るということを忘れた大人に見てほしいと思いました。

女性30代
女性30代

見てから知ったのですがこの作品はアンジェラアキの歌、手紙拝啓十五の君へを題材にした作品だそうです。

とにかく舞台になる長崎の風景が素晴らしかったです。しかし出てくる15歳の少年少女、それを取り巻く大人たちにはいろいろな事情を抱えた者もいる。前半は少し暗めに感じました。しかしストーリーが進むにつれ靄がはれるように段々と光が差してくるような作品です。

1つのただの映画作品ですがその中には生きるとは?人生とは?過去とは?未来とは?など見ている私たちに投げかけてくるものが無数にあります。暗い過去を背負っている大人、輝く未来が待っているであろう少年少女。すべてがクライマックスに向かってひたすらに突き進んでいきます。作中であなたがいてくれてよかったという台詞があります。悩める人たちすべてにその言葉を届けたいと思える作品です。

女性20代
女性20代

長崎の五島列島を舞台にした映画ですね。
地元なので特に注目して見てもらいたいところは自然の素晴らしさです。透き通った五島の海と自然がそのまま残っている緑あふれる大地を見てほしいです。
主人公はドラマに映画にCMに引っ張りだこの新垣結衣さんです。彼女は五島の小さな中学校に赴任してくるところからストーリーが始まります。彼女は物静かでクールで凛とした美しさが印象的ですが、心に深い傷を追っており中学生に触れ合っていくうちに自然と自分と向き合う事大人の女性を演じました。
この映画で最も重要なのが合唱です。アンジェラ・アキさんの手紙〜拝啓十五の君へ〜が映画を見ている全員の心に響くと思います。
自然と15歳の自分にを思い出し懐かしい気持ちになれると思います。初心に帰れると言いますか。ここでは合唱の素晴らしさも描かれています。ひとりひとりが思いを込め歌い上げることによって最高のハーモニーが生まれます。そのところに注目して見ていただけたらいいなと思います。是非大切な人と一緒に見てください。

 

映画『くちびるに歌を』のまとめ

傷ついた美人ピアニストが、故郷の長崎・五島列島で、音楽の臨時教師をするため、中学校へやってきた。

最初は、やる気なさげで、ボロボロの車に乗るし、近寄りがたい存在。

でも、徐々に生徒たちと打ち解けていき、次第に熱心に合唱部に指導するように。

笑わないガッキーというのも、なかなか新鮮。

女子のみの合唱部が男子も加わった。

始めは、男子がふまじめだったり、女子と男子の折り合いが悪かったけど。

次第に息を合わせてきたのも、よかった。

部長のナズナが、「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は、男子と女子で、十五歳と三十歳の自分が語りかける歌だから、敢えて男子を入れたんでしょ?と、ユリにいうシーン。

やはり、音楽的な実力はあるので、そういう狙いがあったんだ!と関心。

コンクールのシーンも、この合唱のために、いままで中学生たちは頑張ってきたんだ、と感動します。

爽やかで、ちょっと泣けて、応援もしたくなる。

とっても素敵な映画でした!

五島の綺麗な海と空で、歌うのも、この映画ならでは!

観て、本当によかったと思える映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました