おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【打ち上げ花火】動画を無料(アニメ映画)フル配信・視聴する方法

アニメ映画

(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』予告編

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に声優として出演してる広瀬すずさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・NHK朝ドラ『なつぞら』

・チア★ダン 女子高生がチアダンで全米制覇しちゃったホントの話

・一度死んでみた

・ラストレター

・映画『SUNNY 強い気持ち強い愛』

・四月は君の嘘

・ちやはふる~上の句~

・バケモノの子

・同じく映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に声優として出演してる菅田将暉さんの、他の作品も『U-NEXT』で配信しています。

・火花

・溺れるナイフ

・キセキ ーあの日のソビトー

・帝一の國

・銀魂

・アルキメデスの大戦

・何者

\ 作品映像をチェック /

▼広瀬すず・菅田将暉の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のあらすじ

・なずなの気持ちと水泳勝負

中学一年生の島田典道は同級生である及川なずなに片思いをしています。

なずなは元気であか抜けており、クラスで人気者のアイドル的存在で、典道の親友の安曇祐介も彼女に想いを寄せていました。

しかし、なずなは両親の離婚で夏休み中に引っ越し事が決まっており内心すごく落ち込んでいたのです。

授業も終わり放課後になると、プールの掃除当番だった祐介がなずなに告白することをかけて勝負することになりますが、その時なずなが現れ勝負に加わり、水泳部だったなずなは圧勝します。

典道は泳いでいる最中に怪我をし最下位になってしまい、なずなは2番だった祐介を誘い花火大会に行くことになります。

勝負の最中に典道は綺麗なビー玉のようなものを拾っていたのでした。

花火大会の当日、なずなは学校から帰宅すると母がおり再婚相手と会いますが無視をし、気を使った再婚相手が持ってきたケーキを手に取り自分の部屋へ戻り花火大会へ行く準備をしながらある決意をします。

・一人のなずな

一方、なずなに想いを寄せていた祐介ですが二人で花火大会に行くのはなんとなく気まずく感じ行くのをためらっており、典道の家でずっとゲームをしていました。

足を怪我した典道は祐介の実家で営んでいる病院に行くことにし祐介も一緒に帰り、なずながきたら行けなくなったと伝えてほしいと言います。

なずなが祐介の事を迎えに来たので先ほどの事を伝えると残念そうな顔をしてその場を後にしようとすると、なずなの母が現れ無理矢理に彼女を連れて行こうとしますが、なずなは精一杯抵抗し典道に助けを求めますが何も出来ませんでした。

その後、花火大会の会場で典道と祐介とその他の友達と合流しますが、なずなの気持ちを考えると居ても立っても居られなくなり祐介を殴り、プールで拾った綺麗なビー玉のような物を投げたのでした。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のネタバレ

・1度目のタイムリープ

すると、典道と祐介が水泳勝負をした時間まで巻き戻されました。

典道は状況をなんとか把握しなずなに二度と同じ想いをさせたくないと思い、祐介に水泳勝負で勝ち一緒に花火大会に行こうと誘われます。

典道の家に迎えに来たなずなは少し大きめのバックを持っており、二人は自転車に乗り駅まで向かいます。

駅のホームについたなずなは典道に駆け落ちしようと言い出すと、バックに入っていた白いワンピースに着替え、二人で暮らそうと言い電車に乗ろうとしますが、その時、母親と再婚相手がが現れ彼女を無理矢理連れ戻そうとしますが典道が抵抗します。しかし大人の力には勝てずなずなは連れ戻されてしまいます。

・2度目のタイムリープ

典道はもう一度綺麗なビー玉の様なものを投げると、なずなの母親とやりあっている瞬間に巻き戻され、なずなの手を引き電車にのりその場を何とか乗り切ったのです。

電車の中で典道に家庭環境などを伝え、誰も来ないであろう花火の見える場所へ向かいます。しかし、そこで祐介に遭遇してしまい、なずなに思いを寄せていた祐介は嫉妬心から典道となずなを崖から突き落としてしまいます。

・3度目のタイムリープ

崖から落ちた典道はこのまま二人だったらと願い三度目の時間のループを引き起こします。

そこは空間の歪んだ世界で二人はそれぞれの思いを胸に海で泳いでいますが、そこに現れた酒によった花火師により不思議なビー玉が打ち上げられ二人の思い出がガラスの破片の様に飛び散っていきます。

場面は代わり現実の世界に戻ると出席を取るクラスに典道となずなの姿はなく幕を閉じるのでした。

 

\ 本編をチェック! 

映画『打ち上げ花火』の動画を無料フル視聴する▼

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の登場人物紹介

及川なずな (広瀬すず)

島田典道  (菅田将暉)

安曇祐介  (宮野真守)

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌 

DAOKO×米津玄師   『打上花火』

DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』Twitterでの反応

https://twitter.com/rintoyouga/status/1028888163475849216

https://twitter.com/gohalf/status/1286247387711672320

 

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』こんな人におすすめ

・青春アニメが好きな人

・SFアニメが好きな人

・大切に思ってる人がいる人

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の感想

女性50代
女性50代

引越してしまわなくてはいけなくなった少女なずなの切ない気持ちと、彼女が好きな男の子たちの物語は、切なくなりそうでちょっとコミカルでした。

結局女の子への気持ちよりも、男同士のつきあいを優先しなくてはいけないところなど、こういうことってありそうだな、と思いました。

花火を横から見るか下から見るかで形が違うかも、という疑問は確かに気になることですが、大人になってみたら割とどうでもいいことなのに、そういうことがとても気になるのが小学生というものなのですね。その反面、置いてけぼりにされたなずながちょっとかわいそうではありました。

男の子二人が、プールで勝負するシーンから、どちらが勝ったかで語が変わり、その二つのパターンの物語が展開するという構成は面白かったです。

でも、ちょっとわかりにくいと感じる部分もありました。

灯台のシーンや花火のシーンは懐かしい感じのきれいさがあったし、電車での追跡シーンは結構ハラハラしました

女性30代
女性30代

「今までこんなキレイなアニメーションを観たことがあるだろうか」と思うくらい、映像がとても美しい作品です。

夏空の青さや夜空に打ち上げられる花火が、アニメーションとは思えないほど鮮明に映し出され、夏を感じさせてくれました。

なずなの仕草一つ一つがとても魅力的で、典道がなずなに惹かれるのもよくわかる気がしました。

二人が花火を見るシーンは、花火がまるで飴細工や花びらみたいにカラフルかつキラキラ輝いて映し出され、夢の中に迷い混んだような感覚をおぼえました。

どう見るかによって、世界はこんなにも変わるのか。

これはこれでアリだなと、視点を変えるだけで見えてくるものも違うということを、改めてこの作品に教えてもらえたような気がします。

青春要素もあり、ちょっとSF要素もあり、いつもと違う夏を感じたい人に是非観てもらいたいような作品です。

女性20代
女性20代

この映画の前に「君の名は。」が流行っていた映画で、この映画も凄く面白いのかなと思って観てみました。
そして、絵も可愛らしくていいなと思っていたんですが、「広瀬すずさん・菅田将暉さん」のセリフが棒読みで話のストーリーはあまり面白くなくて結構残念な映画だったと思います。

でも音楽は米津さんとDAKUOさんが歌っている曲は好きでとても素敵だった曲で好きでした。
ストーリーが微妙だったもののタイムスリップ系だった設定は面白かったし。

人間だれしも色々な後悔や未練があるんだな・・と思った映画でもありました。
強いて言うながら見どころポイントは、親とか友人を振り切って二人きりの電車に乗ったのが興奮しました。
この後どうなるの!?とわくわくさせてくれる唯一のシーンはそこだけで、そこの部分は見どころポイントの1つだと思います。

女性50代
女性50代

もし○○だったら、という二つのパターンがそれぞれ展開していくと言うストーリーが面白かったです。
世の中には、たらればと考えても、過去は変えられないものです。
ですが、この映画のように二つの選択肢をそれぞれシチュエーションしていくのも面白いと思いました。
映画のタイトルは花火の見え方や見方のようです。
確かにそのシーンもありましたが、私はやはり女の子と、その子が好きな男の子の淡い恋物語のような内容に惹かれました。
学生時代は親の影響が自分の人生を大きく変えていきます。
それが自分の人格形成にも大きく関わっていくことでしょう。
そんなことが背景にはあっても、やはり恋はしますし、いろいろな出会いがあるものです。
ひと夏の恋が独特のタッチで描かれた作品だと思いました。
10代の夏の物語という印象があり、夏になると観てみたくなる映画です。

男性20代
男性20代

正直な感想をいえば、あまり印象に残らない映画だったと思います。
映画の内容よりも主題歌の方が記憶に残っている珍しいパターンかと思います。
ただし、決して良い点がなかったわけではないです。

それは画のキレイさはとても素晴らしかったと思います。花火の光の表現やガラスの反射の表現、水のきらめく表現などは実写やイラストでは表せない魅力があったと思います。
また、内容的には中学生のときに感じていた理想の青春を追体験できるので好きな人は楽しめるかもしれません。
とある男女が田舎町からひと夏の思い出として旅に出るという文面では稚拙なものですが、それを何度も失敗しながら抗う姿には胸が締め付けられます。
しかし、やはり悪い点も目立ちます。まずは主人公とヒロインの声優ですが違和感はないものの年齢やそのビジュアルと少しギャップを感じてしまい、なんとなく浮いて聞こえてしまいます。

その俳優さんたちは演技派なだけに、声だけの表現ではなかなか魅力が伝わりきらない。

周辺キャラのプロ声優のクオリティに負けてしまっている印象です。

女性40代
女性40代

原作である岩井俊二監督の実写版が大好きだったため、アニメ化されたらどうなるのだろう?と、公開当時とても楽しみにしていました。

中盤まではほぼ原作どおりの内容で、ストーリーを把握しているものの少年少女の初心な恋心がじれったくて青春そのものだなぁ…と、つくづく感じます。

ドギマギする感情はとても共感できるものがあり、自分の若かりし頃を思い出しました。
後半からはアニメ版のオリジナルストーリーが加わっていたため、新たな作品を鑑賞している新鮮な気持ちに。

追加された場面によって、原作よりもファンタジー要素が濃くなり、不思議な感覚が強く残りました。

最後の最後も謎のままで、なずなと典道の行く末については鑑賞者の意見が分かれているらしいです。

私も自分なりに答えを出してみました。明解なハッピーエンドもよいですが、鑑賞者がストーリーについて考えこむことができる作品は若い人向けの映画では少ないので、今作のようなラストもよいのではないかと思います。

女性30代
女性30代

結論から言って、時系列が変わったりすることがあり、過去に戻ったりするので、ストーリーを理解することが難しかったです。

見終わった後に感じたのはちょっとよくわからない、という感想でした。

水泳の競争の場面で、一旦は自分が負けたストーリーで話が進んでいきますが、もし自分が勝っていたらということで別のストーリーが進んでいくので、あれ、現実はどっちだったのだろうとところどころ混乱することがありました。

でも、声優さんたちが今人気の方たちばかりで、とてもステキに演じていましたし、最後の花火を二人で見るシーンなどはとてもアニメーションが美しく、感動してしまうほどでした。

音楽も映画のクライマックスを盛り上げたのでとても良かったです。

絵がとても美しい映画という印象で、ストーリーは何度も見ないと、理解が難しい映画だと思います。

女性30代
女性30代

前評判として賛否両論な作品だと聞いていたので、どんなものかと思って見てみました。

ストーリーは、クラスのヒロインに思いをよせる中学生の男の子を主人公に描かれています。

好きを素直に表せず、一緒にいる所を見られたら恥ずかしいと感じる学生の恋ならではのちょっとくすぐったい気持ちを思い出しながら、主人公の恋の行く末を見届けていました。

序盤は、タイムスリップ?いや、タイムリープの話なのかな?と頭にはてなが浮かびつつ、ストーリーが進むにつれ、「もしあの時こうしていたら…」の並行世界のようなストーリーだと気づきました。

主人公は違和感を感じながらやり直しを行い、次第に気づきながらも行動を繰り返して行きます。

その中で感じるひずみやゆがみのような空気感に少しハラハラしつつ、どんな結末になるかと期待が膨らみました。

結論としては、最後まで結局何が起こっていたのかは語られず、正直不完全燃焼に終わってしまったなという印象です。

監督さん、作者さんの意図を読み取れなかったといわれたらそれまでですが、映像はとてもきれいで、演じていた俳優さんも好きな俳優さんではあったのですが、何か不思議な世界観を見た、以上の感想が残らず少し残念に感じました。

男性20代
男性20代

抽象的すぎて難しいのか、自分が難しく考えすぎているのか分からない。
疑問点をいくつか並べてみる。
ストーリーの構成的には 「もしも」を叶えてくれる石(なずなの父から受け継いだ?)に願い事をしながらぶん投げると、その時に戻れる。
→ラストシーン、石がはじけた欠片には登場人物の「もしも」な未来が描かれている。

そこには、なずなの「母と2人で暮らしたい」みたいな願望は無かったのかな…?ストーリーの構成的にも、中学生だからにしても、好きな人との未来の方を思い浮かべるのかな?
→「お母さんと2人で暮らしたい自分の願望」に気が付いて、態度ではなく言葉でお母さんに想いを伝えるとか、そういう展開があれば良かったかなあなんて。なんか典道が なずなの世界の中心になっちゃっててアレレ???
典道の世界もなずな中心だよな。
それに、花火は横から見ることはないと思いました。

男性40代
男性40代

シャープな色気のある女の子をトリッキーな構図でシンボリックに表現することに定評のあるアニメ制作会社シャフトと、「 地に足のついた幻影」的少女描写の得意な岩井俊二の原作との異色のコラボレーションが見どころです。

ちょっぴり年上の女の子の芽生え始めたばかりの青い艶めかしさが見事に表現されていて、この点だけでもコラボは成功だったと思わされました。お互いの良い所が相乗効果を発揮しています。

原作が実写ドラマと映画であるためアニメ作品としてはややぼんやりしたピントの甘さが感じられるのですが、それは副作用に過ぎないので特に問題はないです。DAOKO×米津玄師の主題歌、挿入歌や広瀬すずの劇中歌が、いづれも涼しげでオシャレで初々しく、少年少女の不思議なひと夏の経験の話を見事に盛り上げてくれます。

含みを持たせたエンディングは解釈の別れるところでしょうが、それも青春の不確かさの現れなのではないでしょうか。

女性20代
女性20代

「もし、あの時俺がなずなと電車に乗っていたら・・・」
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観終わった時、人生というのは、選択肢の連続だと思いました。「もしも」と考えるだけで、「if」の数は増えていきます。
この物語は、中学生の少年典道が母親が再婚し、二学期から別の中学へ転校することになったクラスメートの少女なずなと一日だけの「逃避行」を描いたお話です。典道がなずなと一緒に逃げようとするたび、そこに必ずなずなに好意を寄せる友人の祐介やなずなの母親とその再婚相手が現れ、二人を引き離してしまいます。その度、典道は思うのです。
「もし、あの時俺が勝っていれば・・・」
「もし、あの時俺がなずなと電車に乗っていたら・・・」
「もし、祐介やなずなの母ちゃんに見つからなったら?」
典道がなずなが海で拾ったという不思議なガラス玉を高く投げると、時間軸は巻き戻されていきます。しかし、同時に少しずつ世界がおかしくなっていきます。
印象に残ったのは、典道の親友・祐介です。典道が時間を巻き戻す前、プールの競争で「どちらかが勝ったらなずなとデートする」勝負で祐介が勝ち、なずなとデートすることになりました。なずなはこの時、祐介に駆け落ちを約束していました。しかし、祐介はなずなとの約束をすっぽかしてしまうのです。祐介もなずなのことが好きでした。なずなから駆け落ちを約束した時、祐介は彼女の悩みを本気に受け止めていなかったのでしょう。普通の感覚として「駆け落ちなんて現実的にありえない」と祐介は思ったのかもしれません。一回目、なずなが母親に連れ戻された時、祐介は彼女を助けようともしませんでした。
祐介と典道の違いは、「なずなのことを真剣に想っていたか」だと考えます。一回目も二回目もなずなが母親に連れ戻された時、典道は何もできずにいました。しかし、なずなへの想いから典道は時間を巻き戻し、一日だけの彼女との「駆け落ち」を実現するのです。
一人の少女のために、あそこまで一途になれるものなのかなと思いました。典道がガラス玉で何度も時間を巻き戻し、なずなとの逃避行を実現していくのは、典道のなずなへの想いと「後悔したくない」という想いがあったのだと思います。

女性30代
女性30代

ガラスの中に閉じ込められた花火の玉が何度も典道の「もしも」を叶えていく。生きていく上で「もしもあの時違った決断をしていたら運命が変わっていたかもしれない」誰もしが後悔し、もしもを考える。

典道は不思議なガラス玉を使って、後悔の度に運命を変えていく。ヒロインのなずなはクラスの男子に人気がありロングヘアの可愛い女の子、大人っぽく高校生だと思ったらまだ16歳にもなってない少女だった。他方典道はだいぶ子供っぽい、ちなみになずなより背が低い。なずなは母親が再婚を繰り返し、今度他の街へ行かないといけない事になる。母親は少し精神を病んでいそうな、所有欲が強そうな女性、再婚相手の男は中学生の顔面を全力で殴る鬼畜という。。。ろくでもない男を選ぶビッチ。

この母親から逃げるために、なずなは典道と「駆け落ち」という名の逃避行をする。何度も何度も母親やクラスメイトに捕まる二人、その度に典道はガラス玉を投げて「もしも」の他の選択肢の世界へ逃げていく。空想の世界なのか、本当に起こっている奇跡なのか、境目がわからなくなる。最後は海の中で花火を見ながらキスをするという。。。ロマンチックすぎるラストでした。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』まとめ

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?はタイムリープを繰り返し、自分の思い通りの方向へ人生を動かしていき、好きな人と一緒になる作品です

それぞれの抱える想いなどがうまく描写されているので見ていて飽きないです。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?は見たことない人でも見れるよう内容になっていますので是非この機会にご鑑賞ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました