おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【名探偵コナン 探偵たちの鎮魂】動画を無料(映画)フル配信で視聴

アニメ映画

©︎)2007青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

少年サンデーより1994年5号から現在連載中の漫画『名探偵コナン』。1996年からはアニメが放映され現在20周年を突破しています。

名探偵コナンは闇の組織によって高校生の名探偵・工藤新一が少年化されてしまい、闇の組織を追いながら数々の事件を解決していく推理漫画です。

今回は、2007年劇場版11作目『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』。今回のコナンは10作品目という事もあり全キャスト登場の豪華な作品となっており人が死なない数少ない作品となっています、

コナンと犯人との頭脳合戦も見物となっています。

劇場版『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』のフル動画を無料視聴する方法をまとめてました。

映画『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂』の動画は無料お試し期間を利用すれば『TUTAYA DISCAS』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

【名探偵コナン】探偵達の鎮魂歌 予告
動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

TSUTAYA TV/DISCASのサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら視聴できる動画配信サービスは、TSUTAYA TV/DISCAS』だけです。

TSUTAYA TV/DISCASの記事

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

『U-NEXT』では、映画『名探偵コナン』シリーズをご鑑賞いただけます。

出典:U-NEXT

劇場版 名探偵コナン 作品 U-NEXT

1「時計じかけの摩天楼」(1997年)

詳細 ▶

214番目の標的」(1998年)

詳細 ▶

3「世紀末の魔術師」(1999年)

詳細 ▶

4「瞳の中の暗殺者」(2000年)

詳細 ▶

5「天国へのカウントダウン」(2001年)

詳細 ▶

6「ベイカー街の亡霊」(2002年)

詳細 ▶

7「迷宮の十字路」(2003年)

詳細 ▶

8「銀翼の奇術師」(2004年)

詳細 ▶

9「水平線上の陰謀」(2005年)

詳細 ▶

10「探偵たちの鎮魂歌」(2006年)

詳細 ▶

11「紺碧の棺」(2007年)

詳細 ▶

12「戦慄の楽譜」(2008年)

詳細 ▶

13「漆黒の追跡者」(2009年)

詳細 ▶

14「天空の難破船」(2010年)

詳細 ▶

15「沈黙の15分」(2011年)

詳細 ▶

1611人目のストライカー」(2012年)

詳細 ▶

17「絶海の探偵」(2013年)

詳細 ▶

18「異次元の狙撃手」(2014年)

詳細 ▶

19「業火の向日葵」(2015年)

詳細 ▶

20「純黒の悪夢」(2016年)

詳細 ▶

21「から紅の恋歌」(2017年)

詳細 ▶

22「ゼロの執行人」(2018年)

詳細 ▶

23「紺青の拳」(2019年)

詳細 ▶

〇 ポイントを利用して無料視聴または見放題視聴可 

\ 映画作品が見放題!/

『名探偵コナン』作品を見る ▶

>>無料期間中に解約で➔0円

映画『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

【 あらすじ 】

毛利小五郎はある人物から依頼を受け横浜にあるミラクルランドに蘭、コナン、灰原、少年探偵団一同と車を走らせ向かいます。

ミラクルランドに着いた一行は遊園地敷地内にあるレッドキャッスルホテルの一室に案内され、依頼人の秘書と会いミラクルランドの時計型フリーパースIDをプレゼントされ各々腕に装着します。

フリーパスはIDをプレゼントされ大喜びで遊園地へ繰り出す一同ですがコナンと小五郎だけ呼び止められ、依頼人がモニター越しに登場します。

依頼人は今回の依頼内容を二人に伝えます。

”12時間以内にヒントを元にある事件を解決してほしい、もし解決できなかった場合は腕時計型のフリーパスに仕込んだ爆弾を爆発させる。

無理矢理外そうとしたり遊園地の外に出たり、警察に駆け込んだりした場合もGPS機能を使い爆弾を爆発させると言います。”

二人はヒントを元に事件を解決させるためにホテルを飛び出します。

最初に渡されたヒントは『TAKA38』で、コナンと小五郎は高島町3-8-5と読み解き、その場所へ向かいます。コナンと小五郎のIDは移動しても大丈夫な仕様になっています。

現地に着くと2年前に廃墟になったホテルでその場にいた人に来週取り壊されると聞きます。

そして地下の扉を閉めた不審な人が来たと聞き2人は地下へ行き調べていると目出し帽と服と銃の入ったカバンを見つけます。

丁度その時、警察が踏み込み2人は逮捕されてしまい警察に駆け込めない状況なので焦りますが目暮警部に連絡が取れ、何とか難を逃れます。

2人は次々に出されるヒントを元に事件の手がかりを集めていきますが小五郎がキッドの仲間だと勘違いされ警察へ連れていかれてしまいます。

警察に連れていかれた小五郎ですが依頼内容を明かしていないということでIDの爆発は免除されます。

コナンは依頼人からヒントを貰うために電話を取りますが、その時に工藤新一だと言うことがバレています。

依頼人がコナンの正体を知っていることから、この事件に黒の組織も関係しているのと考え警戒をします。

コナンは服部平次と白馬探と合流し事件の真相へと迫りますがタイムリミットも近づいており焦ります。そして白馬がキッドが変装してあることにコナンは気付きます。

同時刻、灰原はミラクルランドで遊んでる仲間を守るために必死に動き、蘭は遊園地で起きたひったくり犯を捕まえるために奮闘しています。

一方コナンたちは事件の謎を解き進め犯人との最後の戦いになろうとしています。

【 ネタバレ 】

犯人は伊藤と言う人物で以前に現金輸送車を襲撃する事件を起こしており、その時に警察のせいで相棒の麗子が死んでしまったと思い込み警察は信用できないので全国から名だたる探偵を集め依頼をしていました。

謎を解いたコナンたちから事件の真相を聞かされた伊藤は自分の犯したミスにより麗子死なせてしまったことに気付きその場に倒れてしまいます。

しかしIDの爆弾はまだ解除されておらず時間も迫ってきてます。コナンたちは何とか爆弾を解除しIDを回収し最悪の事態を逃れる事が出来ます。

コナンは伊藤がなぜ自分の正体が工藤新一だと分かったのか不思議に思っておりましたが、事故で目が見えなくなった伊藤は最初招集したときに指紋照合し、そこで工藤新一と一致していたのでコナンの事を彼だと思い込んで依頼していました。

黒の組織が裏で絡んでいることはコナンの取り越し苦労だったようです。

そして、事件が無事片付きコナンたちはいつもの平和な日常へ戻っていきます。

【 登場人物紹介 】

江戸川コナン (高山みなみ)

毛利蘭    (山崎和佳奈)

毛利小五郎 (小山力也)

鈴木園子  (松井菜桜子)

服部平次  (堀川りょう)

怪盗キッド (山口勝平)

工藤新一  (山口勝平)

【 Twitterでの反応 】

 

 

【 こんな人におすすめ 】

・アニメ名探偵コナンが好きな人

・推理小説ものが好きな人

・ハラハラドキドキが好きな人

\ 本編映像をチェック !!/

動画を無料視聴する ▶

【 感想 】

感想はここから見れます
男性20代
男性20代

今回の映画はコナンの他に服部平次や小五郎のおっさんや色んな探偵が主演として出て来ます。小五郎の知り合いでもある竜探偵も登場するんですが事件の真相が解決できなく腕につけられていたIDが爆発してびっくりしたし小五郎のおっさんの前で爆発したところを見せたのは酷いですし小五郎が可愛そうだなって思いました。

そのIDは蘭や少年探偵団にも付けられていてミラクルランドから出ると爆発する仕組みになっていて、女の子や子供まで付けるとか最低は犯人だって映画館で観ていた時に思っていました。コナンや平次と小五郎が協力して難しかったであろう事件の真相を解決していて凄かったですし流石だなと思いました。コナンと平次は蘭と和葉に危険にならないように犯人も見つけてやっぱり愛の力があれば凄いんだなと思いました。

犯人がコナンのことを工藤新一だと知っていることにはびっくりしましたけど指紋認証でわかったことを見てなるほどねと思いましたしその機会は凄く便利だなと感じました。いつもは頼りないと思われている小五郎のおっさんですが映画では目暮警部に喧嘩するふりをしてメモを渡したところはたまに出る機転が利くところは尊敬しますし助けたい気持ちが凄いのは観ていてかっこいいなと思いました。

男性20代
男性20代

この作品は十作品目を飾るにふさわしい作品になっていると思います。今までにできたキャラクターが勢ぞろいしているので、オールスター感のある作品だと感じる人が多いのではないでしょうか。

服部はもちろん、怪盗キッドや探偵甲子園などで登場している白馬探も登場するので、そのオールスター感が出るのだと思います。また、コナン達が立ち向かう謎も、そんなスケールの大きい作品にぴったりなものになっています。コナン達に依頼者が託したヒントの謎解き、そこから浮かび上がってきた盗難事件の謎、そして一人の人間の射殺事件の謎。そんないくつもの謎が徐々に明らかにされていくので、見ている側も取り残されることなく事件についていくことができます。

そして、謎の時のヒントも平等に提示されているので、見ている人も謎解きをしながら楽しむことができる工夫もされていると感じるのではないでしょうか。謎が絡み合う構造になっているので、舞台もどんどん変わっていきます。

そのため、ストーリーにスピード感が感じられるのではないでしょうか。近年の作品で見られるような大立ち回りはあまり見られないので、その点では物足りなさを感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、その分スピード感とテンポの良さが、その物足りなさも補ってくれるのではないかな、と思います。

男性30代
男性30代

劇場版コナンの記念すべき10作目とあって当時のキャストが勢揃いで登場するところが見どころです。群馬県警の山村警部にいたってはモブで登場します。毛利小五郎が珍しく事件の捜査依頼を受けて探偵らしいことをやっています。

序盤は普段のへっぽこ探偵ぶりとは違いコナンと協力として事件の調査をしてきます。中盤からはコナン(工藤新一)、服部平次、白馬探の3人の高校生探偵がトリオとなって事件の全貌について推理していくシーンは爽快な展開となっています。本作はあまり派手な爆発シーンやアクションシーンは少ないですがその分首謀者との対峙、真犯人の乱入などハラハラさせるシーンは他作品にも負けていません。

ラストはみんなにつけられた爆弾解除のためにコナンと平次が知恵を絞りギリギリのところで成功するところは見ているこちらも力が入ります。エンディング後のエピローグでは元太が原因となりとんでもない事態になりハラハラドキドキとなりますが、そこに怪盗キッドが救世主のように現れ、何事もなかったかのように事態を収拾させてしまうところはカッコよさを感じました。ゲスト声優も大物声優を起用していて10作目にふさわしいキャストとなっていました。

男性30代
男性30代

私は名探偵コナンシリーズをほぼ制覇していると思いますが、(自称なので見逃している作品があったらごめんなさい)今回のこの映画は今まで見てきた作品の中で一番良かったと思えます。

なぜなら怪盗キッドに平次と和葉、白馬君もでてきて豪華メンバー勢ぞろいになっているからです。このキャラクターたちが出ているとオールスター感がでていて見てる側もわくわくしてしまいます。

10周年作品となると出演している声優さんたちも豪華メンバーがおこなっているのでとても楽しかったです。コナンの面白い部分と言ったらかなり無茶な行動をとるコナン君がわたしのなかでは最後までドキドキしてしまい見入ってしまいます。

最後の山場やジェットコースターという部分もドキドキを誘います。体は小学生なのにハチャメチャな行動をとっているので非現実的でもある部分が楽しいです。実際に頭脳は大人、体は子供の状態でここまで動けるのか考えてしまいます。ここまですごい探偵さんたちがこの世の中に存在したら、現代社会はとても平和になり安心した生活を送ることができるのではとコナン作品を見る度に思ってしまいます。コナン作品の中でも今回の映画が一番お勧めできる作品だと思います。

女性30代
女性30代

コナン達がレジャーパークに向かう所から始まる今作品にはシリーズのレギュラー陣がほぼ出演し、多くの「探偵たち」がパーク付近の広範囲を捜査します。1人ひとりに犯人から与えられたヒントが微妙に違い、それぞれが情報を共有し手掛かりを探りながら大切な人を守り抜くところがとても素敵でした。コナンや平次、毛利探偵はもちろん、蘭や和葉、妃弁護士のサポートも、しっかり名推理を導き子ども達を守っていてカッコ良かったです。
依頼者の怪しい様子やライフル銃の存在から「黒ずくめの組織」を連想し、銃撃戦や爆発などの激しい対決場面がありそうで少しドキドキしてしまいました。何らかの組織に属して特殊な訓練を積んだ人物が狙撃手なのだろうと思いました。
途中で、捜査していた謎を「高校生探偵」たちがセリフとして説明する様なシーンがありましたが、長いセリフだからなのか犯人側の人間関係が複雑な設定だからなのか、少し内容が伝わり辛かった様に感じました。
この作品でメインなのは探偵たちが謎を解くべく時間制限の中で活躍する事だと思いますが、その捜査や行動の源たる「大切な人」を守る所にも意味がある気がします。それが感じられる場面と犯人の雰囲気に違いがあって、ちょっと人間界って、素敵です。

男性20代
男性20代

数ある探偵の中でコナンの推理力が光るお話となりました。
コナンの第10作品目として新一や服部、毛利小五郎など数ある探偵たちを呼び難事件を解決となりましたが、遊園地から外に出たり、街中で爆破したりなど大がかりすぎる驚きでした。その中で気になる点は2つ。
一つ目は、小五郎が目暮警部など警察に言わずに去っていったシーンです。警察にバラすと蘭など遊園地にいた子供たちに危害が加わることで分かっていたため冷たい態度になるのは分かりますが、明らかな態度にはびっくりしました。しかし小五郎も大人のため、メモで事情を説明しお願いするあたりは感動しました。終盤には阿笠博士や目暮警部は子供達だけを死なせないためにも一緒の部屋に行ったシーンも感動しました。
二つ目は最後のパスワードを解くシーン。「あなたが愛すべき人間は?」という問いに普通は恋人を思い浮かべますが、コナンは支配人本人と謎を解きました。これにも驚きを隠せないですし、間違えたら二度と暗証番号が開けず時間もない中で過去の発言から、本人と結びつけるのはすごいなと思いました。
今作もコナンはみんなのため、愛する蘭のため、足の怪我を覆うほど身体を張っています。またキッドとの結びつき方も面白かったです。

男性20代
男性20代

子供達や毛利蘭が人質に取られ、新一と小五郎で力を合わせながら謎を解いていく部分がかっこよかったです。また、プラスアルファで平次や変装した怪盗キッドも出演してきて、さらにテンションが上がりました。また、最終的に事件の真相としては一人の女性を大切に思う依頼人とその感情を利用する女性が原因で起こった悲しい事件であることも、最後まで予想できないところが面白かったです。

また、人の印象に残りづらそうですが好きなシーンがあります。爆弾を付けられていると知らずに楽しく会話している子供達を遠くで見ながら阿笠博士が子供達だけにするわけにはいかず、1分前に子供達がいる部屋に入ることを警部に伝えるシーンが感動しました。爆発寸前でタイマーを止めることができた瞬間にホッと落ち着いたのを自分でも覚えています。

そして、最後にジェットコースターに乗っている途中で、げんたが爆弾を取り忘れていることに気付いた灰原とコナンが危機を感じているところでキッドが最終的にその爆弾を持って別の場所に持っていき爆発させるところがさらに印象に残っています。普段は敵対しているコナンとキッドですが、ところどころで協力し、困難を乗り越えていっている協力して乗り越えていっているところも面白いです。

女性50代
女性50代

名探偵コナン映画10作目を記念して作られた「探偵たちの鎮魂歌」は、まさに青山剛昌の「好きなもの」がちりばめられたような作品でした。
古今東西の探偵たちが集められたため、平次はもちろん、白馬探も登場します。10回記念ということで、怪盗キッドと平次が出演。
さらに、今は安室透役の古谷徹さんが、犯人役、伊東末彦役を演じていました。目が見えない末彦が犯人?というどんでん返し的なところは
推理というよりも、かなり無理やり的な感じもありましたね。
確かに、コナンが新一の代わりに探偵として参加しても、疑問に思わなかったのは、「指紋が一致していた」という理由でしたので
ここに気が付くと、なんとなく納得という感じです。
末彦自身も今回のキーパーソンとなる女性、清水麗子の手玉に取られていたというラストでした。
古谷さんといえば、ガンダムの「アムロ・レイ」そして今や、安室役ですが、探偵たちの鎮魂歌では、麗子の存在は男を操る「峰不二子」のような感じでした。
おそらく、ルパン、ガンダム世代の人は、ラストの真犯人を途中でわかってしまった、という人もいたのではないでしょうか。
コナンの中で、女性が犯人というのはあまりなく、ほとんど男性が犯人でしたが、さすが10回記念ということでしっかりと、ラストには末彦よりも上にいる、女性の真犯人が出てくるのは、思いがけなかった人もいるかもしれません。

女性50代
女性50代

仕事の依頼を受けてホテルに向かい、そこはミラクルランドのすぐ側でした。蘭と少年探偵団達を、人質にされた上に時間制限もある過酷な依頼内容で、しかもコナンが工藤新一とバレていて、小五郎と一緒に行動する様に命じられるという驚きの指示でした。なぜ新一とわかったのか、謎でしたがまさか指紋を認識していたとは驚きです。ハイテクを駆使してコナン達に司令を出しますが、新一が子どもと気づかなかったのは、依頼人の目が見えていなかったからで、新一の秘密はバレなかったのだとちょっと安心しました。
街に出て小五郎はほぼお手上げ状態の上に、警察に拘束されてしまいます。
コナンは、一人で探索している中で服部平次と出会って、互いに知恵を出し合って少しずつ確信へと進んでいきます。小五郎でなく平次とのコンビで進み、突然現れた高校生探偵の白馬と一緒に推理して、全体像が見えてきます。
ここで現れた白馬は、キッドだと後にわかりますが豪華な探偵たちでした。
ミラクルランドで遊んでいる子ども達や蘭が外に行かない様に、灰原愛がいつになく子供っぽく行動したり、体調を崩して弱って見せたりとストレスのかかる役割を演じて頑張っていました。
白馬がキッドの変装で、キッドの命を狙っていた犯人を警察に捕まるようにキッドが反撃して、なぜキッドが絡んでいるのかが明確になります。
コナンと平次は、事件の概要を掴み依頼人に事実を伝えますが、受け入れられず、争いになり爆弾時刻を解除しないで倒れてしまいます。爆発のギリギリまでパスワード解除にかかり、爆発を回避します。
爆発を逃れたと安堵し、最後にみんなでスーパースネークに乗って発車した後に、元太の手に腕時計型爆弾があることに気づきます。大騒ぎの中で爆弾を遠ざけようとしますが、うまく行かずあわやの所でキッドが現れて処理して去って行きます。
爆弾が残っていることに気付いていて、コナン達を颯爽と助けるキッドはさすがです。何度となく、コナン達を助けてくれるキッドは、ある意味コナンの良きライバル兼相棒だと思います。
足をケガしたコナンを、平次が蘭の側がいいと蘭にコナンを渡して照れるコナンが可愛かったです。
気持的には、蘭を守りたいはずのコナンが、蘭に助けられるコナンを、楽しむ平次の計らいでありイジられていたのでした。豪華な探偵達の事件解決でした。

女性30代
女性30代

名探偵コナンの記念すべき10周年にふさわしい作品だったと思います。
登場するメインキャラクターも他の作品に追随を許さないほど多いのに、それぞれの魅力を最大限生かした形での場面が随所にちりばめられ、非常に無駄のないストーリーになっており、脚本が非常に素晴らしかったです。
見どころは、謎の依頼人に人質に取られた蘭や少年探偵団たちを救うため、10時間以内に事件の真相を解明するべく奔走するコナンと平次、そして別口からこの件に関りをもつ怪盗キッドの3人が、一堂に会するところです。
コナンと平次が協力して事件解決に挑む作品はこれまでに、「世紀末の魔術師」や「」迷宮の十字路」などがありますが、そこに怪盗キッドも合流して3人で協力し、事件の黒幕たちと対峙していくストーリーは他にはない展開で非常に面白いと思いました。
そして、怪盗キッドが協力していた、というのはラストシーンまで観ないと分からないことになっているのがとてもいいと思いました。
実は映画の一幕でも、明らかにキッドが一緒にいるとにおわせているシーンがいくつかあるので、一度ご覧になった後は、もう一度コナン、平次、キッドの3人が一緒に行動しているシーンを見直してほしいと思います。

【 まとめ 】

劇場版コナン10作目”探偵たちの鎮魂歌”。今回のコナンは遊園地でおきる謎解きそして過去の事件を元に真相を解明していく作品です。

身内や仲間を人質に取られた小五郎とコナンは事件の謎を解くために必死に走り回ります。そして事件の真相は犯人の愚かさを伝えるものでした。

怪盗キッド、服部平次を筆頭に豪華キャストによる作品となっております。 

コナンを見たことない人でも見れるような内容になっていますので是非この機会にご鑑賞ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました