おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【いぬやしき】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

(C)2018 フジテレビジョン 東宝 講談社

映画『いぬやしき』【予告】4月20日(金)公開

映画『いぬやしき』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『いぬやしき』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

・映画『いぬやしき』に出演している佐藤健さんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

・るろうに剣心

・るろうに剣心-京都大火編

・るろうに剣心 伝説の最期編

・8年越しの花嫁

・ひとよ

・億男

・亜人

・いぬやしき

・ROOKIES-卒業-

・何者

・ハード・コア

\ 作品映像をチェック /

▼佐藤健の出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『いぬやしき』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『いぬやしき』は、第1話から最終話までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『いぬやしき』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『いぬやしき』の作品紹介

今回ご紹介するのはこの映画!

知っている方も多いはず、「GANTZ」でお馴染み奥浩哉さん原作の「いぬやしき」がいよいよ実写化されました!

「空飛ぶ映像トリップ」という見出し通り、新宿上空をサイボーグ2人が目にも留まらぬ“音速”で駆け巡り、バトルする映像はまさに圧巻!!

まるで自分が空を飛んでいるかのような、VRに似た感覚を実体験することができます。

主演には、なんと今回16年ぶりの映画主演を飾る、とんねるず木梨憲武を大抜擢。

いつもは私たちに笑いを届けてくれる彼ですが、今回はアクションシーン含めたシリアスモード全開で演じます!

このギャップが素晴らしい。

“木梨憲武ってこんなに身軽なんだ?”と思わせる格闘シーンでの身のこなしや、若手俳優に引けを取らないワイヤーアクションに、ただただ魅せられてしまいます!

そして初の悪役を演じるのは、「るろうに剣心」シリーズや最近では「恋は続くよどこまでも」といった、映画やドラマで「かっこいい、尊敬できる」イメージが定着しつつある佐藤健。

絶大な力を得て、極悪非道に人間を殺戮していく恐るべき高校生を、いつもながらにクールに演出。主演級の佐藤健を悪役とし、木梨憲武を正義のヒーローとして進めていく意外なシナリオとキャスティングも、今作の魅力です。

その他にも、本郷奏多や二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介など豪華俳優陣も共演。これだけでも観る価値はアリ!

この記事を読んで、興味を持っていただいたあなた!是非、動画視聴サービスを使って観てください!

映画『いぬやしき』のあらすじ

主人公は木梨憲武扮する犬屋敷。ある一般家庭の大黒柱ですが、勤め先でも家庭でも、周りに疎外される生活。しかも末期癌の診断を受け同時に余命宣告をされてしまい、人生に絶望してしまいます。

しかしある日、唐突に事故に巻き込まれた犬屋敷は、機械で構成されたいわゆる“サイボーグ”の体と、人並外れた力を持ってしまいます。

この力を世のため人のために役立てることで、人生に価値を見出し始める犬屋敷。

相対して、また同じ事故に巻き込まれた佐藤健扮する獅子神は、自分の“生”を実感するために、犬屋敷と同様に得た力で人を傷つけまくります。

正義と悪。それぞれの想いが交錯し、尋常では得られないパワーを持った2人の壮絶な闘いが、幕を開けますー。

\ 本編をチェック! 

▼映画『いぬやしき』の動画を無料フル視聴する▼

映画『いぬやしき』の登場人物の紹介

犬屋敷壱郎 (木梨憲武)

獅子神浩  (佐藤健)

安藤直行  (本郷奏多)

渡辺しおん (二階堂ふみ)

犬屋敷麻理 (三吉彩花)

映画『いぬやしき』の主題歌

MAN WITH A MISSION   「Take Me Under」

MAN WITH A MISSION – Take Me Under (Official Video)

映画『いぬやしき』Twitterでの反応

 

映画『いぬやしき』の見どころ

今作の魅力の一つは、意外性のあるキャスティングだと思います。予測不可の事故によりサイボーグボディとなり絶大な力を得た老人ヒーロー役に木梨憲武。

実際は実年齢より年老いて見えるよう、特殊メイクを施しての撮影だったとか。上の画像をご覧ください。ビジュアルがそっくりですね。

そして筆者が個人的に好きなのは、悪役に佐藤健を抜擢した点です。

原作での獅子神はほとんど無表情で何を考えているかわかりづらいですが、そんな獅子神を佐藤健がリアルに体現しています。

また、やはり佐藤健には何をやらせてもピッタリハマる安定感があります。卓越した身体能力を得る設定でも、難なく演じていた印象を受けました。

みどころとしては、最新VFXを用いての映像展開に尽きます!

あらゆる武器を体から出し、高層ビルの間を飛び回る。迫力満載のバーチャルリアリティ体験を味わうことができます!

映画『いぬやしき』の感想

女性40代
女性40代

ハリウッドまではいかないけど、ダブル主演木梨憲武さんと佐藤健さんのアクションすごみを感じました。ふたりの競り合いが迫力がありました。この映画はSFアクション的印象を持つ人が多いと思います。

確かに公園で木梨さんと佐藤さんが出会ったシーンで宇宙人のようなものが下りてきてふたりが人間にはない力をもらったという設定です。インパクトのある力は使いようです。私はみんなのためになるように使ってほしいと思います。本題です。

この映画のほかのすごみところです。それは計り知れない愛情です。またその愛情を阻むものに対する考え方への対処を考えることです。人の考えを阻む人というのは本当に扱いにくいものです。正当な意見を言っても示しても無理です。とにかく会わないように気を付けることです。あとはあったら平すら逃げることです。私ならそうします。

女性30代
女性30代

主人公の犬屋敷壱郎(木梨憲武)は家族からもぞんざいに扱われ、仕事も業績不振、その上胃がんと診断され余命3ヶ月を宣告されてしまいます。そんな失意の最中、愛犬との散歩中に宇宙人に遭遇、大きな閃光につつまれたかと思うと自身は死んでしまいます。

しかし、犬屋敷は人間の姿をした不思議な力をもつ兵器サイボーグとして蘇ります。その力は人のケガを治したり、重篤な患者を治癒することができたりするもので、犬屋敷は人を救い人から感謝されるようになります。一方で、もう1人、同じ宇宙人との事故に巻き込まれた獅子神皓(佐藤健)もまた事故によって死に、兵器サイボーグとなり蘇るのですが、彼の持つ力は物を破壊したり人を傷つけたりという凶悪なものでした。
この数奇な運命の2人が辿る道、2人の対峙がこの映画の見どころと感じます。
私は往年の木梨憲武さん(ノリさん)ファンのためこの映画を観に行きましたが、ノリさんの冴えない中年サラリーマン役は本当にハマっていました。また、CGの豪華さは今作の見どころの一つで、個人的に印象に残っているのは序盤、サイボーグとして蘇ったノリさんが自分の部屋で裸になり体(兵器)を動かしてみるシーンのCGのリアリティに感動し、ワクワクしました。ラストの犬屋敷と獅子神の戦闘シーンはこれはハリウッド作品か!?と思うほどの派手さがありました。
グロテスクなシーンや悲しいシーンも多かったですが、この作品の根幹には愛があり、いろんな層の人にとって考えさせられ、感銘を受けるものなっていると感じました。

女性40代
女性40代

作品冒頭で、上司からも家族からもダメ出しされて、職場でも家庭でも肩身の狭い思いをしている主人公が不憫でとてもかわいそうでした。また、家庭環境に闇を抱えている佐藤健さん演じるヒロが、唯一拠り所にしていた母の存在を失い、ますます殻に閉じこもりつつ周囲を呪い、凶悪な殺人鬼と化していく様子がとても恐ろしかったです。

しかし、昔からの友達や、自分に好意を抱いてくれた女性、そして自分を育ててくれた最愛の母に対してはとても優しい顔をのぞかせる一面もあったりして、彼を殺人鬼と変えてしまった悲しい境遇に怒りをおぼえました。

そんなヒロの境遇と自分の境遇に共感する主人公・いぬやしきさんが、人々を守るため、そして大事な娘を守るため命がけでヒロと闘うシーンは、いつものダメ親父なんかではなく、正真正銘カッコいい”正義のヒーロー”そのもので、とてもスカッとしました。

男性40代
男性40代

地味ではあるが真面目にコツコツ家族のために働いていた犬屋敷に、医者から非常な通告を受けた。それは、末期がんによる余命宣告だった。家族に言おうとするが、全然聞こうとしない。そんな時に隕石が落ちたのか?未確認飛行物体が墜落したのか?はっきりわからないが、たまたまその場にいた犬屋敷と獅子神にとんでもないパワーが付いた。

パワーというか、見た目は人間なんだけど、中身がロボットになっているのだ。犬屋敷はその力を難病で苦しむ人を救うことに使った。どんな難病でも生きてさえいれば治すことが出来る。

まさに神である。一方の獅子神はいじめられていた友人を救うまでは良かったと思うが、それ以降は人間は全員殺す。と言う考えに変わり、印象的なシーンは、犬屋敷の娘が獅子神に一方的にやられている時に、犬屋敷が登場。ロボットになっても、娘を絶対に救うと言う気持ちが強く感じました。地球を超えて宇宙で闘って、物凄い迫力でした。佐藤健がダークの役をやるのは非常に珍しいと感じました。

女性20代
女性20代

いぬやしきの漫画原作からのファンです。
アニメもみていて、イメージがかなり出来上がった状態でしたが映画でもかなり楽しめました。
配役もビジュアルを含め、割と合っているなと感じました。鑑賞前はお父さん役はもう少し年配の方が良いのでは?と思っていましたが
木梨憲武さんの演技が自然でハマり役でした。優しいイメージにピッタリで良かったです。
また、佐藤健さんもイケメン、冷たい雰囲気がすごく合っていて彼以外での実写では想像ができないくらいです。2人とも特殊メイクやCGを含めロボっぽさがしっかりあって原作ファンとしてはここまで原作に寄せることができるのか・・と感動しました。
ストーリーが面白いのはもちろん、映像がとっても綺麗、そして爆発音などの効果音がしっかり響いて映画館での臨場感もすごかったです。
犬屋敷さんがロボ化した時の表情や仕草がとても良かったなと思いました。
そして、ラストシーンが漫画とは異なっていました。ハッピーエンドなのは個人的には良かったかなと思うのと、続編がありそうな気がしているので、楽しみでもあります。

女性40代
女性40代

最初は木梨憲武さんが主人公の役が少し合わないのでは?と思っていました。原作はとても弱々しいおじいちゃんにしか見えない人物なのに、木梨さんでは元気すぎるのではないかと。

少し違和感があるまま見続けていると、そんな違和感はいつの間にか消えていました。慣れてきたのか意外にもこれはこれでありかな、となってきました。他のキャストの方では、佐藤健さんがやはり演技もアクションも上手かったです。本郷奏多さんも安心して観られました。三吉彩花さんはただただ美しかったです。

映像もきれいで特に最後の戦闘シーンはかなりの迫力でした。少しだけ残念だったのは、家族のシーンがあまり描かれず、もう少し絆が深まった感じが欲しかったということです。ラストは続きがあるなら納得がいきます。でも続編がなくこのまま終わりならかなり納得いきません。いぬやしきの一番良かった原作のラストを続編で観たいです。

女性30代
女性30代

原作漫画は未読です。原作だと主人公はもっとおじいさんみたいですね。木梨憲武さんは老けメイクをして出演していますが、その老けメイクがちょっと気になるのでもう少し年配の方が良かったかもしれないです。でも、キャラクターが木梨さんにすごくあっています。

初めの10分くらいの家族や社会から虐げられるシーンはすごく辛かったです…。原作未読ではありますが、佐藤健さんはいいキャスティングだと思いました。佐藤さんのクールな役、たまらないです。

こんなに人が死ぬ映画だと思っていなかったので、終始ハラハラしました。アクションシーンが多分にありますが、やはり上手です。宇宙まで行ったときは笑ってしまいましたが…。同じ能力を手にしても、人によってこんなに使い方が変わって、未来も変わってしまうのだな、と考えさせられました。面白かったです。

女性20代
女性20代

原作を読んで面白い作品であることは知っていたが、実写映画となると難しいのではないかと思っていました。結論、めちゃくちゃ面白いです。キャストも登場人物にはまっており、映像技術にも惹かれました。主演キャストの一人である木梨さんの演技を初めて拝見しましたが、驚きました。

原作を読んでいたこともあって、原作の登場人物がそのまま出てきたかのような演技力でした。主演キャストのもう一人の佐藤健さんもさすがとしか言いようのない演技でした。この作品は、優しさと冷酷さ、平和と争いといったような正反対の価値や思考を持った者同士の戦いを描いており、後半へ続くにつれてその価値観が微妙に変化していく様子を、細かな仕草や表情で再現する技術はすごいとしか言いようがありませんでした。

キャストの映画とのマッチもそうですが、CGの技術も素晴らしく、アクションシーンでは迫力とカッコよさが相乗効果を発揮し、作品を盛り上げていました。アクションに目を取られがちですが、家族や友情、心温まる感動できるシーンもあり素晴らしい作品になっています。

女性40代
女性40代

犬屋敷壱郎役の木梨憲武さんが、職場では年下上司に平謝り、家族には可哀想なぐらい邪険にされる哀愁漂う役にぴったりでした。もう1人の主人公佐藤健さん演じる高校生役はちょっと無理あるかなと思いましたが、ダークサイドに落ちていく獅子神晧を違和感なく演じてました。脇を固める伊勢谷祐介さん、本郷奏多さん、二階堂ふみさんの存在感もすごいです。

主人公2人が宇宙人のせいでメカを取り入れた体に変貌しますが、日本のCGのレベルが上がったなと素直に感心しました。犬屋敷の方は善、獅子神は悪に向かうという分かりやすい構図がいいです。初老の犬屋敷をヒーロー扱いにする設定は変わってて面白いです。

獅子神は引きこもりの友人安堂を助けたり、しおんを思ったりと初めから悪ではありませんでした。離婚して一緒に暮らす母親思いの良い子なんです。落ちていく彼の姿を丁寧に描いていたので、スターウォーズのアナキンを彷彿させられました。彼の表情が徐々に歪んでいくのが怖かったです。そして2人が激突するシーンはこの映画の最大の見せ場であり圧巻で、原作とは違うものの面白い作品でした。

映画『いぬやしき』のまとめ

いかがでしたか?

この記事を読んでくださったあなた。

あなたはもう、木梨憲武が主演?佐藤健が悪役?と、興味津津であることでしょう。

刺激的な映像体験をしたい方々に、是非オススメしたい作品です!

是非、動画視聴サービスを使って観てみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました