おすすめ映画5選!!

絶対に見た方が良いおすすめ映画を紹介しています!
是非お立ち寄りください!

おすすめ映画はこちら

【百円の恋】動画を無料(映画)フル配信・視聴する方法

邦画

出典先:東映ビデオ

映画「百円の恋」予告編

映画『百円の恋』の動画を無料でフル視聴する方法

  • 映画館で見れなかった。
  • 見逃した作品や過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 高画質、CM広告なしで見たい
  • お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までご視聴いただけたらと思います。

女性10代
女性10代

ここだけの話ですが、映画『百円の恋』の動画は無料お試し期間を利用すれば『U-NEXT』にて見放題で視聴いただけます!その方法を紹介していきますね。

動画配信サービス 配信状況 無料期間 詳細
30日間 詳細 ▶

U-NEXT動画配信サービスで視聴できます

『U-NEXT』の無料トライアルを含むサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちらの記事から。

\ 登録方法やポイント付与が知りたい方は/

『U-NEXT』のサービスや登録方法についての記事

>>U-NEXT利用者様からの感想多数!

・映画『百円の恋』に出演している安藤サクラさんの、他の作品は『U-NEXT』で配信しています。

\ 作品映像をチェック /

安藤サクラの出演作品を視聴する

>>見放題作品は業界No. 1

『U-NEXT』ユーザー様の感想

女性30代
女性30代

内容を入力U-NEXTの魅力的な部分は、毎月ポイントが貯まる点にあります。ポイントを使って、有料の動画も見ることができるので、新作映画なども割と早くポイントのみで見ることができ楽しんでいます。

無料で見れる動画が多く、ポイントもすぐ貯まるので、有料でお金を追加で払って動画を見ることはありません。
また、動画の種類も豊富に取り揃えられているのも魅力的です。

見たかったドラマや映画が、毎月貯まるポイントで見られるのは最大のメリットです。
また、小さな子供もいますが、子供向けアニメ、映画、幼児番組などが、古いものであれば無料で見られます。

子供向け動画も豊富で、DVDを借りたり買ったりするよりも好きなときに見れてリーズナブルで良かったと感じています。子供向け動画には、絵本の読み聞かせもあります。気になる絵本を探して見たり、持っている絵本でも実際に絵本を手に取り照らし合わせながら聞くこともあります。
見たかった映画を全部映画館で見ると金額が高く、また動き回る子供と長時間の映画は不安ですが、U-NEXTなら家で無料またはポイントで映画が簡単に楽しめるので我が家ではよく利用してます。

子供から大人まで楽しめるので利用して良かったです。してください。

男性30代
男性30代

内容U-NEXTの魅力的な部分はとにかく作品数が多いことです。アニメや映画などでも古いものから新しいものまで作品がとにかく多いので、気に入っています。

また、映像作品だけでなく、コミックや雑誌なども充実しています。

コミックや雑誌等は有料になるのですが、それもU-NEXTの特徴であるポイントを利用することで無料で読むことができるためちょっとした時間や、気になっている作品を1冊ためしに読んでみるなど様々な使い方ができるためとても重宝しています。ポイントは普段の月額利用料金から溜まっていくため、契約しているだけでどんどん溜まっていき、使用に対して抵抗なく使用することができます。

また、U-NEXTはアカウントを複数持つことが出来ることも気に入っています。

子供がいるため、謝ってアダルト作品のページに飛ばないように制限をかけたアカウントを作成することで、子供が自由に見ることができるのも気に入っています。それ以外にも家族がスマートフォンやタブレットを利用してみることもできるため、場所を選ぶことなく利用することもできます。

もちろんアカウントは分けているため、それぞれのお気に入り登録を行い、探す手間が省くといった利用の仕方をしています。を入力してください。

 

博士
博士
U-NEXTの魅力が伝わったかの〜!?
博士
博士
過去に全ての動画サービスを利用した事がある場合はDVDやブルーレイをレンタルして視聴する方法もあるぞい!
こちらも紹介するぞい!

DVDレンタルやDailymotionやPandora、anitube、kissanine、9tsu、openload、b9、アニポ、アニステなどの動画共有サイトで見る

要注意!

Dailymotion、Pandoraなどの動画共有サイトは、動画が無許可で違法に配信がされている動画共有サイトです。

違法な動画共有サイトは著作権侵害であり、日本の法律上で処罰対象となります。

無料(0円)で視聴ができるかもしれませんが、ウイルス感染の可能性や著作権違反で処罰対象になります。

安全で視聴することができる公式の動画配信サービスで視聴してください。

DVD,ブルーレイのレンタルで見る

本作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用して、DVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCAS』はTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

ユーザーの感想はここから見れます
女性
女性
TSUTAYA DISCASを5年ほど継続して契約しています。
最寄り駅の近くにはTSUTAYAの店舗がありましたが、通勤経路が別だったのであまり行く機会もなく、自宅にいながら宅配してもらえるし返却も郵便ポストへの投函で済むため、魅力を感じました。
レンタルプランもいくつかありますので、自分のペースに合わせて選択、変更もできます。
私は一番シンプルなプランで契約していますが、それでも一月のレンタル可能枚数に達しない時などは持ち越して翌月にレンタル枚数が増えますので、損をした気がしません。
作品検索がとても便利で、好きな役者縛りで知らなかった作品の検索ができたりするので、思わぬお宝作品に出合えることもあります。
新作もすぐに検索できるのはもちろん、実際の店舗では見つけられないようなマイナー、マニアック、古い作品なども多いため選択肢は広がります。
返却期限が得も定められていないのも魅力です。
難解な内容の作品を理解するために見直したり、好きなミュージシャンのライブやドキュメンタリーなどは何度か見たいと思うので、延滞料がかからずに借り続けられるのは嬉しいです。
自分のライフスタイルには合っているシステムだと思います。

DVDCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外ですのでご注意ください。

出典先:TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

\約10,000タイトル以上が見放題/

今すぐ30日間無料お試し

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

TSUTAYA TV/DISCAS』のサービスや登録方法について詳しく知りたい人はこちら

TSUTAYA TV/ DISCAS』の記事

映画『百円の恋』は、TSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です。

映画『百円の恋』は、第1話から最終話までTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASにてDVDレンタルや動画が視聴できます。

\無料期間は30日間! /

『TSUTAYA TV /DISCAS』の無料お試しはこちら

>>無料期間中の解約は違約金は発生しません!

映画『百円の恋』あらすじ・ネタバレ・出演キャストの作品概要

映画『百円の恋』のあらすじ

一子(安藤サクラ)。32歳。

実家は弁当屋を経営しているが、手伝いもせず、無職。

することといえば、甥っ子と、ゲームをするぐらい。

しかし、そんな日々を続けていると、実家の弁当屋を手伝っている妹から、「無職のくせに!」と罵られ、頭からソースをかけられるほど激しいケンカをし、家を出ていく。

一人暮らしを始めた一子。

百円ショップで深夜に勤務も始めた。

ただ、やはり無気力で、腰ほどもある髪はバサバサで、伸ばしっぱなしのパーマ。

目つきも悪く、お客さんからクレームがくるほど。

同僚も一癖二癖もある、曲者揃い。

一子に言い寄ってくる男、一子や周囲のものをバカにしてる男、残りの弁当をもらいに来る中年女・・・。

家と勤務先の間にあるボクシングジムで、ボクシングの練習をする狩野(新井浩文)を見ることが、喜びだった。

ある日、狩野が勤務先の百円ショップに来る。

バナナばかり、いつも大量買いしていくそうだ。

お釣りが百円だったので、一子は百円を狩野に渡した。

ここから一子の「百円の恋」が始まる。

買っていったバナナを忘れた狩野。

ボクシングジムまで届けに来た一子に、狩野は言う。

「明日、デートしよう。」

デート当日、一子は、狩野になぜデートに誘ったのか、問う。

「断らなそうだったから・・・・。」

狩野は無気力に答え、一子はがっかりする。

また、あくる日。

狩野が、百円ショップにやって来た。

相変わらずバナナを買いに来たが、金がないから次払うと言い放ち、

代わりにボクシングチケットを2枚置いていった。

一子は、勤務先に勤めている一子をいつも執拗に誘ってくる男と、狩野のボクシングの試合に出かけた。

狩野は、相手にパンチも届かず、攻められてばかり。

結果、負けてしまった。

一子は、戦う時は、全力で戦うが、終わったら、肩をたたき合ってたたえ合う、そんなボクシングに魅力を感じ始めていた。

またある日、狩野は具合悪そうにして、百円ショップに現れる。

外に放り出された狩野を心配し、一子は声をかける。

そこから、二人は共同生活を送ることになる。

映画『百円の恋』のネタバレ

実は、一子は、狩野のボクシング試合を観戦した日のあと、勤務先の男に無理やり強姦された。

そして、狩野は姿を消した。

その後、一子は、狩野がボクシングをしていたジムに入会する。

プロテストを受けたい、とジムの会長に申し出るが、女性が受けられる年齢は、一子の年齢である、ギリギリ32歳。

だが、そこから、一子は変わった。

地道にジムに通い、練習を重ねるにつれ、段々と腕も上げた。

ある日、狩野が百円ショップに来て、二人は共同生活を始める。

以前のような、ボクシングに真剣に取り組む姿はもうない。

抜け殻のように、一子の元に、転がり込んだ。

しばらくは、共同生活が続いたが、狩野が移動販売の豆腐屋で働き始めると、急に同僚の女性の元に行き、一子の元に帰ってこなくなった。

すると、父が一子の家に来て、母が骨折したという。

百円ショップでは、相変わらず、一子のことをバカにする男から暴言を吐かれたので、一子は、ついに、殴った。

これを機に、実家の弁当屋を手伝うことにした。

そこに、偶然、狩野が弁当を買いにやって来た。

狩野は、とっさに逃げたが、一子に追いつかれる。

一子はなぜ出て行ったのか尋ねる。

「一生懸命なやつを見るのが、嫌いなんだよ。」

一子は、狩野に、今度、ボクシングの試合があるので、見に来てほしい、と伝えた。

腰まであった長い髪を、バッサリ。

肩より上ほどに切り、ボクシングの試合に挑んだ一子。

入場曲は、百円ショップのテーマソングだった曲。

毎日、まじめにトレーニングに励み、勤務中も走り込みや、スパーリングをして、

練習していた。

だが、やはり、初心者。

最後に一発、武器である左手が当たりはしたが、一子は負けてしまった。

狩野が、見に来ていた。

試合会場の外。

夜の階段で、一子は泣いた。

「勝ちたかった・・・。」

泣きじゃくる一子に、狩野は優しく手を引き、二人は帰っていった。

「百円」で掴んだ一子の恋は、「百円」のように、ささやかな幸せを手に入れた。

\ 本編をチェック! 

映映画『百円の恋』の動画を無料フル視聴する

>>無料お試し期間で解約すれば料金は発生しません!

映画『百円の恋』の登場人物紹介

斎藤一子   (安藤サクラ)

狩野祐二   (新井浩文)

斎藤佳子   (稲川実代子)

斎藤二三子  (早織)

池内敏子   (根岸季衣)

映画『百円の恋』の主題歌

クリープハイプ   『百八円の恋』

クリープハイプ「百八円の恋」MUSIC VIDEO

映画本編が終わり、ラストに流れるこの曲の冒頭に、まず魅かれた。

「映画になんてならなくても 普通の毎日で良いから」

まさに、そのような映画だったと思う。

この映画は映画なんだけど、どん底の主人公が、とびきりシンデレラのように人生が変わるわけではなく、百円のような、普通な毎日を手に入れる。

映画の最後に流れる、この曲の歌詞を全て聴いてほしい。

「百円の恋」を象徴する、素敵な歌詞になっている。

映画『百円の恋』Twitterでの反応

映画『百円の恋』はこんな人におすすめ

・どん底のヒロインが、頑張る姿を観たい

・ちょっと泥臭い恋愛ものが好き

映画『百円の恋』の感想

女性30代
女性30代

安藤サクラが日本アカデミー主演女優賞の最優秀賞を受賞した作品。非常に役に合ってました。

32歳、ニートの一子が、ボクサーの狩野に出会い、そこからボクシングに出会い、身体共に強くなっていく姿は、とてもカッコよかったです。初めはニートで、妹とケンカしたから、近くの100円ショップでバイトして、一人暮らし。

背中以上ある長い髪もまとめず、目付きも悪いと客からクレームが来て、自堕落に生活していた一子。

ですが、ボクシングを始め、試合をしたい一心で、一生懸命頑張って、トレーニングを積む一子は、輝いてました。

母親が骨折し、実家暮らししていた頃は手伝いもしなかったのに、結局、戻ってきて、手伝う姿も、働くことに前向きで、以前のようなするどい目付きはなく、優しい目付きになっていました。念願のボクシングの試合ができるようになり、戦いました。

長くてまとめることが少なかった髪も、肩より上ほどにバッサリ切りました。

最後のラウンドで、やっと、武器である左手が入りましたが、それまでの2ラウンドでダメージを受けていたので、負けてしまいました。

見に来ていた狩野に一子は「勝ちたかった」と泣きじゃくり、手を繋いで帰るラストシーンは、すごく可愛かったです。

女性40代
女性40代

安藤サクラさんのファンなので、彼女の出演した映画をよく見ていますが、なかでも今作は演技力の高さを感じました。
安藤さんが演じる主人公・一子がぐうたらニートからプロボクサーへ変貌を遂げた肉体の違いにも驚かされますが、一子の感情の変化を表現したことこそが素晴らしいではないですか!自堕落で家族に八つ当たりしていた一子と、目標を見出してストイックに努力するようになった一子の目つきが全然違うんです。

同じ人間には思えませんでした。安藤さんの熱演を見るための映画だと言っても過言はないでしょう。
またミニシアター系作品につき、展開に独創性があります。

しかし主軸は爽快なサクセスストーリーであるため、日ごろは大手の商業映画しか鑑賞しない方でも無理なく楽しむことができるはずです。

月並みな表現だしきれいごとのようではありますが、今作を見て「人は変われる」と実感しました。

一子のような劇的な変化はなくとも、何かひとつきっかけが欲しいという人の心にグッと刺さる作品ではないでしょうか。

女性30代
女性30代

あの百円ショップの店員はみんなどうしようもないヤツばっかりで唯一、一子がまともな人間に見えました。

狩野はボクシングしてる時はカッコいいけど、それ以外は不器用すぎてちょっと怖いけど、それくらいの方が一子にはちょうど良かったのかもしれませんね。

後半の一子のボクシングを通しての変化はすごかったです。前半の一子とほんとに同一人物?って思ってしまうほどの変わり様でした。

見た目なでもだいぶ変化があったので、安藤サクラさんの女優魂見せつけられました!

ボクシングの試合後に狩野に会ったあとの行動は私が期待していた展開ではなかったけどハッピーエンドの定義は他人ではなく本人が決めることだから、あれはあれで良かったのかもしれません。

この作品は恋愛映画として観ても面白いですし、1人の女性の成長物語としてみても楽しいと思います。

女性40代
女性40代

素敵だとかオシャレだとかとは程遠い世界、つまり普通の日常の延長線上を描いた映画ながらも鑑賞後ものすごいパワーをもらえます。

毎日だらしなく過ごしている安藤サクラ演じる一子が仕方なしに実家を出て100円ショップでアルバイトをしながらのらくら暮らす中でボクシングに出会い、自ら女性ボクサーとして鍛えひたむきに努力する姿がとにかく痛くて眩しいです。

ボクサーに恋をしたことでボクシングに目覚め、プロライセンスを目標にただただ前を見続ける一子。

恋は(残念ながら)あっけなく終わってしまったけれど、今まで何かに夢中になって努力することをしてこなかった彼女がボクシングに目覚めて立ち上がる過程は恋愛以上に得たものが大きく、最後は涙ながらに一子を応援してしまいます。

先行きが不安な今の世の中を生きるすべての迷える女子に見て欲しいと思える1本です。

女性20代
女性20代

安藤サクラ演じるひきこもりのアラサー女子がボクシングと出会い、変わっていく物語。
本作で安藤サクラを初めて知りましたが、こんな女優と出会えて本当に良かったと思える傑作でした。
まず物語開始早々からだらしない体つき、家事もせず甥っ子とダラダラゲームしている底辺女子のような姿から始まります。

その姿がこちらも焦燥感を感じるほどリアルでどうしようも無い感じでしたが、ひょんなことで新井浩文演じるボクサーと出会い変わっていく。

人って本気を出せばこんなに追い込めるのか、と驚くほどスピーディーに見た目も絞られ中身も変わって行って、観ていて爽快でした。

実際、撮影期間がたった2週間しか無かったことを後に知り、驚愕しました。

満を辞して挑んだ試合も最終的には負けてしまいますが、最後の最後に新井浩文が迎えに来てくれるところに不器用な愛情を感じられ、グッと来ました。この先、二人でまた歩んでいくんだろうな、と感じられる良い終わり方でした。
自分の将来が不安になったり、つまづいてしまった時にまた観たいと思います。

女性30代
女性30代

ニートで恋愛経験のなく32歳まで実家暮らしで体型がブヨブヨなのがボクシングを始めてから痩せて精悍な顔つきになっているのに女優魂を感じました。

また、脇役のキャラ達が巧みな演技で現実みたいな出来事のように感じて違和感なく観られました。

主人公が否応なしに自立するため働きだした百円ショップでよく来る物乞いの女の人に上から注意されても構わず食べ物をあげてる主人公が印象的でした。

弱者に対して強く排除しようとする今の社会の象徴のようで あえてあげちゃいけない食べ物を強行にあげる主人公はそんな社会に抵抗しているかのようで観ていて爽快でした。

主人公が恋した相手はあまり良い相手ではなかったけれど、相手のせいにせず黙々と自分を鍛え上げてる主人公が、なにくその精神を観ているようで随分と励まされました。

とてもリアルな現代の恋愛作品だと思います。

女性40代
女性40代

とにかく安藤サクラさんがすごい!!!!という映画です。
この映画を見てこの女優さんを好きにならない人がいるのだろうか?と思うほど素敵でした。
いつものホンワカした雰囲気から一転、粗雑で猥雑な女性。
ほんとの安藤サクラさんは育ちもよく上品なんだろうと想像は付くけれど、この映画を見る限りいい意味でそんな雰囲気は一切感じられませんでした。
数々のボクシング映画を見ましたが、女性でここまでボクサーになりきれる人を見たことがありません。
とにかくすごくてかっこよかった。
あまりに自然に(もちろん映画の中でも努力の上だけれども)ボクシングが上手になるので簡単そうに見えてしまうくらいでした。
そして淡々とした女性で喜怒哀楽が見た目には大きくないけれど心の奥にあるものは誰よりも感情豊かな女性がいかにも普通の人で親近感がわきました。
万引きするおばあさんに加担するところのおちゃめな部分も可愛かったです。
全ては万事うまくいくわけではないという内容ではあったけれど、見終わった後は爽快な気分になりました。
そして新井浩文さんが最後には戻ってきたとこが個人的には一番よかったです。

女性50代
女性50代

映画の主役は自堕落な生活をしていた32歳の女性、一子です。
安藤サクラさんが演じています。
だらしなくて汚くてこんな女嫌だなと思う女性を全力で演じていて、観ていて最初は嫌悪感しかないんです。
そんな一子が妹と喧嘩をして実家を飛び出し、100円ショップのコンビニで夜間働くことになります。
そこで働いているのもクズばかりで、一子は店長に軽く見られて言い寄られるなどほんと女を捨ててるんです。
そんな一子が恋をした相手がボクシングをする狩野なんです。
一子はボクシングの試合を見たことで、ボクシングに魅せられていきます。
ここからの一子がすごいんです。
あんなにだらしなくて縄跳びも出来なかった一子が、トレーニングを繰り返すうちにどんどんかっこよくなっていくんです。
一子の変化のすさまじさがこの映画の一番の見どころです。
縄跳びやスパークリングなど一子の目が鋭さを増し、観ていてゾクゾクしてきます。
だらしなく伸びた長い髪の毛が、最初はきりっと結び、次にお団子になり最後は短く切ってしまうんです。
髪の毛の形が変化するほど一子は体つきもクオリティーも変わっていくんです。
1人の女性が短期間でこんなに変われるものかと、驚きしかありません。
最後に試合をするんですが、これがすごくリアルなんです。
一子の闘志に圧倒されます。
最後はボコボコになるんですが、それがまたかっこいいんです。
ぜひ女性に見て欲しい映画です。

女性20代
女性20代

主演の安藤サクラさんがニートで最底辺の女性である100円の女を見事に演じていて鳥肌が立ちました。

最初の主役の最低さには驚きました。しかし、そんな女性がボクシングに出会うことができ体つきや精神的にもどんどんたくましくなっていく様が面白かったです。

人生をかけた夢中になっている試合に向けて頑張っている姿を見て最後は勝てるんだろうと期待しました。

しかし、負けてしまったことに驚きました。

勝ちたかったと言いながら泣きじゃくっていたり今までの努力で失ってきたこともあるけれど小さな幸せを手に入れることもできていて流石だと感じました。

勝つのではなく負けたことやそれによっての行動でより現実感があり共感することができました。

主人公に感情移入することもでき泣いたり笑ったりすることのできる映画でした。

主演だけではなく他の役者も完ぺきでした。

女性20代
女性20代

実家から離れず親に寄生している主人公のニート女性がボクシングに出会い始めたことから変わっていく姿が面白かったです。

人生において最底辺だった人の復活がありきたりだとは思いましたが展開の仕方などが上手で最高でした。

一人暮らしを始めたことによっていろんな感情が生まれてきた利勝負に行き勝ちたいと思ったり素敵でした。

最後の試合に自分のすべてをかけていてのめりこむことができました。また、家族や元恋人によって心が揺さぶられていく様も綺麗に書かれていてわかりやすく演技が上手ですごかったです。

生きることの大切さや人生についての辛さを知ることができました。

小さな幸せを掴むのは多くの犠牲がありその幸せのためなら何でもできるんだと理解しました。

小さな幸せを手に入れるまでに時間や労力などたくさんかかると思いますが掴むために努力するのは良いなと感じます。

男性30代
男性30代

期待通りの面白さ。

オープニングの贅肉無様な主人公の背後からのカットから、食い散らかした柿ピー、ビールの空き缶、ゲーム、オマケにタバコのフルコンボで『マチガイナイ映画』であることは確定しました。とにかく安藤サクラの凄まじい演技と存在感が全編に渡って咲き乱れており、圧巻の極み。

特に新井浩文演じる中年のクズボクサー(コイツがまた良い味出している!)に裏切られてから鬼の形相でボクシングに打ち込み、女版『レイジング・ブル』と言っても過言ではない肉体改造を成し遂げる怒涛のシーンは激しい音楽と相まってとにかくカッコイイ。

只者ではない身のこなしだけで十二分に痺れてしまうでしょう。

実家が弁当屋という設定も、イイですなあ。今の日本映画界で最も輝いている女優のひとりが安藤サクラだと思います。

もっと出演作が観たいと純粋に思える存在なのです。

女性30代
女性30代

自他共に認めるほど自堕落な生活を続けていたイチコが、ボクシングをはじめて少しずつまともに変わってきたところが見ていて清々しかったです。作品の最初の方にあった、出戻りの妹と派手にケンカするシーンは演技と思えないくらいの迫力があり、激しすぎて思わず見入ってしまっている自分がいました。

また、イチコの歩き方や服装、ボリボリと背中をかく仕草など、女を捨ててる”イタイ女感”がありありと表現されていて素晴らしかったと思いました。ユウジとの奇妙な初デートも、ほとんどふたりが会話らしい会話をしていなくて、何が楽しいのだろうか?と思うほど不思議な光景でしたが、今後二人の関係性がどうなるのか続きがとても気になりました。

また、イチコとユウジの間には理解ができないけど何か惹かれ合うものがあるのか、ラストシーンでユウジがイチコの手をそっとつないだところには、不器用な二人の初々しい恋心がよく出ていたと感じました。

映画『百円の恋』のまとめ

なんとなく、自堕落に生きていたヒロインが、ボクシングに出会い、泥臭いながらも、一生懸命に生きていく姿が、とてもかっこよかった。

最初は、仕事もしてないし、髪も腰ほどに伸び放題。

百円ショップで働いていたころは、その髪をまとめることもなく、目つきも悪い。

だけど、一子にとって悲しい衝撃的なことがおこり、身体共に弱い自分を変えるためなのか。

ボクシングを始めたように思えた。

そこからは、ボクシングに一生懸命に取り組むようになった。

髪もまとめるようになり、ボクシングが上達するにつれ、

一子の目つきが真剣な表情になっていくのが、すごく良かった。

あんなに嫌がっていた、実家のお弁当屋も手伝うことになり、

劇的に変化したわけではないけど、一子なりの居場所を見つけたように思えた。

また、最初は、狩野のボクシングしている姿に憧れて、ボクシングを始めた一子だが、結局は、立場が逆転している点も注目すべき点ではないだろうか。

先に狩野の試合を観て、狩野とボクシングに興味を持った一子。

でも、後に、一子の試合を観て、逆に一子に勇気をもらった狩野。

最初の立場と逆になっているなあ、と感動した。

狩野が出て行ったとき、「一生懸命なやつを見るのが嫌い」と言っていたが、本当は、自分はボクシングも引退し、自堕落に生きているのに、ボクシングで輝いている一子を見るのが嫌だったのではないだろうか。

だが、狩野は、きちんと一子に、ボクシングに立ち向かい、一子の試合を見に来る。

ラストの手を繋いで帰っていくシーンは、可愛くて、一子なりの「百円の恋」を象徴しているシーンになっていて、見どころだ。

頑張る人を観るのが好きな方は、ぜひ、観てほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました